« ヒドリガモのオスの頭、黄色が濃いかなぁ?……久しぶり二ゴイサギも目撃 | トップページ | 三洋堂に行きがてら、超インチキ散歩……ジョウビタキ、オオバンなど »

2014年1月21日 (火)

福来雀に、今シーズン初のツグミちゃん、

Rimg0012  相も変わらず寒い日が続きます。それでも、午前中はまだ陽が当たり、ソーラーパワーもありそうでしたので、散歩に出て来ました。昨日伺った、10時頃、九華公園でヤマガラがいたという話が気になってであります(笑)。写真は、散歩から帰った時の多度山の写真です。とはいっても、多度山は雲の中。散歩の後半は、雲がかかりがちでしたし……。

 さて、その散歩、10時に遅れないようにと思ったのですが、朝からメール書きその他で、出られたのは9時40分で、ギリギリでした。それで、結論から書きますと、ヤマガラには逢えませんでした(笑)。まぁ、こんなものでしょう。人生と同じです(なぁんちゃって)。

Img_4892  そうそう今日は、帰り道、住吉ポンプ場近くで、「福来雀」といってもよいと思えるスズメの姿を撮ることができました(笑)。とくに真ん中のスズメは、けっこう膨らんでいるようです。

Img_4676  とここで、いきなりでありますが、忘れないうちに、クイズを一つ。これは、いったい何のorどういう場面の写真でしょうか? 答えは、末尾に書きます。

Img_4641  ヤマガラには逢えませんでしたが、本日は、今シーズン初めて、ツグミちゃImg_4639 んに逢うことができました(喜)。鳥小屋の裏の花菖蒲園のところです。多分そうだろうと思ったのですが、肉眼では確信が持てないままシャッターを切りました。ややピントが甘いので、「証拠写真」レベルです。

Img_4704  もう一つも、写真としてはよい出来ではありませんが、久しぶりにビンズイをImg_4661 みられたことです。始めは、ツグミちゃんと同じ花菖蒲園の所に2~3羽いたのですが、逃げられてしまいました。次に見つけたのは、大砲がおいてある辰巳櫓の近くでした。数羽が地上に降りて、餌を探しているようでした。左は、辰巳櫓近くで、右は花菖蒲園の南で撮ったものです。

 これら以外は、いつものメンバーの写真になります。多少とも面白いものをピックアップすることにします。

Img_4682  こちらは、もうお馴染みのカイツブリです。単独行動していることもありまImg_4685 すし、2羽でいることもあります。それ以外によく見かけるのは、右のように、カモ達の群れの側につかず離れずにいるという場面です。まれに、カモに攻撃される場面もあるのですが、それでもこうしているのを見ると、何だかけなげな鳥というイメージが、カイツブリには湧いてきます。

Img_4762  九華公園の東の外周遊歩道のところでは、コゲラが、なぜか、天を仰いでいました。何か悩みでもあるのでしょうか、それとも物思いにでも耽っていたのでしょうか?

 かと思うと、こういう真正面からの、“剽軽”にも見える表情も見せてくれたりします。どちらImg_4747 が、本当のコゲラなのかと聞いてみたくもなりますが、どちらもそうなのでしょうね。あまり人間的に思い込みで考えてはいけませんが。

Img_4782  メジロたちもまた然りであります。コゲラと同じあたりを移動していましたので、しばらくそっとついて回って写真を撮ってみました。曇り空でしたので、あまりクリアでもありませんし、色もきれいではないのが、残念です。こちらのメジロ、ややふっくらとしているようです。「福来メジロ」でしょうか(笑)?

