« すやのくりきんとん | トップページ | お彼岸で実家へ……ペンギンラーメンとカピバララーメンをゲット »

2013年9月23日 (月)

常信寺のハギと、旅ネコ、そして、ねぎ焼き

 お彼岸の中日であります。「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますので、期待したいところです。このところ、朝夕は過ごしやすくなってきていますが、日中は、まだ陽射しも強く、散歩をしていると蒸し暑くて、けっこう汗を掻きます。

 ちなみに、このお彼岸の「中日」ということば、<ちゅうにち>と読むのが本来だと思うのですが、今朝の某テレビの女性アナウンサー、<なかび>と言っていました。<なかび>では、相撲や、演劇の興行期間の真ん中に当たる日という意味になると思います。お彼岸は、やはり<ちゅうにち>と言ってくれなくっちゃ。

 と屁理屈は、まぁさておき、本日の散歩のお話し。10時から12時のほぼ2時間、4.3㎞。コースは、寺町(常信寺)、寺町堀、九華公園一周、寺町へ再び、諸戸水路であります。寺町は、三八市でしたが、祝日と重なって、とくに大賑わい。今日は、何かのハイキングイベントでもあったのか、地図をもって、リュックを背負った方もたくさん。

Rimg00690923  寺町へ行ったのは、常信寺でハギを見ようと思った次第です。去年も今時Rimg00740923 分、常信寺でハギを見たと思ったのですが、ハギの花は、7~10月に咲くようです。一眼デジカメと、コンデジと両方で撮ったのですが、曇り気味の空ということもあってか、コンデジの画像の方がかなり良い感じでした(それ故、今日のハギの写真は、すべてRichoのcx-3によるものです)。

Rimg00660923  9月にハギというイメージを持ったのは、確か、中秋の名月に萩とススキを月見団子とともに月に供える風習ということが、頭にあったからなのだろうと思います。花札には、7月の札に、“萩に猪”の絵柄があるそうですね(小生は遊んだことがほとんどないので、よく知りませんが)。

Rimg00600923  もう少し大きな花をイメージしていたのですが、今日見た感じでは、かなりRimg00580923 小振りで、こんなに可愛らしい花だったかなぁ、というのが正直な感想であります。ハギが見られましたので、今日の散歩の目的は、ほぼ達成。あとは、元気のある限り、足の向くままと言うことになります。ただ、三八市の入り口で売っていた“ねぎ焼き”がどうも気になっております(笑)。前回も、ねぎ焼きの露店が出ていましたので、その時から頭の片隅にある気がしますが……。

 寺町堀沿いを歩くのは、久しぶり。去年は、今頃、寺町堀でコサギがボラか何かをゲットしているところを撮ることができましたので、秘かにそれを期待したかも知れません(2012.9.11、あちこちでサギに引っかかりました(笑)).そういえば、去年の9月も、何度も、アオサギに振り廻されてヘトヘトになったりいていました(爆)。

Img_1890  ところで、九華公園。今日も静かでした。散歩する方は、かなり少なく、Img_1922 清掃など整備作業をしていらっしゃる係の方の方が多いくらい(笑)。鳥たちも、去年に比べ、出て来ているのが遅いようで、今日もドバト、ムクドリ、ハクセキレイくらい。カワラヒワの声も聞こえたのですが、姿は見えず。あちこち見上げながら歩いていましたら、右のように、枯れてきた木に穴を見つけました。コゲラか何かが開けた穴でしょうか? しかしながら、誰もいないようです。

Img_1876_2  九華公園では、久しぶりに外周を一回り歩いてみました。二ノ丸橋の袂Img_1879 には、ヒガンバナ。珍しくもありませんが、見ているうちに、むしろアップにして、オブジェみたいな写真に仕上げたら面白いかも知れないと思って、凝りもせず写真に撮ってきました。


