« “雨のち、真冬”だそうです | トップページ | “梅にメジロ“は撮影できず……昨日の「薩摩と桑名」展覧会の覚え書きも »

2014年3月 6日 (木)

真冬の天候で、まるで“北風と太陽”でした

Img_9648  啓蟄だそうですが、この寒さ、風の強さでは、蟄りの虫たちも首をすくめていImg_9649 るのではないかと思えます。最高気温は、7.5℃(12時40分)、最大風速は、8m/s(9時20分)だったそうです。写真は、9時半過ぎの、揖斐川河畔、住吉神社前の様子です。揖斐川の水面、かなり波立っています。

Rimg00240306  9時半に散歩に出かけ、9時40分頃は、揖斐川の堤防の上を、七里の渡し跡に向かって、南東方向に歩いていたのですが、追い風に押されて、小走りになってしまっていました(笑)。マジメな話、アブナイくらいでした。左は、九華公園の堀の写真(南東の隅)ですが、ここもかなり波が立っているくらいでした。

20140215111424  さて、こういう日は、ほとんど野鳥はいないことは分かってはいたのですが、さぼりが続いていましたので、散歩に出て来ました。9時半から12時まで、ほぼ2時間半。4.6㎞です。九華公園を周り、博物館で展覧会を見て、寺町で河津桜を確認してきました。博物館では、現在、左の画像のような展覧会が行われています。展覧会の話は、また明日くらいにでも書こうと思っています。



Img_9668  今日見られた野鳥は、やはり種類、数とも少なかったですねぇ。散歩に出てImg_9831 すぐ、諸戸氏庭園のところで、たぶんビンズイだと思いますが、数羽に遭遇しましたが、写真には撮れず仕舞い。そして、ツグミちゃんは、蟠龍櫓(左の写真)や、九華公園内の2カ所で見かけました。右は、九華公園の二の丸跡での写真です。

Img_9689  九華公園では、ジョウビタキのメスが、朝日丸跡にいました。いつもいるImg_9697 ジョウビタキだと思います。寒いせいか、ふっくらしているように見えます。このほかには、カワラヒワの鳴き声はあちこちの高い梢から聞こえていましたが、姿はあまり見られませんでした。

Img_9678  カモたちも、さすがにこの強風では寒くて、活動性も高まらないのか、割とまとまって、しかも首を背に乗せてお休み中というカモさんがほとんどでした。

Img_9729  ところで、公園内の梅、主に、鎮国守国神社や、九華招魂社のあたり、さImg_9722 らに開花が進みました。まずは、鎮国さんの本殿に向かって左の紅梅です。この紅梅、本当はきちんとした種類の名前があると思いますが、赤いというか、深紅の花が咲いてきました。

Img_9760  九華招魂社の周りには、10本近くの梅が植えられていると思いますが、Img_9752 どれもが咲き始めていました。ここまで見に来る方は少ないような印象があります。ちょっともったいない気もします。ここには、何種類かがあります。

Img_9792  紅梅も、この左の、枝垂れになったものの他、もう少し色Img_9768 合いが違うものもあり、楽しめます(右)。


Img_9769  こういうショットなど(左の写真)、どうでしょう? また、右Img_9785 の写真は、招魂社の本殿をバックに撮った白梅です。今日など、風は強かったにもかかわらず、散歩している方はけっこういらしたのですが、梅に見入っていたのは、小生くらいでした。

Img_9802  枝垂れ梅については、前回、ちょっと逆光気味で撮るというトライをしましImg_9801 たが、今日もさらにやってみました。一つ確かなことは、今日のように、よく晴れた日にやらないとダメだ、ということです(当たり前かも知れません)。それと、まだ、絞りや、シャッター速度、ホワイトバランスを調整するというスキルを身につけておりませんので、まだまだ改善、向上の余地があるということです。

Img_9806  上の左と似ていました。アップしてから気づきました(笑)。トライということImg_9811 で、ご容赦ください m(_ _)m あまりズームアップしなければ、ピンクの淡さが強調されている感じです。ズームアップすると、むしろピンクが強くなる印象があります。もう少しあれこれやってみてもよいかも知れません。

Rimg00150306  鎮国さんの本殿の奥には、旧・桑名城の天守台があります。ここに立っているのは、“戊辰殉難招魂碑”です。刻まれている文字は、最後の桑名藩主である、松平定敬公によるものです。元治元年(1864年)、京都所司代に任命されていますし、京都守護職を務めた会津藩主の松平容保公の実弟です。“戊辰”は、もちろんあの戊辰戦争です。

Img_9825  鎮国さんの東には、野球場があります。その南の堀沿いに、ホトケノザがImg_9826 密集している一角があります。いつぞやも載せたかと思いますが、小生、このホトケノザは、かなり気に入った花です。それは、たぶん、まだ寒いうちから、小さくて可憐な花を付けているからだと思います。

 ところで、今日は、2つばかり、“珍景”というか、テレビ朝日系のいい方をすれば、“珍百景”候補を見つけました(笑)。

Img_9680  その一つは、こちら。朝日丸跡で見つけたのですが、今までどうして気にImg_9681 も止めなかったかと思いました。家内がいうには、「気持ち悪い」そうですが、健気ですよねぇ? 右の写真のように、すぐ側に生えている木の根っこが、遊歩道の仕切り石を乗り越えてきたものだと思われます。

