« マヒワ、シロハラと九華公園には野鳥が戻り、久しぶりにアオサギにも接近遭遇……赤須賀神社の諸戸水道顕彰碑も見てきました | トップページ | これこそ正真正銘のカワラヒワ(笑)、そして、九華公園ではツツジが咲き始めました »

2013年4月11日 (木)

ソーラーパワー不足です(笑)……赤須賀神社の話題、余滴

 初夏だったはずなのに、冬に逆戻りしたような気候です。最高気温は、13.7℃(14時)です。風はさほどでもありません。太陽が出ていた時間帯もありますが、曇りがちで、本日は、小生には、ソーラーパワーが足りません(笑)。

 たぶん健康な方々でも、こうも気候が変化すると、体調管理は難しいのでしょうが、小生など、“病み上がり”の、そのまた(まだか?)途中の者にとっては、身体が追いついていきません。医師の診断を受けた訳でもありませんし、客観的に評価したのでもありませんが、主観的には、自律神経系のバランスがまだ十分には回復していないように思います。

 ということで、今日は、蟄居しております。

 とはいえ、宿泊研修から帰ってきた娘の迎えにだけは、行ってきました。今日も、運転させようと思ったのですが、「睡い。今日は、無理!」と断固拒否されました。そのため、これまでのアッシー君に逆戻りであります。

Img_3188  散歩中の写真ではありませんが、昨日、散歩から帰って、ベランダから見つけました。鯉のぼりです。以前は、わが家の近くでもこうした鯉のぼりが上がっている光景はよく見られたと思うのですが、最近は少なくなった気がします。これは、子どもたちもお世話になった保育園の鯉のぼりです。薫風に元気よく泳いでいるところが見たいものです。

Rimg00300410  散歩には行っておりませんので、昨日の散歩写真から、何枚か、“赤須賀神社の余滴”として載せておきます。この写真では、神社に向Rimg00310410 かって右手が、揖斐川です。この赤須賀は、室町時代に、私の出身地でもある、三河国から渡来した武将たちによって開発された漁業の町です。このこともあって、何となく親しみがあります。この神社には、産土神として、三河より移遷した神明社を祀っています。

Rimg00320410  本殿には、「赤須賀神社は永禄6年に三河国から遷移されて以来、平成Rimg00330410 25年10月には450周年を迎えます」という看板が掲げられていました。永禄6年というのは、いうまでもなく、1563年です。まだ、室町時代で、征夷大将軍は、足利義輝。桶狭間の戦いが、永禄3年、1560年。川中島の戦いが、1561年というころです。徳川家康が、松平家康から改名した年で、三河国で一向一揆が起きた年です。まさに遙か昔、歴史上の出来事という時代です。

Img_3006 Img_3003  そして、こちらは、狛犬。新しい方の狛犬です。というのは、もっと古びた狛犬も一対、並んでいるのです。落語家の方で、あちこちの狛犬の写真を撮りためている方が、確かいらしたと思いますが、面白いかも知れません。検索してみたら、三遊亭円丈さんでした。

Rimg00350410  ちなみに、本殿の東には、昨日も触れましたが、“雷様が落ちた井戸”と伝わる井戸があります。本殿には、その由来を書いたパンフレットが置かれています。これに関してのエントリは、2012年6月18日に「雷様の落ちた井戸を見に行く……赤須賀神社へ」として書いています。

 今日は、これくらいにて。明日も、気温は上がらなさそうですが、陽射しがあれば、パワーは多少とも回復するかと思います。

|

« マヒワ、シロハラと九華公園には野鳥が戻り、久しぶりにアオサギにも接近遭遇……赤須賀神社の諸戸水道顕彰碑も見てきました | トップページ | これこそ正真正銘のカワラヒワ(笑)、そして、九華公園ではツツジが咲き始めました »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

こころんさん、こんにちは。
3月の陽気だそうですね。冬から3月になった頃は、暖かいと思っていましたが、今の時期では肌寒く感じます。そして、小生のような年代ですと、ソーラーパワーも必要です(笑)。

桜はほぼ終わってしまいましたが、今日の九華公園では、ツツジが咲き始めていました。桜ほどには、心躍りませんが、楽しみにしたいと思っています。

赤須賀神社に限らず、神社というところは、結構面白いところかも知れません。一時期、どういう神様が祀られているか、由緒書きに興味を持ってみていましたし、狛犬もそれぞれで比べてみるといいかも知れないと思っています。赤須賀神社には、新旧2組ありました。狛犬も、おっしゃるように、阿吽の対になっています。

石碑なども読めるとよいのですが、漢文で書かれていたり、古文書調で書かれていたりと、小生の教養では力不足もよいところ(文学部の学生時代、何を思ったか、古文書学を履修しようとしたことがありましたが、すぐに断念しました)。

大黒屋さんのみたらしは、“天王の団子屋さん”のみたらしにかなり近いですね。ただ、小生の印象では、もっと香ばしくて、たまり醤油メインのたれが濃いものです。味の好みは、いろいろですし、子どもの頃よく食べたものの影響は、大きいですよね。

投稿: mamekichi | 2013年4月12日 (金) 17時57分

こんにちは
寒いですね。
寒さが戻るんだったらもう一度桜が咲いて欲しいです(笑)
赤須賀神社は行ったことありませんが、
狛犬も仁王様みたいに「あ・うん」の対になってるんですね。

話は戻りますが、mamekichiさんの好みのみたらしは
寺町の大黒屋さんのみたらしとも味が遠いですか?
最近は食べてないので味が違うかもしれませんが(^_^;)


投稿: こころん | 2013年4月12日 (金) 11時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マヒワ、シロハラと九華公園には野鳥が戻り、久しぶりにアオサギにも接近遭遇……赤須賀神社の諸戸水道顕彰碑も見てきました | トップページ | これこそ正真正銘のカワラヒワ(笑)、そして、九華公園ではツツジが咲き始めました »