« “小児の精神と神経”誌(日本小児精神神経学会発行)に論文が載りました | トップページ | 走井山勧学寺の桜と、三岐鉄道北勢線のナローゲージ電車、そして私の好きな三猿の庚申塔 »

2013年4月 1日 (月)

桜はもうご覧になりましたか? それとも十分堪能されましたか?

Img_1446 4月を迎え、年度が替わりました。とはいえ、超零細企業主である小生にImg_1439 は、ほとんど関係ありません(笑)。今日も、花見日和、散歩日和であります。故に、今日もまた、午前中、9時半から12時まで、5.5㎞も歩いてきました。銀行から郵便局に立ち寄って、九華公園を一回りであります。途中、精義小学校に立ち寄ったところ、満開の桜の木の下で、桜には目もくれず、一人黙々と仕事をしながら、勉学に励んでいる方を発見しました。今は、あまり関心を持たれなくなってしまったかも知れませんが、尊敬すべき方です(微笑)。

 今日は、散歩の帰り道、80歳の女性にお会いしました。志摩市からいらしたということですが、第二次大戦前後、お父さんが諸戸林業にお勤めだったそうです。諸戸林業が、戦争中、朝鮮半島に進出した際向こうに行っておられ、引き上げ後、しばらくこのご家族は、現在の六華苑にお住まいだったとか。引き上げたとき、六華苑は戦災には遭ってはいなかったものの、庭に爆弾が落ち、大きな穴が空いていて、洋館の塔屋が傾いていたというお話を伺うことができました。

 さて、皆様方は、桜はもう堪能されましたでしょうか? まぁ、時間がたっぷりある小生とは違って、世間の皆様方は、それぞれ、本業にお忙しいでしょうから、まだ桜をご覧になる余裕のない方も多いかも知れません。今日は、どちらの方にもご覧いただける内容にしてみました。

Img_1383  歩き始めてすぐ、頭上の電線にはこちらの方が。電線などに止まっているとImg_1389 きには、実によくしゃべっています。そうです。ツバメです。ごく普通に見られるツバメです。もう、あちこちで飛んでいる姿もよく見られるようになっています。

Img_1391  このツバメが止まっていたすぐ前のお宅には、いつもツバメがやってきます。ご覧のように、巣を作ることができるようしつらえがしてもらってあります。すでに巣を作りかけているように見えました。

Img_1434  話が前後しますが、小学校の校庭には、菜の花も植えられていました。Img_1436 他にもチューリップなどもありましたが、数が少なく、なばなの里や、木曽三川公園のチューリップ畑を見てしまうと、いけません(笑)。贅沢になったものです。

Img_1423  菜の花に見入っていますと、ハチが、2~3羽、蜜を集めに来ていました。Img_1427 ハチの種類(それだけではありませんが……笑)、よく分かりませんが、ミツバチなのでしょうか? 2枚とも、先日(2013.03.30、花見日和……九華公園は大賑わい、貝塚公園は隠れた花見スポット)とは異なり、“花粉だんご”がよく分かりますし、右の写真では、アタマの辺りに花粉がついているのまで見えました。ただし、写真の腕がよいのではなく、カメラのお陰です。

Rimg00680401_2  九華公園は、平日にしては人出はたくさんありました。左は観光協会のImg_1663 露店ですが、その前に並んでいるのは、舟巡り待ちのお客さんのようでした。右は、左の写真の向こう側、舟乗り場を対岸から撮ったものです。結構賑わっています。大人一人1回、500円だったと思います。

Rimg00630401  舟巡りをしている人たちの中には、メ~テレの取材クルーの方たちもいまImg_1503 した。タレントさんとか、キャスターさんの姿はなかったように見えましたが、何かの番組の取材なのでしょうか。堀を、一周ならず回っておられたようでした。

Img_1511_2  人混みはあまり好みませんが、桜や、野鳥は見たいのであります。しかし、この人出では、野鳥は、あのヒヨドリや、ドバトでさえ、ほImg_1516 とんど見かけませんでした(涙)。カワラヒワは、公園の周囲で見かけましたが、カモも、アヒルと共に行動しているカルガモ1羽を除いて、まったくいませんでした。代わって、ユリカモメが、10羽程度、飛んできていました。

