« 正月二日の日の出……実質的には初日の出(?) | トップページ | ユリカモメはお立ち台に、ジョウビタキ2羽(なわばり争いか?)、アオサギは寺町に登場……けっこう充実していました »

2014年1月 3日 (金)

散歩始めと、初詣……そして95万アクセス達成(多謝)(付記しました)

Img_1494 朝は冷えましたが、日中は、暖かくてよい日でした。それもそのはず、最低Rimg00380103 気温は-0.4℃ (5時40分)だったものの、日中は、 9.7℃ まで上がりました(14時30分)。午前中は、どうも何となく過ごしておりましたが、午後からも、風も強くなさそうで、暖かそうでしたし、散歩始めがてら、初詣に出かけてきました。喪中ですから、本来は、初詣は控えるべきところかも知れませんが……。時間は、午後1時半から3時過ぎくらいでした。

Img_1301  さて、今日の散歩は、寺町の桑名別院にお参りしてから九華公園へ。公Rimg00090103 園内を一回りして、鎮国守国神社にお参り。さらに、蟠龍櫓、七里の渡し跡を通って、住吉神社にお参りして、帰宅という、4.4kmコースとしました。最初の2枚の写真は、拙宅からもっとも近い神社である、住吉神社です。元日、初日の出を拝む方がたくさん集まっていたところです。3枚目は、桑名別院の山門前に掲げられていたことばです。“教行信証”は、親鸞聖人の教えをまとめた書物です。右は、九華公園、堀の中の東屋です。

Img_1386  今日のハイライトは、ユリカモメでしょう。去年11月に1~2度見て以来です。Img_1382 ずっと午前中に散歩に来ていて、「ユリカモメが、来ないな」と思っていたのですが、ひょっとしたら、午後からやってくるパターンだったかのかも知れません。数は数えませんでしたが、20羽あまりいたように思います。

Img_1422  今日、ユリカモメが来ていたのは、本丸跡南の堀でした。残念ながら、二ノImg_1381 丸橋の欄干に並ぶ光景は見られませんでした。“飛び姿”もかなりシャッターを切りましたが、これまた残念ながら、これはというショットは撮れませんでした。代わって、“一応、飛んでいるところ”という写真を載せておきます。

 これで、九華公園には、ユリカモメは、午後から来ている可能性があることが分かりましRimg00140103 たので、散歩の時間も調整してみなくてはなりません。右は、鎮国守国神社の本殿であります。

Img_1334  九華公園、暖かかったこともあってか、散歩をしている方はけっこうありImg_1339 ましたし、公園内の鎮国守国神社にお参りにいらっしゃる方もありました。野鳥たちは、カモ、スズメ、ヒヨドリなどを除いて、あまり見かけませんでしたが、唯一、ビンズイが4~5の小さい群れで出て来ました。割と神経質というか、警戒心が強い鳥ですので、あまり近くには寄れませんでした。枝もかぶってしまっていますから、証拠写真に近いかも知れません。

Img_1445  ところで、アオサギも、いつものように、北門近くの“お立ち台”にいたのですが、いつもとは少し違うところをお見せします。どうも首の辺りが痒かったような感じで、掻いているように見えます。しかも、拡大してよく見ていただきますと、冠羽が立っているのがお分かりになるかと思います。

Img_1485  揖斐川には、今日も、カンムリカイツブリが現れていました。たぶん(それぞれが、移動しますので、きちんとカウントできませんでしたが)、3羽がいたと思います。

Img_1467  吉之丸コミュニティパークでは、暖かかったためか、凧揚げに興じる親子連れの方が、3組ほど。ただし、揚がっている凧は、ご覧のように、洋風の“カイト”ばかりでした。また、サッカーボールを持ち込んで遊んでいる若者達も何組かいました。

 このほか、今日の散歩では、いろいろなことがありました。九華公園内の一角では、中国語を話す若者のグループが、焼き肉パーティーをしつつ、嬌声を上げていました。公園内で火を使うのは、ルール違反でしょう。

 柿安には、スーパーカーで乗り付けた方がありました。ランボルギーニカウンタックで、ビックリしてしまいました。ランボルギーニで、柿安に松阪肉を買いに来るなんて、スッゲェ!

 九華公園で、ユリカモメの写真を撮っていたときの出来事です。二の丸跡の鳥小屋の近くに、堀の石垣がなく、よくアヒルや、カルガモがいるところがあります。ここで、どうやら小さな子どもさんが、堀に落ちたようでした。正月早々、大変な出来事に遭遇した訳ですが、幸い、すぐに付き添っていた大人の方が引き上げて、事なきを得たようでした。この場所は、時々子どもさんが堀に足を踏み入れてしまうところですので、気をつけなくてはなりません。

 ちなみに、遠くて落ちたのが、男の子なのか、女の子なのかよく見えませんでしたが、小生には、男の子だという確信が持てました。「なぜそう思ったのか?」ですって? そりゃぁもう、落ちたときに聞こえてきた音が、「ぼっちゃぁん」でしたから。

 お後がよろしいようで、本日はこれにて m(_ _)m

【付記(1/3、20:30)】

 今日のエントリをアップしてから、しばらくして確認しましたら、95万アクセスを達成しておりました。新年早々、ありがたいことで、皆様方には、感謝申し上げます。このところのペースで行きますと、今年前半には、100万に到達しそうな勢いであります。しかし、これで調子づいたり、木に登ったりすることなく、これまで通りの内容で、続けますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

 今を去ること、40年前。そうです大学受験に向けて、勉学に勤しんでいる頃、旺文社の“大学受験ラジオ講座”というラジオの番組がありました。確か、その中でよく聞いたフレーズが、”継続は力なり”でした。この言葉、小生にとっては、一種の刷り込みになっている気がします。

 掻くと長くなりますので、今日は止めておきますが、この“大学受験ラジオ講座”、懐かしいものがあります。今ほど予備校が流行っていませんでした。浪人しても、「自宅浪人」がけっこうポピュラーだった時代、現役高校生が予備校に通うなどということは、都会での事情は知りませんでしたが、将星のみの回りではありませんでした。

|

« 正月二日の日の出……実質的には初日の出(?) | トップページ | ユリカモメはお立ち台に、ジョウビタキ2羽(なわばり争いか?)、アオサギは寺町に登場……けっこう充実していました »

季節」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ミリオンさん、今年もよろしくお願いします。

住吉さんに初日の出をご覧に行かれたお話しは、確かブログで拝読したような気もしますが、どうだったでしょう? 私は不精者ですので、いつもベランダからです。

堀に落ちた子どもさんは、すぐに助け上げられていました。昔、うちの娘も落ちたことがあるのです(笑)。

それにしても、「ばっちゃん」とは、お見事。一本撮られました m(_ _)m

投稿: mamekichi | 2014年1月 4日 (土) 20時11分

mamekichiさんこんばんは。
今年もどうぞよろしくお願いします。
住吉神社からの初日の出は以前一度だけ行ったことがあります。
その時は甘酒ふるまいもありました。
寒いけど初日の出を拝むのはいいですね、心が洗われるようです。

堀に落ちたお子さん大事に至らず良かったですね。
あそこは水鳥にはいい休息場だけど、
子供さんがいる人は注意しないと危ないですね。
水に落ちた音が「ばっちゃん」だったら・・(=^m^)

投稿: ミリオン | 2014年1月 3日 (金) 20時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 正月二日の日の出……実質的には初日の出(?) | トップページ | ユリカモメはお立ち台に、ジョウビタキ2羽(なわばり争いか?)、アオサギは寺町に登場……けっこう充実していました »