« 念願の楽翁公百年祭記念宝物館を見学、ついでに金魚まつりを覗く……オマケはこの季節にしては珍しい眺望写真 | トップページ | 今日は、おとなしくしております……血圧やや高めにて »

2013年5月 3日 (金)

今日も木曽御嶽山がよく見える中、俄“撮り鉄”となっていました……オマケにイタチにも遭遇!

Rimg00650503 今日は、これまであまり行っていないところまで足を伸ばしました。最初の写真をご覧いただくと、「いったいどこまで行ったんだ?」と思われるかも知れません(笑)。実は、これも桑名市内であります。山は、多度山。右端の鉄橋は、近鉄とJRの揖斐長良川に架かる鉄橋であります。自分でいうのもヘンですが、広々として、また、空は青く、遠くに若干の白い雲、実に気持ちのよい景色が広がっています。

Img_5614  どこへ行っていたかといいますと、もう少しよく分かる写真は、この2枚目で0503walking す。住所でいえば、桑名市上之輪新田の北の端に当たると思います。 拙宅から、揖斐川の堤防沿いをひたすら北上。川沿いに鳥がいないかを見つつ、また、今日も眺望が利いていましたので、木曽御嶽山、乗鞍岳、中央アルプス、恵那山などを眺めつつ歩いておりました。

Img_5390  さて、その散歩に出たのは、いささか遅くなり、10時過ぎ。揖斐川の堤防にImg_5411 出たところで、いつもは九華公園でお目にかかる、例の“バール・フレンド”の女性とばったり出会いました。世間話と、御嶽山や、乗鞍がよく見えますよという話をしばししておりました。また、先日、“環水平アーク”の写真をお見せしていたのですが、できればあの写真を欲しいということでしたので、今度プリントしてお渡しすることにしました。左は、その揖斐川河畔から見た木曽御嶽山(右)と、乗鞍岳当たり(左)です。手前が揖斐川、中洲を挟んで長良川、なばなの里も広がっています。右は、長良川河口堰と、アクアプラザながらの間に木曽御嶽山を入れて撮ってみました。

Img_5475  この木曽御嶽山、今日の散歩コースが揖斐川沿いだったこともあって、ほとんどの場所から見られました。あちこちで、御嶽山を入れた写真を撮ってみました。この左は、伊勢大橋の上に見えたところです。

Img_5509  風がやや強かったこともあってか、野鳥はあまりいませんでした。伊勢大Img_5520 橋までに見られたのは、ツバメなどを除けば、このコチドリだけ。堤防から降りて、河原を歩いていている途中で出遭いました。なかなか近づけない鳥ですが、アイリングがハッキリしているので間違いはないだろうと思います。ペアでいましたから、繁殖中かも知れません。日本では4-7月に1回に3-4個の卵を産むといいます。

Rimg00340503  このあと、またまた、内緒で伊勢大橋の下をくぐって、甚内ポンプ場の方へ抜け、再び堤防上ました。


Img_5537  甚内ポンプ場の樋門から下を覗いて、ビックリしました。イタチがいたのImg_5540 です。目が合ってしまいました(笑)。イタチの仲間は、日本には5種8亜種が棲息するといいます。どれなのか定かではありませんが、こんなところにもいるんですねぇ。 今から30年近く前、独身時代、前々職の時、住んでいた平屋建てのアパートの裏口を開けっ放しにしていたら、食パンを盗まれたことを思い出しました。気づいたら、20mほど先で、食パンの袋を加えて、こちらを見ていたことを思い出しました(笑)。それにしても、人との出遭いもそうですが、動物たちとの出遭いも、思いもかけないところであるものです。

Img_5603  伊勢大橋の北で見かけたのは、ツバメや、ムクドリ、カワウ、サギ(コサImg_5604 ギかと思えました)の他には、ケリくらいでした。右の写真は、ピントもあっていませんので、写真としては不出来なのですが、佇んでいる姿と、羽を広げたときのそれとが一変することがよく分かるかと思ってのことです。

Img_5609  ケリも、繁殖期のようですが、今日も、ペアでいるのを何度かみかけました。


Img_5701  もう一種類。囀っていたので、気づきました。初めは、ツグミかと思ったのImg_57032 ですが、ツグミよりはかなり小振りのサイズで、スズメと大差なし。逆光気味でしたので、今ひとつよく分かりませんが、ホオジロかも知れません。平地や丘陵地の森林 周辺、農耕地、草原 、荒地、果樹園、河原など明るく開けた場所に生息するといいますから、その点で矛盾はありません。

