« 四日市市立博物館の“昭和の暮らし展”へ……帰りに、北勢線レトロ塗装電車に遭遇 | トップページ | 統計の初歩(その8)……推測統計(#1) »

2014年2月22日 (土)

今日は、モズ2羽とジョウビタキ

Rimg00290222 相変わらずの天気です。晴れて、陽射しはずいぶん春めいてきた気がするImg_8512 のですが、冷たい北風が吹いています。午前中は、まだ2~3m/sでしたが、午後からは、5~6m/sにもなっています。右は多度山の頂上あたりの写真ですが、かなり見通しが利きます。
Img_8520  しかし、木曽御嶽山など、遠くの山は、霞でもかかっているかのようで、ややボンヤリとしか見えません。


 さて、今朝は、バイトに行く子どもたちを追い出すのに手間取り、少し遅れて10時半くらいから12時40分くらいまで散歩に行ってきました。揖斐川堤防から、七里の渡し跡を経て、九華公園を一周。寺町に回って、別院にお参りして、諸戸水路脇から帰宅という、4.2㎞です。

Img_8409  どこも相変わらず、冬の野鳥の姿は、あまり見られません。今日のメインImg_8413 は、モズ2題というところです。“2題”というのは、2カ所で見たということです。まずこちらは、蟠龍櫓前の三の丸公園のところで撮りました。メスのモズです。

Img_8417  珍しく、5~6mのところまで近寄っても大丈夫でした。さすがに、あまり近寄って、何枚もシャッターを切りましたので、気づかれたのか、嫌われたのか、これは、飛び立つ(逃げる)寸前のものです。

Img_8492  もう1羽のモズも、メスでした。寺町商店街北の八間通の信号を渡ったあImg_8503 たりで飛んできて、電線に止まったものです。こちらのモズは、しばし周りを見回した後、飛び立っていきました。右はその直前の様子。何となく動きが感じられる写真です。

 モズは、子育てを済ませた後、秋に暖かい地方へ渡ってくるそうです。秋から冬は、自分の食料を確保するため、オス、メスとも1羽1羽がなわばりを持ち、異性も受け容れないようです。しかし、2月になりますと、新たに移動して、繁殖のためのなわばりを持つものもいるといい、とくにメスは例外なく、冬のなわばりを離れ、オスのなわばりを訪問し始めるそうです。これら2羽のメスも、その途中かも知れません。

Img_8452  九華公園では、公園内を回っても、カワラヒワを2羽ほど見かけただけで、後はカモ、ユリカモメばかり。諦めて、野球場のところから外周の遊歩道を回って帰ろうと思った矢先、ジョウビタキのメスが出て来ました。いつも朝日丸跡で見かける個体かな、という気がします。

Img_8454  ジョウビタキも渡り鳥です。シベリアから来ますが、冬を過ごす間、オスも、メスも1羽ずつなわばりを持っています。自動車のドアミラーに写った我が身ですら攻撃するほど激しいようです。人をあまり恐れないと図鑑にはよく書いてあるのですが、この個体は、そこまでfamiliarではありませんでした(笑)。メスですから、もうちょっと愛想よくしてくれても、と思うのであります。

Img_8431  このほか、今日見かけた鳥たちの”証拠写真”です。カワラヒワは、二の丸跡の鳥小屋の裏に2羽。年が明けるまでは、あんなにたくさんいたのに、どこへ行ったのでしょう。

Img_8465  ユリカモメは、今日は、40数羽もいました。二ノ丸橋の東西に別れて休んImg_8463 でいました。中には、こんな、ユリカモメとは思えない表情を見せてくれるものも。朝日丸跡で、「二ノ丸橋に並ばないか」と、しばらく待ったのですが、その兆候はまったく感じられませんでした。仕方なく、本丸跡を経て、外周の遊歩道を歩いていましたら、二ノ丸橋からもっとも遠い、遊歩道の東に来たときに、右の写真のように欄干に並んでいるのを見つけたのです。急いだのですが、生憎二ノ丸橋を渡る方があり、そのため、ユリカモメたちは飛び去ってしまいました。残念。右の写真は、250mm望遠で撮ってこれくらいです。直線で120m以上先。遊歩道を回っていきますと、橋のたもとまで、200m歩かねばなりませんでした。

