« ご迷惑とご心配をおかけ致しました | トップページ | いきなり真冬かよぉ!?……本日の最高気温は10.7℃ »

2013年11月11日 (月)

九華公園では、菊花展(ただし、本日まで)

Rimg00011111 年をとったせいか、今頃になって葬儀その他にともなう疲れが出て来た感じでおります(苦笑)。アタマが飽和してきて、フラついております。それでも、バタバタと過ごしており、散歩に出ていませんでしたので、少しくらい歩くかと、気を取り直して出かけてきました。銀行にも行きたかったものですから、クルマでコンビニ、銀行、九華公園と回ってきました。歩いたのは、九華公園内の、1.2㎞だけですが……。

 冒頭の写真は、出かけるとき、10時半頃撮ったものですが、この雲の形の時は、北西の風が相当キツイ時のパターンです。おそらく3~4m/s程度の風が吹いていたでしょう。

Rimg00071111  さて、九華公園ですが、今日まで“菊花展”が開かれていました。といってImg_5875 も、大規模ではありません。去年と同じくらいの数が出ていたと思います。また、お客も、私の前後には、女性が一人見ておられただけという、もったいないというか、贅沢な状況でした。
Rimg00201111 Rimg00191111 Rimg00181111  これらの3枚で、ほぼ全部です。


Img_5827  菊も、それぞれ種類、名前があるとは思うのですが、名称を示す表示はImg_5829 ありませんでした。例によって、調べもせず、自分の気に入った花や、それなりにとれたと思うものを列挙させていただきます。

Img_5834 Img_5837 Img_5840





Img_5850  どれも見事な“大菊”でした。係員の方(公園管理を委託されているKMIグImg_5867 ループの社員の方です)によれば、相当手間暇をかけて、毎日世話をきちんとし、適度に水をやり、成長にともなって、鉢を植え替えるなどが必要だということです。そのため、このような大きな菊を育てる方は、年々少なくなっているのだそうです。あちこちの愛好家の方にお願いして、借りてきて展示されるようですが、地元桑名市内だけではたりず、四日市やいなべなどまで範囲を広げているそうです。

 写真を確認しながら、思ったのですが、どうやら小生はボリュームのある花よりも、細い花びらがたくさん伸びているタイプの方が好みのようです。

Img_5787  ところで、さすがにこの強風では、小鳥はいません。ドバト、カワウ、アオImg_5810 サギ、カモたち、アヒルだけでした。左の写真は、ドバトですが、かなり白い部分が多く、ずいぶん目立っていましたので、ついついシャッターを押しました。肉眼ではもっと白い感じに見えました。カワウたちも、堀にいるものよりも、公園内の球場の照明灯の上に集まっていました。ここの方が、風当たりは強い野ですが、居心地は良いのでしょうか? カワウの心理はよく分かりません(笑)。

Img_5877  アオサギは、北門近く、鎮国守国神社の社務所裏のいつもの“新お立ち台”にいたのですが、片足を後に伸ばしたり、前傾姿勢をとったり、片方の羽だけを広げたりと、いろいろのパフォーマンスを見せていました。ただ、堀の対岸からは木陰になってしまう位置で、パフォーマンスをしているところは上手く撮れませんでした(ピンぼけ、枝かぶりなどなど)。ちょっと残念。

Img_5795  イロハモミジの木、数は多くはないものの、公園内にはあります。紅葉はというと、どImg_5798 うでしょう? いつもきれいな紅葉とはいえませんが、今年はとくに、紅葉しているというよりも、猛暑だったため、焼けているように見えます。この先、どうなるでしょう?

 ということで、冒頭にも書きましたように、今日になって疲れが出て来てしまったようで、散歩そのものが、“アリバイ”になっています(笑)。明日は、予報によれば、最低気温は5~6℃、最高気温も12℃と冬のような寒さとか。いやぁ、今年は気候には振り廻されます。体調、寒さを見てですが、なるべく散歩には出たいと思っています。

|

« ご迷惑とご心配をおかけ致しました | トップページ | いきなり真冬かよぉ!?……本日の最高気温は10.7℃ »

季節」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

秘書さま
体調を崩すほどではありませんが、どうも調子が狂いました(笑)。まぁ、葬式で元気になる人はないでしょうが(笑)。気疲れと、生活リズムの大幅変更が変調をもたらしたのでしょう。今日は、冷え込んで、しかも陽射しがないので、蟄居しております。

ところで大輪の菊、見事でしたよ。自分ではとてもとても作れません。パンフレットをくださったので、頂いてきてみたのですが、4月中旬ころ、挿し芽をして、それから11月に到まで、まさに言葉通り、丹精を込めないとあそこまで至らないようです。成長にともなって植え替えも必要ですし、水やり一つとってもかなりの注意が必要だそうです。

投稿: mamekichi | 2013年11月12日 (火) 15時38分

こころんさん、こんにちは。
お父様も、菊をお作りになっていらしたんですね。うちの親父も、植物好きで、私が子どもの頃は、京都のタキイ種苗からタネなどを取り寄せて庭で育てていましたが、菊まではやっていなかったように思います。
昨日の係の方のお話しでは、「子育て以上に手をかける必要がある」ということでした。
今は、菊作り以外に、趣味として、また、手軽に楽しめるものがたくさんありますから、次第につくる方も減ったような感じがします。

「男が花を持って……」というところからの連想ですが、教員時代、3月になりますと、卒業謝恩会で花束をもらうことが多く、帰りの電車でそれを持って帰ってくるのが、恥ずかしかった記憶があります。「花とオジサン」ほど、似合わない、不釣り合いなものはないと、卒業生に対しては失礼な気持ちでした(笑)。

投稿: mamekichi | 2013年11月12日 (火) 15時32分

先生、お体大丈夫ですか?
無理しないでくださいませね。
私もわかります。告知がありましたので、電話がなるたびにビクビクしてました。
菊、色々な種類があって綺麗ですね。
お花は、心を癒してくれますね。
先生、明日は物凄く寒いそうです。ですから、明日は家でゴロゴロして下さいませ。

投稿: 秘書ちゃん | 2013年11月11日 (月) 22時30分

こんばんは
そうそう、大輪の菊はだんだん植木鉢を大きいのに植え替えます。
桑名にいたころは隣近所の人が作ってて父も作ってましたが、今は作ってません。手間が掛かるからかな(笑)
鉢を盗んでいく人もいましたから…作る人が少なくなったのは時代の変化なんでしょうね。
よく、小学校へ咲かせた菊を新聞に巻いて持たされました。
教室に飾って大きな菊に先生は喜んでいたようですが、
男が花を持って登校するのはものすごく抵抗がありました(笑)。
しかも、洋花でなく菊ですからね(^^;。

投稿: こころん | 2013年11月11日 (月) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ご迷惑とご心配をおかけ致しました | トップページ | いきなり真冬かよぉ!?……本日の最高気温は10.7℃ »