« 統計の初歩(その3)……正規分布 | トップページ | 福来雀に、今シーズン初のツグミちゃん、 »

2014年1月20日 (月)

ヒドリガモのオスの頭、黄色が濃いかなぁ?……久しぶり二ゴイサギも目撃

Rimg00340120  相変わらず寒気団が居座っているということで、寒い日が続いています。今Rimg00270120 朝も、-1.3℃で(7時10分)、日中も6.9℃(14時10分)までしか上がらなかったようです。冷えた朝の方が、朝焼けはきれいかも知れません。左は、今朝の7時20分過ぎの写真です。右は、同じ時間の南の空ですが、中電川越火力の煙突からの煙と、四日市のコンビナートの煙2本が、何となく相似形に見えて、面白いかと思った次第です。

Rimg00190119  昨日も寒く、多度山は雪化粧をしていましたし(左)、鈴鹿の山々も、藤原岳Rimg00020119 から南の方は、すっかり雪雲に覆われていました。そして、雪雲の上の方には、入り残った月が白く見えている、という光景が見られました。桑名では積雪はありませんでしたが、津市では5cmほどつもり、三重大学などでセンター試験を受験した方には大変だったのではないかと思います。

Rimg00420120  さて、今日も、朝の寒さを避け、ソーラーパワーを利用しようと思い、散歩に出たのは10時。近所の文房具屋さんと、サーケイに寄ってから九華公園へ。帰りは、七里の渡しから、住吉神社を経て、4.6㎞、おにぎり3個分、歩いて来ました。寒かったせいか、散歩している方はさほど多くはありませんでした。

 今日は、一昨日と同様(2014年1月18日 (土)、シメさん、初登場)、ヒドリガモがいないかを見に行ったという次第です。それは、1月17日の中日新聞朝刊の三重版に、紀伊長島に来ているヒドリガモのオスが、婚姻色を呈して、頭の黄色い部分がより黄色になっているという記事が出ていたからです。中日Webにも、この記事が出ています(こちらをご覧ください)。

Img_4367  一昨日は、まったく姿・形もありませんでしたが、今日は、オスが2羽いました。中日新聞の記事によれば、繁殖期を迎えると、オスの頭頂部の黄色が濃くなると書いてありました。Wikipediaによれば、オスの頭頂部は、「クリーム色」と書かれています。左は、今日撮影してきたオスの1羽です。

Img_7179  今シーズン、九華公園では、ヒドリガモは、2013年11月21日 (木)に見ていました(九華公園で、カイツブリ2羽を発見……その他旅ネコ、朝焼け、紅葉など、を参照)。この左の写真は、その11月21日のブログに載せたものです。上の、今日の写真と比べますと、う~ん、微妙ですねぇ。違うようにも見えますし、同じようでもあります。同じ個体とは限りませんし、光線のあたり具合によっても見え方は異なるでしょう。ほぼ2ヶ月前と今とでは、太陽の位置、高さも異なりますし……(写真は、いずれも、南側から、順光で撮ってはおります)。う~ん、今日のところは、判断は、「保留」です。

Img_4536  九華公園からの帰り道、蟠龍櫓を過ぎたところで、上空をサギらしき鳥が2羽、飛んでいくのが見えました。急いで撮ったのが、この1枚。どう見ても、ゴイサギです。本来、夜行性なのですが、どうしたのでしょう? それに、ゴイサギを見たのも久しぶりです。はっきりした記憶はないのですが、1年ぶりくらいではないでしょうか。以前は、九華公園から春日神社へ行く途中の中橋の北にコロニーがあったのですが、最近はここにはまったく姿を見せなくなっています。最後に見たのも、伊勢大橋の北や、長良川河口堰辺りだったと思います。

Img_4394  その他、今日は朝日丸跡で、メジロの群れ、それも10数羽かなる群れがImg_4404 いました。これだけの群れは、久しぶりです。ただ、残念だったのは、メジロに気づいた散歩中の中高年女性が、不用意に(と見えたのですが)、近寄っていったため、逃げられてしまったのです。この女性、カモなども見ておられましたので、鳥見に来られたのかも知れませんがねぇ。

Img_4402  メジロの写真の中には、こんな大口を開けているものもありました。クリックして拡大の上、ご覧いただくと、木の実を啄もうとしているところであるのが、お分かりいただけると思います。

Img_4445  このところ毎日見かけるコゲラも、4~5羽いました。この写真も、是非拡大してご覧いただきたいのですが、コゲラがつついて空けた穴が2つ、縦に並んでいます。見ていますと、どうも交互につついているようですし、穴はかなり大きいようです。

Img_4444  写真としては今ひとつですが、こちらをご覧ください。穴に嘴が完全に入り込んでいるのが見えます。それに、よくよく目をこらしていただくと、つついた木くずが飛んでいるのも写っています。何だか、笑えてきます。

Img_4472  これらの他、カモは、キンクロハジロを中心に80羽以上いましたし、カワImg_4528 ラヒワもあちこちで見られました。また、アオサギが、久しぶりに鎮国さんの社務所の裏のお立ち台近くに止まっていました。

 一昨日見かけたシメさんの姿も一瞬だけ見られました(写真を撮る余裕はありませんでした)。揖斐川の、住吉神社沖の竹棒(おそらく、漁業か何かに使うか、Img_4555使ったものだと思います)には、いつものように、ミサゴと思われる鳥が止まっていました。 ところが、この鳥さん、長島町で正午になると音楽が流れるのですが、それが鳴り始めたとたんに飛び立って、長島方面に行ってしまいました。昼ご飯か、休憩時間になって、お家に帰ったのでしょうか(笑)。

