« 冬至の日、点描 | トップページ | 今日は、眺望雪景色と、実家行き »

2013年12月23日 (月)

久しぶりのカワセミ写真に、コサギのバトル、トビまで登場

 ここしばらく似たような陽気が続いています。今日の最高気温は8.9℃ (14:00)、最低気温は4.4℃ (19:40)です。夜になってから、朝よりも冷えてきたようです。風は弱く、時々、3m/sとか、5m/s吹きましたが、ほぼ終日1~2m/sでした。陽射しは必ずしも多くはありませんでしたが、散歩に出て来ました。

 今日は、うつに関する本と、ブログで、2~3年ほど前から知己を得た方が、新著を出版されたという連絡を頂きましたので、三洋堂にそれを探しに行きがてらの散歩でした。ずいぶん久しぶりに、福島地内を通って、歩いて行き、その帰り沢南橋へ寄って来ました。それが、案外、上首尾を得られました(喜)。

 その本は、緒方俊雄著「すぐ会社を休む部下に困っている人が読む本(幻冬舎新書#323)」です(\800+税)です。11月の新刊ですが、見逃していました。これから拝読します。

Img_02312  さて、散歩は、4.9㎞+αです。“+α”は、沢南橋で、ウロウロしていたからでImg_0237 す。ウロウロの原因の1つは、こちら、カワセミさんです。沢南橋の下流側(大山田川右岸、東側)にカワセミが出没してくれたのです(右の写真)。最初は、もっと下流側にいたのですが、これでも少しは近づいてきたところです。

Img_0226  ごくまれに、対岸(左岸)に渡ったりして、餌捕りをしていたようです。やや遠くて、狩猟に成功したかどうかについては、よく分かりません。もっと下流側に、もう1羽、カワセミはいたように見えましたが、そちらは未確認です。いずれにしても、久しぶりにカワセミの写真を撮ることができました。かなり満足であります(爆)。ただ、私のいた、沢南橋のところまでは近づいてくれなかったのは、ちょっと残念でした。

Img_9954  もう1つのウロウロさせられた原因は、こちらコサギさんたちでした。「たImg_9893 ち」と書きましたが、複数形であります。それも、合計4羽。ウロウロさせられた場所も、福島の田んぼと、沢南橋と2カ所ででした。左の写真は、沢南橋上流側の堰の上にとまった個体、右は、福島地内を飛び回って、あちこちへと歩かせてくれた個体です。まったく、サギにやられた感じがしてなりません(笑)。

 福島地内で遭遇したコサギは、結局近くには行かせてくれませんでした。たぶん、60~70mにも近寄らせてくれませんでした。田んぼや、電柱の上などを飛び回ってくれました。

Img_0011  沢南橋辺りにいたのは、計3羽。この辺りで、3羽が一度に見られるのは、珍しいことです。大山田川が、揖斐川に注ぐ、甚内ポンプ場辺りでは、けっこう見られる光景ですが……。ただ、今日も3羽を1度に写真に撮れたという訳ではありません。その代わりに、おそらく滅多に見られないシーンに遭遇しました。

Img_0108  この少し前にも似たようなシーンがあったのですが、こういう場面から始Img_0114 まりました。コサギのオス・メスは、判別できませんが、繁殖期は春のはずですから、想像するに、なわばりを争うバトルが勃発したのではないかと思います。

Img_0119  しばらくの間、けっこう激しくやり合っていました。写真も何枚撮ったでしょImg_0120 うか。

Img_0130

Img_0134 Img_0139

 

Img_0161 最終的には、このような形で、決着がついたようです。押さえ込まれた方Img_0169 は、その後、大山田がを上流方向へと飛び去っていきました。JRと近鉄の鉄橋の下辺りまで行ったように見えました。

Img_0183  こちらが、その“勝った”方の個体です。さすがにお尻の辺りの羽が乱れています。いやぁ、それにしても、凄かったですねぇ。驚きました。

Img_0067  この個体、バトルの直前も、すぐ上の写真のように、堰の上にいたのですImg_0091 が、沢南橋の南側の袂にいた小生のすぐ下に飛んできました。そして、辺りをパトロールするように歩き回っていたのです。バトル相手は、橋の下流側から、飛んできたのですが、この時点ですでに、なわばりを荒らされるとでも思っていたのかも知れません。コサギをこんな至近距離で撮ったのは、初めてでした。

Img_9929  ところで、これらカワセミと、コサギ以外の野鳥です。福島から国道1号Img_9926 線・宮前町交差点に出る直前の水田では、これまだ久しぶりにケリを2羽、見ました。つがいなのでしょう。ただし、やはりケリは警戒心が強い鳥で、かなりの距離があったのに、逃げられました。

Img_0289  沢南橋で、野鳥を見ているとき、上空に長良川河口堰の方から、トビが5羽ほど、群れでやって来て、上空を旋回し始めました。トビが姿を見せると同時に、川にいたカモたちは、大騒ぎ、大慌てで逃げ始め、葦の影に全員が避難してしまいました。さすがに猛禽類に対する警戒は、常に怠っていないようでした。

