« 足下の賑やかな季節 | トップページ | 今日は、仕事のあと、珍しくランチ »

2013年11月19日 (火)

今日は、モミジの紅葉を……九華公園、鎮国守国神社にて

Img_6822  12月中旬の寒さになるという予報でした.確かに、最高気温は、12.9℃でしたし、日中は西の風が、4~5m/sとかなり強く吹いていました。さすがに、ダウンジャケットを来て散歩に出かけました(笑)。9時半過ぎから12時前までのほぼ3時間、貝塚公園から九華公園、七里の渡し跡の、おきまりというか、ワンパターンというか、いつものコースであります。冒頭の写真は、帰り道、揖斐川の堤防上から撮った、名古屋方面です。中央の下、やや右寄りに名駅前の高層ビル群が見えております。

Img_6778  さて、桜の“紅葉”ばかりを撮っておりましたが、やや反省しまして、散歩コーImg_6664 ス内でモミジの紅葉が、比較的きちんとしているところを探してみました(笑)。このところ足を踏み入れていなかった、九華公園内にあります鎮国守国神社のあたりです(左の写真)。いかがでしょうか? 比較的きちんと紅葉しかけているようでした。右は、朝日丸跡近く、堀の中の東屋の南のところで、このあたりは、紅葉というよりも、日焼けしてしまっているように見えるのとは対照的です。

Img_6783  同じ公園内にあるにもかかわらず、これほどの違いが生じるのはなぜでしょImg_6790 う? 陽の当たり方が異なるのでしょうかねぇ……。あまりきちんと観察してきたわけではありませんので、なかなか見当もつきかねます。しかし、これでまた、しばらくは、九華公園の中をブラブラする楽しみが増えたということです。

 社務所の前あたり、つまり、宮光稲荷大明神の鳥居の近くのモミジの木の葉も、日焼けしてしまっている感じでしたが、鎮国さんの方の鳥居をくぐったあたりは、上の3枚のようにきれいに紅葉してきていました。このあたりは、他に大きな木がたくさん生えており、それらにモミジが囲まれています。あまりもろに陽が当たるところは、良くないのかも知れません。

Rimg00291119  鎮国守国神社の北西裏には、九華招魂社があります。その社殿の後、Img_6800 柿安本社の敷地との間には、イチョウの大木があります。この木の葉も、きれいに色づいていて、青空とコントラストをなし、印象的でした。肉眼では、もっと黄色く見えたのですが、青々とした感じに撮れてしまいました。

Rimg00111119  貝塚公園の方は、久しぶりに行きました。相変わらず、訪れる人は少なく、静かでした。私がいた間も、高齢のご夫婦が、散歩でしょうか、連れだって、通り過ぎて行かれただけでした。野鳥は、ヒヨドリが大半。メジロが1~2羽見えましたが、うまく写真には撮れませんでした。

Img_6628  ところで、その野鳥ですが、九華公園は今日もあまりいませんでした。元気なのは、いずこも同じくヒヨドリと、カワウたちでした。カモも多分60羽以上いたと思いますが、あちこちグループに分かれていましたし、小さなお子さんが、おじいさん・おばあさんと思われる方と一緒に餌をやっていて、大騒ぎでしたので、数えられませんでした(写真には写っていませんが、この写真の右の方で、カモは大騒ぎになっていました)。

Img_6657  カワラヒワは、いつもよりは数は少なかったものの、九華公園の中のあちImg_6659 こちで鳴き声も聞こえ、姿も見られました。ただ、この鳥の習性だと思いますが、高い梢に止まることが多く、あまりきちんとした写真を撮るのは、難しかったですね。

Img_6700  鎮国さんの鳥居のあたりで、ようやくシジュウカラや、コゲラの姿を見られました。しかし、カワラヒワと同様、高い枝であちこち動き回Img_6710 りますので、これらを撮るのにも苦労しました。それに、ほぼ真上を見上げていてばかりでしたので、首も疲れました(笑)。幸い、これでフラつくという事態には、至っておりませんので、ご心配はご無用に願います m(_ _)m

Img_6758  コゲラも、ご存じの方は良くお分かりと思いますが、木を突きながら、けっこう頻繁に移動して行きますので、これまたなかなかきちんとした、良いショットが撮れません。素人カメラマン泣かせの鳥であります(爆)。

 そして、これまた、“ようやく”といいますか、“やっとの思いで”といいますか、メジロを見かImg_6645 けました。二の丸跡の鳥小屋の裏あたりで、です。ただし、おそらく、2羽くらいしかおらず、それもまたまた、高い梢で移動していましたので、こんな、お恥ずかしい“証拠写真”にしかなりませんでした。他でもメジロをあまり見ませんので、今年は、カラ類、コゲラ、メジロなどの小さい野鳥は少ないのでしょうか? 

Mizogoi  今朝の中日新聞三重版には、ミゾゴイという絶滅危惧種の鳥が、志摩市で撮影されたという記事が載っていました。ネットで検索しましたら、東京・江東区の仙台堀川公園でも撮影されているというニュースが載っていました(毎日.jp)。羨ましい気もするのですが、地道にやっていると、こういう幸運にも巡り会えるかも知れないという気もしています。やはり、“淡々と飽きもせず……”ですねぇ。

Img_6631  オマケ。サザンカの季節を迎えようとしていますが、今日の九華公園では、ツツジが一輪だけ咲いているのを見つけました。二の丸跡の辺りでした。どうしたのでしょう?

