« 釣籐散で体調好転を期待……思い出せば、伊勢湾台風から54年 | トップページ | 九華公園あたりは、野鳥も、昆虫も少なくて残念……代わりにハゼ釣りが良いかも?! »

2013年9月27日 (金)

TBSドラマ「パートナー -愛しき百年の友へ-」は、六華苑ロケのシーンもあるそうです

 今週の日曜日、9月29日の21:00から、TBS系で放映予定のドラマ「パートナー -愛しき百年の友へ-」で、六華苑で撮影したシーンが出てくるということです。桑名フィルムコミッションのサイトもご覧ください。

Image  六華苑は、ジョサイア・コンドル設計による、二代目諸戸清六の邸宅として大正2年(1913年)に完成したものです。ジョサイア・コンドルは、鹿鳴館の設計で有名なイギリス人建築家です。六華苑には、4層の塔屋をもつ木造2階建て天然スレート葺きの洋館、和館や蔵、池泉回遊式庭園などがあります。和洋の様式が調和した明治・大正期を代表する貴重な文化遺産 で、国の重要文化財に指定されています。また、庭園は国の名勝に指定されています。

 「パートナー -愛しき百年の友へ-」は、日本・ベトナム国交樹立40周年を記念し、TBSテレビと、ベトナムのベトナムテレビジョン(VTV)が共同製作したドラマだそうです。物語では100年以上前、フランスの厳しい圧政下にあった祖国の独立を願い危険を冒して来日したベトナムの英雄と、名も無き日本人医師の強い絆が描かれます。

 六華苑は物語の重要なシーン、犬養毅邸(洋館部分)、大隈重信邸(和館部分)として登場するということです。

 主な出演者は、東山紀之さん(浅羽佐喜太郎役)、ファン・フィン・ドンさん(ファン・ボイ・チャウ役)、武田鉄矢さん(犬養毅役)、柄本明さん(大隈重信役)ということで、なかなか豪華メンバーですね。撮影は、6月下旬に行われたということですが、小生、まったく知りませんでした(笑)。

 桑名市博物館からの「観光・イベント メディア情報」メールによれば、撮影エピソードとして、次のような話が載っていました。

【撮影エピソード】
和館と洋館、1か所で2つのシーンを撮影できる六華苑。スタッフさんの中では「すごい!1度に2度おいしいロケ地だ!」とすっかり評判になっていました。
和館の大隈邸では縁側で囲碁を打つシーン。洋館の犬飼邸では、日本の政治家・犬養と大隈を訪ねて来たベトナムの革命家ファンが漢文での筆談を行うシーンが撮影されました。

この筆談シーンでは、筆に慣れている方を探してほしい…という依頼があり、多度大社の職員さんが手だけの出演をされています。

 六華苑については、こちら(Wikipedia)もご覧ください。また、このブログの“マイ・フォト”にも、六華苑を撮影した写真が載せてあります。左側のコラム、下の方をご覧ください。

|

« 釣籐散で体調好転を期待……思い出せば、伊勢湾台風から54年 | トップページ | 九華公園あたりは、野鳥も、昆虫も少なくて残念……代わりにハゼ釣りが良いかも?! »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 釣籐散で体調好転を期待……思い出せば、伊勢湾台風から54年 | トップページ | 九華公園あたりは、野鳥も、昆虫も少なくて残念……代わりにハゼ釣りが良いかも?! »