« 遅く出ても、メジロ、シジュウカラ、ジョウビタキのメスなど | トップページ | よいお年をお迎えください »

2013年12月30日 (月)

オオバン、カンムリカイツブリ、カイツブリ、そしてミサゴか?……旅ネコは集まって日向ぼっこ中でした

Rimg00081230  今朝は、多分この冬初めてでしょう、零下まで冷えました。6時20分に-1.2℃となっていました。ただし、わが家の周りでは、氷が張ったような気配はありませんでした。夕方までよく晴れて、最高気温は、8.8℃(13:40)、風は2m/sくらいでした。

Rimg00101230  もちろん、散歩であります。9時40分出発、正午帰宅で、4.5㎞。九華公園Rimg00141230 まで往復してきました。今日も、散歩する方は割と少なく、空いていました(笑)。

Img_1094  さて、今日の野鳥たちであります。まずは、こちら、オオバンです。七里の渡し跡のすぐ前に数羽の群れでいました。これまでは、伊勢大橋の上流側で10羽くらいの群れを何度か見てはいましたが、ここでオオバンを見たのは、初めてです。最初は、「カモか?」と思ったのですが、それにしては、ほぼ真っ黒だな、と見直したら、オオバンでした。

Img_1102  こんな仕草も見せてくれました。七里の渡し跡は、入江のようになっていまImg_1127 すが、そこに、右の写真に示したように、数羽がいたということです。このオオバンたち、散歩の行きがけに撮りましたので、ちょうど10時頃に撮影しました。去年か、一昨年は、九華公園の堀にも1羽が来ていたこともありました。

Img_1069  順番としては、逆になりますが、その前、住吉神社の前の揖斐川では、カンムリカイツブリが、珍しく岸にかなり近いところに出ていました(揖斐川の右岸ということになります)。何か感じるものがあったのでしょうか、ちょうど、「こういう静かな日にカンムリカイツブリも出てくれば良いのに」と思っていたところで、ちょっとビックリしてしまいました。で、こうしたイマイチの証拠写真になってしまった次第です(テキトーな言い訳です)。というのも、これまでは、風が強く川面がかなり波立っている日にしか出て来ていませんでしたし、出て来たとしても、揖斐川の中央よりも、中洲よりにいることがほとんどでしたから。

Img_1070  すぐに気づかれ、潜って逃げられました。それなりに写ったのは、この後Img_1078 ろ姿だけです(苦笑)。しばらく追いかけて撮ったのが右の写真です。下が、揖斐川右岸です。かなり離れて、もう1羽がいました。番で行動しているようにも思うのですが、日本では繁殖はしませんから、そう見えるだけなのでしょうか?

Img_1147  九華公園について、管理事務所前の、春から初冬は、カメが甲羅干しをしているところの登り板の近く(本当は、アヒルの家に昇るところだろうと思います)には、カイツブリがいました。ボンヤリしていたようで、しばらく小生には気づきませんでしたので、これまた、これまででもっとも近くで写真を撮ることができました(笑)。このあと、カイツブリは、東の方から、東南の堀まで移動していました。移動スピードは、けっこう速いものがあります。

Img_12802  それから、次は、帰りに撮ったものですが、揖斐川にある丈か何かを差Img_1280 したようなものに、何かが止まっているのが見えました。ご覧のように、揖斐・長良川の中洲に近いところです。右の写真が、すでに250mmの望遠で撮ったもので、それをさらにトリミングしたものが、左の写真です。遠目にはカワウに見えたのですが、どうも猛禽類のように見えます。ここにいるということは、魚を餌とするものでしょう。そう考えますと、ミサゴかという気がしますが、確信はありません。色や、形は似ているように思います。

 一度の散歩でこれだけ野鳥の写真が撮れれば、まあ満足なのですが、九華公園の堀では、カモ達が結構面白い様子を見せてくれました。

Img_1173  まずは、ホシハジロのオス。何かのディスプレイなのでしょうか、それとImg_1179_2 も、ストレス発散? 盛んに羽をバタバタさせて、水しぶきを上げていました。

