« KABC-Ⅱの解釈……解釈のための換算とその意味 | トップページ | 大山田川あたりも野鳥は少なし »

2013年9月30日 (月)

銀杏の季節、そして、カイツブリも登場

Rimg00020930 9月も最終日であります。最低気温は、20℃ジャスト、最高気温は28.2℃(14時)でした。朝はさほど寒くはありませんでしたが、日中、散歩しているとき、陽当たりを歩いていると汗ばむくらいでした。冒頭の写真は、今朝、7時前の東南の空ですが、朝焼けと、秋の雲です。

Img_2215  さて、週末はちょっとさぼり気味でしたが、週も改まりましたので、気分も変Img_2202えて散歩であります。10時前から12時過ぎの2時間半ほど、市民会館前から、老松公園、新築公園、内堀公園、歴史を語る公園、九華公園、七里の渡し跡と公園めぐりの4.5㎞コースでした。九華公園で、アオサギを撮っているときにふと足下を見ましたら、銀杏がけっこう落ちているのに気づきました。季節はめぐって、またもや銀杏の季節になってきたんですね。

 今日は、上記のように公園めぐりをしてきたのですが、実は意味があるのです。といっても大したことではなく、野鳥はあまりいないかも知れないというのを考えて、昆虫を撮れないか、期待したという次第です。

Img_2071  ということで、こちらは、新築公園で撮った、ツマグロヒョウモンのオスです。ツマグロヒョウモンは、いったん飛び立っても、すぐまた、もともと居たあたりに舞い戻ってくる性質があるようです。そういう点では、写真を撮るのにはありがたい習性をもっていてくれます(笑)。

Img_2095_2  同じく新築公園では、ヤマトシジミが食事中でした。羽の裏面が見えませImg_2096_2 んでしたので、オス かメスかは、分かりませんでした。羽の裏面の色、オスは紫というか、青っぽく、メスは褐色なのですが。右も同じく、ヤマトシジミですが、こちらは、内堀公園近くの路上で撮影したものです。けっこうあちこちで地面近くを飛んでいます。

Img_2101  老松公園や、内堀公園でも、ツマグロヒョウモンアゲハ、アカトンボの仲間などは飛んでいるのですが、なかなかとまってはくれず、写真には撮れませんでした。歴史を語る公園や、中橋あたりでは、数は減ったもののまだ、ギンヤンマが飛んでいました。ウチワヤンマはもう見られなくなっています。カワセミは、期待したのですが、期待すると会えません。そういうものかも知れません。写真は、歴史を語る公園近くのお宅にある、昔ながらの“手押しポンプ”です。昔はどこの家にもあって、これで井戸水を汲んでいたものです。わが家は、海が近かったこともあって、井戸水には塩分が含まれていましたが、桑名あたりでもそうかも知れません。

Img_2139  ところで、九華公園では、東屋や野球場が見える“いつものベンチ”で一休みしていたのですが、カイツブリがいるのに気づきました。が、ちょっと目を離したすきに、姿を消してしまいました。慌てて、野球場の側へ探しに……。見当は付いたのです。野球場東の細い水路に入ったのだろうと思って、そっと覗いてみたら、案の定、そこに居ました。そして、また堀に戻ってくるだろうと思いましたので、待っていたら、これまた予想は大当たり。

Img_2150  こちらがその時の写真です。「久しぶりだなぁ、元気だったか?」と声をかけたくなるくらいでした(笑)。いやぁ、今年の9月は、九華公園、野鳥が本当に少なかったので、最後に来て、カイツブリに助けられた感じがするくらいです。

Img_2160  当のカイツブリも元気いっぱいのようで、ご同慶の至りであります。いつImg_2174 から再登場したのか、分かりませんが、広い堀を楽しむかのように、水浴び、羽繕い等、動き回っていました。ちょっと擬人的に見過ぎているかも知れません(苦笑)。

Img_2196  カイツブリを採るのに一所懸命になっているとき、大きな鳥が悠然と東から西へと飛ぶのが、視野の端を掠めました。人間の目は、中心部分の視力がとてもよく、周辺部は、色や細かいものを見るよりも、明暗や動きによく反応するようできています。屁理屈はともかく、アオサギのように見えました。二の丸跡には居ませんでしたので、九華公園に居るとしたら、鎮国さんの社務所の裏だろうと見当をつけたら、こちらもまた、大当たり。鳥を探す勘はどうやらあまり鈍っていないようです。

