« 統計の初歩(その1)……統計の基礎的概念 | トップページ | ウミネコかと思いましたが、オオセグロカモメでした……カイツブリにも接近遭遇 »

2014年1月 6日 (月)

キセキレイ、ケリ、オオバン……大山田川、沢南橋など5.8㎞散歩(歩きすぎ!)

Rimg00550106  1月6日(月)、世間的には「御用始」であります。世間様に倣って、小生もImg_1960 かなりの距離を歩いて来ました(笑)。その距離、5.8㎞であります。急に、いささか歩きすぎです。帰ってきてから、腰が痛くなったほどです。

Rimg00210106  実は、年末から、家族用のパソコン(NEC VALUESTAR)の調子が悪く、リカバリをしてもダメ、セーフティモードでの起動もダメという状態に陥り、「これは、ハードディスクが物理的にいかれたな」と思っておりました。今日、プリンタのインクを買うためにエディオンに行ったとき、パソコン担当の方に確認したところ、やはりその確率が高く、「ハードディスク交換になるでしょう」「費用は、4~5万円かかりますが、5年の長期保証でカバーされます」ということでした。修理が可能かどうかと、費用がどうなるかが気になっていたのですが、両方とも何とかなりそうで、ホッとしたら、急に元気が出て来たというのが、5.8㎞も歩いて来た要因なのです(爆)。現金なものです。写真には、ヘンなオッサンが写り込んでいますが、パソコンの画面を撮ったものです。赤い円内にあるメッセージに、「マスターハードディスク 状態 悪い」とか、「急いでデータのバックアップをとり、ハードディスクを交換しなさい」、「失敗は、切迫している(imminent)」など、恐ろしい言葉が並んでいました。

Rimg00340106  さて、その散歩ですが、10時15分から12時45分にかけての2時間半。参Rimg00380106 宮通のサーケイに寄ってから修徳小学校前、エディオン、三洋堂を経て、大山田川の沢南橋、甚内ポンプ場、福島地内の水田、諸戸苑と一周してきたのであります。

Img_1927  今日のハイライトは、キセキレイと、ケリでしょう。キセキレイは、大山田川にImg_1930 架かる沢南橋のところで撮りました。撮っているときは、光線の加減もあって、キセキレイとは気づきませんでした。写真も、今ひとつで、“証拠写真”レベルに近いものですが、載せておきますので、ご覧ください。キセキレイ、久しぶりです。

Img_1946  ちなみに、沢南橋、今日は、このキセキレイの他には、ハクセキレイとスズメしかいませんでした。いつもなら、カモの仲間が10数羽くらいいるのですが、今日はお留守でした。カワセミは、影も形もなしです。ハクセキレイ、どこでも見られますが、今日は、珍しく、ほぼ真上からのアングルで撮れました。これも、写真としての出来はよくありませんが、証拠としてご覧ください。

Img_2136  ケリは、この時期であれば、福島地内の水田や、伊勢大橋近くに行けばImg_2130 必ずいるだろうと思って期待していきました。期待は裏切られませんでした。伊勢大橋の北で、頭上を鳴きながら飛んでいましたし、国土交通省の木曽川河川下流事務所の西から福島地内にかけてたくさんいました。左は、福島の水田で、右は、国交省の事務所南で撮ったものです。ご覧のように、地面に降り立っているときと、飛んでいるときとでは、がらっと姿、色が変わります。変わりますといっても、そういう模様になっているというだけですが……。

Img_2137  このケリは、いつも書いているように、かなり神経質で、警戒心の強い鳥Img_2132 です。左の写真は、物陰から、10mほどの距離で撮ることができたものですが、見通しの利くところでは、20mも近づくことができればよい方です。繁殖期は3月以降のようで、非繁殖期には小群で行動するといいますが、たいていは2羽がペアでいます。小生には、番<つがい>でいるように見えます。ただし、雌雄同色ですから、区別はつきません。甲高い声で鳴き、「キリッ、キリッ」、「ケリッ」、「ケケッ」というふうに聞こえる。この鳴き声からケリという名がついたといわれます。

Img_1968  エディオンで所用を済ませ、三洋堂で本を見てから、沢南橋へ周り、あまImg_1985 り鳥がいませんでしたので、大山田川沿いを下って、甚内ポンプ場の方へといきましたが、ポンプ場近くの大山田橋付近にオオバンが数羽、いました。左の写真は、大山田川の上流側から大山田橋を見たところですが、赤い円内にオオバンがいます。ちょうど日陰になってしまいましたので、写真としてはよくありませんが、右はそこにいたオオバンです。

Img_2027  大山田橋のところから、揖斐川の方を眺めますと、今日は、オオバンの群れと、キンクロハジロの群れとがいました。赤い円内にはオオバンの群れが、緑の円内にはキンクロの群れがいました(キンクロの中には、オオバンも混じっていましたが)。小生が見ていたところからは、150m以上先にいました(おそらく160~170m先)。

Img_2041  上のオオバンの群れを250mm望遠で撮って、さらに大トリミングしたものです。オオバンであることは、確認できます。このオオバンの群れにいるものが、大山田川の少し上流や、九華公園にも行っているのだろうと思います。