Img_1191  時には、足以外が自ら出てしまうほどの勢いを見せてくれました。

Img_1174  近くにいたキンクロハジロのオスまでもが、対抗したのか、それともつらImg_1175 れたのか、同じような動作を繰り返していました。何となく笑えます。その他の方達は、好対照をなすかのように、お休み中であったり、右の写真のように泳いでいたり。今日も、九華公園には、70羽あまりのカモ達がいました。

Img_1137  その他の皆様、そして、アリバイ写真も載せておきます。アオサギは、1Img_1223 羽が、北門近くの“お立ち台”(鎮国守国神社の社務所裏)に。シジュウカラ、メジロは、二の丸跡と、本丸跡の天守台のところで見かけました。シジュウカラは、上手く撮れず。右は、メジロの証拠写真です(二の丸跡)。

Img_1259  コゲラは、鎮国守国神社の本殿裏、天守台跡のところで2羽を目撃。そImg_1254 のすぐ東、市民プールのフェンスには、ジョウビタキのメスが、一瞬だけ姿を見せました。コゲラ、ジョウビタキのいたところには、シジュウカラも何羽か遊んでいましたが、ここでもシジュウカラの撮影には失敗。

Rimg00171230  ところで、市民プールの南側には、野球場のバックネット裏との間に通路Img_1264 があります。ここは、日当たりがよく、風も通りませんので、旅ネコさんたちの集会所というか、休憩所という雰囲気になっていました(爆)。左の写真には、分かりにくいところもありますが、計8匹が写っています。小生がカメラを構えている側にも、3匹ほどがいました。

Img_1251  左は、目が薄いブルーをしていて、けっこう魅力的でした。「男前」ならぬ、「ネコ前」といってもいいかも知れません。それに対して、右の旅ネコ、何ともいえない表情であります。「ブサイImg_1270 ク」といっては失礼なのですが、鼻の下にヒゲを蓄えたような顔に見えます。何だか、小生と親近感があります(爆)。ふて腐れているようにも見えてしまいますので、損をしているかも知れません。

Img_1193  オマケであります。堀の中の東屋の屋根では、ドバトが3羽、日向ぼっこand/orお休み中でした。

Img_1194  左の写真の2羽は、目をつぶっているのですが、右の写真に写ったドバトImg_1196 さんは、、何となく「薄目を開けている」のです。神経質な性格なのか、警戒しているのか、よく分かりません。目つきは悪いです(爆)。

Img_1285  オマケ(その2)。諸戸氏庭園の本邸裏の、大きな枯れ木の天辺。何やら止まっています。ここには、アオサギが止まっていることもImg_12852 あります。が、今日、止まっていたのは、何と、ムクドリでありました(笑)。神経質そうなのに態度と、声がでかいので嫌われるのです。それと、糞害ですねぇ。糞害だけに、憤慨しますよねぇ(スミマセン、オヤジギャグでした)、

 いよいよ今年も、あと1日。あっという間の1年でした。体調は、猛暑の夏が終わって以降、回復基調にあると思います。やはり、私にとっては、“ブラック企業”であった大学を退職してよかった、と思う今日この頃であります。

 さあ、大晦日も、天気がよければ散歩と、少々の大掃除、とくに仏壇をきれいにしなくてはなりません。

|

« 遅く出ても、メジロ、シジュウカラ、ジョウビタキのメスなど | トップページ | よいお年をお迎えください »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

みりおんさん、こんにちは。
冬鳥は少ないと文句ばかりいっておりましたが、年の暮れになってようやくいろいろと出会えるようになりました。
九華公園のネコは、数が増えたような気がします。「餌やり禁止」の立て看板もあるのですが、昨日も餌をやっている人を見かけました。まぁ考えはいろいろあるでしょうが、ルールはルールとして守らないといけませんね。
今年はいろいろとありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いします。

投稿: mamekichi | 2013年12月31日 (火) 14時35分

こんばんは、今日の散歩はたくさんの野鳥に出会えましたね。
猫がたくさん日向ぼっこしてますね。
動物は暖かい所を良く知ってますね。
ヒゲの猫ちゃんは愛嬌がありますね。
ムクドリは夕方に良く集団でいて騒々しいですね。
今年もあと1日で終りですね、来年もどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: ミリオン | 2013年12月30日 (月) 20時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 遅く出ても、メジロ、シジュウカラ、ジョウビタキのメスなど | トップページ | よいお年をお迎えください »