« 指標得点のディスクレパンシー比較における標準出現率……WISC-Ⅳによる心理アセスメント【付記あり(10/06)】 | トップページ | 今日こそ、峯崎部屋の朝稽古を見られました、そして“大学にも追い出し部屋”があるようです(AERAの記事) »

2013年7月 1日 (月)

照源寺へ、しかし、ハスは空振りで、松平定綱及び一統之墓所へ……昨日の散歩

 7月に入ってしまいました。故に、今年も残すところ、あと半年であります(爆)。などとふざけている場合ではありません。といっても、半ば隠居生活、アポイントも少なく、現時点で急がねばならぬ仕事もありません。もう少し体調を改善したいというのが、当面の課題です。

 今朝は、隔日服用で様子を見ている利尿降圧剤を飲む日なのですが、これもどうも、体調全体から見ますと、必ずしもプラスには作用していないように思えます。ボンヤリ感とふらつきを増悪する方向に作用しているような気がします。利尿剤を飲んでしばらくしてから、猛烈に睡くなり、また、ふらつきが酷くなってしまいました。その結果、午前中から寝てしまっていました(笑)。まったく、自分の身体でありながら、なかなか思うようには行かないようです。

 ということは、現在試みている対処は、現在の小生の状態には、あまり合っていないということなのでしょう。あとでゆっくりと反省します。

Img_8545  さて、昨日は何とか散歩に出かけましたので、昨日の散歩写真からでImg_8547 す。皆さん、この頃、ブログにハスの写真を載せていらっしゃいます。「俺も」と思い、徒歩圏内でハスが咲くところと、ない知恵を絞った結果、照源寺(桑名市東方)を思い出して、行ってみました。桑名駅の北西、500mほどのところにある、浄土宗のお寺です。静かで落ち着いた、なかなかよいお寺です。照源寺のオリジナルサイトは、こちらにあります。

Img_8555  この照源寺さんのお庭に、確かハスが鉢植えになって並んでいたはずとImg_8557 記憶していました。しかし、残念ながら、まだこれからなのでしょうか、ご覧のような状態でした。

30  お寺のWebサイトの“照源寺ギャラリー”を拝見しますと、たとえばこの左の写真のように、ハスの花が載っていましたので、出かけた時期が良くなかったのではないかと思われます。また、しばらく日にちをおいてから、見に行ってみることにします。また、ボンヤリ感や、ふらつきが改善しましたら、クルマで船頭平閘門か、愛西市辺りまで出かけてみたいとも思います。

Img_8565  ところで、この照源寺さんには、「松平定綱及び一統之墓所」(県指定文Img_8577 化財)があります。というか、寛永元年(1624年)に、桑名藩主松平定勝公が亡くなられたため、その子定行公が創建したお寺が、ここなのです。左の写真で左手奥に本堂が映っていますが、そのさらに左奥から、この墓所にお参りできます。

Img_8575  この墓所、かなり以前にもお参りしたことがありましたが、その時の記憶では、うっそうとした木々に覆われ、やや暗く、雑草も生えていたのですが、昨日は比較的きれいになっていました。右上が墓所入り口の写真で、少し見えていますが、そこからさらに階段を上ります。墓所入り口の横には案内板があります。

Img_8581  階段をあがったところには、このような説明書きが掲げられていました。前に墓所にあがったときにはなかったと思います。この看板、平成22年に立てられたようですから、私が最初にここに来たのはそれ以前なのでしょう。細かいので、拡大していただいても、読めないかと思います。

Img_8610  全部で、41基のお墓がありますが、墓所のもっとも北には、桑名藩第3代藩主・松平定勝公のお墓(写真、左)と、その右に、夫人の墓が並んでいます。定勝公は、永禄3年(1560年)生まれ、没年は、寛永元年(1624年)3月です。墓碑銘は、“少将松平宗源君墓”でした。夫人の墓には、“松源夫人奥平氏墓”と刻まれています。夫人は、生年不詳、没年は、正保3年(1646年)閏7月です。ちなみに、定勝公は、徳川家康公の異父弟です。そのため、ここ照源寺は、二代将軍徳川秀忠公の命により建立されたものです。389年も経っている、まさに由緒正しいお寺です。

Img_8587  こちらは、向かって左側の階段から、墓所にあがってすぐのところから左側(南側)を見た写真です。右端の鳥居があるお墓は、桑名藩第5代藩主・松平定綱公(文禄元年(1592年)~慶安4年(1651年)のものです。藩主のお墓というと、もっと立派な墓碑が建っているかと思いますが、意外に質素な気がします。また、41着ものお墓があるのは、藩主の逝去に際して、殉死することがあったからで、その殉死者のお墓もここにあります。たとえば、定綱公が亡くなられた際には、福本伊織季俊と、樋口助右衛門義弘の二人が殉死したそうです(西羽晃著、新桑名歴史散歩、p.52)。

Rimg00210630  昨日は、けっこう蒸し暑い日でしたので、迷ったのですが、このあと、大福田寺にも立ち寄って帰ってきました。思ったよりたくさん歩き、4.1㎞でした。

Img_8543  散歩の往き、照源寺に向かう途中で、こういうクルマが走っていました。エンジン音や、ナンバープレートから見て、原付と同じ、50ccくらいのエンジンを載せたクルマと思われます。小生よりは若い男性とお見受けしましたが、なかなか格好いいですねぇ。私も、早く体調を戻して、Copenをオープンにして、走り回りたいですねぇ(爆)。 

|

« 指標得点のディスクレパンシー比較における標準出現率……WISC-Ⅳによる心理アセスメント【付記あり(10/06)】 | トップページ | 今日こそ、峯崎部屋の朝稽古を見られました、そして“大学にも追い出し部屋”があるようです(AERAの記事) »

季節」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

コメント

こころんさん、こんばんは。

照源寺、去年もハスを見に行ったのですが、確か速すぎた記憶があります。学習できないのかも知れません(笑)。近所でも、咲く時期は同じとは限りませんので、困ります。できれば、再度挑戦してきます。

照源寺さんのハスは、大きな鉢に植えられていました。見たところでは、植木用の器だとは思ったのですが、金魚や、メダカを飼うとか、小型のビオトープ持つ暮れそうな感じの鉢でした。

クルマは、多分、原付と同じ扱いではないかという気がします。あれ、なかなか良いですよね。

投稿: mamekichi | 2013年7月 2日 (火) 21時44分

蓮、残念でしたね。
これは植木専用の器かどうかわかりませんが
火鉢で育てられそうですね^_^;

でも、終わったあとに行かれたのではなく、
これからの時に行かれたので、まだ楽しみはありますね。
体調がよろしければ、ぜひ愛西市方面へ。

肩の方にシートベルトが見えないけど
車扱いなのかバイク扱いなのか・・。

投稿: こころん | 2013年7月 2日 (火) 17時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 指標得点のディスクレパンシー比較における標準出現率……WISC-Ⅳによる心理アセスメント【付記あり(10/06)】 | トップページ | 今日こそ、峯崎部屋の朝稽古を見られました、そして“大学にも追い出し部屋”があるようです(AERAの記事) »