Img_1882  それに、鮮やかな赤を出してみたい、という気もしたのです。中間トーンをImg_1883 マイナスに修正して、コントラストを少しつけてみたら、けっこう鮮やかな赤になりました。まぁ、暇つぶしで、自己満足に違いはありませんから、テキトーにスルーしてくださるようお願いします。

Img_1847  オマケ。寺町堀から、九華公園に向かう途中に出遭った旅ネコさんであります。妙に行儀良く見えました。“三つ指ついてお迎え”のように見えましたし、前の両足の黒い模様が、左右でうまい具合にピッタリ合っていて、笑えました。

 オマケ、その2。九華公園からの帰り道、またもや寺町の三八市に足が向かってしまいました。そうなのです、どうもあのねぎ焼きが気になって仕方ありませんでした。食い意地が張っていると言われれば、それまでですが……。 

 行きがけに見ていったときには、けっこう人だかりがしていたのですが、ちょうど良い具合に、他のお客はオジサンが独りだけ。小銭入れを見たら、ちょうど1個分の価格、\300が入っているのです。条件は、まさに、「あとは買うだけ」という好条件。とまたもや屁理屈を捏ねていますが、もとより、ねぎ好き、お好み焼き好きです。それに、何と言っても、12時直前で、4㎞近く歩いて来ていました。これは、もう買うしかありません。

 ということで、欲求に負けて、ねぎ焼きを1枚だけ購入して帰ったということです。写真はありません(笑)。写真を撮る前に、家内と半分こにして、お昼ご飯の一部として、お腹の袋にしまい込みました。

 10月に依頼されています研修会のレジュメは、昨日午後から最終確認して、メールで送らせていただきました。前回は、分量が多くて、時間オーバーし、ご迷惑をおかけしましたので、内容を精選しましたし、一部修正しました。こういうことは、これで十分ということはありません。いつまでも、修行であります。“日暮れて道遠し”というところではあります(出典は、『史記』 だそうです)が……。

|

« すやのくりきんとん | トップページ | お彼岸で実家へ……ペンギンラーメンとカピバララーメンをゲット »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こころんさん、おはようございます。

おっしゃるとおり、アナウンサーの方の言葉使いや、発音などが気になります。自分がそれだけ年をとったせいかという気もしていますが、常識や文化が変わってきているのかも知れません。そういえば、NHKも、横文字が多すぎると裁判で訴えられていましたね。番組名も、一昔の前のNHKとはずいぶん変わったものがありますから、そう思われても仕方ないのでしょう。

昨日は、近鉄のハイキングがあったんですね。あちこち、地図をもって歩いている人がたくさんいました。

ねぎ焼きは、ぶた玉のお好み焼きで、豚肉が少なくて、ねぎがてんこ盛りというものですね(笑)。たまに食べると美味しいですよ。

ところで、くりきんとん。去年は、すやのものも、川上屋のものも食べ損ねていましたので、2年ぶりでした。去年は、多度神社前のお店で買おうとしたのですが、生憎と売り切れという経験もしました。すやや、川上屋のホームページに栗おこわとか、栗まんじゅうも載っていて、食欲の秋です(爆)。

投稿: mamekichi | 2013年9月24日 (火) 08時57分

こんばんわ
最近、アナウンサーの方の言葉の違いが聞こえてきますね。
僕は人のことを言えませんが、僕にでも間違いに気づく言葉ですからね^_^;
放送前に練習しないのでしょうかね?

近鉄のハイキングで益生―走井山―三八市という7キロコースがあったようですよ。
mamekichiさんの心を揺さぶるネギ焼きを見たかったです(笑)
栗きんとん食べたくなってきました。
最近は、地元の和菓子屋さんでも「栗きんとん」とお店で表示されてるところありますね。
でも、僕もすやか川上ですね^_^;

投稿: こころん | 2013年9月23日 (月) 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« すやのくりきんとん | トップページ | お彼岸で実家へ……ペンギンラーメンとカピバララーメンをゲット »