« 桑名リバーサイドボウル跡地の公園工事の様子 | トップページ | やはり降圧剤の副作用か!? 脳機能低下中で、爆睡……降圧剤服用中の方はお気をつけください »

2013年5月 9日 (木)

血圧は、相変わらず高め……ベランダではカランコエの小さな花【体調についての付記というか、修正というか(5/9)】

 昨日と同様、夏日目前まで気温は上がっているようです。風は、昨日より弱いようですから、体感的には、昨日以上になっている気がします。

 ただ、小生の体調は、多少よいような気もするのですが、血圧は依然としてやや高く、まだ降圧剤(ミカルディス)の効果は出て来てくれていないようで、フワフワしており、いささかボンヤリ気味、軽い頭痛があります。ミカルディスは、再開して3日目ですから、その効果を発揮してくれていないのかも知れません。

 血圧のコントロール、ただ下げるだけなら良いのですが、アムロジピンのような効き目の強い薬ですと、副作用もけっこうありますから、まったく難儀です。自律神経系の働きを何とかしたいと思っていますが、血圧が高めでは、頭の働きも今ひとつですし、何かに取り組むのもなかなかその気にならずで、まったく困ります。

 さて、このような風で、せっかくの散歩日和なのですが、家事を少々こなした後は、昨日と同じく、蟄居しております。かといってこれといって何かをするとか、できる訳でもありません。

Rimg00120509  ベランダに、わずかばかりのグリーンが置いてあります。今朝気づいたのですが、そのうちの一つ、カランコエに花がついていました。以前は、もっと立派な姿・形をしていましたが、一度、ほとんど枯死寸前に追い込んでしまったことがあり(どうも、草花の栽培は、相性が悪いようです。ゴムの木も、やってしまいかけたことがありましたから)、それ以降は、あまり成長具合はよろしくありません。
Rimg00170509  わずか3つばかりの小さな花しかついておりませんので、写真を撮ろうにも、あまり工夫の余地はありません。Richoのcx-3のマクロで、花を1つだけ覗き込んでみました。が、あまりどうこういえるほどのものにはなりませんでした(苦笑)。

 そのほかのグリーンたちも、それなりには青々としてきています。それほど見栄えのするRimg00200509 景色でもありませんので、今日のところは、ご紹介はしませんが、もう1つ、つぼみがついてきたものがありました。こちらは、何だったでしょうかねぇ? と聞いてもいけませんが……。あとで思い出したら、追記しておきます(笑)。

 ところで、5月にはいくつか、予定が入っています。来週の木曜には、特別支援連携協議会の会合があります。その頃には、血圧その他の体調も安定していてくれないと困ります。その次の日曜は、臨床発達心理士会の講習会です。レジュメは連休の合間に送りましたが、当日使用するプレゼンが、まだ最終的には完成していません。しばらく見直していませんが、こうやって放っておきますと、頭の中で勝手に(と書いてはいけませんね、自然にです)、熟成が進み、これまで見えていなかったよくないところが見えてきたり、まとまりが悪かったり、分かりにくかったりしたところも、その改善策とともに、気づくことができるようになります。これらは、いずれも、経験則ではありますが、今回もそうなってくれることを期待しています。また明日くらいから、このプレゼンの再確認をしなくてはと思っています。

【体調についての付記または修正(5/9)】

 血圧について、なかなか下がらないという趣旨のことを書きました。ブログを書いてからも、あれこれ考え、体調を見ていたのですが、どうも、単に下がっていないだけではないような気がしてきました。備忘のために書いておきます。ひょっとして、以下が役に立つ方もいらっしゃるかも知れません。

 ただし、以下は、“小生にとって”ですから、一般化できるかどうかは分かりませんので、その点は、ご了解ください。

 現在服用しているミカルディスは、ARB(アンギオテンシンⅡ受容体拮抗薬)です。アムロジピン(カルシウム拮抗薬)ほど強い降圧作用は、小生の場合どうも、みられないようです。しかし、まったく効果がないということではありません。若干は、血圧は下がっているようです。

 服用し始めてからの体調、とくに、今日、夕方以降の様子を見ていますと、どうも、脳への血流量が減っているように思えてきました。というのも、

  1. 大きな音、突然の音に対する過敏がある
  2. 今ひとつ、やる気が出ないorモチベーションが湧かない(そのため、ゴロゴロしている)。軽度抑うつ的と言っても良いかも知れません
  3. 眠気が強い感じで、午睡を1時間半かそれ以上とってしまう
  4. ボンヤリして、思考がまとまらないand/or活字を読んだり、考えたりしようと思わない
  5. 動揺性めまい(フワフワする、ふらつく)が強いように思われる

 これらは、アムロジピンの副作用(もしくは、効き過ぎ)の状態と酷似しています。むしろ、多くの抗うつ剤に似ていますが、副作用の方が顕著に出ている、あるいは、ミカルディスの効果が出る前に、副作用が先立って出て来ているように感じます。上記の5つの点は、高血圧の症状でも見られるものがあがっていますが、感覚的には異なるような気がしています。

 また、上記の他にも、便があまりスッキリでないとか、湿疹が出てくるというのも関連するような気がしています。

 ということですから、手首式の血圧計で測っている限りの血圧には、ミカルディスはあまり効果がない一方で、脳血流低下など副作用が出ているように感じられるのです。

 以上は、自己観察によるものですし、1例しか観察しておりませんので、何ともいえないというのが、正しい評価なのでしょうが、それにしても、小生の実感としては、ここに付記したようなものです。ミカルディスを再開するのは、時期尚早だったかも知れません。

 しかし、ミカルディスも、半減期が24時間という、持続型に分類される薬剤です。止めても、すぐに成分が抜ける訳ではありません。それでも、今のところ、明日からはもう服用しないで様子を見ようかという気になりかけています。我慢がたりないといえば、そうなのですが……。今の状態では、いわゆるQOL(quality of life)は、かなり低いです(爆)。

|

« 桑名リバーサイドボウル跡地の公園工事の様子 | トップページ | やはり降圧剤の副作用か!? 脳機能低下中で、爆睡……降圧剤服用中の方はお気をつけください »

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

コメント

チーママさん、そうそう、そうでした、確かミニバラといって家内がもらってきたものです。記憶がアヤシイので、書くのを控えていました(笑)。
今朝、ローカルテレビの情報番組で、「寒暖差アレルギー」というのを放送していました。温度差が7℃くらい以上あると、アレルギーでもないのに、鼻水が垂れてくるそうで、どうも私もゴールデンウィーク頃そうだったようです。血圧も寒暖差によって、不安定になるようですから、気候が安定しないことにはダメなんでしょうね。早く安定してもらいたいものです。
それに、このボンヤリ感は、やはり降圧剤の副作用でしょう。降圧剤はやはり、小生にはあまりプラスには働いてくれない気がしています。

投稿: mamekichi | 2013年5月10日 (金) 10時08分

あらっ センセのところにも、バラのつぼみが♪
ええ、十把ひとからげの「バラ」です(^^;;
年をとると、細かいことはどうでも良くなりますね。
この悪く言えばいい加減さ、よく言えばおおらかなところが、長生きの秘訣かもしれませんよ(爆)
早く血圧が安定すると良いですね。そのためにも、天候が穏やかになってくれないと・・・
年々気候が不安定になってきて、ちょっと不安になってしまいます。

投稿: チーママ | 2013年5月 9日 (木) 20時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桑名リバーサイドボウル跡地の公園工事の様子 | トップページ | やはり降圧剤の副作用か!? 脳機能低下中で、爆睡……降圧剤服用中の方はお気をつけください »