« ソメイヨシノも咲き始めましたし、薄墨桜は満開 | トップページ | ツバメ見参、桜を愛で、桑名別院では“宗祖親鸞聖人七百五十回忌御遠忌法要”にお参り……善男善女の一人になれたでしょうか? »

2014年3月28日 (金)

沢南橋で、カワセミ、アオジ、イタチにウシガエル、ツマキチョウと多種多様な生きもの

Rimg00030328 名古屋では、22.2℃にもなったようですが、桑名はなかなか20℃を超えません(19.4℃、15時ちょうど)。しかし、季節は確実に春です。最初の写真、クリックして拡大し、よくよくご覧ください。ツバメが2羽、飛んでいるのが写っています。「写っている」と書きましたが、撮り逃がしたかと思っていたからです(笑)。去年(2013年)は、確か、3月15日にツバメを見ています(ツバメ見参、そして、オオジュリンか? 土筆も)。

Rimg00170328  さて、本日は、エディオンでプリンタのインクを買う必要がありましたので、つRimg00320328 いでに沢南橋から、上之輪、伊勢大橋の北から揖斐川右岸沿いを散歩してきました(10時~12時40分)。それも何と、5.8㎞もです。歩きすぎました(笑)。腰が痛くなったくらいです。到着した頃、上空には県警のヘリが飛んでいました。そういえば、今日は、伊勢神宮参拝に来ていらっしゃった、天皇皇后両陛下が帰京される日だからでしょう。近くの近鉄電車の陸橋の下にも係員の方が一人、いらっしゃいました。

Img_1982  さすがの沢南橋も、冬の鳥たちはほとんどいませんでした。まぁ、ある程度は想定しておりましたので、さほど落胆はしませんでしたが……。カワセミも見られましたから、多少、満足しております。ただ、3度ほど、大山田川の水面近くを飛ぶのは見たのですが、撮れた写真はこちら1枚。証拠写真でしかありませんが、ご覧ください。

Img_1944 Img_1946  冬場以上にたくさんいたと思われるのは、こちら、コガモさんたちでした。いつも鳥を見て、写真を撮る歩行者・自転車専用橋の上下流ともに、たくさん泳ぎ回って、せっせと餌を食べていました。そろそろ渡りの準備でもしているのでしょう。

Img_1961  沢南橋の下流、40~50mのあたりには、カルガモも2羽。カルガモは、留鳥ですから、のんびりと泳ぎながら、時々何かを食べているように見えました。

Img_2024  これ以外にいたのは、ハクセキレイ、カラスなどを除けば、アオジのつがImg_2020 いと思われる2羽だけでした。左はオス、右はメスです。


Img_2033  もう1羽、これはアオジではなさそうで、カシラダカではないかという気がします(カシラダカの冬羽によく似ています)。ヒバリではないと思います。

Img_2076  場所は、異なりますが、伊勢大橋北あたりの鳥の種類、数も減ってきてImg_2083 いました。見えた限りでは、オオバンがかなりを占めていました。右は、引いて撮った写真です。

Img_2089  伊勢大橋西詰めの国道1号線交差点から南下したあたりでは、ヒバリが。“揚げ雲Img_2094雀”という繁殖期特有の行動が見られました。 右は、限度を超えてトリミングしていますが、口を開けている様子が見えます。

Img_2102  こちらは、堤防下にいました。たぶんヒバリだと思います。揚げ雲雀はオスがする行動ですから、こちらはメスかと思います。

Img_1973  ところで、沢南橋に戻りますが、鳥以外の動物たちもおりImg_1975 ました。枯れた葦の間から姿を見せたのが、こちら、イタチでした。2度ほど姿を見せたのですが、これはその2度目を撮ったものです。このあたりの大山田川の河原に棲んでいるのでしょうね。

Img_1992  もう2匹。お嫌いな方は、スルーしてください。ウシガエルのようです。オスの背面は暗緑色で、淡黒色の斑紋Img_1990 がまばらにある。メスの背面は褐色で、斑紋がオスよりもImg_1993 多いというのですが、どちらなのでしょう? 黒っぽいだけのように見えてしまいます。

