« WISC-Ⅳのワーキングメモリ | トップページ | 雨にて、仕事に専念……パワポでプレゼン資料を作っています »

2013年4月29日 (月)

近所で十分、行楽気分(笑)……貝塚公園はやはり穴場ですぞ

Img_5199  連休も3日目であります。とはいえ、休みかどうかは、実際のところ、小生にはあまり関わりはありませんRimg00840429 (笑)。ただし、天気が良く、暖かく、風が弱いのは、ありがたい限りです。散歩途中には、モーターパラグライダーというのでしょうか、エンジン音を響かせていました。9階から眺める諸戸氏庭園の緑も、青々としてきています。良い季節になって来ています。

Img_5045  さて、今日は、20℃を超え、風も弱いという予報でもありましたので、午前中10時Img_5059 から2時間半ほど、歩き回ってきました。寺町、大央町、伝馬町、新町を経て、内堀から貝塚公園、九華公園、吉之丸コミュニティパークなどです。5.7㎞歩いて来ました。野鳥は期待できないだろうと思い、花、虫で何かと思って、あちこち歩き回ったという次第です。左のツマグロヒョウモン(メス)は、北鍋屋町と一色町の間の辺りで見かけました.昔はたぶんお堀だったところです(今は、何というかグリーンベルトのようになっています)。右も同じ辺りで撮ったモンシロチョウです。

Img_5120  また、これは、十念寺の裏手で見つけたタテハチョウの仲間でしょう。アカタImg_5131 テハかと思っていますが、ヒメアカタテハかも知れません。Wikipediaによれば、アカタテハは、成虫で越冬するため、早春に見られる越冬個体は翅の一部が欠けているものも多いと書かれています。この個体、かなり傷んでいます。ちょっと可哀想な気がします。ヒメアカタテハは、アカタテハによく似ているのですが、後翅の表側が、褐色ではなく橙色で、黒い斑点が3列に、点線状に並んでいるといいます。飛んでいる個体を見ても、アカタテハが黒褐色が強いのに対し、ヒメアカタテハは橙色が強いとあるのですが、この角度でしか写真も撮れませんでしたので、小生のスキルでは判別困難です。

Img_5088  こちらは、ニホンミツバチでしょうか。ツマグロヒョウモンと同じ辺りの花壇Img_5075 で撮影しました。働き蜂でしょう。あちこち飛び回って蜜を集めているようでした。たくさんというほどではありませんが、辺りには何匹も、飛んでいました。

Img_5151  貝塚公園では、ツツジの花にも、ハチが蜜を集めに来ていました。これも、ニホンミツバチのように見えます。手元の図鑑(まるごと近所の生きもの図鑑、学研)によれば、「セイヨウミツバチの蜜よりも、美味しい」と書かれていました(笑)。

 

Img_5116

 ところで、今日、北鍋屋町と一色町の間の辺りまで歩いて行ったのは、こImg_5107 の芝桜でもう一度、何か面白い写真が撮れないかと思ったことがきっかけでした(2013.04.17、昨日に続き、藤の花と、芝桜の写真は実験……散歩は6.5㎞、二宮金次郎を求めて日進小学校まで(ただし、確認できず)もご覧ください)。あまり工夫はできませんでしたし、良いかどうかまったく分かりませんが、なるべく横といいますか、水平のアングルから撮ったらどうなるかを試してみたかったのです。

Rimg00350429  貝塚公園のツツジでもトライしてみました(笑)。水平ではなく、横からといRimg00370429 うことです。似たようなアングルになってしまいました。工夫の成果はありませんねぇ。小生一人の発想ですから、所詮、ある種のパターンから抜けられないのかも知れません。どこかで突き抜けるとか、弾けるとかが必要なのかも知れません(爆)。

Img_5227  九華公園のツツジも、ツツジまつりを直前に控えてかなり咲いてきましImg_5255 た。今日は連休中ということもあってか、けっこう人が出ていました。小生が九華公園に着いた頃は、もう昼くらいでしたので、あちこちのベンチなどでお弁当を食べている方もたくさんいらっしゃいました。

Img_5140  そして、前の写真にもありますが、5月2、3日は、金魚まつりもあります。Img_5252 九華公園近くの町内では、自治会の方が出て、準備をしておられました。左は、内堀自治会、右は、三の丸自治会の、それぞれ準備の様子です。

Img_5172

 そうそうそうでした、今日は、タイトルをつけてからエントリを書いています。いつもは、けっこう、考えながら書いて、最後にタイトルをImg_5179 つけているのですが……。貝塚公園も、ご覧のように、ツツジはたくさんあり、今やその盛りです。しかし、人出はほとんどありません。小生がいったときも、お父さんと小さな子どもさんのペアが1組だけで、静かでした。

Img_5187 苔むしているところもありますし、小高い丘の上に東屋もあります。水辺Img_5183 がないのは、ちょっと残念ですが、それでも、ツツジも楽しめますし、カワラヒワなど野鳥の鳴き声も聞こえてきます。貝塚公園は、穴場です。小生、実はそれを見越して、直前にコンビニに立ち寄り、缶コーヒーと、ちょっとしたおやつを買っていき、東屋で食べつつ、行楽気分を味わってきました(笑)。

|

« WISC-Ⅳのワーキングメモリ | トップページ | 雨にて、仕事に専念……パワポでプレゼン資料を作っています »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

お嬢さま
ツツジがきれいに咲きそろってきました。小生はどうもへそ曲がりなところがあって、九華公園のような名所よりも、穴場、隠れた名所を好みます(笑)。貝塚公園(立教小学校の南)は、そういう、小生にとっての隠れお好みスポットです。手入れも良くしていただいていて、気持ちの良い公園です。あれで水場があれば、野鳥もよってきて、ベストなのですがねぇ……。

この時期、ハチたちも、チョウたちもそうですが、蜜を吸うのに一所懸命ということがあり、上手にアプローチすると、じっとしていてくれます。飛んでいるところを撮るのは、至難の技というより、超ラッキーでないと撮れません(笑)。

ところで、女性のお喋り。最初の就職先以来、女性の多い職場でしたから、慣れています(というよりも、慣れざるを得ませんでした……アハハ)。これも、トレーニングの成果かも(?)。

ご子息のあこがれは、N大学なのですね。受験したのは、今を去ること40年前(大笑)。高3の時は、普通の6時間授業の前後に1コマずつ補習があり、毎日8時間授業でした。夏休みも補習で、よく勉強させられました。1学年405名在籍し、浪人生を含め、毎年、N大学へは80~90名くらい進学する高校でしたので、けっこうしんどかったですね。

N大を志望校にするのであれば、N大の入試に合格するような勉強をしましょう、とお伝えください。「偏差値が上がったら、受験する」のではなく、合格するよう、傾向と対策を十分に練って、合格するように勉強しましょうということです。

投稿: mamekichi | 2013年4月30日 (火) 09時18分

最近、あちこちで綺麗なつつじが咲いていますね。
先生、蜂なんてすぐに飛んでしまうのに、見事にとれましたね。凄い反射神経ですね。
私は、女ばかりで育ったから、いつも姉たちも、あのテンションの高さです。姉たちは、もっとテンション高いです。私が、一番おとなしいです。
語学教室の後のランチも、みんなしゃべり通しですよ!happy01
息子の憧れているのは、先生のご卒業された大学です。
旦那は、食べやしてない子みたいに食べ通しでした。

投稿: 普段は、ハイなお嬢 | 2013年4月29日 (月) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« WISC-Ⅳのワーキングメモリ | トップページ | 雨にて、仕事に専念……パワポでプレゼン資料を作っています »