Img_2194  ズームアップした写真です。以前、アオサギがよくとまっていた枝よりも、Img_2200 今日はやや奥まったところにいるように見えました。アオサギは、揖斐川と長良川の中洲のあたりや、伊勢大橋の上流あたりにもたくさん居ますので、九華公園に来る個体が同一のものかどうか、今のところ分かりません。模様などで、個体判別ができればと思うのですが、どうなのでしょう? ご存じの方がいらっしゃれば、個体弁別の方法について、是非ご教示をお願いします。

Img_2223  蟠龍櫓の近くまで来ましたら、ハクセキレイが遠くに出て来ました。ハクセキレイも、若干少ないような気もします。鳴き声はよく聞き、飛んでいるところも見かけるのですが、なかなか写真には撮れないでいます。

Img_2128  話はやや戻りますが、九華公園には数羽のカワウがいました。このところ、数は少ないようです。今日は、野球場の照明灯の上に3羽ほどとまっていました(この写真に写っているのは、2羽です)。右側のカワウは、婚姻色かという気もしますが、今ひとつ判然としません。

Img_2230  こちらは、住吉ポンプ場東の入り江にいたカワウです。今日も、この辺りImg_2233 には、釣り人が7~8人。先日と同じく、多分ハゼ釣りなのだろうと思いますが、見ていると羨ましくなって、やりたくなるでしょうから、今日は、“チラ見”だけにしておきました(爆)。

Img_2236  住吉神社のところから、揖斐・長良川の中洲を見ますと、カワウ(赤丸)に混じって、白いサギ(多分、コサギ)が見えました(赤い矢印)。そろそろ田んぼや、大山田川、伊勢大橋北などには、コサギ達が来ているかも知れません。そちら方面にも散歩に行ってこなくては……と思わせてくれました。

Img_2224  明日から10月。愚息もようやく後期の授業が始まります。夏休み、バイトはしておりましたが、不規則に、子どもならぬ“大ども(勝手な造語です)”がいますと、どうも調子が狂うことが多かったので、ちと楽になるかも知れません(笑)。小生は、相変わらず散歩に励むことにします。

|

« KABC-Ⅱの解釈……解釈のための換算とその意味 | トップページ | 大山田川あたりも野鳥は少なし »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

引きこもり秘書さま
家事は、他人様に威張れるほどはしておりませんし、まさに、さぼりながらですので、過大評価であります。今朝の中日新聞にも、奥様方が、旦那の家事については、28%くらいでしたか、不満を持っておられるそうですし。
夜更かしはあまりよろしくありませんね。生活リズムは、崩さないようになさってください。

投稿: mamekichi | 2013年10月 1日 (火) 21時27分

チーママさん
昨日は、九華公園では銀杏拾いをしている方は、ありませんでした。前の職場の大学では、名古屋市内を走る道路の一つである、環状線沿いにイチョウの木があり、歩道にたくさん銀杏が落ち、年配の方がたくさん拾いに来ておられました。
拾ってきてもよいのですが、あの臭い。マンションのような集合住宅で処理すると、大変な近所迷惑になりそうです。
しかし、やはりもったいない気がしますねぇ。

投稿: mamekichi | 2013年10月 1日 (火) 21時24分

先生、家事頑張ってらっしゃつて凄いです。
私なんて、さぼってばっかり。
家事さぼっててもなんとかなるもんですねぇ♪
最近、テレビ見ながら寝てばかりです。おかげで夜更かししてしまいます。
先生も、娘さん苦戦しているようでhappy01
私は、息子が宇宙人に思えます。

投稿: 引きこもり脱出中秘書 | 2013年10月 1日 (火) 02時08分

会社周辺も毎日沢山の銀杏が落ちて、ひたすら踏み潰されてるのを、いつも恨めしく見ながら通り過ぎます。さすがに誰も拾っていないし。
あーもったいない。10個もあれば、お正月の彩りになるのになぁ。 銀杏 好きなんですよ(^^;;
鈴なりのヤマモモが道路を染めても、あきらめもつくのですが、銀杏ばかりはなかなか諦めがつきません。
だって、買うのですもの(--) 結構お高い・・・

投稿: チーママ | 2013年9月30日 (月) 23時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« KABC-Ⅱの解釈……解釈のための換算とその意味 | トップページ | 大山田川あたりも野鳥は少なし »