« 4日ぶりの散歩は、ヒバリとビンズイ、そして、博物館で日本画鑑賞 | トップページ | どうも今ひとつねぇ……耳鳴り、“停滞腸”その他 »

2013年12月 7日 (土)

今日は野鳥は不作でしたが、虹を見られました……傑作コピーもあります

Rimg00011207 師走に入ってもう7日(土)。早いものです。ウロウロしているうちに、すぐに年越しとなりそうな雰囲気であります(笑)。今日は、冬型が強まるということで、朝、散歩に出るのを迷っていました。風が強かったのと(5~6m/s)、朝のうちはとくに雲がたくさん出ていたからです。10時くらいになってようやく、陽射しもよく当たるようになって来たので、やっと出かける気になりました。

 冒頭の写真は、散歩に出るときに撮ったものです。このときにはまったく気づかず、「多度山Rimg000112072 の方は、時雨れているのかなぁ」と思っただけでした。しかし、あとで、揖斐川沿い、それも、蟠龍櫓辺りまで行って、ようやく気づいたのですが、虹が出ていました。帰ってから写真を見直したところ、きちんと写っているではありませんか(爆)。2枚目は、1枚目の写真をトリミングしたものです。

Img_8880  さて、その虹の写真がこちらです。多度山の上にかけて、円形の1/4くらいImg_88822 です。ちょっと残念なのは、今ひとつクリアさに欠けるところです。まぁ、贅沢をいってはいけませんし、キリもありませんから、ありがたく写真に撮らせてもらいました。

Img_8883  もとの方をズームアップしてみました。桑名市の大山田配水池の手前辺りからでているように見えます(もちろん、見えるだけで、実際にそこから虹が出ている訳ではありません)。

 それで、書き忘れるところでしたが、今日の散歩も、いつものコースです。住吉浦休憩所、揖斐川堤防、七里の渡し跡、三の丸公園、九華公園であります。今日はやや短め、4.2㎞でした。先週の土曜、諸戸徳成邸の特別公開に出かけたとき、ものすごく寒かったので、今日も気をつけようというところがあったのです。というのも、あのあとから調子が低下したのです。

 さらに、今日も、野鳥はほとんどいませんでした。いつも通りにいたのは、カワウ、ドバト、カモたち(今日も、60数羽と、まったく例年通りです)くらい。ユリカモメはこのところ、ゼロ。シメ、ツグミ、シロハラ、ヤマガラなどもまだ見ていません。“野鳥不作”の年かも知れません。このところよく見ていた、カワラヒワ、シジュウカラ、コゲラも今日は姿は見えず。

Img_8879  代わりに、お馴染みさんでご容赦を。こちら、住吉ポンプ場の横で、工事現場のフェンスに並んだスズメさんたち。


Img_8905  この秋口から、九華公園や、その近辺で見かけるようになった、全身が白っぽいドバトさん。目立つので、他の鳥の攻撃を受けやすいのではないかと心配していますが、今のところは無事です。

Img_8937  二の丸跡には、カワウが3羽。手前の1羽は、婚姻色を呈しているように見えます。そのカワウですが、いつも会う男性の方が、「今日、来るとき、九華公園でカワウが1羽、大きな魚を捕まえたら、他の数羽が寄って来て、取り合いのバトルをしてたよ。あれ、面白かったねぇ」だったそうです。惜しいことをしました(爆)。

Img_8914  そうそう、今日は、アオサギが珍しいところに出現しました。九華公園のImg_8918 野球場では、光風中学の野球部の部員達がでて野球をしていたのですが、どうも試合ではなく、審判の講習会か何かをしていたようです。そのレフト側のフェンスの向こうのところに、アオサギが降り立ったのです。まるで、野球場で行われていることを覗き込んでいるように、です(笑)。アオサギのいるところ、堤防道路から、九○公園動物病院の方へ降りていく道ばたで、車が通っても平気なようでした。

Img_8959  あとは、こちら、カイツブリが1羽。こちらは、公園の外周遊歩道沿い、三の丸町内側のお堀です。今日は、どういう訳か、サッサと逃げるという様子はありませんでした。他の野鳥がいないのに、同情されたのでしょうか?!