Img_4798  そういえば、メジロにも物思いに耽っているかのようなシーンもありました(微笑)。深読みしすぎでありますが、何か小生の方に共感するところがあるのカモ知れません(マジかよぉ?!)。

Img_4847  今日は、久しぶりにユリカモメたちが、ある程度まとまってやって来ていました。


Img_4821  飛び姿にも、凝りもせず挑戦してみました。例の「下手な鉄砲も数打ちゃImg_4822 当たる」方式であります(笑)。


Img_4834  ただ、皮肉なことに、もっともよくピントがあっていると思われたのは、この左の写真の後ろ姿でした。なかなか思うとおりには行きImg_4826 ません。これも人生と同じであります(今日は、どうかしているかも知れませんねぇ)。

Img_4853  もう一つ。九華公園といえば、アオサギ。実は、二の丸跡の、コンクリート舞台の裏に“新お立ち台”がありますが、不用意に近づいたら、どうもそこにいたようで、飛び去られてしまいました。往きにはいなかったのですが、帰りには鎮国さん社務所の裏の“お立ち台”にすまし顔でいるではありませんか。遊ばれているのかも知れません。

Img_4865  ところで、揖斐川沿いでは、いつものメンバーとなった、オオセグロカモメImg_4869 と、カンムリカイツブリたちがいました。まずは、オオセグロカモメ。

Img_4886  オオセグロカモメが、いつも浮かんでいるのは、このあたりです。揖斐川の真ん中から中洲近くです。これは、EOS kiss x-5で、55mmで撮りましたので、肉眼で見た様子に近いと思います。慣れると、「オオセグロカモメがいる」というのが、分かります。ちなみに、今日は、ミサゴと思われる鳥は、ご不在でした。

Img_4636  カンムリカイツブリは、見える範囲には、4羽ほど。すっかり揖斐川に定着したようです。


Img_4626  そして、蟠龍櫓近くでは、今日もヒバリが3羽。餌を啄みながら歩いていました。最近ここで会うヒバリたち、堤防上から写真を撮っていても、あまりすぐには逃げません。慣れたのか、それとも、未だ若くて、人間の怖さを知らないのかも知れません。

 九華公園から帰るとき、昨日、ゴイサギが飛んでいたのを思い出して、以前ゴイサギのコロニーがあった中橋を確認してきました。しかし、ゴイサギの姿はゼロ。コロニーが復活したかという、ほのかな希望は叶いませんでした。

 今日は、必ずしもソーラーパワーが十分満たされなかったためか、どうも勢いがでないでいます。このところ、よく寝られます。朝は、6時の目覚ましが鳴るまでしっかり寝ています。早く寝ても、遅くなっても同じです。昼寝の長短に関わらずよく寝られます。これは、よい兆候なのか動なのか、よく分かりません。寝られないよりはマシではありますが……。

【写真クイズの回答】

 書き忘れておりました。3枚目の写真、旅ネコの1匹が、植栽に入り込んだのはよかったのですが、そこからでるのに、枝などに絡まって苦労しているところです。♪行きはよいよい帰りは怖い♪(通りゃんせ)の世界を体験中のところであります。

 助けてやろうと思って手を出しかけたのですが、何とか自力で抜け出してきていました。

|

« ヒドリガモのオスの頭、黄色が濃いかなぁ?……久しぶり二ゴイサギも目撃 | トップページ | 三洋堂に行きがてら、超インチキ散歩……ジョウビタキ、オオバンなど »

季節」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

秘書さま
先生と息子さんのバトルは、そういうことだったんですね。
先生の方としては、たぶん、推薦で合格したからにはそちらに行ってもらわなければという事情もあるのでしょう。推薦合格を蹴ったりしたら、来年度から、推薦枠がなくなる可能性がありますから。
私自身は、これから先のことだけを考えれば、厳しい世の中を渡っていくためにも、子どもにも、AOや推薦ではなく、筆記試験での受験勝負を経験した方がよいと思っていましたが、今の世の中、安全パイで行くことがかなり増えていますね。
そうですねぇ、息子さんの意思を尊重ですかねぇ? 難しいところです。

投稿: mamekichi | 2014年1月21日 (火) 21時03分

今日も、鳥が飛んでいる姿ナイスベストショットです。
ふくらすずめ、本当にお腹ふくらんでいますね。
息子が大学受験勝負したいと。
先生は、安全パイで行きなさいと。もうすぐ、三者懇談会。
私は、真ん中にはさまれてどうすれば良いの?

投稿: 秘書 | 2014年1月21日 (火) 19時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヒドリガモのオスの頭、黄色が濃いかなぁ?……久しぶり二ゴイサギも目撃 | トップページ | 三洋堂に行きがてら、超インチキ散歩……ジョウビタキ、オオバンなど »