Img_5669  ところで、最初に書きましたが、今日は、上之輪新田北の近鉄と、JRの揖斐長良川鉄橋のところまで来てしまいましたので、何となく電車を入れた写真を撮ってみたくなりました(笑)。とくに“撮り鉄”のベストポイントということではありません。まずこちらは、どうも気になっている木曽御嶽山を鉄橋の上に入れて、近鉄のアーバンライナーを撮ってみました。ただ、名古屋行きで、これは、アーバンライナーの後部写真になってしまいました。

Img_5692  こちら、2枚目の写真と同じような位置関係ではありますが、ラッピングされた電車が来ましたので、多度山をバックに鉄橋にかかるところを1枚。ラッピング車両は、たぶん準急か、普通でしょう。書き忘れるところでしたが、電車の入った写真、いずれも右方向が名古屋方面です。

Img_5719  JRの普通電車(下り)と、多度山です。手前の線路が、近鉄名古屋線でImg_57192 す。パソコンで見ていて気づいたのですが、手前右下に一輪車の練習をしている人物が写り込んでいました。右は、同じ写真をもう少しトリミングしたものです。どちららよいでしょう?

Img_5625  JR関西線の普通電車が先行していましたが、近鉄特急が追い越そうとしているところです。


Img_5730  アーバンライナーnextもやってきました。下りですので、大阪行きです。近鉄といえば、3月下旬から、新型特急“しまかぜ”も走り始めています。いつかは、走井山からちょっとだけ撮ったことがありますが、きちんと撮ると良いかも知れません(こちらにすでに乗ってきた方のサイトがあります)。

Img_5654  ディーゼル機関車だけの重連シーンです。ただし、慌てて撮りましたので、あまりよくありませんし、後ろの機関車の方にピントがあってしまっています(笑)。先頭は、DD51というタイプであろうと思います(一時期、愚息がJR貨物の機関車や、貨車に嵌まっておりましたので、門前の小僧ならぬ、門前のオヤジで、多少の知識はあります)。後ろは、DE10というのでしょうか、こちらはよく分かりません。

 上之輪新田で、俄“撮り鉄”となっており、思わぬ時間を取ってしまいました。2枚目の散歩・マップで、そのあと、上之輪新田の水田地帯を歩き、JR・近鉄の高架下でルートがストップしています。実は、ここで、家内と娘のクルマに“収容”されました(笑)。まだ、4.2㎞ほどでしたので、ボチボチと自宅まで歩くつもりでしたのに……。残念(笑)。12時30分近くです。

Rimg00580503_2  喜んで電車を撮っていた辺りから南を見た写真です。伊勢大橋や、長良川河口堰が小さく見えます。中央やや右の大きな建物が、伊勢大橋西詰めに建っている国交省木曽川河川下流事務所です。遠くまで行きました。

|

« 念願の楽翁公百年祭記念宝物館を見学、ついでに金魚まつりを覗く……オマケはこの季節にしては珍しい眺望写真 | トップページ | 今日は、おとなしくしております……血圧やや高めにて »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

馬笑さま
初めまして。
コメント、ありがとうございました。
勝手に写真に撮った上に、ブログに載せまして、大変失礼いたしました。「人物」などと形容いたしまして、失礼の上に失礼を重ねております。

しかし、今回、コメントをいただきまして、小生の正直な感想としましては、「よくぞ、見付けていただいた」と思いました。

小生は、健康、気分転換のため、散歩写真を趣味にしております。写真の方は、もっぱらカメラ任せで、うまく行けばきれいな写真が撮れるという程度ですので、お褒めいただきお恥ずかしい次第です。

ブログを拝見しますと、自転車を趣味にしていらっしゃるようですが、わが家の愚息も自転車好きで、自分で組み立てたりしております。

投稿: mamekichi | 2013年7月26日 (金) 20時57分

はじめまして、桑名の馬笑といいます。
少し前の記事へのコメントですが。

列車の画像がホントにキレイです!
そして、せっかくの画像に写り込んでる
一輪車… 私です。

昨年からハマっております。

投稿: 馬笑 | 2013年7月26日 (金) 14時52分

ミリオンさん、こんにちは。
この季節にしては珍しく、木曽御嶽山その他がよく見える日が続きました。北西の風が強いためと思いますが、その分寒くて、体調管理も大変です。

