« ウミネコは餌を採り、カワウはのんびり、カモは少し増えていました | トップページ | 職場うつの原因は、イヤな上司や、平等でない職場環境にある!?……ノルウェーの研究グループの発表 »

2013年10月28日 (月)

アメリカヒドリか?……今日の野鳥たちは“遠目”か、後ろ姿、そして、“バールフレンド”も二人目ができました(笑)

 今朝は、冷えました。5時に起きたのですが、最初に思ったのが、「ずいぶん寒いな」でした。6時に9.4℃というのが桑名での最低気温だったようです。その後は、陽が上がるにつれて、気温も上昇し、午後からは19℃を超えています(16時に19.7℃)。

 天気は良さそうでしたので、本日も散歩であります。揖斐川堤防、七里の渡し跡、九華公園、歴史を語る公園、老松公園と4.9㎞。寺町では、三八市を開催していましたが、今日は、横目で見てスルーでした。

Img_4461  さて、本日の野鳥さんは、まずこちらから。揖斐川を泳いでおりました。多分、およそ250m先くらいのところです。250mmズームで撮り、さらに大トリミングしてあります。双眼鏡でも確かめたのですが、アメリカヒドリ のようにみえます。Wikipediaには、次のように書かれていました。

北アメリカ中部から北部で繁殖し、冬季は北アメリカ南部から中央アメリカ、西インド諸島に渡り越冬する。東シベリアの一部の地域でも繁殖しているといわれるが、詳細は不明。

日本へは数少ない冬鳥として毎年渡来するが、1-数羽での渡来がほとんどである。記録は、北海道から南西諸島まで各地である。たいていヒドリガモの群れに混じっている。

 日本野鳥の会の“Bird Fan”というサイトでは、「ヒドリガモに似ているが、顔が白っぽい(雄)。全長:48cm。まれに飛来し、ヒドリガモのむれに混じっていることがある。ヒドリガモに似てやや濁った声で鳴く」とあり、埼玉、神奈川、佐賀の他、この近くでは、滋賀、大阪で撮影例があると載っていました。

Img_4465  すぐ近くには、こちら、ウミネコが2羽、浮かんでいました。昨日は、このあたりで魚を咥えて飛んでいるのが1羽、別にもう1羽が飛んでいましたから、その2羽ではないかと思います。ブロ友のミリオンさんから昨日のエントリにご質問がありましたが、ウミネコは、全長47cmで、翼を広げると120cmになる結構大きいものです。目の前を飛んで行くと、かなり迫力があります。

 どうも、今日は、“遠目”の野鳥が主役かも知れません。

Img_4486  次いでは、カイツブリです。九華公園の堀、三の丸町内側です。うっかり見落としそうになりました。目をこらしてみたら、「カイツブリじゃないか!?」と、少々驚いたという次第です。今年、カイツブリは、公園南東側の野球場ライト側近くの堀に居るのですが、同じ個体なのかは不明です。

Img_4497  カワウも、本丸跡の高い松の木の上にたむろしていました(笑)。



Img_4540  京町近くの電線の上では、シジュウカラが鳴いていました。これもまぁ、“遠目”の仲間です。鳴き声は遠くまで響いておりました。


Img_4513  ところで、野鳥さんたち、“遠目”ばかりではなく、“後ろ姿”のものも。九華公園、朝日丸跡では、キジバトが餌を探しているようでした。小生の姿を見て、早足で逃げて行ってしまいました。

Img_4522  キジバトの近く、頭上からは、カワラヒワの鳴き声が盛んに聞こえていました。そっと探しImg_4523 回ると、やはり高い梢に止まっていました。が、シャッターを押しているのに気づかれたようで、すぐに飛び去ってしまいました。

Img_4501  九華公園の堀のカモたち、今日は、15~6羽ほど。大半は、キンクロハジロでしたが、ホシハジロのオスが3羽、メスが1羽。種類と数が、日によって微妙に異なっていますから、どこか別のところにいるグループと、何といいますか、入れ替わったり、交流があったりするのでしょう。奥に写っているオスは、半身返しの体勢で身繕いをしていました。