 ということで2日連続、散歩に出ております。午後からは、先日行けなかった講演会の資料を送ってもらいましたので、それをスキャナで取り込んでpdfに変換しながら、ざっと見て、勉強していました。WISC-Ⅳの理論と活用に関するテーマのものです。こういう勉強についても、やはり、“淡々と飽きもせず……”です。

 明日は、お一人、面談を依頼されています。午前中にお目にかかってお話しを伺ってくることになっています。お役に立てると良いのですが。

 とまぁ、何が本業か分からないような生活ではありますが、地道にコツコツと行くことにします。

 それから、今朝、喪中の挨拶状を投函してきました。ご交誼いただいている皆様方のところへはいずれ届くかと思いますが、年賀のご挨拶は失礼いたしますので、ご了承ください。

|

« 足下の賑やかな季節 | トップページ | 今日は、仕事のあと、珍しくランチ »

季節」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ミリオンさんですね。
早速、走井山へ行っていらっしゃったんですね。走井山ではなく、麓のあたりなんですね。せっかく行かれたのに、残念でした。

投稿: mamekichi | 2013年11月21日 (木) 09時02分

今日夕方4時頃思いついて散歩に行きました。
モミジの木は少しはありましたが夕方だったしあんまり良くはなかったです。
下界から赤く見えていたのは走井山の周辺手前のだったようです。
あてがはずれてちょっと残念でした。

投稿: | 2013年11月20日 (水) 21時09分

ミリオンさん、こんばんは。
私は、どうも細かいところが気になる方でして(相棒の水谷右京張り、とはいいませんが……笑)という風かどうか、分かりませんが、割と細かいことにも気がついてしまうところがありますので、ツツジ一輪に目が行きました(爆)。
ところで、走井山というと、桜というイメージなのですが、モミジの木もありましたっけ? あまり良く覚えていません(苦笑)。北勢線のレトロ塗装電車の写真も撮りたいので、西桑名から電車に乗って、馬道まで行き、写真を撮って、帰りは徒歩で下ってくるというのは、良さそうですね(スミマセン、あくまでも私には、です)。

投稿: mamekichi | 2013年11月20日 (水) 18時50分

私もこの間九華公園に行きましたが、
ツツジが咲いてるのには気づきませんでした。
今日病院帰りに自転車で走ってたら、
走井山あたりが赤く色づいていました。
紅葉はどんな具合か近いうちに見に行っててみようかな?


投稿: ミリオン | 2013年11月20日 (水) 14時12分

秘書さま
そうです、目をこすって何度か見直しましたが、これ、ツツジですよね? いくら寝ぼけていても、ツツジとサザンカ(あるいは、ツバキでも)と見間違えることは、まだないと思っています(爆)。一輪咲いていただけですので、花を咲かせるメカニズムのどこかで、何か、ミスが起きたのでしょうね。
市街地のモミジの紅葉は、まだこれから、12月初旬にかけてなのでしょうが、市街地ですと、夏の猛暑も一段と酷く、また、陽を遮るものがないと、日焼けが目立つような状態になっているのではないかという気がしています。

投稿: mamekichi | 2013年11月20日 (水) 09時35分

oneshotさん、おはようございます。
こちらでもようやく小鳥たちの姿が見られ、ユリカモメなど冬の使者もやって来つつあります。
ところで、ネットの“ミゾゴイ”の記事にもありましたが、東京では珍しい鳥がいるという情報が流れると、一斉に人が集まるようで、凄い状況ですね。こちらでは、考えられません(といっても、私がほとんど近所しか出歩かないので、気づいていないだけかも知れません)。
かなり以前に、NHKの“ダーウィンが来た”という番組で、都心にカワセミが進出してきているという話題が取り上げられていました。その時も、住宅地の中の川に大勢、鳥撮りの皆さんが集まり、カワセミが移動するたびに、皆さんが大挙して移動する様子が映し出されて驚きました。

投稿: mamekichi | 2013年11月20日 (水) 09時30分

えっ?
つつじですか?
一体どうなってるのでしょうかねぇ?
私は、今年綺麗なもみじの紅葉を見ていません。

投稿: 秘書 | 2013年11月19日 (火) 21時23分

mamekichi様、今晩は。
ようやく小鳥たちも平地に下りてきているようですね。
こちらでも少しずつ冬鳥が見られるようになりました。
東京のミゾゴイの集客率は凄いです。
公園の鳥撮り仲間の何人かも、もう仙台堀川公園のミゾゴイを
撮ってきていて、今日早速写真を見せてもらいました。
土曜日曜には何十人もの鳥撮りさんが集まったようです。
並みのモデルさんはかないませんね。(笑)

投稿: oneshot | 2013年11月19日 (火) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 足下の賑やかな季節 | トップページ | 今日は、仕事のあと、珍しくランチ »