Img_8422  行きがけには、揖斐川で、カンムリカイツブリを2羽、見られました。以前よりも、数は減っているかも知れません。


Img_8457 Img_8460  カモたち、今日は、80羽弱くらいでした。いつもと同様、キンクロ達がもっとも多く、ホシハジロや、ハシビロガモなどがわずかに混じるという感じです。すっかり見慣れてしまいましたので、何か変わったことでもしていなければ、写真を撮ろうというモチベーションが湧いてきません。ただ、キンクロのオスのアタマの“モシャ”り具合は、気になります。

Img_8444  ところで、公園内の野球場の近くの堀には、こちら、カメさんが浮いていました。2月に入ってしばらくした、暖かかった日に甲羅干しをしていたのを見たという話もありますが、ボチボチ冬眠から覚めて出てくるのかも知れません。いよいよ春近し、かもであります。

Img_8428  こちらは、先日からお話しするようになった、高齢男性がつれているワンちゃんです。この男性は、あの「山に雪が降ると、小型の野鳥は降りてくる」などと教えてくださった方です。このワンちゃん、秋田犬だろうと思うのですが、何度か会って、遊び相手をしましたので、小生のことも識別してくれるようになったかも知れません(笑)。散歩をするようになって、いろいろな人と知り合い、話をするようになりましたが、ワンちゃんの知り合いまでできるとは、想定外であります(爆)。

 2月も、もう22日。あと1週間もありません。「2月は逃げる」といいますが、早いものです。来週は、次第に気温も上がっていくという週間予報ですから、期待しましょう。暖かくなると、もう少し自律神経系の働きも安定してくれるのではないかと思います。というのも、このところ体調にはあまり触れていませんが、何となく軽い耳鳴りと、これまた軽いフラツキ感が続いておりました故。

|

« 四日市市立博物館の“昭和の暮らし展”へ……帰りに、北勢線レトロ塗装電車に遭遇 | トップページ | 統計の初歩(その8)……推測統計(#1) »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

秘書さま
モズもなかなかきれいな鳥でしょう? オスとメスとでは色、模様が異なります。今の季節、本文にも書きましたが、メスの方が動きが盛んですので、メスの方をよく目にするかも知れません。

小生に「人を引きつけるオーラ」があるのかどうかは、自信がありません。昔は、一見したところでは、怖いという印象をよく持たれたようですし(笑)。

子どもたちのアルバイトは、本業である勉強に支障がない限りは許しています。それに、最近は、小遣いは与えていません。とくに何か、立派な方針がある訳ではありませんが、実態としてはそうなってしまいました。学業に必要な費用は払っていますので、それ以外の遊びや、趣味は自分で稼いでやっています。

今週、火曜あたりからは暖かくなるという週間予報ですね。そうすると、小生も、もう少し活動性が高まるのではないかと期待しています。体調も、それにともなって安定してくれると良いですね。

投稿: mamekichi | 2014年2月23日 (日) 17時48分

先生、電線に止まっているもず、綺麗ですねぇ!!
色のコントラストが良いと思います。
先生は、人を引き付けるオーラがあるんだと思います。
人徳でございますね。
おこさま達、アルバイト偉いですねぇ!!
私も、2月は午前中だるい事が、ありました。
早く、暖かくなって欲しいですね♪先生、秘書さまは恥ずかしいです。グータラ秘書さまに、して下さいませ。happy01

投稿: 秘書 | 2014年2月22日 (土) 23時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 四日市市立博物館の“昭和の暮らし展”へ……帰りに、北勢線レトロ塗装電車に遭遇 | トップページ | 統計の初歩(その8)……推測統計(#1) »