« 特別支援教育支援員講座の感想・質問から(2013年秋期、続き) | トップページ | 今日は、モミジの紅葉を……九華公園、鎮国守国神社にて »

2013年11月18日 (月)

足下の賑やかな季節

Img_6537  割と暖かい朝でした。日中も早くから気温が上がり、8時には10℃を超え(11.5℃)、散歩に出かけた9時過ぎには、13.2℃でした)。しかし、とくに午前中は、西から北西の風が、2~4m/sほど吹いていました。日陰にいるときや、曇ったときには結構寒く感じられました。

 午前中は散歩に出かけた後すぐに、エディオンへクルマで行き、プリンタのインクを買ってきImg_6377 ました。午後から、“喪中葉書”を印刷するためです。喪中葉書250枚弱は、先ほど、夜9時前にすべて印刷終了です。

Img_6367  さて、その散歩は、九華公園を往復し、4.4㎞ほど。9時10分くらいに出て、11時半に戻って来ました。行きに揖斐川沿いを歩いているときはさほどでもありませんでしたが、9時半に九華公園に着いた頃から、かなり雲も出て来て、日が陰ってしまう時間もけっこうありました。要は、鳥の種類は限られ、カワラヒワ、アオサギ、カワウ、カモたち、コゲラ、ユリカモメ、ドバト、キジバトくらいでした。カワラヒワ、カワウ、カモたちはかなりいたのですが、他は、1~羽ずつくらいでした。この3枚目の写真は、北門の向い側にある、本多忠勝公の像であります。最近は、あまりマジメに撮ったことがありませんでした。

Img_6437  モミジの紅葉は、今ひとつというか、葉が焼けてしまっているというか、そうImg_6453 いう感じでしたが(左の写真)、桜が紅葉したあと、かなり葉っぱが落ちていました。たとえば右の写真は、朝日丸跡で撮ったものですが、紅葉とともに、落葉も盛んです。タイトルの“足下が賑やかな季節”というのは、これらの落葉を踏みしめて、散歩するようになったことを差しています。落ち葉を踏みしめて歩きますと、当然音がしますが、その落ち葉を踏む音が盛んになってきたということをいたいいタイトルです。

Img_6587  足下の賑やかさといえば、諸戸氏庭園前も負けてはいませんでした。Img_6340 ちょうど本邸(この右側にあります)のところです。秋が深まったというよりも、冬がやって来たかのような気候です。右は、諸戸氏庭園の煉瓦蔵前で撮ったものです。この煉瓦蔵は、その昔は、米が貯蔵されていた蔵で、もともとは4等あったものが、現在では3棟、残っています。


Img_6329  これも、諸戸氏庭園前で撮ったものです。ソメイヨシノの葉が紅葉し、太Img_6330 陽の光が透けている感じが面白く見えました。右も同じあたりでの写真です。赤い葉に、赤いバックとなり、いささかくどいかという気もしましたが、写真で見ると、そうでもないようです。
Rimg00391113  蔵出し写真になりますが、これは、11月13日に撮ったものです。玉重橋の上から諸戸氏庭園をみたものです。小生のお気に入りの景色です。

Img_6525  ところで、九華公園のことにもどりますが、カモたちは、今日数えた限りでImg_6513 は、60羽あまりに増えました。大半は、キンクロハジロですが、一部にヒドリガモや、ハジロガモが混じっていました。ほぼ例年通りのメンバー構成といってよいでしょう。

Img_6405  先日10羽あまり飛来していたユリカモメは、今日は、数羽が飛んでいるのが見えましたが、堀に降りてきたのは、この1羽のみでした。いつものようにたくさんやって来て、二ノ丸橋の欄干に並ぶ光景を早く見たいものです。

Img_6385  そして、思わぬところに出没するのが、カイツブリ1羽。今日は、管理事務Img_6489 所裏(西側、三之丸町内側)の堀に、1羽淋しく浮いていました。しかし、外周の遊歩道を歩いていましたら、今度は、南東の端(キッチン寿さんの近く)に、回ってきていました。何となく、“神出鬼没”という感じがしないでもありません。その割りに、こちらの姿を認めますと、慌てて、急いで逃げていきます。その途中では、10秒あまりにわたって潜水し、けっこう遠くに浮かんで来ます(笑)。

Img_6460  カワウも数が増えました。ちょっと数えきれません。たくさんいるのは、こImg_6503 の、公園内の野球場の照明灯の上や(左の写真)、二の丸跡の舞台の裏(右の写真)です。1羽は、羽を太陽に向かって広げ、乾かしているか、暖めているかしていました。このほかには、本丸跡の松の木の上や、集団で堀に降りたって、餌を探したりしています。けっこう、あちこちグループに分かれていたり、移動したりしますので、どのくらい来ているのか数えるのは、難しいところです。

Img_6431  今日はあまり良い写真は撮れませんでしたが、カワラヒワも公園内にたくImg_6388 さんたむろしています。しかし、今年は、シジュウカラ、コゲラ(右の写真)は少なく、ヤマガラや、シロハラ、ツグミ、メジロ、シメなどはまだ見られません(シジュウカラ、メジロは、1~2℃見かけましたが)。ちょっと淋しいというか、もの足りません。

Img_6570  今日は、あの“バールフレンド”第1号の方に久しぶりにお目にかかりました。久しぶりでしたので、ついつい話し込んでしまいましたが。以前、バードRimg00341118 ウオッチングのための双眼鏡の話をしたのですが、今日は、“単眼鏡”をお持ちでした。自宅でご主人に双眼鏡の話をしたら、どこかからこの単眼鏡を探し出してきてくださったということでした。しかし、これで見てもよく分からないと、大笑い。鳥を見るのも、もちろん慣れが必要ですが、単眼鏡にしろ、双眼鏡にしろ、それで小さな鳥を木々の間から見つけるのは、さらに難しいところがあります。

 体調はようやく今日になって、かなり元に戻ってきた感じです(元というのは、家内の父が亡くなる前の、今月初めくらいのレベルということです)。ここしばらくが、「すっかり良くなった」というレベルからはほど遠いのと、やはり老化の影響もあるのでしょうか? 今ひとつよく分かりません。まあ、身体に悪いとされることはなるべくしないように気をつけることにします。

|

« 特別支援教育支援員講座の感想・質問から(2013年秋期、続き) | トップページ | 今日は、モミジの紅葉を……九華公園、鎮国守国神社にて »

季節」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

秘書さま
紅葉は、御在所、菰野、宮妻峡、養老公園あたりへ行けば、かなり良いようですが、桑名市内ではどうも期待できそうもないという印象を持っています。
ところで、諸戸家の“御曹犬”さま(オスか、メスかも、名前も聞きそびれていますが、犬種だけは、こちらのお屋敷の掃除などを担当していらっしゃる男性に伺ったのです)、いつ登場するのか、不明なのです(笑)。愛想はあまり良くありませんが、実際に会ってみても、可愛い犬ですよ。

投稿: mamekichi | 2013年11月19日 (火) 08時49分

今年は、紅葉の紅葉だめですね。
一度諸戸さんちのお犬様に、会って見たいです。可愛い犬ですよね。
無理をしなかったら、また体調戻りますよ 、先生。

投稿: 秘書 | 2013年11月19日 (火) 00時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 特別支援教育支援員講座の感想・質問から(2013年秋期、続き) | トップページ | 今日は、モミジの紅葉を……九華公園、鎮国守国神社にて »