Img_2029  キンクロハジロの群れも、同じように望遠で撮って、トリミングして見ました。右端には、オオバンが混じっているのが写っています。

Img_2078  そこからわずかに伊勢大橋寄りの入り江には、カイツブリが2羽、いるのImg_2084 を見つけました。葦原のすぐ脇ですので、この辺りに巣があるのではないかと思います。今は、繁殖期ではありませんが、雛が、親鳥の背中に乗っていることもあるようで、自分の目でも一度は見てみたい光景です。小生のいたところからは、50m以上先にカイツブリがいましたので、あまりクリアな写真は撮れませんでした。右は、全くの証拠写真で、カイツブリが2羽いる、ということだけはお分かりいただけるかと思います。

Img_2088_2 カイツブリがいた、同じ入り江の北側には、いつの間にかアオサギがやっImg_2090 て来ていました。まったく神出鬼没で、驚かされます。神出鬼没といえば、沢南橋から、ここ大山田橋まで来る途中、大山田川の堤防からひょいと下を覗いたとき、ちょうどすぐ真下にアオサギがいました。ビックリです。無効もビックリしたようで、すぐに逃げられました。このとき、残念ながら、一眼デジカメは首からぶら下げたまま、コンデジはポケットの中で、証拠の写真はありません(涙)。「釣逃がした魚は大きい」とかいいますが、「撮り逃した鳥も大きい」ですねぇ(爆)。

Img_2062  上の話で逃げられた場面ではありませんが、アオサギの飛び姿、一応撮れましたので、載せておきます(苦笑)。バックは伊勢大橋ですが、ちょっとゴチャゴチャしすぎですが……。

Img_2011  ところで、野鳥以外の今日の写真です。まずは、藤原岳と、アーバンライナー。“しまかぜ”が良かったのですが、生憎と、出かけるのが遅くて、修徳小学校からエディオンに向かう途中で、ちらっと見えただけで、写真が撮れる場所で、遭遇できませんでした。

Img_2108  伊勢大橋上流側の歩道を見たものです。“透視画法”のような写真がとImg_2110 れるであろうと思って、シャッターを切りました。パソコンで見て気づきましたが、左の上空に鳥が1羽、写り込んでいました。この写真からは、鳥の種類までは分かりませんが、大山田川沿いを歩いているとき、ミサゴか、トビか、猛禽類と思われる鳥が上空を旋回していましたから、それかも知れません。もう一つは、チャリに乗った男性が遠くに見えましたので、250mm望遠で撮ってみました。右がそれです。どちらが奥行き感が感じられるでしょうね?

Img_2176  福島地内から見た、鋳物工場越しの藤原岳です。キューポラのある屋根Img_2173 の向こうに冠雪した藤原岳の頂上付近が見えたのが、オモシロイかも知れないと思ったのです。今日散歩してきた辺りでは、あちこちから、藤原岳や、竜ヶ岳など、鈴鹿の山が冠雪した風景が見られます。「絵になる景色」を見つけてみたいという気がしています。右は、同じ場所から、ズームレンズの55mm側で撮ったものです。

Img_1917  それから、そろそろロウバイが咲いているかも知れないと思って、気をつけてみてきたのですが、まだのようでした。これは、拙宅のお隣のロウバイの木でしたが、まだご覧のようにつぼみ、それも固そうでした。この木、数年前は、正月には咲いていた記憶があるのですが、ちょっと残念でした。

Img_2208  その他、普通の白梅や、紅梅も、2~3カ所見てきましたが、さすがにこれImg_2211 らは、まだまだのようでした。今朝の中日新聞には、津市の結城神社で、ロウバイが見頃になり、また、白梅の一種である“雲龍梅”も咲き始めたというニュースが載っており、ちょっと期待したのですが、楽しみはまだ先ということのようです(中日Webの記事は、こちら)。

|

« 統計の初歩(その1)……統計の基礎的概念 | トップページ | ウミネコかと思いましたが、オオセグロカモメでした……カイツブリにも接近遭遇 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ミリオンさん、こんばんは。
パソコンの調子が悪いというのは、困りますよね。たいてい、何となく調子が悪いということが多く、どこが悪いかよく分かりませんし。エラーメッセージも、大事なものは英語ですし、そうでなくとも何か直訳した日本語で分かりにくいですね。
今日、修理に出してきて、2~3週間、かかりそうです。
キンクロハジロとオオバンは、同じくらいの大きさです。キンクロは、オス・メスで色が違い、白黒がオス、褐色ばかりがメスです。オオバンは、真っ黒で、目が赤く、額(?)の部分が白ですね。
鳥も、昆虫も分類は難しいです(笑)。

投稿: mamekichi | 2014年1月 7日 (火) 20時52分

PCの調子が悪いと困りますね。
エラー表示の横文字は横文字で何て書いてあるので解り辛いですよね。
ハードディスク交換で直るなら助かりますね。
キンクロハジロとオオバンは体の色の特長が似てますね、
でも大きさとか特長が違うんでしょうね。
○○科の○○属とか色々あって難しい~(=^^ゞ

投稿: ミリオン | 2014年1月 7日 (火) 15時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 統計の初歩(その1)……統計の基礎的概念 | トップページ | ウミネコかと思いましたが、オオセグロカモメでした……カイツブリにも接近遭遇 »