« シジュウカラ、コゲラ、アオサギなど、野鳥も出始めました……九華公園へも散歩 | トップページ | 高校到達度試験の導入と、大学入試の改革?……面接で受験生評価はほとんどできませんよ(経験者は語る) »

2013年10月22日 (火)

今日は、モズとウミネコ……ただしどちらも、“証拠写真”

Rimg00181022  昨日の好天はどこへやら。一転して、曇天の1日でした。天気予報では、夕方までは晴れるということでしたが、期待は裏切られました。気温も20.5℃止まりで、朝からほとんど変わりません。しばらくいぜんでしたら、こういう天候の日は、tensionが上がらないと訴えていましたが、そういうことはなくなってきた感じです。

 学会の会費を払い込まねばなりませんでしたので、いつものように八間通郵便局で用事を済ませ、その足で、九華公園へ。この天候でしたので、野鳥はあまり期待できないなとは思いつつ、でした(笑)。

 ちなみに、本論とは関係ないのですが、学会の会費、特に医学系の学会の年会費は、高いですねぇ。今日、払い込んだのは、\12,000でした。

Img_4056  さて、本日のベスト(といいつつも、アリバイ写真に近いのですが)は、こちImg_4059 ら、モズのオスであります。吉之丸コミュニティパークと、蟠龍櫓の間でのショットです。50mほど先の梢の先に止まった野鳥が見え、仕草がどうもモズのそれに近いなと思って撮ったものです。曇天、かなりのトリミング、明るさとコントラストは自動調整の結果です。

Img_4060  もう1枚も、証拠写真レベルで、今日はお恥ずかしい写真ばかりです(涙)。ウミネコ三だと思われます。1羽のみ、揖斐川上空を何度も、それこそ悠然と往復していました。蟠龍櫓あたりや、住吉神社のあたりをです。この写真も、モズの写真と同じように調整してあります。

Img_4011  九華公園では、ヒヨドリたちが元気でした(左の写真、これも今ひとつの写真です)。カワラヒワの鳴き声も聞こえてImg_4034 いましたし(右写真)、コゲラや、シジュウカラもいたのですが、このところはまだ、ヒヨドリの天下という印象です。曇天ですから、あまりよい写真は撮れません。

Img_4032  カモたちは、少しずつ数が増えているようです。今日は、キンクロハジロ7羽(メスばかり)と、ホシハジロのオス2羽、メス1羽がいました。キンクロハジロのオスは、団体でどこかへお出かけだったのでしょうか(笑)。

Img_4045  左は、ホシハジロのオス。右は、同じくメスです。メスの方は、お疲れなのImg_4022 でしょうか?こちらを見つつも、お休みという風情でした。



 こういう風で、九華公園では今ひとつの成果でした。ちょっとガックリしつつ吉之丸コミュニティパークを通って帰り道についたわけですが、そこで、冒頭の写真のように、モズと、ウミネコに出遭えた訳です。

Img_4087  住吉ポンプ場のところまで戻って来ましたら、私が歩いたためか、地面で餌を拾っていたスズメが一斉に飛び上がって、整列して迎えてくれました(微笑)。スズメの学校という雰囲気であります。これも、自動修正をかけたのですが、曇天が消えて、バックが白くなってしまいました。

Img_4114  ところで、諸戸氏庭園前、諸戸水路のところの桜の木が、けっこう賑やかImg_4128 でした。もう11時半を過ぎていましたので、野鳥たちの活動時間帯は過ぎていると思ったのですが、サプライズが用意されていました。またもやアリバイ写真なのか、といわれますが、メジロがいました。シジュウカラ、コゲラと小さな混群をなしていました。この空ですから、どうしても良い色が出にくいので、残念ですが、特徴のあの白いアイリングは、よく分かっていただけると思います。

Img_4242  シジュウカラは、比較的綺麗に撮れました。しかし、この場所だけで、数Img_4249 10枚の写真を撮った中から選んだものです。写真には撮れませんでしたが、シジュウカラ同士で餌の取り合いをしたり、1羽が落としてしまった餌を、別の1羽が横取りしていく様子とか、けっこう楽しめました。

Img_4326  コゲラの写真も、たくさん撮ったうちの1枚です。2~3羽のコゲラがいましたが、いずれも桜の木で、いい音を立てていました。聞き惚れるくらいでした(笑)。

 あまり期待しないで出かけた散歩でしたが、後半は、モズ、ウミネコ、メジロ、スズメの学校など、それなりに楽しませてくれました。霧雨にほんのわずか、濡れましたが、それもほとんど気にならないくらいでした。今週はまた、週末くらいに台風の来襲が予想されています。猛暑に加え、10月に台風来週の繰り返し。穏やかに過ごさせてもらいたいものです。

 最後に。三重大学名教授のM先生が、昨日お亡くなりになりました。臨床心理士の資格を取得するときにスーパーヴァイザーをお願いした先生で、心理士としても、特別支援教育に携わるものとしても、いろいろとお教えを賜りましたし、ひとかたならぬお世話にもなりました。確か、今年の年賀状に体調があまりよくないと書いていらっしゃった気がします。まさかこれほど早くお別れしなければならないとは思いませんでした。78歳と、今の感覚ではまだお若いという気がしてなりません。

 お世話になった方々が亡くなられますと、その恩返しもまだ十分にできていないのにと思われてなりません。現在の小生の体調からしますと、これから、どこか別のところで、いただいたご恩に見合うような何かを、たとえ別の形であっても、それができるという自信も持てず、途方に暮れてしまいます。

|

« シジュウカラ、コゲラ、アオサギなど、野鳥も出始めました……九華公園へも散歩 | トップページ | 高校到達度試験の導入と、大学入試の改革?……面接で受験生評価はほとんどできませんよ(経験者は語る) »

季節」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シジュウカラ、コゲラ、アオサギなど、野鳥も出始めました……九華公園へも散歩 | トップページ | 高校到達度試験の導入と、大学入試の改革?……面接で受験生評価はほとんどできませんよ(経験者は語る) »