 ところでしばらく前に、食材の偽装騒ぎがありました。その後は、特定秘密法案その他の報道で、忘れられたかのようになっています。

Iseebi  12月3日(火)の中日新聞三重総合版に載っていた記事です。「正真正銘の伊勢エビです」と題されていますが、お歳暮シーズンを迎え、生きたまま贈答用に箱詰めされた伊勢エビの出荷作業が老舗海産物店で始まったものの、食材偽装騒ぎの影響を受けて、国産伊勢エビの浜値が急騰し、この老舗も苦しいやりくりを強いられている、という内容です。伊勢エビは、今年、台風が多かった影響もあって、水揚げは低調だそうです。そこへ来て、食材偽装騒動の影響で、国産の需要が急増し、浜値は、例年のほぼ2倍になっているといいます。この老舗では、ギフトの価格を例年並みに据え置きつつ、量を減らすことにしたそうです。1箱8,000円~1万円の売れ筋には、いつもなら300㌘程度の伊勢エビが3匹入るところ、今年は2匹だそうです。

 という記事を見た3日ほど後、同じ、中日新聞の全面広告で、右のようなものが現れ、笑っPhoto てしまいました。「真面目におせちを作り続けて41年」だそうです。何というコピーなのでしょう。おせちづくりであろうと何であろうと、「真面目に」作っていて、当たり前です。いい加減につくられては、堪りません(怒)。時折、寿司屋の広告で、「ネタは新鮮!」と書いているところがありますが、あれも当たり前のことをコピーにするなんて、却ってアヤシイと、へそ曲がりの小生は、勘ぐってしまいます(爆)。それにしても、ここのおせち、“三段重(全70品)”で、\25,800だそうですから、小生には縁のないものでありますから、まぁどっちでも良いですが……。

 まぁ、しかし、こういうコピーが、それこそ「真面目に通る」世の中だとしたら、どこかヘンな世の中である可能性が高いと思えます。

Img_8972  あまりとんでもない屁理屈が出てくる前に、今日はこれくらいにしておきましょう。最後には、スッキリというか、爽やかというか、そういう写真をと思い、飛行機雲にいたしました。

|

« 4日ぶりの散歩は、ヒバリとビンズイ、そして、博物館で日本画鑑賞 | トップページ | どうも今ひとつねぇ……耳鳴り、“停滞腸”その他 »

季節」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

お疲れ秘書さま
法事など、人が集まり、話に花が咲く場面にいるのは、疲れますね。お疲れ様でした。
さて、虹。散歩に出るときにいつも多度山の写真を撮ってから降りていくのですが、その時にはまったく気づかずでした。揖斐川沿いを歩いていて振り返って気づいたような次第でした。かなり薄くなってから写真を撮りましたので、今ひとつでしたが、コントラストをやや強調したものにして、載せました。
白っぽいドバト、この間から何枚か写真を撮っていたのですが、青空をバックにしたのがよかったのかと思います。
それにしても、今年は野鳥がいません。

投稿: mamekichi | 2013年12月 8日 (日) 08時58分

先生、2枚目の虹の写真綺麗ですね〜!
今日は、朝こちらは雨が降っていました。
白いドバドさんの写真、私の中では今までの鳥の写真の中で一番だと思います。
今日は法事でした。
法事で疲れたのではなく、女姉妹のおしゃべりで疲れました。
さすがに、おばちゃん達のおしゃべりは凄いです。coldsweats01

投稿: お疲れ秘書 | 2013年12月 7日 (土) 20時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4日ぶりの散歩は、ヒバリとビンズイ、そして、博物館で日本画鑑賞 | トップページ | どうも今ひとつねぇ……耳鳴り、“停滞腸”その他 »