Img_9998  もう1種類は、シギです。クサシギのように見えますが、今ひとつ自信があImg_0043 りません。シギも図鑑だけでは、判別しにくいものがあります。

Img_9972  そして、セグロセキレイ。沢南橋には、セグロセキレイ、けっこうよくやっRimg00091223 て来ます。右は、沢南橋の南の袂から見た、大山田川と、堰です。コサギのバトルと、カワセミに釣られて、ここに1時間以上いたようです。

Img_0213  カモたちは、前回と同様、ヒドリガモが多かったように思いますが、こちら、ヨシガモのメスのように見えました。ちょうど堰の上にいたものです。

Img_0335  12時半近く、やっと自宅横の諸戸氏庭園まで戻って来たのですが、ここでImg_0337 また、引っかかってしまいました(笑)。コゲラ、メジロ、シジュウカラの混群でした。ヤマガラはいませんでした。とくに、メジロの方は、ちょっと証拠写真気味でしたが、載せておきます。コゲラは、上手く撮れたものがありません。ちなみに、ここでも10数分、鳥たちが移動するのに釣られてウロウロしてしまいました(笑)。困ったものです。

Img_9823  オマケ。今朝の山の様子です。サンファーレの向こうに見える山に雪がImg_9824 積もっています。御在所岳などよりもたくさん積もっています。野登山(852m)、鈴鹿・亀山両市の境になります。

Img_9832  藤原岳(1,171m)は、今日も雪化粧をしていました。

 明日は、私の実家に行くつもりでしたが、母方の伯父が亡くなったという連絡がありました。通夜・葬儀は、都合により、25、26日だといいますので、明日、実家に行きがてら、弔問に行ってきます。88歳でした。亡くなった私のオヤジと、小学校の同級生であります。この年になると、慶事よりも弔事が多くなります。

|

« 冬至の日、点描 | トップページ | 今日は、眺望雪景色と、実家行き »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こころんさん、こんばんは。いつもありがとうございます。
コサギのバトル、千載一遇のチャンスだったと思います。狙って撮れるものではないですよね。

カワセミは、見慣れると、色と飛び方で、多分区別できるようになれます。もう少し近くまで来てくれ!と思いながら、粘ったのですが、ダメでした。最終的にはまた、下流側に飛んでいったようでした(未確認です)。

セントレアは、先週の日曜にお世話になった先生にお目にかかるために出かけてきました。初めてでした。クルマでは、実家に行くとき降りるインターの1つ先まで行きますので(知多半島道路)、遠いイメージでした。しかし、名鉄が常滑から延長し、空港まで乗り入れましたし、あのミュースカイに乗れば、名古屋から28分ですから、時間的には、クルマで行くよりも断然速いのではないかと思います。

ところで、“おじさんぽ”は、元横綱の花田さんと、温水さんの番組ですよね? 時々見ます。ただし、今回は、取材クルーにも遭遇していませんし、桑名が放送されたことも、知りませんでした(ちょうど、家内の父親の四十九日法要を営んだ日でしたから)。メ~テレの“昼まで待てない“とは違って、登場してないと思います(笑)。

投稿: mamekichi | 2013年12月24日 (火) 21時15分

こんにちは
サギのバトル、迫力ありますね。
なかなか撮れないんじゃないですか。
カワセミに会われて羨ましいです。
引いたお写真でカワセミが小さく写ってる場面に自分がいても
気づかないかもしれません(笑)

セントレアも行かれたようですね。
まだ行ったことないので行ってみたいです。
名鉄が走ってるんですね。

この前、テレビ愛知の「おじさんぽ」で桑名をしてましたが
とらやさんも写ってました。
石取の山車が店内に飾ってあるんですね。
mamekichiさんはチョロっと出演されませんでしたか?^_^;

弔事、お疲れ様です。
寒いので体調を崩されませんよう。


投稿: こころん | 2013年12月24日 (火) 14時41分

チーママさん
昨日は、久しぶりに野鳥が、”豊作”で、沢南橋の上で小躍りしておりました(笑)。寒さを就いて出て行くのですから、これくらいご褒美があると、散歩に出て来た甲斐があるというものです。
コサギが、こんな激しいバトルを展開するとは、想像もしていませんでしたが、自然界もやはり厳しいようです。
いつもの公園も、ユリカモメが毎年来ていたのですが、今年は1~2度姿を見せてくれただけで、後はサッパリです。しかし、今日のようなこともありますから、気を取り直して、「淡々と飽きもせず」でやることにします。

投稿: mamekichi | 2013年12月24日 (火) 07時52分

サギの格闘シーン いいものが撮れましたね。って、サギたちにすれば「うるさい!野次馬」と言われそうですが(^^;;
今年は野鳥がさっぱりで、庭も改修があるので餌やりも止めています。おかげでさみしい限りですが、先日横浜近辺の車窓からユリカモメを数羽見て、なんだかホッといたしました。
やはり冬は鳥見が楽しみですね~。

投稿: チーママ | 2013年12月23日 (月) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬至の日、点描 | トップページ | 今日は、眺望雪景色と、実家行き »