« 寒の戻りと、ソーラーパワー不足(笑) | トップページ | 真冬の天候で、まるで“北風と太陽”でした »

2014年3月 5日 (水)

“雨のち、真冬”だそうです

Rimg00020305  今朝のメ~テレの天気予報によれば、今日は、タイトルのように、“雨のち、真冬”だということでした。思わず、「うまいことをいうな」と感心してしまいました。メ~テレの朝の情報番組、“ドデスカ!”の天気予報では、毎朝、このようにその日の予報を、分かりやすく一言で表してくれます。この番組に出ている気象予報士・山田修作さんが考えているのでしょうが、

 感心してばかりいてはいけません。気温は、1ヶ月くらい逆戻りだそうですから、こういう時こそ寒暖差で風邪を引いたり、体調を崩したりしないように気をつけなくてはなりません。天気は、予報通り、15時くらいまでは雨が降り、その後16時過ぎからは、風が強くなってきました。暗くなってからは、6m/sほどの北風が吹いています。明日から土曜くらいまでは、真冬の気候だそうです。

 さて、散歩に出られませんので、朝から、ADHDの子どもたちに実施された知能検査WISC-Ⅳの結果を分析しておりました。今日は、一昨日からの課題で、この検査を構成している下位検査が、14種類ありますが、それらの評価点同士の間に統計的な有意差が認められるかどうかを検討することにしていました。

 ただし、手元にある統計パッケージソフトでは、全体として有意差が認められるかという計算はできるものの、どの組合せの間に有意差が認められるかまでは計算できません。そこで、ネット上のフリーソフト(js-STAR 2012 release 2.0.6j)を使うことにしていました。

 結果から書きますと、説明をよく読んでいれば、こういう余分な苦労をしなくて済んだのですが、昨日まで書いていましたように、今日の分析については、1,246個のデータを、新たにキーボードから入力しなければならないと思い込んでいたのは、勘違いでした(爆)。それに気づかず、バカみたいに、1,246個のデータを入力し、計算を終えてから、CSV形式で保存したファイルからコピー&ペーストでデータを入れられるのに気づいたのでした。この苦労はいったい何だったのでしょう? 実は、案外説明書を事前には読まないタイプなのです。やってみて、分からないところ、うまく行かないところがあったらそこで初めて説明を探すのです。

 その入力方法も、最初は、マウスでカーソルを1つずつ移動するものと思っていたのですが、Tabキーでセルの移動ができるのには、事前に気づくことができ、かなりスピードアップしました(といってもそれがフツー)。入力、確認で1時間半足らずで終了。計算は、まさに秒速。というか、たぶん1秒以内で終了。笑えます。が、こんなものです。

 午後からはその結果をプリントアウトしたり、Excelに貼り付けたりして確認を進めています。午前中の苦労、暇つぶしにはなりましたが(ヒマはありますから良いようなものですが)、いったい何なのでしょう? やはり、説明はきちんと読まなければなりません。

 それと、js-STAR 2012 release 2.0.6j、今まで使用した範囲では、欠損値の扱いなど、もう少しバリエーションがあっても良いという気はしますが、けっこう使えます。別のフリーソフト“R”のプログラムも出力してくれたりしますから、自宅でSPSSなどが使えないときに統計分析をするのによいかも知れません。

Rimg00050305  ところで、今日、まったく外出しなかったわけではありません。午前中、計算を終えたところで、近所のサーケイまで歩いて行ってきました。それも、雨の中をであります。わざわざ“雨の中”と書くのには、小生的には意味があります。これまで雨が降ると、外に出るのがイヤで、まして歩いて出かけるというのはなるべくしないでいたからです(笑)。まぁ、多少は良い方向を向いてきたということで、覚えておこうと書いておきます。

Rimg000603052  雨ですから、あまり撮るものもないとは思ったのですが、一応コンデジだけはもって出かけました。通り道のお宅に、紅梅の木があり、かなりよく咲いているのを覚えていましたので、“雨の梅”でもと考えたのです。傘を差しながらですと、なかなか思うようには撮れませんし、ピントがうまく狙ったものに合わなかったりしますが、まぁこれは一応見られるものになったかと思います。

 このほかにも花を撮ってきたのですが、帰り道で、傘+コンビニの袋を持っていましたので、荷物は軽いとはいえ、写真は撮りにくいですね。あらぬところにピントが合っておりました。

 暗くなって、かなり寒くなってきました。明日は晴れるものの、朝は2℃、最高も8℃と今日に比べても寒くなり、今朝の予報通り、「雨のち真冬」のようです。ただし、ソーラーパワー映えられそうですから、またいつものように、午前中は、散歩といきたいところです。

 どうでもよい余談。今年度で終了と思っていた、放送大学のラジオの講座(心理学研究法'08)、どうやら来年度も続くようです。先日、2014年度第1学期の試験問題をつくるようにという連絡がありました。主任講師の先生には打診があったのでしょうが、いわば非常勤講師といいますか、2コマだけ担当している小生は、いわれるがままであります。講座そのものは、2007年に収録したものが、放送されますから、もう負担はないのですが、試験問題は毎年、毎学期作成しております。正答率が、70%くらいになるようにして欲しいというのが、先方からの依頼で、難易度を考えなくてはならないのが難しいところです(微笑)。これも、データ分析と並行してやり始めることにしましょう。

|

« 寒の戻りと、ソーラーパワー不足(笑) | トップページ | 真冬の天候で、まるで“北風と太陽”でした »

季節」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

コメント

秘書さま
おはようございます。昨日は、まさにドデスカ!の予報通りでしたね。揖斐川堤防では、飛んでいきそうにはなりませんでしたが、後ろから押され、ついつい小走りのようになり、いささか怖い思いをしました(笑)。

梅、やはり、明るい陽光の下で撮った方がきれいでした。そろそろ、いつもの年のように、「梅にメジロ」を撮りたいのですが、今のところチャンスがありません。河津桜も、もっと咲くと、「桜にメジロ」も狙えると思います。どちらも、これからしばらくの楽しみです。

投稿: mamekichi | 2014年3月 7日 (金) 09時36分

先生、私も天気予報はどですかを見ております。
わかりやすいですよね。
梅、綺麗ですね〜!
雨でも、外出出来たということは、一歩前進ですね!!こちらは、雪がチラチラ舞っていました。

投稿: 秘書 | 2014年3月 6日 (木) 18時56分

こころんさん、こんにちは。
風が強いですね。午前中、散歩に行ってきましたが、揖斐川の堤防上では、九華公園に向かって歩こうとしたら、追い風で小走りさせられていました(笑)。
いったん4月並みの暖かさでしたから、この寒さ、身にしみますね。ご自愛ください。
ところで、九華公園も、梅はさらに開花が進んでいました。寺町の河津桜は、小生の写真の撮り方でたくさん咲いているように見えますが、まだ北端の3本でも、一~二分咲きくらいというのが、正直なところです。またよろしければ、道草にお越しください。

投稿: mamekichi | 2014年3月 6日 (木) 13時22分

こんにちは
風が強くて寒いですね。
冬型の天気を数日覚悟しなければいけませんね。
うちの梅も咲き始めてきました。
この寒さで咲くのをやめるかもしれませんが(笑)

投稿: こころん | 2014年3月 6日 (木) 11時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寒の戻りと、ソーラーパワー不足(笑) | トップページ | 真冬の天候で、まるで“北風と太陽”でした »