« この冬一番の寒気の中、九華公園と博物館へ……新春企画展「干支と吉祥 -人間万事塞翁が馬-」を見てきました | トップページ | 日本版WISC-Ⅳテクニカルレポート#8が公表されています »

2014年1月11日 (土)

オオセグロカモメの飛翔シーンと、今シーズン初見のシロハラ

Rimg00220111 朝は冷えましたが( -0.8℃、7時ちょうど)、日中は、昨日よりも寒さは緩んだようです。昨日は、5.0℃までしか上がりませんでしたが、今日は、8.7℃(12時40分)になっています。左は、散歩の帰り道に、揖斐川沿いから多度山、伊勢大橋の方を撮ったものですが、穏やかな感じです。

 桑名市は、一足早く、本日が成人式でした。新成人の皆さんの健康と、これからの活躍を祈りたいものです。そして、大人は、そういう世の中を用意する責任があると思います。あまり深入りはしませんが、今の自民党、とくに安部さんのやろうとしていることは、何やらアヤシサいっぱい、きな臭い感じがします。「取り戻す」と一昨年末の選挙で安部さんが言っていたのは、祖父の岸信介の時代、考え方ではないかと危惧しています。こちらをご参照ください(2012年12月11日 (火)、衆院選挙と「あたらしい憲法のはなし」……戯言です)。ちなみに、このとき、小生は、「取り戻す」とは何を取り戻すか言わないので、気持ち悪いと書いておりました。

 さて、何はなくとも、散歩であります(笑)。“晴歩雨読”、”淡々と飽きもせず……”であります。要するに、馬鹿みたいに同じことを繰り返そうということです(苦笑)。

Rimg00090111  それはともかく、行き先は、九華公園と、本日、久しぶりに貝塚公園も覗いRimg00140111 てきました。散歩距離は、おにぎり3.2個分でした。いやいや、5.2㎞です。左は九華公園、右は貝塚公園です。散歩する方は、三々五々ありましたが、野鳥は、やはり比較的少なく、少々残念でした。

Img_2797  まずは、行きがけに、揖斐川の上空にカモメらしき鳥が、合計6羽、舞ってImg_2779_2 いました(待っていた、でしたら良いのですがねぇ)。100枚以上、写真を取ってきたのですが、さすがに飛んでいる鳥は、なかなかピントが合ってくれません。まぁまぁのものを選んでみました。どうやら、先日(1/7)、九華公園の堀にいたオオセグロカモメのように見えます。

Img_2758  この写真では、何が何だか分かりませんが、6羽が、3羽ずつのグループにImg_2803 分かれて飛んでいるように見えたのです。かなり高いところにいたり、中には、水面に急降下して着水するものもいました。着水したとはいえ、中洲の方ですから、揖斐川の堤防からは、200mも先。右のような写真になってしまいます(これでも、250mm望遠で撮り、さらにトリミングしています)。

Img_2825  これが、顔がもっともよく分かるかもしれません。嘴が黄色く、先端の下に赤い色が入っていますから、オオセグロカモメで間違いないと思います。それにしても、6羽もいるということは、揖斐長良川の中洲か、長良川河口堰など、近くに来ているのかも知れないと期待が高まります。続けて、注意深く観察することにします。

Img_2894  次は、「やっと出会えた」と思ったくらい懐かしい、シロハラです。今シーズImg_2918 ン初めてです。ツグミの仲間で、樹上にもいますが、地面にもよく降りて、木陰などで餌を探しているのを見かけます。昨年波及か公園でも何度噛みましたし、以前は、わが家のマンションの植え込みにも出没していました。今日は、貝塚公園で、10数分かけて追跡し、やっとこれらの写真が撮れました。貝塚公園、やはり、侮れません。時々は出かけないと。

Img_2854  これらの他は、あまり成果は上がりませんでした。以下、どちらかというImg_2856 と、証拠写真シリーズであります(苦笑)。まずは、九華公園の堀にいた、カイツブリ。左は、北門近く(船入橋の南)にいたもの。右は、二の丸跡の堀で、カモ達に混じっていたものです。見かけた場所と、小生の移動時間を考えますと、別の個体と思われます(350mほど移動します)。「見た」という証拠写真であります。

