« 梅雨らしい感じの小雨の中、博物館へ……アジサイは映えます | トップページ | 真夏のような空のもと、懐かしい側溝消毒作業……室内でも30℃を突破!? »

2013年6月12日 (水)

何事にも拘らない生き方がいいかもしれない

Img_7707  台風が接近したせいか、蒸し暑く感じる一日でした。そういう意味では、梅雨らしい気候とはいえるのですが、もともと湿度が高いのが苦手な小生としては、ありがたくない気持ちです(笑)。もう少し、自律神経系の働きのバランスが回復して、元気ももっと出て来ていれば別なのでしょうが……というところです。まだエアコンの使用はもったいないと思いますので、窓を開け、ドアも少し開け、室内に風を通し、扇風機で空気の流れをつくって、対処しておりました。

 さて、午前中は、駅前で所用がありましたので、10時頃から出かけて来まImg_7714 した。用務先は、思いの外空いており、ついたとたんに、「さぁ、どうぞ」と招き入れてもらえ、待ち時間もなくて助かったのですが、外出先で、一息つく暇もないというのは、この年になりますと、ちょっと辛いものもあります。とくに今日のような蒸し暑い中を歩いて行きますと、汗を拭いて、持参した冷たいお茶を一口くらい飲みたいものです。

 ついでに銀行に寄り、記帳。とはいえ、膨大な収支がある訳ではありません。まさに、雀の涙ほどの出入りです。

Img_7734  荷物になるので、今日はコンデジしか持って出ませんでしたし、いきなりのこの蒸し暑さの中、いつものように、九華公園までトボトボ歩こうという勢いもありませんでしたので、まぁそれなりには涼しいだろうと、久しぶりにアピタ桑名店に行ってきました。いつ以来か、記憶にもないくらいです。ゴールデンウィークの頃、最近流行の“丸亀製麺”が出店するという話を聞く前から行っておりませんでしたので、2ヶ月ぶりくらいでしょうか? 用がないところには行かないようにしてはいますが、それにしても、我ながら笑えてきます。

 本屋、文具売り場、鞄売り場(散歩用のバッグのベルトが、使い込んだため、まさに風前の灯火状態なのです。もうすぐ、すり切れそうでいます)、自転車売り場、100均などを覗き、丸亀製麺を見て、フードコートで一休み。¥180のアイスコーヒーだけで済ませ、幾分涼んできました。

 汗を掻きついでに寺町を回って、正午過ぎに帰宅。それでも、3.3㎞ほどは歩いて来たことになります。今日は、これといった写真は撮っておりませんので、今日載せた写真は、昨日の散歩写真からです。

Img_7746  ところで、久しぶりに“マイブックス”にも2冊、載せましたが、そのうち、森博嗣さんの新潮新書“人間はいろいろな問題についてどう考えていけば良いのか”に興味深い記述がありました。

 この本自体は、マイブックスに書いたとおり、思考法、発想などについてImg_7764 のものです。森さんは、N大学助教授時代からミステリーを書き始め、その後、51歳で、教員も退職、作家業からもほとんど引退してしまっています(1957年生まれ)。「一生かかっても使い切れないくらい」の貯金ができたからだ、と書いておられます(その点は、療養のために退職した、小生とは大違いです)。

 その森さん、この新書の中で最近の生活についてふれていました。抜き書きしますと、おおよそ次のような生活ぶりだそうです。

  • 6時起床、犬の散歩に行った後朝食
  • その後、午前中は、庭仕事、ガーデニング
  • 午後から夕方にかけては、趣味の工作(木工、金工)
  • 奥様と買い物
  • 7時に夕食
  • 軽い工作、または、翌日の工作の準備(図面を描いたり、材料に寸法を入れたり)
  • 1時間ほど、研究関係の仕事
  • 10時から11時、出版関係の仕事
  • 11時就寝

 こういう”忙しくない毎日”を送っており、しかも、毎日これの繰り返しで、旅行に出かけたりすることも滅多にないそうです。テレビも映画も見ない。本も専門書や雑誌を読むだけ。音楽は執筆の時や工作の時に聴くという風だそうです。

Img_7762  もちろん、大学の教員の時は、がむしゃらに働いておられたのはいうまでもありません。そうでなければ、たぶん国立大学の教員はつとまらなかったでしょう。今は、出版関係の仕事とはいえ、一日にせいぜい1時間しかしない、自称「趣味的なレベル」で、仕事だとは認識していないそうです。あまり働くと、現役時代との差がなくなるとまで書いています(ちなみに、作家としては、最盛期でも一日に3時間しか書かなかったそうです)。

 小生、似たような生活をしているのではないかと思われるかもしれませんが、「一生かImg_7522 かっても使い切れないほどの貯金」はとうてい持ち合わせておりません(笑)。また、当方はマンション暮らしで、1500坪もある庭はありません。お金が儲かるような本も書いていません(書きたいという気持ちは、十分ありますが、実現させられないでいます)。

 ただし、こういう生き方は、小生にとってはある種の理想ではあります。森さんは、20年ほど前には、「何事にも拘らない」という生き方に到達したと書いていましたが、これも、そうありたいと思うところです。

Img_7756  こう考えるのは、たぶん、小生自身が、今の体調、状況、生き方、どれをみても、何となく中途半端で、バランスがとれていないように感じているからということが影響している気がしています。う~ん、どこかで思い切ってジャンプでもしないといけないかもしれません)。

|

« 梅雨らしい感じの小雨の中、博物館へ……アジサイは映えます | トップページ | 真夏のような空のもと、懐かしい側溝消毒作業……室内でも30℃を突破!? »

心と体」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

コメント

こころんさん、こんにちは。
梅雨ですから、やはり雨が来て欲しいですよね。それにしても、今日は、桑名のアメダスで32.7℃、わが家の室内でも31.0℃でした。参ります。

アジサイ、また後ほど拝見に伺います。しかし、汗を掻きながらアジサイ撮影というのも、季節が合わないような感じで、妙な気もします。

九華公園の撮影会は、午後からもあったんですね。モデルさんが浴衣姿というのなら、もっとたくさん人が集まったでしょうね(笑)。

そして、たぶんこの週末くらいには、お相撲さんたちも、桑名に来るのでしょうね。貴乃花部屋の朝稽古も見に行ったことがありましたが、十両や、幕内力士でなくとも、凄い迫力でしたよ。道草と言うには、朝一番で行っていただかなくてはなりませんから、あまり無理にお勧めしてはいけませんが(苦笑)。
ちなみに、貴乃花部屋の宿舎は、国道1号線沿いの料亭・仕出しの「魚清」さんでしたが、今年もここでしょうかね。

投稿: mamekichi | 2013年6月13日 (木) 16時41分

こんにちは
台風は来てもらいたくないけど、雨は欲しいですね。
今日も暑い日になりました。
mamekichiさんがアジサイを撮ってらっしゃるので
これは撮らなきゃと思い汗をかきながら撮ってきました(笑)。
また夕方頃写真アップしますね。

九華公園の撮影会、午後もありましたがどうだったんでしょうね。
花菖蒲に浴衣だからもっと人が集まったのでしょうかね^_^;

大相撲ももうすぐですね。
九華公園、楽しそう。

投稿: こころん | 2013年6月13日 (木) 13時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅雨らしい感じの小雨の中、博物館へ……アジサイは映えます | トップページ | 真夏のような空のもと、懐かしい側溝消毒作業……室内でも30℃を突破!? »