« 日本版WISC-Ⅳテクニカルレポート#5が公表されました | トップページ | 屋根の上の人物(2013.04.19)は、鍾馗さんでした »

2013年6月 3日 (月)

梅の実は熟し、アジサイ花開き、お馴染みの鳥は遊び、ケラ泳ぐ

Img_7221  朝方は曇り、10時過ぎから次第に陽が当たってきて、最高気温は、25.3℃(14時)。風は南から、3m/sほど。やや暑く感じるものの、散歩には許容範囲内でした(笑)。

 実はこのところ、時々書いてはいますが、軽い頭痛、肩や首の凝り、歯の食Img_7254 いしばりがあります。何から来ているのかよく分からなかったのですが、ひょっとしたら、5月24日から服用している降圧剤のせいか、という気がし始めました。頭痛から肩・首凝りが来て、耐えるために歯を食いしばるというストーリーが合うような気もしますが、それはさておき……。副作用のない薬はないとは、理屈では分かってはいるものの、苦痛は苦痛です。いやはや、というところです。

Img_7439  さて、何だかんだいっていても始まりませんし、ずっと自宅に閉じこもっていImg_7454 るのも却ってよろしくありませんから、10時過ぎから2時間半ほど、散歩をしてきました。花菖蒲はけっこう撮りましたし、次は、もう少したくさん咲いてからと思ったこともあり、また、博物館では、“幕末・会津・桑名 -兄弟の戊辰戦争-”が、6月1日から始まっているので、それも見たい(月曜は、休館なのです)と思い、今日は、福島地内の水田や、伊勢大橋南の揖斐川河畔を歩いて来ました。ちなみに、右の“5.2㎞”の標識は、揖斐川河口からの距離を示すもので、堤防上に立っています。

Img_7419  本当は、こちら、コチドリや、その幼鳥が見たいと思ったのですが、遠くに降り立ったところの証拠写真が撮れただけでした(笑)。それも、肉眼では1羽しか気づかなかったのですが、例によってパソコン画面で拡大したら、もう1羽を見つけたという次第です。

Img_7441_2  近くの河原では、ツバメが盛んに飛んでいましたが、珍しいところで休んImg_7432 でいるのも見つ けました。ピントが今ひとつしっかり合っていませんが、またまた証拠写真として、ご笑覧ください。それと、同じあたりでは(すべて、3枚目の写真を撮った河原のところです)、2、3カ所で、“揚げ雲雀”も(右の写真)。ただし、この写真では、ヒバリかどうか、判別が尽きかねますねぇ。

Img_7376  代わって、しっかりとカメラに捉えられたのは、ケリさんたちです。左の写Img_7382 真でも、またまた、1羽しか目に入っていなかったのですが、奥にもう1羽かがいた、という写真です(笑)。どこを見ているのでしょう? 自分でもよく分かりません。エクセレント桑名近くの水田です。このケリ、私が、50~60mに近づいたところ、警戒の鳴き声を発し始めました。いつ遭っても警戒心が強い鳥です。右は、この手前のケリが、移動したあとのものです。

Img_7385  こちら、別のケリですが、姿を見つけたときから、警戒されました(笑)。Img_7389 ちょっと離れたところへ逃げたのを、駐車場のクルマの陰から撮りました。口が開いていますが、ちょうど鳴いているところです。近づいたらすぐにまた、逃げられました。右はその時の様子で、水田に降り立つ直前です。

Img_7359  珍しくもない鳥たちばかりですが、ハクセキレイ。水田の仕切りなのでしょImg_7362 うか、樹脂製のトタン板が立てられた上を歩いていました。それにしても、あの薄い波板の上を歩くとは、凄い芸当だと感心しました。足下をよくご覧ください。尾羽も、バランスを取るのに使っているように見えます。

Img_7358  歩いているときに一瞬、飛び上がったりもしていました。ピントはもう一つですが、まあまあかという気がします(例によって、自己満足です。しょうがないオッサンであります)。

Img_7330  ところで、この福島地内へは、久しぶりに来ました。とある洗車場の近くをImg_7338 歩いていたら、路上に、梅の実がいくつか転がっているのに気づき、頭上を見上げたのが、これらの写真です。入梅の時期ですから、梅の実が色づいているのも当然といえば、当然。なかなかそこまで思いが至らない方がどうかしているのでしょう(笑)。アタマは、やはり回っていないのかも?!

