« ひたすら忍耐の日々か? いつまで続く、この猛暑 | トップページ | “うつ病の現在”を読む »

2013年7月13日 (土)

一発芸、もしくは瞬間芸のような雨でも、いくらか涼しくなりました……そして、早朝にはアヤシゲな男性集団と高所作業車

07131048xband 午後から天気が不安定となり、雨が降るということでしたが、期待を裏切っRimg00060713_2 て、11時前にご覧のように強い雨雲が接近してきました。そういえば、もっと前の時間から、遠雷の音が聞こえていたような気がします。ちょうど雨雲が接近してくる方角の、多度山の方は、右の写真のような状況です.これは、けっこうなお湿りが期待できる、と思えます。

Rimg00120713  そして、いきなりやって来ました。上の画像にあるように、いきなりの“赤いRimg00130713_2 雲”の襲来であります。最初のXバンドレーダー画像の赤い部分は、51~100mm/hという強い雨を示しています。ベランダには洗濯物が干してありましたので、慌てましたが、雨雲は北西からやって来て、北西の風に乗っていたようですから、南側のベランダにはほとんど降り込まず、助かりました。

Rimg00170713 Rimg00220713  これぞまさに、“干天の慈雨”であり、”恵みの雨”であります。「待ってましRimg00180713 た!」と声をかけたくなる、千両役者、真打ちがいきなり登場した感じです。

07131108xband  直前のレーダーをみますと、次々と雨雲は湧いてきているようで、これで一気に気温も下がり涼しくなるかも知れません。期待に胸が膨らみます。

Rimg0023  が、しかし、どうも雲行きがあやしくなってきました(何となRimg00330713 く、日本語の使い方が、おかしいような気がしますが……)。西の空から、何となく明るくなりつつあるような……。

Rimg0036  そうなのです。3枚目の、雨の降り始めの写真は、10時57分撮影。3枚前の写真は、10時59分撮影。2枚前のものでも、11時4分です。せいぜい、2~7分の時間。そして、この写真は、11時5分に撮ったものですが、すでに青空が見え始めています。「もっと降れ! もっと、もっと」と思っていたのですが、あっけない幕切れです。タイトルのように、まさに、一発芸か、瞬間芸かのような雨です。


Rimg00410713  南東の空、ナガシマスパーランドのやや西の方向です。中央の奥は、伊勢湾岸道の湾岸長島インターと、湾岸桑名インターの間の橋があります。雨が降っているところと、雨が降っていないところの境目が見える感じの写真になりました。

 と、午前中は、期待したほどの雨量ではありませんでしたが、アメダスのデータを見て0713temp びっくり。あんな、わずか数分降っただけでしたが、それでも、気温は一気に5℃近く下がっていました(10時には32.3℃もあったのに、11時は、27.5℃!)。11時の記録上の雨量は、わずか3mmでした(笑)。

 そして、今のところ、本日(7/13)の最低気温は、11時の27.5℃であります(雨が降る前は、6時の28.2℃でした)。

Img_8780  ところで、今朝、6時くらいから、近所の町内を、何やらアヤシゲな(失礼Img_8787 の段は、ご容赦ください)男性の集団が、高所作業車をともなって回っているのに気づきました。全部で14~5人ほどでしょうか。高所作業車のバケットに乗った男性、近所のお宅の屋根でも眺めているのでしょうか?

Img_8791  実は、この方達、8月3~4日(土・日)の石取祭の準備をしていImg_8811 ると思われます。というのも、祭車が順行する経路にある、電線、電話線などに目印をつけて回っておられたのです。

A313556e  これは、祭り囃子優勝大会の写真を借りましたが、祭車の高さは、かなり高いものがありますので、電線、電話線などを避けるため、一時的に、提灯の下げられた柱を倒す必要があるのです。その目印を、祭を前にして、町内を回って取り付けているということです。

 石取祭の詳しいことは、“桑名石取祭公式ホームページ”に情報が載っていますので、そちらをご覧ください。

 明日は、“川原祓式(かわらばらいしき)”が、町屋川(員弁川)の町屋橋付近の川原で行われます。これは、祭に当たって、各町内が春日神社に奉納する、町屋川の川原の栗石(花崗岩)を拾うための行事です。

 今年の石取祭ばやし優勝大会が、7月21日(日)、午前11時から桑名市民会館ホールで行われます。ただし、原則としては、海の日である7月第3月曜日の午前11時から桑名市民会館ホールで行われます。

 来週は、各町内で鉦・太鼓の練習があると思います。例年、この練習の頃はまだ、梅雨の最中ですが、今年は梅雨明けが、平年に比べ13日も早かったので、好天のもとに練習が行われますから、鉦・太鼓の音がいっそう賑やかに響くと思います。

Img_8796  話を戻しますが、祭車が通る道には、このような目印がつり下げられていImg_8798 ます。よくよく見上げると見付けられると思いますが、周りにはよくお気をつけください。

Img_8806  高所作業車のバケットで作業をしていらっしゃる男性の手元には、この目印(多分手製です)など、たくさん用意されていました。皆様、お疲れ様でした。

 桑名辺りは、午後の方がむしろ、天気はよくなっています。しかし、雲もかなりかかっていますので、気温はその後、あまり上がらず、27℃台を上下しているようです。何かの歌ではありませんが、♪どうぞ、このまま~、どうぞ、このまま~♪でお願いしたいと思います(丸山圭子さんの歌“どうぞこのまま”です)。ただし、この歌の歌詞、続きは、♪どうぞ やまないで♪なのですが……。  お後がよろしいようで……

|

« ひたすら忍耐の日々か? いつまで続く、この猛暑 | トップページ | “うつ病の現在”を読む »

季節」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ミリオンさん、こんばんは。
急な雨でしたね。「これだけ?」と思ったのですが、案外気温は下がりましたね。
石取祭の準備の皆さんは、早朝からの作業で、お疲れだろうと思います。祭も、準備も、片付けもあって成り立ちますから、大変です。
練習は、多分来週の月曜からではないでしょうか。また、賑やかになりますね。

投稿: mamekichi | 2013年7月13日 (土) 19時15分

今日は急に曇ってきて風が吹いてきたと思ったらザーッと降ってきましたね。
買い物から帰ってきてほっとしていた所だったので降られなくて良かったです。
怪しい?集団は石取祭の準備の電線にキラキラしたのをつける作業ですね。
石取祭も近いですね、そのうち練習の鐘や太鼓の音が聞こえてきますね。

投稿: ミリオン | 2013年7月13日 (土) 14時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひたすら忍耐の日々か? いつまで続く、この猛暑 | トップページ | “うつ病の現在”を読む »