4枚目かと思いますが、河口堰と重ねた写真に写ってしまったのは、たぶんカワウです。猛禽類とかですと、もっと格好がついたのに、と思っています(笑)。

イタチは、水門の下の水路脇にいたものを、水門の上から見ていましたし、ちょうど私の方が風上でしたので、ニオイはしてきませんでした。「イタチの最後っ屁」ということばがありますから、追い詰められると、臭いものを一発、ということかも知れませんね。迷惑な話です。

御嶽山の写真は、250mmズームで撮り、さらにトリミングをして大きく見せているものが大半です。また、前景に建物や、橋など別のものを入れますと、“圧縮効果”が生じて、より大きく、近くに見えるようですよ。

投稿: mamekichi | 2013年5月 4日 (土) 16時08分

こころんさん、こんにちは。

イタチには、驚きました。向こうもビックリしていたようですが……。伊勢大橋の下などに棲んでいるのかも知れません。

鉄道は、好きなのですが、“テツ”というほどではありません。ただ、学会出張などであちこち出かけましたので、その次いでに、時間を作ったり、回り道したりして、小田急のロマンスカーに乗ったり、松江ではあの一畑電鉄に乗ったりしてきました。新幹線でも、こだま号の最後部に乗ったとき、車掌さんと仲良くなって、内緒で、後部の運転席を見せてもらったりしました(もう時効でしょう)。

昨日撮影していたところには、かなり前に散歩に行ったことがあり、“場所勘”はありました。場所は、3枚目の画像(地図)の通り、国道1号線伊勢大橋西詰めの交差点を北へまっすぐ、堤防沿いに行って、そのまま堤防下の道路を行けば、北部球場のところを曲がって、桑名東インター入り口の交差点(258号線)に出る道です。2枚目の写真で、クルマが3台ほど向こうに向かっていますが、この先、鉄橋のガードをくぐったところが、北部球場です。堤防に上がる道が分かれているところにクルマは止められます。

アーバンライナーnextの写真は、桑名工業(コンクリート製造会社)の西の水田の中の道路から撮りました。クルマも入れますがので、おっしゃるように農道になっているところが大半で、この辺りには、クルマを止めるスペースは、残念ながら、ちょっと見当たりませんでした。
あの山は、多度山の一つ向こうですから、石津御嶽なのかと思います。採石場があるようで、そのため“ハゲ山”になっているのでしょう。

“しまかぜ”、私も撮りたいと思っているのですが、撮影場所もさることながら、通過時刻のタイミングをうまく見ないといけませんね。

投稿: mamekichi | 2013年5月 4日 (土) 16時00分

御嶽山結構遠いのにくっくり見えますね~。
5枚目の写真には鳥が飛んでる所もバッチリです。
イタチは臭くありませんでしたか?
10年以上前になりますが夜に家の屋根裏でドッタンバッタンと音がして、
それに悪臭も漂って、何事かと思ったらイタチでした。
近所の家の屋根でも走り回って近所の人も臭さにたまらず窓を開けてました(笑)
可愛い顔をしてるのに臭かったです。
撮り鉄もいいですね、今の時期なら蓮華畑と撮りたいけど、なかなか無理ですね。

投稿: ミリオン | 2013年5月 4日 (土) 11時35分

こんにちは
イタチ、友好的な感じがします。
まだまだイタチが住める環境なんですね。

mamekichiさん、鉄道にお詳しいのですね。
背景が山になっていい場所ですね。

アーバンライナーのお写真の後ろの山、
いつもチューリップに見えます(~_~;)
変わった禿げ方だなあと思います(笑)
藤原のようにセメントでも採れるのでしょうかね?

この場所、近鉄とJRと段差があっていいですね。
下りの「しまかぜ」は手前の線路ですから、すれ違いで重なる心配もなさそうですね。
狭い農道ですか?車では入れませんか?
いつかどこかでしまかぜを狙いたいなあと思います。

投稿: こころん | 2013年5月 4日 (土) 11時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 念願の楽翁公百年祭記念宝物館を見学、ついでに金魚まつりを覗く……オマケはこの季節にしては珍しい眺望写真 | トップページ | 今日は、おとなしくしております……血圧やや高めにて »