« 近鉄特急しまかぜ、コチドリ、シオカラトンボ、ケリ | トップページ | 日本版WISC-Ⅳテクニカルレポート#4が公表されました »

2013年5月13日 (月)

こんなに暑くなってはヘロヘロになります……昨日の散歩から

 名古屋では、昨日、今日と30℃手前の、夏日が続いたということです。桑名では、今日は、24.4℃に留まったようではありますが、それでも午前中、散歩に出た10時過ぎには、何だか陽射しが強くて、とても暑い感じでした。出てすぐに、ヘロヘロになっておりました(笑)。笑い事ではありません。連休の頃には、3月下旬から4月上旬の陽気でしたのに、昨日などは、28.6℃と、たぶんこれは6月後半の気温。1週間か、10日の間に、実際上、3ヶ月も季節が変わっているようなものです。

 昨日、かなりエネルギーを使ってしまったためか、あるいは、その疲れも出たのか、上に書いたようにヘロヘロになりかけて、写真を撮る余裕もほとんどなく、2㎞ほどをようやく歩いて来ただけという散歩でした。先日、寒暖差アレルギーについて書きましたが、一気に暖かいのを通り越して、暑くなるのも困ります。どちらにもついて行けません。

 ということで、写真は、昨日の散歩から。

Img_5913  まずは、アヤメです。近所のお宅の庭に咲いていました。このお宅には、花Img_5916 の咲く草木がたくさん植えられていて、いつも、勝手に楽しませていただいています。

Img_5919  こちら、白いのもアヤメなのでしょう。漢字で書くと、「菖蒲」、「文目」、「綾目」と3通りあるようです(Wikipedia)。「外花被片(前面に垂れ下がった花びら)には網目模様がある」のが特徴ということですから、間違いはないと思います。Wikipediaを読んでいて一つ、驚いたのは、毒があるんですね。「美しいものには棘がある」の類いなのでしょうか?

Img_5968  葱坊主。福島の三洋堂や、エディオンの北の福島新町の宅地で見つけImg_5971 たものです。最近、あまり見ることがないような気がして、つい懐かしくなりました。


Img_5975  葱坊主のすぐ横には、タンポポの綿帽子。別にどうということではありませんが、何となく。ズームアップして、背景をぼかしてという写真の練習という意味もありますが……(笑)。

Img_5979  福島公園では、シロツメクサをあれこれ撮ってみたのですが、どうも今ひImg_5981 とつ。左は、ちょっとゴチャゴチャして、何を狙ったのか不明になりました。右は、タンポポにピントを合わせたつもりですが、これもちょっと賑わいすぎで、失敗です(笑)。

Img_5989  まだこちらの、ハチさんを狙った方がマシでした。羽が小さいのと、かなり傷んでいるように見えるのですが、大丈夫なのでしょうか。

Rimg00200512  上之輪新田、このように、田植えが終わったばかりのところと、まだ、これからというところとが混在していました。昨日の写真をご覧いただくと、トラクターを入れて、田おこしをしている風景も見られたのが、お分かりいただけます。

Img_6017  上之輪新田の水田でシオカラトンボを見たのは、昨日の2つめのエントリImg_6028 に書きましたが、トンボを見ていて気づいたことがありました。それは、風がなくて水面が穏やかですと、トンボの羽ばたきでも、このような波紋が立つ、ということです。右は、昨日も使った写真ですが、この方がよく分かるかも知れません。

Img_6111_2 昨日の散歩では、上之輪新田から、桑名コンクリートの工場のところを通Img_6143 り、揖斐川の堤防に出ました。川原の葦の中からは、鳥の鳴き声が盛んに聞こえて来ていたのですが、何なのかは分かりませんでした。甚内ポンプ場の近くでは、コサギや、アオサギが、2羽ずつ。

Img_6131  右のアオサギのすぐ横というか、すぐ向こう側をコサギが横切っているところも見られました。

Img_6137  コサギは、飛び姿も撮ることができました。ピントも、飛んでいるところのImg_6139 割には、まあまあかと思います(ただし、自己評価ですから、あまりかも知れません……自分に優しく、他人に厳しくという生き方をしています……よ~くお読みください(笑)。フツーとは逆ですから)。

Img_6090  ここには舟溜まりがあります。これまであまり見ることはありませんでしたImg_6088 が、漁に関わる作業をしている方がおられました。ご夫婦なのでしょう。シジミなのでしょうか。Wikipediaによれば、マシジミは、4~10月に繁殖するようです。

Img_6146  こちらでも、貝を捕っているのでしょうか、男性が漁をしていました。マンガという漁具でしょうか、鋤簾<じょれん>というのでしょうか(同Img_6150 じかも知れません)。こういう光景も、ここでは初めて見ました。腰まで水に浸かっておられます。

Img_6158  伊勢大橋のすぐ北で、河原に降りました。そこにいたのは、ベニシジミで す。春に見られる個体は、このように、赤っぽく、夏の個体は黒っぽくなります。

Rimg00330512_2 そして、お勧めする訳ではありませんが、右の写真のように、河原を歩いRimg00350512 て、伊勢大橋の下をくぐって、橋の南側へと進んだのです。

Img_6164  こんな写真しか撮れませんでしたが、カニです。時期的には、ちょっと遅いのですが、北原白秋作詞の“あわて床屋”を思い出しました。作曲は、山田耕筰です。保育園の頃、習ったのでしたでしょうか?