 アオサギさんもいらっしゃいました(なぜか、敬語を使いたくなります)。九華公園北門近くImg_4475 の、“新お立ち台”(鎮国守国神社社務所の裏)です。

 というような次第で、フツーに撮れたのは、カモたちと、このアオサギさんだけでした。九華公園では、このほかは、ヒヨドリが元気なだけで、カワラヒワの大半は声だけ、シジュウカラたちは声も聞かれませんでした(残念)。

Rimg00101028  あまりに何もないので、今日も、新境地でもと、思いつきで撮ってみましたRimg00151028 (爆)。昨日の桜の紅葉した葉っぱが水面に浮かんでいる写真が、不評ではなかったため、調子に乗っています(笑)。松の木その他を真下から、真上に見上げて撮ったものです。二の丸跡の、小鳥小屋の前あたりです。右は、立教小学校の体育館裏から撮った写真ですが、矢印を入れたところのやや奥くらいです。

 思いついたきっかけは、野鳥が居ないか、見上げて探していたときに、面白いかもと思った次第です。

Img_4557  こういうことで、今日もあまり野鳥はおらず、これはという写真は撮れず仕舞いでした。が、例の高齢のご夫人の“バールフレンド”の方には、昨日、今日と連続してお目にかかっていろいろとお話をしておりました。

Img_4562  小生の悪影響もあったのか、「カメラは無理だから、双眼鏡でも買って野鳥を見ようと思うんですが、どこで双眼鏡、売っていますかね?」と聞かれました。お話を聞くと、けっこういろいろなことに興味をお持ちで、「朝5時頃起きて南の空を見ると、星が2つ見えますが、あれは何でしょう?」と聞かれております。また、それを確かめたくて、名古屋市科学館まで見学に行かれたようです。「いろいろとやって、楽しまないとね」とおっしゃっています。この好奇心が、若さの源泉でしょう。先日は、運転免許の高齢者講習にもパスされ、80歳までは運転してよろしいと、お墨付きをもらったともおっしゃっていました。見倣わなければなりません。

 もう一つ。この、いわば“バールフレンド1号”の女性から、最近、“バールフレンド2号”ともImg_4566 いうべき方を紹介してもらっていました(笑)。鈴鹿から引っ越してこられて、間もないということで、六華苑などもまだご存じないようでした。

 いやぁ、昔からそうでしたが、どうも小生は、高齢の女性にはモテるようです。小生の伝説(legend)ですねぇ(爆)。まぁ、朝の公園にいらっしゃる若い女性というのは、小さなお子さんを連れたお母さんたちくらいですし……。

|

« ウミネコは餌を採り、カワウはのんびり、カモは少し増えていました | トップページ | 職場うつの原因は、イヤな上司や、平等でない職場環境にある!?……ノルウェーの研究グループの発表 »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

秘書さま
“バールフレンド”のお二人とも、お名前も、連絡先も存じ上げません。九華公園に行くと会えることがあるという方たちです(笑)。若い女性には、どうも緊張してしまいます(ホントかいな?)。それでも、お子さんを媒介して、お話しをすることはよくありますよ。

先だっての紅葉した桜の葉が、浮いている写真ですが、なるほど、コントラストですよね。それに比べると、松の大木を見上げても、対照となるようなものがありませんから、インパクトには欠けるというところでしょうか。

ところで、Qさまのようなクイズ番組、以前はよく見ていました。知識を問うようなものは、割とよく答えられました。ただし、家内や娘からは、「黙ってて」とか、「先に答えるな」としょっちゅうクレームをつけられていました。簡単すぎるということではありません。

投稿: mamekichi | 2013年10月30日 (水) 19時03分

先生、バールフレンド二人目ゲットおめでとうございます。
ママ友達も、是非ともゲットして下さいなー!!
赤い葉が、水に浮かぶコントラストが、良いんですよ。
ところで、先生Qさま見てらっしゃいますか?
先生なら、凄い正解率だとおもうんですが。簡単すぎますか?

投稿: 秘書ちゃん | 2013年10月30日 (水) 01時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウミネコは餌を採り、カワウはのんびり、カモは少し増えていました | トップページ | 職場うつの原因は、イヤな上司や、平等でない職場環境にある!?……ノルウェーの研究グループの発表 »