Img_9836  もう一つ、こちらは、九華公園から博物館に行く途中、とあるお宅の玄関Img_9838 前にあったものです。「えっ? 本物? 偽物? どっち?」と、しばらく迷ってしまいました。家に帰って写真をPCに取り込んで、落ち着いてよくよく見ましたら、たぶん本物のイチゴの葉っぱの上に、作り物を載せた“ハイブリッド”のようです。それにしても、上手にしつらえてありました(笑)。

Img_9847  さらに、オマケ。今日も、寺町の河津桜を見に行ってきました。咲くまでは、「まだか?」と気になりますし、咲き始めたら咲き始めたで、「どのくらい咲いたか?」が気になって仕方ないのです(笑)。強迫神経症かも知れません(爆)。

Img_9853 この寒の戻りというか、“戻りすぎ”ですけれど、それによって開花はあまImg_9845 り進んでいないようでした。上の写真を見ますと、一見したところかなり咲いているように見えるかも知れませんが、これは、写真の撮り方のマジックで、たくさん咲いているように見えるアングルを選んで撮っているからです(笑)。しかし、今日は、強風のせいで、桜を撮るのにも苦労しました。

Rimg00430306  それにしても風の強い日でした。こちらは、帰宅したときに撮ったものですが、多度山あたりから放射状に雲が並んでいます。雲がこのようになっているときは、北西の風が強いことを示しています。

Img_9855  左は、出がけに撮った藤原岳ですが、上の方の北側(右)はとくに、時雨Rimg00490306 れているようです。右は、帰宅したときの鈴鹿山脈の様子です。いつもなら、この方角には御在所岳が見えるのですが、雪雲のような雲がかかっていて、ダメです。

 しばらくは、寒気団が居座るようで、まだまだ寒い日が続くそうです。参りますねぇ。

 今日の午後は、またADHD児のWISC-の結果を分析したものを整理していました。面倒なところもありますが、こういう作業は楽しいです。一昨年は、高機能自閉症の子どもたちに実施されたWISC-Ⅳの結果を分析していましたが、ここまで細かく自分でデータをあれこれ検討しませんでした。というよりもそこまで意欲も湧かず、アタマも回っていなかったように思います。まぁボチボチと続けることにします。こういうことは、毎日、しかもコツコツ地道にやるのが一番です。

|

« “雨のち、真冬”だそうです | トップページ | “梅にメジロ“は撮影できず……昨日の「薩摩と桑名」展覧会の覚え書きも »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ミリオンさん、こんにちは。
昨日は、風が強くて、寒かったですね。河津桜、本文にも書きましたが、まだ咲き始めと思ってください。カメラのアングルの取り方でたくさん咲いているように見えているだけですので(苦笑)。ちなみに、去年は、今日(3/7)に開花しています。
ところでイチゴの方は、写真で見ていただくと一目瞭然なのですが、実物を直接見ていたときには、「えっ?本物? それとも作り物?」と、何だかよく訳が分からないくらいでした。美味しそうに見えましたよ。

投稿: mamekichi | 2014年3月 7日 (金) 17時57分

昨日は真冬に逆戻りで風が強かったですね。
寺町に河津桜を見に行こうかと思ったけど買い物だけでそそくさと帰ってきました。
作りものの苺?上手くできてますね。
誰かが間違えて食べたりしないのかな?(笑)

投稿: ミリオン | 2014年3月 7日 (金) 14時20分

ぷ~やんさま
この時期、三寒四温の季節ですから、散歩の目的は歩くのと、春らしさを探すということになります。歩くので、出かける範囲やところは、きわめてワンパターンになっていますが、それでも、「そろそろあそこに梅が咲く」という風に楽しめます。
梅は、花見だけでなく、香も楽しめますし、「梅に鶯」ならぬ(これは、かつて見たことがありません)、「梅にメジロ」という光景を撮るのも楽しみで、目的になっています。メジロが、梅の花の蜜を吸いに来るのです。
しかし、息子さんを梅見に誘うのはまだまだ早すぎますし、難しいですねぇ。私もこの年になったからこそ、花鳥風月に興味を持つようになった訳でして……(笑)。
ちなみに、梅は、桜のように、一斉に散るということはなかったと思いますよ。

投稿: mamekichi | 2014年3月 7日 (金) 09時47分

春らしい写真ばかりで、見ているだけで気分がウキウキしてきますo(^o^)o
私も、息子とお散歩がてら、近所の神社へ桜や梅の様子を見に行きたいのですが、そちら方面に息子の興味をそそる物が無いらしく、いつも違う方面に向かってお散歩させられてます(T-T)

ところで、梅ってどんな散り方をするんですか?桜の「桜吹雪」の様にひらひらと舞い散るのかしら?ちょっと梅のお花見もしてみたくなりました。

投稿: ぷ~やん | 2014年3月 6日 (木) 23時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« “雨のち、真冬”だそうです | トップページ | “梅にメジロ“は撮影できず……昨日の「薩摩と桑名」展覧会の覚え書きも »