Img_7228  最初にも載せましたが、アジサイもあちこちで花開いてきました。実はアジサイを撮るのも、今日の散歩の目的の一つでした。このアジサイ、同じ花なのに、左右両側では、微妙に色合いが異なり、面白いと思ったのです。

Img_7230  これは、光の当たり具合によるところが大きいと思うのですが、奥の暗さと好対照をなしていて、これまたなかなかかと自画自賛した次第です。ただし、あまりそれを狙ったのではなく、結果的にこういう写真が撮れていた、ということです(苦笑)。

Img_7243  これはちょっとばかり、ウケを狙ってみました。ディテールが面白そうだとImg_7239 考えたものです。右は、ちょっとくどいかも知れません(これは、ミニチュアライズ写真にした方が、面白かったかも知れません)。

Rimg00070603  Richoのコンデジ・cx-3のマクロで撮ってみました(いつも、Eos kiss x-5と2Rimg00100603 台を持ち歩いています)。すぐ上のクローズアップ写真は、いずれも、x-5の望遠レンズで撮っています。“餅は餅屋”ならぬ、“マクロはマクロ”かも知れません。

Rimg00420603  時期的には当然ですが、水田では田植えがほぼ終えられていました。ただ、去年に比べると、減反しているところがやや多いように思えました。また、水田をつぶして、駐車場に転用しているところもあり、ちょっと残念でした。

 嫌いな方もいらっしゃるでしょうから、最後にそっと載せておきますが、田んぼに水を引くImg_7352 水路で、どういうわけか、ケラが泳いでいるのか、おぼれているのか……。地中で生活しているのですが、Wikipediaによれば、「水上を泳ぎ、空を飛び、地上を歩くと、様々な環境に対応しており、昆虫界のみならず、生物全体から見ても、対応範囲が非常に広い生物」だそうです。ということは、おぼれていたのではなく、泳いでいたのでしょう(笑)。

|

« 日本版WISC-Ⅳテクニカルレポート#5が公表されました | トップページ | 屋根の上の人物(2013.04.19)は、鍾馗さんでした »

季節」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

道端に 梅の実一つ 落ちている

投稿: 森永 ぷりん | 2014年5月13日 (火) 23時54分

チーママさん、こんばんは。
オケラは、田んぼに水を引く水路を“泳いで”いるのに気づきました。いつも、あちこちキョロキョロしているお陰です(爆)。おっしゃるとおり、私も子どもの頃、実家の庭の隅っこを掘ると、あらゆるところから出て来たような気がするくらい、ポピュラーな生きものでした。
ちなみに、愚息は、「何じゃ、それ?」といっていましたが、家内は、田舎育ちのせいもあってか、よく見かけたようです(笑)。

投稿: mamekichi | 2013年6月 4日 (火) 20時49分

ミリオンさん、こんばんは。
梅雨の中休みというか、中休みの方が長くなっていますね(笑)。
アジサイも咲き始めました。先日、アジサイについて屁理屈を書きましたが、次第に色づいてきているようで、楽しみです。アジサイの花も手鞠のようになるものも、房のようになるものもあるようですね。先日までよく知りませんでした。
ところで、「ケラ」は、おっしゃるとおり「オケラ」です。図鑑を「オケラ」で調べても見つからず、「ケラ」で載っていました(笑)。子どもの頃はよく見ましたが、最近はトンとご無沙汰で、たぶん、数10年ぶりに見たと思います。

投稿: mamekichi | 2013年6月 4日 (火) 20時46分

オケラ よく見つけましたね。なんとも懐かしいお人です。
子供のころは、何かと見た覚えがあるのですが、長じてからはトンと記憶にありません。 きっと我が家の子供たちも、覚えがないんじゃないかしら? 明日ママちんに、聞いてみよう。
両手のモグラのような手が、なんとも面白い生き物ですよね♪

投稿: チーママ | 2013年6月 4日 (火) 01時40分

梅雨入りしたけど最近天気がいいですね。
紫陽花の花が綺麗に色づいてきましたね。
先週もう紫陽花は咲いてるかと思って近くの神社へ見に行きましたがまだ咲き始めでした。
紫陽花の花を近くで良く見ると手毬のようで綺麗ですね。
ケラは俗に言う「オケラ」と同じなんでしょうか。

投稿: ミリオン | 2013年6月 3日 (月) 20時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本版WISC-Ⅳテクニカルレポート#5が公表されました | トップページ | 屋根の上の人物(2013.04.19)は、鍾馗さんでした »