 ところで、九華公園でアオサギの写真を撮っているとき、犬を連れて散歩に来ていらっしゃった高齢のご夫婦から、「何を撮っているんですか?」と声をかけられました。お近くにお住まいで、小鳥を飼うのを趣味の一つにしていらっしゃるとのことで、野鳥などの話が弾みました。いくつか、興味深いことを教えていただけました。

  • 諸戸氏庭園のあたりは、マンションができる前には、キジが棲んでいた。それもかなり格好のよいキジだった(このマンションというのは、拙宅のようです)
  • 同じく、諸戸氏庭園のあたりに水田がかなりたくさんあり、その頃は、水田にたくさんヒバリが巣を作っており、よく「揚げ雲雀」が見聞きできた
  • 多度山へ行くと、ヤマガラがたくさんいる
  • 山の方に雪が降ると、小型の野鳥が、たくさんこちらへ降りてくる
  • 昨日の朝、10時頃、九華公園にヤマガラの群れが来ていた
  • 先週末から、サザンカのところにメジロがたくさん出て来ている

 というようなお話でした。高齢の方のご体験や、これまでに身につけられた知識を伺うのは、このように興味深い話が多々あります。 

Img_4557 住吉さん近くの揖斐川には、今日も、カンムリカイツブリが3~4羽見えてImg_4567 いましたし、オオセグロカモメと思われるカモメも、浮いていました。 オオセグロカモメは、とくに何をするというわけでもなく、流れに身を任せて浮いているだけのようでした。

Img_4575  この川の流れ、けっこう早いものがあります。オオセグロカモメも、時々飛び立っては、少し上流のところにまた降りるということを繰り返していました。何か理由があるのでしょう。

Rimg00430120  揖斐川沿いの住吉神社のところでしばらく、カンムリカイツブリや、オオセグロカモメを見ていましたので、身体がすっかり冷えてしまいました。マイ・日向ぼっこスポット(諸戸氏庭園前)で、日向ぼっこしがてら、住吉浦休憩所の自販機で買ってきた“缶入りお汁粉”で暖まってから帰ってきました(微笑)。

 今週は、23日(木)に桑名市の特別支援連携協議会の会合があります。市内の特別支援教育の推進に関する会議で、今年度の実施結果や、来年度の計画について話し合われます。また、26日(日)には、ある心理アセスメントの研究会がありますので、出かけたいと思っています。1月も半ばを過ぎましたので、本格的に始動しなくてはなりません(今頃から、ではありますが……爆)。

 寒さが続いている割りには、体調が崩れたりはしていません。しばらく前にも書きましたが、1年前に比べますと、不定愁訴がかなり減っていますし、寒い割りに血圧も安定しています。この調子を崩さないで、何とか寒さをやり過ごしたいと思う日々です。

|

« 統計の初歩(その3)……正規分布 | トップページ | 福来雀に、今シーズン初のツグミちゃん、 »

季節」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

秘書さま
ゴイサギは、偶然撮れたショットです。4~5枚撮ったのですが、他はまったくブレていたり、ボケていたりしていました。
シメさんは、確かに、黒いところがチャーミングポイントなのですが、私には何となくこそ泥のように見えてしまいます(笑)。
ところで、センター試験。愚息も、すでにAOで合格して、進学を決めていましたが、一応、受験しました。といっても、気を抜いていましたので、出来はよくありませんでした。

入学式にご出席の件は、A4サイズかもう少し大きめの白紙を用意して、右の方に目標である「入学式出席」と書き、左端を現在の時点にして、それまでにどのようなステップを踏んでいけば、「入学式出席」という目標が達成できるかについて、問題点、課題などを書き出して、お考えになってみてください。
頭の中だけで考えていると、考えの整理や、具体的な対処方法が出てきません。目に見える形にしてお考えになると、よい方法が見つかるかも知れませんよ。

投稿: mamekichi | 2014年1月21日 (火) 20時57分

ひらいさま、こんばんは。
お年寄りのお話は、耳を傾ける意義は十分にありますね。
おそらく、おっしゃるように雪が降ると餌がなくなりますし、鳥は恒温動物とはいえ、体温が40~42℃といいますから、寒いのは苦手かも知れません。
それにしても、今日(1/21)も九華公園にはヤマガラはいませんでした(涙)。

投稿: mamekichi | 2014年1月21日 (火) 20時51分

先生、ゴイサギ羽根を広げた写真ベストショットです。良くとれましたね。惚れぼれしました。
先生、シメちゃんは泥棒みたいじゃあないですよ。
可愛いこですよ。黒い所が、チャームポイントですよ。
昨日は、センター試験雪で寒かったです。合格してても受けなければならないんです。
さて、また先生と息子の戦いになりそうです。
あんなに入学式と観劇に行くと言っていたのに不安になってきました。一人で行けるだろうか?気分悪くならないだろうか?道迷わないだろうか?
最初で最後の入学式だから、行きたいんですけど・・

投稿: 秘書 | 2014年1月20日 (月) 22時03分

mamekichiさんこんばんは!

>山の方に雪が降ると、小型の野鳥が、たくさんこちらへ降りてくる

これは素晴らしい情報!! 長年の経験が、素晴らしい知識になるんですね。雪が降ると、餌が無くなるとかの理由なんでしょうか。

休みの日に多度山が雪化粧したら、木がいっぱい有る所に行ってみます! 多分なばなの里になりそうですが。(笑)

投稿: ひらい | 2014年1月20日 (月) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 統計の初歩(その3)……正規分布 | トップページ | 福来雀に、今シーズン初のツグミちゃん、 »