春は 早(はよ)うから 川辺の葦(あし)に
蟹(かに)が 店出し 床屋(とこや)で ござる
チョッキン チョッキン チョッキンナ
    
小蟹(こがに) ぶつぶつ 石鹸(シャボン)を とかし
おやじ 自慢(じまん)で 鋏(はさみ)を 鳴らす
チョッキン チョッキン チョッキンナ
    
そこへ 兎(うさぎ)が お客にござる
どうぞ いそいで 髪(かみ)刈って おくれ
チョッキン チョッキン チョッキンナ

Img_6175  このあたりにもハチがたくさん舞っていました。このアングルから撮った時に、脚に付いた蜜の袋がよく分かりました。これは、ニホンミツバチなのでしょうね。

Img_6206  そして、伊勢大橋をくぐってからは、何羽か、ヒバリに出遭いました。いImg_6234 ずれも、オスでははないかと思います。一部は、揚げ雲雀から降りてきたところでしたし、それ以外も鳴いていたから、そう考えた次第です。ヒバリの顔、正面から見たり、斜めから見たりすると、けっこう剽軽で、笑えてきます。

Rimg00440512  揖斐川の河原の光景であります。南向きの写真です。ズーッと奥に、小さくナガシマスパーランドも見えます。このあたりで、コチドリ、ヒバリが見られます。

Rimg00620512  散歩コースの終わり、諸戸氏庭園本邸です。緑が本当に濃くなっていまImg_6258 す。陽射しがかなりきついのもお分かりいただけるかも知れません。右は、諸戸氏庭園前の桜の木ですが、赤い実がついているのが、緑の中で目立ちます。

 以上、今日は暑くてヘロヘロになっていましたので、昨日の散歩写真からで、失礼いたしました。

|

« 近鉄特急しまかぜ、コチドリ、シオカラトンボ、ケリ | トップページ | 日本版WISC-Ⅳテクニカルレポート#4が公表されました »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

らくださん
お忙しいようですが、お元気でしょうか。
急に暑くなるのも、体調が追いつかず、参ります。
ところで、エディオン名古屋本店の移転走りませんでしたが、新州崎交差点近くのようですね。駅からは遠くなり、徒歩15分以上かかりそうです。おっしゃるように、クルマと、外国人団体客にねらいを絞るということなのでしょうかねぇ?

投稿: mamekichi | 2013年5月15日 (水) 07時36分

昨日も今日も暑くなりましたね。
そうそう、エディオン名古屋本店って移転するんですよね。
只でさえ名駅から離れているのに、更に遠い所に店舗を作ってこの夏オープンだそうで・・・。
あえて名駅は捨てたんでしょうけど、新店舗も微妙な所に作りますよね。

投稿: らくだ | 2013年5月14日 (火) 20時40分

秘書さま
ずいぶん長い休暇でしたねぇ(笑)。いやいや、Vシネマで漢字のお勉強中とか、う~ん、ものは言い様であります。
しかし、いきなりこの暑さでは、身体が追いついていきませんよ。このエントリの初めに書きましたが、5月に入ってからも寒暖が定まらないので、本当に参ります。秘書さまにおかれましても、そのせいで、勝手に、お籠もりになり、長期休暇をとっていらっしゃったのではありませんか?
それから、ヘンなところは似ないでよろしいです。

投稿: mamekichi | 2013年5月14日 (火) 15時27分

社長様、長期休暇ありがとうございました。
現在も、引きこもり中のVシネマ三昧。いやぁーはまります。
おかげで、その気になってしゃべってるから、柄の悪いこと。
でも、Vシネマって漢字が難しいので非常に勉強になります。
社長様、まだまだこの暑さでへこたれては、いけません。今日も暑いですよっと、他人に厳しく自分に甘い秘書でした。
社長様に、似てきたのかな?うふふ♪

投稿: おさぼり秘書 | 2013年5月14日 (火) 07時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 近鉄特急しまかぜ、コチドリ、シオカラトンボ、ケリ | トップページ | 日本版WISC-Ⅳテクニカルレポート#4が公表されました »