Img_2870  次は、九華公園で、1羽だけ見かけたシジュウカラです。「写真を撮ってくれ~」とでもいうように、鳴いていました。

Img_2879  貝塚公園では、上のシロハラの他、カワラヒワの群れがいました。公園Img_2886 内の木々を移動していました。カラスや、ヒヨドリが近くに来ると、クモの子を散らすように逃げていきます。

Img_2958  そして、この頃はすっかりお馴染みになったカンムリカイツブリです。2~3日に1回は、必ずといって良いほど見かけるようになりました。2羽、もしくは、4羽が、2~300mの範囲にいるように思えます。今日は、散歩の行き帰りともに見かけました。写真は、帰りに撮ったもので、これまで撮った中ではもっとも鮮明に撮れたと思います。Img_2962 同じ個体です。

Img_2970  場所は、この写真の通りなのですが、住吉神社のすぐ南東の揖斐川の中央辺りです。住吉神社くらいから、蟠龍櫓の間くらいでよく見かけます。ただし、中洲に近い方にいることも多く、慣れないと見逃すかも知れません。

Img_2929  ところで、たまには植物もと思ったのですが、こちら、立教小学校のところImg_2935 で撮ってきました。何やら、オブジェといっても通りそうですが、どこに興味を引かれたかといいますと、古い枝から、緑の枝が伸びてきているところです。まだ寒の内ではありますが、春の準備をしているように感じられたのであります。

Img_2936  ついでに、こちらは、九華公園の管理事務所の北にあるソテツです。冬は、先端の葉をこのようにまとめておくものなのでしょうね、きっと。

Rimg00240111  最後は、小生の冬の散歩の、とくに帰りに一休みするお気に入りの場所であります。拙宅マンションの目の前なのですが、揖斐川沿いを帰ってきた時には、ここ諸戸氏庭園前の桜並木の下のベンチで、どうしても一休みしたくなります。「ベンチが、ここにお座り」といっているのです(こういうのを心理学用語では、アフォーダンスといいます)。北風も、諸戸氏庭園の森で遮られ、少々季節風が吹いていても、ここは、絶好の日向ぼっこポイントなのであります。もちろん、今日も一休みしてきました。

|

« この冬一番の寒気の中、九華公園と博物館へ……新春企画展「干支と吉祥 -人間万事塞翁が馬-」を見てきました | トップページ | 日本版WISC-Ⅳテクニカルレポート#8が公表されています »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

忙しい秘書さま
写真は、デジカメになってからたくさんとってきます。多い日には、200~300枚も撮りますので、あとでチェックするのが大変です。
もっとも、その大半は、ダメ作品です(笑)。これが、「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」方式なのです。
写真は、今のところ、ただの趣味、暇つぶしですので、他人様にわざわざ足を運んでいただいて、お見せするほどのレベルのものではないと思っております。

散歩は、習慣化すれば、さほど苦痛ではありませんし、私のように、4㎞も5㎞も歩く必要もありません。体調、体力に合わせて歩けば十分です。ショッピングセンターで散歩も良いですが、天気がよくて、暖かい日には、太陽に当たりつつ歩きましょう(笑)。

ところで、センター試験、来週の土日でしたかね? 私は、共通一次試験よりも前の世代ですので、センター試験というと、実施す留側の経験しかありません(愚息も一応受けましたが、すでにAOで合格していましたので、本当に「一応受けただけ」です)。あれは、実施する側も、ミスが許されず、膨大なマニュアルを踏まえて実施しなければならず、大変です。

投稿: mamekichi | 2014年1月12日 (日) 17時48分

ええ〜100枚ですか?びっくりsign03
そんなに、いつも撮るんですか?
先生、是非とも個展を開いて下さいませ。
私、散歩する元気ありません。
ショッピングセンターなら歩けます。笑い。
後、息子の洋服詰めが残ってます。ついでに、センター試験も。
いゃぁーこの一年、息子の担任に良く怒られました。また、センターの結果で怒られるのかな?おー嫌だ。

投稿: 忙しい秘書 | 2014年1月12日 (日) 09時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« この冬一番の寒気の中、九華公園と博物館へ……新春企画展「干支と吉祥 -人間万事塞翁が馬-」を見てきました | トップページ | 日本版WISC-Ⅳテクニカルレポート#8が公表されています »