« “心理検査でわかること・検査結果の支援への活かし方”研修会感想、コメントから | トップページ | 思いついて、実家へ……オオスミフルーツのババロアを持って »

2013年4月 8日 (月)

花見もピークを過ぎ、九華公園は、“my九華公園”に戻りました(笑)

Rimg00850408  週末、荒天が予報されていましたが、この辺りは、雨よりも風が強いというImg_2938 風でした。今日も、天気は良くなったものの、週末からの続きか、ずっと5~6ms前後の風が吹いています。西もしくは北西からの風です。遠くを眺めますと、この季節にしては珍しく、木曽御嶽山がボンヤリ見えていました.また、藤原岳は、頂上近くにまだ雪があるのが見えています。

 さて、週末は荒天やら、強風やらを理由にして、散歩をサボっておりました。この間、桜もかなり散ってしまったものと思われます。さすがに、今日は晴れていましたので、3日ぶりに歩いて来ることにしました。寺町から、貝塚公園、九華公園、七里の渡跡、住吉神社と5㎞ほどです。

Img_2820  予想通り、九華公園の桜も、かなり散ってしまっておりました(昨日現在のRimg00350408 情報では、散り始めでした)。さすがに花見客もかなり数は少なく、私にとっては、“my九華公園”が取り戻せたような感じで歩いて来ました(笑)。ただ、まだ舟めぐりを愉しむ方や、強風にもめげず、バーベキューセットを持参してこられたグループもありました。

Img_2818  今日は実は、あわよくば、“花吹雪”の写真が撮れないかと思ったのですImg_2828 が、残念。強風は吹きまくってはいたものの、散るべき花びらが残り少ないようでした。写真は、九華公園の外周の遊歩道の南端辺りの光景です。遊歩道に、花びらは落ちてはいますが……。それに、先だってのような、“花筏”も、今日は、堀に散った花びらが、岸に吹き寄せられてしまって、見られず。“花絨毯”も、同様に、想像するほどのものはなし。右は、遊歩道の東側で撮りましたが、このように風に吹き寄せられてしまっていました。

Img_2805  こちらは、貝塚公園に行く途中、少しだけ立ち寄った、内堀南公園。藤棚の下に、桜の花びらが落ちていた様子です。う~ん、“花絨毯”といえば、いえなくもないな、というくらい。

Rimg00710408  いずれにせよ、確かなことは、今年の桜の季節も、ほぼ終わりということRimg00180408 です。左は、七里の渡し跡、右は、諸戸氏庭園まえです。右は、諸戸水路に架かる玉重橋の上から撮りました。

Img_2830  ところで、もう一つ、今日の散歩に期待していったものがありました。それは、九華公園も、桜も散り始め、また、月曜日でもありますから、もう花見のお客さんもかなり減り、野鳥たちが戻ってきているのではないか、ということでした。花見客が多い間は、あのヒヨドリや、ドバト、さらには、ムクドリでさえ、いなくなっていました。

Img_2864  今日は、ヒヨドリはもちろん戻ってきていましたし(写真は撮れませんでしImg_2824 た)、ツグミ(上の写真、野球場のグラウンド内に数匹いました)、カワラヒワ(ペアが数組、ただし、今日も巣は見つけられていません)、それにスズメ(いつもなら、写真を撮りませんが、本日はサービス)など。

Img_2874  帰りがけには、こちら、コゲラも出て来ました。コゲラも、繁殖に入っているようで、鳥見&鳥撮りの師匠のブログには、枯れた木の幹に、巣に使う大きな穴を掘っている様子が載っていました。師匠からは、「コゲラは枯れ木(枝?)に巣穴を掘るようですので、枯れた幹があったら要注意です」と示唆されましたので、注意して見て回ったのですが、枯れた幹は、九華公園内では見つけられませんでした。

Img_2836  つい2~3日前まで、たくさんの花見客が通っていた、堀の東屋に通ずる朱塗りの橋、今日は、ノンビリとドバトさんたちが散策していました(笑)。こういうノンビリした雰囲気こそ、“my九華公園”であります。

