« 大暑にして、今日も“暑さ指数”=31で熱中症の危険あり | トップページ | 就学指導委員会(初日)でした »

2013年7月24日 (水)

久しぶりの雨、照源寺でハスを愉しむ

Rimg00240724 朝から雨が続いています。時折、かなり強く降り、10時台には、5mm/hとRimg00270724 なっていました。娘が美容院へ行くというので、送っていったのですが、途中で思いつき、照源寺(市内東方)へ立ち寄って、ハスを見てきました。この夏、もうハスを見るチャンスを失ったかと諦めかけていたのですが、一輪だけ咲いていました。ラッキーでした。それに、青空の下のハスの花も良いものですが、雨に濡れたハスというのも、なかなか趣のあるもので、一輪だけでしたがいろいろのアングルから撮って、愉しんでこられました。

Rimg00020724  さて、咲いていたハスは、こちらの一輪。上・右の写真では、右端に写っています。Rimg00180724 このほかには、つぼみが一つ。それは、右の写真です。

Rimg00050724  角度を変えて、アップにしてみました。そうそう、今日は、コンデジ(Richo cx-3)しか持っていませんでしたので、すべてこれで撮っています(マクロを使用したものがかなりあります)。

Rimg00100724  かなり近づいて、さらにクローズアップを撮ってみました。望遠側にして、さらRimg00090724 にマクロを使っています。このコンデジは、こういう芸当ができるので、なかなか面白いものがあります。これら左右の写真、いずれも自分としては気に入っているものです(例によって自画自賛ですので、どうぞお気遣いなく)。

Rimg00210724  ちょっとピントが甘いのですが、ハスといえば、これも忘れてはなりません。花托であります。ハスの古名「はちす」は、この花托の形状を蜂の巣に見立てたとするのが通説です。「ハス」はその転訛だといいます。

Rimg00140724  ところで、初めにも書きましたように、雨降りの中、ちょうど強めの風が吹き抜けて行き、ハスの葉が揺れました。ハスの葉には、細かい毛(繊毛とでもいうのでしょうか)が生えていますので、水をはじきます。左の写真は、葉が揺れた瞬間にシャッターが切れたものです。ピントはアヤシイのですが、何となく、水滴に動きが感じられます(そういう気がするだけかなぁ?)。

Rimg00160724  大きな水滴をできるだけクローズアップしてみました。大袈裟にいうと、この水滴には、世界が写り込んでいるように思えます。もっとも、実際に写り込んでいるのは、周りのハスの葉であったり、側にそそり立つ、イチョウの大木であったりするだけですが……。しかし、大きな水滴とはいえ、周りのものをすべて飲み込んでしまう存在です。何となく不思議な感じもします。

Rimg00320724  ハスの名所の多くでは、たくさんのハスの花が一斉に咲き誇ります。今日Rimg00360724 の照源寺では、たった一輪しか咲いていませんでしたが、小生にとっては十分でした。真夏の谷間の雨の日、久しぶりに雨など気にせずに外出や、花を楽しめましたし、また、これまた久しぶりに出かけたついでに立ち寄ってみようという気持ちになれたからであります。

 さぁ、午後は一休みしてから、9月の、とある研究会で話しをする予定の“WISC-Ⅳを用いたアセスメントの基本と実際”の準備の続きをすることにします。それから、明日、明後日は、丸二日間、市の就学指導委員会です。体力的、体調的に持たせないといけません(笑)。

 今のところ、昨日処方してもらい、服用を開始したばかりではありますが、釣藤散、悪くはなさそうです。“鰯の頭も信心から”などといいますから、そういう気がするだけかも知れませんが、毎朝見られた“むくみ”は、やや軽くなった感じです。ボンヤリ感も多少よい気もします。まぁ、“信ずるものは救われる”と行きましょう(爆)。

|

« 大暑にして、今日も“暑さ指数”=31で熱中症の危険あり | トップページ | 就学指導委員会(初日)でした »

季節」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大暑にして、今日も“暑さ指数”=31で熱中症の危険あり | トップページ | 就学指導委員会(初日)でした »