Img_1969  チョウもたくさん舞っていましたが、なかなか近くには止まってくれませんでした。証拠写真レベルの写真でありますが、大きさから見て、ツマグロヒョウモンのオスのようです。

Img_2010  こちら、モンシロチョウと思って撮ったのですが、パソコンで拡大して見たら、ツマキチョウでした。前翅頂のところが、鉤状となっており、また、そこだ橙色をしていますので、ツマキチョウのオスです。ツマキチョウは、初めて撮ったと思いますし、それと意識してみたのも初めてです。何でも撮ってみるものですねぇ(笑)。

 とまぁ、冬鳥はあまりいませんでしたが、あれこれといろいろな生きものを見て、写真を撮ることができました。6㎞近くを歩いた成果でしょうか(笑)。

Img_1923  その他、花の写真を載せておきます。エディオンに行くまでのお宅の庭先Img_1928 には菜の花。ここには、かなりたくさんの菜の花が咲いていました。

Img_1964  沢南橋でも、菜の花。あちこちで、菜の花の盛りです。

Rimg00370328  諸戸氏庭園の本邸前の桜です。九華公園の桜や、寺町商店街の河津Img_2118 桜、市民会館の薄墨桜など、徒歩圏内に桜の名所や、好みの桜はいろいろありますが、この桜がもっとも好きかも知れません。9階のわが家の玄関先からも見下ろせますし、そういう意味では、“マイ桜”という感じですから。

Img_2129  散歩帰りには、たいてい、この諸戸氏庭園前のベンチで一休みして帰宅しますが、とくに桜の季節には、散歩帰りに必ずここに立ち寄って、桜を見上げているような気がします。早く満開になって欲しいような、ゆっくりと満開に向かってくれて長く楽しみたいような複雑な気分になります。

|

« ソメイヨシノも咲き始めましたし、薄墨桜は満開 | トップページ | ツバメ見参、桜を愛で、桑名別院では“宗祖親鸞聖人七百五十回忌御遠忌法要”にお参り……善男善女の一人になれたでしょうか? »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、おはようございます。
ひらいさんのブログにコメントさせていただきましたが、昨日(3/29)の午前中、私も九華公園などにでかけておりました。
私も中橋を通りましたが、ゴイサギはその時には不在。コロニーが復活したなら、嬉しいのですが……。ゴイサギは、夜行性ですので、昼は寝ているか、休憩しているかのどちらかです。たぶん1時間粘られても、似たようなポジションを維持していると思います(笑)。

投稿: mamekichi | 2014年3月30日 (日) 08時27分

mamekichiさんこんばんは!

またまた、ご連絡もせず申し訳有りません、本日、急に九華公園に行く事になてってしまいました。

桑名市民会館で、正和中学校の定期演奏会が有るとの事で、嫁さんを送迎がてら、市民会館の薄墨桜→寺町商店街→九華公園と回ってきました。あの気持ち悪い亀の甲羅干しや(笑)、スズメとカワラヒワの競演(撮影中は全く気づかず(笑))、ユリカモメが池で遊ぶ?姿を見た後に、中橋という橋で、初めて見るアオサギのような鳥を発見!、ゴイサギだと判りました。mamkekichiさんブログの2008年頃の過去ログにも、同じ場所で見かけたと記載されていました。

何か面白い写真が撮れないかと30分程ネバったのですが、ゴイサギさんもずっとネバってるので(笑)、結局何も面白い写真は撮れませんでした。それでも初めて見る鳥に感激でした。

投稿: ひらい | 2014年3月29日 (土) 19時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ソメイヨシノも咲き始めましたし、薄墨桜は満開 | トップページ | ツバメ見参、桜を愛で、桑名別院では“宗祖親鸞聖人七百五十回忌御遠忌法要”にお参り……善男善女の一人になれたでしょうか? »