Img_2925  諸戸氏庭園&わが家の前まで戻ってきたところ、桜の木にメジロや、スズメが出て来ていました。しかし折からの強風に煽られ、落ち着いて蜜を吸ったり、花を啄んだりはできない様子でした。“桜にメジロ”、今日はお預けです。写真は、ある桜の木のてっぺんに、たまたまメジロが1羽、うまく止まった瞬間を捉えたものです。よく見ていただきますと、顔の周りの羽が、強風に煽られているのが見えます。

Rimg00590408  余談ですが、九華公園の北門を出ようとしたとき、高齢の女性に呼び止められました。「今日は、お釈迦様がお生まれになった日です」と、ご覧のような、飴付きパンフレットをいただきました。何だか、善男善女の一人になれたような気分です(笑)。どうやら、立正佼成会の方が配っていらっしゃったようです。

Rimg0021  さらなる余談です。本日から、散歩用の靴を新調しました。といっても、ブランド品ではありません。某ア○タに入っているチェーン店(靴のチ○ダ)でゲットして来たものです。ちなみに、プーマとか、アディダスのようなブランド品は、典型的日本人の足をしている(つまり、幅広甲高)私には、スマートすぎて、履けませんでした(爆)。

Rimg00040408 Rimg00050408  ちなみに、履き倒して、くたびれ、汚れた、これまでの靴であります。いつから使っていたか記憶にありませんが、療養を始めた頃からと思われます。また、この靴でかなり歩き回ったのは、確かです。たとえば、去年は、1年間で記録があるだけで、826.5㎞を歩きました。

Rimg00420408  最後に。お堀に浮かぶ桜の花びらの写真を撮りたかったのですが、きれ57e05c5e52b6bcfdb399e2e03fe6c83b いであったのは、これくらいでした。そうそう、今朝のメ~テレのドデスカ!の放送で、憲俊さんの“1万人応援団”のコーナーが、九華公園からの中継でした。憲俊さんこと、団長さんは、堀巡りの舟にも乗っていましたねぇ。

|

« “心理検査でわかること・検査結果の支援への活かし方”研修会感想、コメントから | トップページ | 思いついて、実家へ……オオスミフルーツのババロアを持って »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こころんさん、こんにちは。
藤原岳の写真は、今日の昼頃に撮ったものです。散歩に出かけるときに(9:45)Richoのcx-3で撮った写真(広角)を拡大して見てみましたら、もっと低いところまで雪が積もっているように見えました。陽射しの力は偉大ですね。

ナイキの靴、短くとも、4~5年は履いていたように思います。療養で病休、休職している間に、すっかりスーツ&革靴とはご無沙汰になってしまいました。病院に行くのも、散歩に行くのも、この靴でした(笑)。

今朝のドデスカ!の九華公園からの中継では、子どもたちに混じって、オジさんが、「今日からは、お酒を止める」と書いて、「できる!」スタンプを押してもらっていました(笑)。
あのスタンプ、後ろからも同時に押さえないと、うまく押せませんね。最近は、団長さんも学習したようです(苦笑)。

投稿: mamekichi | 2013年4月 8日 (月) 18時32分

こんにちは
今日の藤原岳はもっと真っ白でしたよ(^_^;)
7時前にあるところへ行くために出発したら真っ白でした。
山を見たらもっと厚い上着を取りに戻った方がいいかなと考えましたが
勢いで行きました(笑)
どこへ行ったかと言うと・・・またブログに書きますね。
日帰りならぬ半日帰り一人旅(笑)

ナイキの靴、大事に履かれたのですね。
ナイキは丈夫なんですね。

今日のドデスカ、九華公園だったんですね。
見れなくて残念。
最初、スタンプがうまく押せませんでしたが
うまく押せるようになってきましたね(*^_^*)

投稿: こころん | 2013年4月 8日 (月) 16時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« “心理検査でわかること・検査結果の支援への活かし方”研修会感想、コメントから | トップページ | 思いついて、実家へ……オオスミフルーツのババロアを持って »