Img_1522  さすがに皆さん、お花見に来ていらっしゃるので、ユリカモメの写真を撮っImg_1477 ている物好きは、小生だけでした(笑)。結構いろいろな様子を見せてくれ、楽しませてくれていたのですがねぇ……。右は、オマケ的ですが、カワラヒワさんであります。今日もペアで行動しているカワラヒワがたくさんいました。

Img_1646  外回りの遊歩道、立教幼稚園の裏あたりでは、キチョウが、タンポポに止まってくれました。割とよく撮れたと、例によって、自画自賛しております。これも、カメラのお陰です。

Img_1672  たまには、本多忠勝公の銅像も、と思いました。単純な青空をバックというのもよいのですが、桜に囲まれた忠勝公の像も、良いものです。


Img_1465  ところで、桜でありますが、当たり前の写真はかなり撮り、ここにも載せましたので、今日は、多少毛色の変わったものをと思います。今日は、同じ桜の写真でも、アングルを工夫したり、多少とも桜のボリュームや、立体感を感じられるものが撮れないかと思って、トライしてみました。これは、船入橋の西(三之丸町内側)から、南の扇橋方向を撮りました。奥の建物は、立教小学校です。

Rimg00290401  こちらは、散歩の前半、精義幼稚園(精義公園)で撮りました。小学校側Rimg00260401 にある桜です。フェンスの台のコンクリートに上がってみました(これも、ワンパターンですが……)。右は、同じところから、やはりコンクリート台の上に上がって、ライオンズマンションの方を撮ってみました。どうでしょうねぇ?

Img_1571  どうしても、堀の東屋と桜の構図には、こだわりたくなります(笑)。性格がくどくて、申し訳ありません。これもひとえに、学生時代から、徹底的に物事を追求するようトレーニングを受けた成果(お陰? 悪影響?)ですので、ご容赦ください m(_ _)m

Rimg00960401  こちら、かなり引いて見て、さらには広角で撮りましたが、基本的には、Rimg00990401 “東屋&桜”の構図です。くどさついでに調子に乗って、もう1枚(笑)。これら2枚とも、外回りの遊歩道の東南の角辺りから撮ったものです。いずれも、右側に公園内の野球場があります。このパターンは、さすがにこれくらいにしておきます。

Rimg01300401  ちょっと珍しいシーンです。堀巡りの舟の先には、ユリカモメたちが降りたって、休んでいました。


Img_1621  堀巡りの舟といえば、こういう具合に桜の間からという光景もよく見られました。


Img_1608  その他、この辺りの写真は、まったく自分の趣味でありますから、“くどImg_1615 い”と思われた方は、スルーしてくださるようお願い致します。もっとも、このブログ自体が、まったく小生の趣味と関心でできあがっているものですから、改めてお断りするまでもない、かも知れません(爆)。

Rimg01870401  本日はこれでそろそろお仕舞いにしますが、ひょっとしたら、小生がもっとも好きなのは、この桜なのかも、と思います。諸戸氏庭園前のソメイヨシノです。枝振りも良いですし、諸戸氏邸の本邸前にあるという、ロケーションも何とも気に入っています。これが咲いてくれると、「春だなぁ」という感じを強く持ちますし、何となく元気が出てくる気がします。

Rimg01890401  その諸戸氏庭園前の桜並木の全景です。上の桜は、一番左にある木です。この辺りが遊歩道として整備されたときに植えられた桜と、被ってしまっていますが、土手の上に植わっている5本がとくに好みです。

Img_1695  その5本のうちには、ヤマザクラもあります。これら2本とも、大括りでいえImg_1702 ば、ヤマザクラだろうと思っていますが、細かい種類は違うのでしょう。ただし、そこまで小生自身は、区別できておりません。

Img_1704  わが家に帰宅して、9階から見下ろしますと、諸戸氏庭園前の桜並木は、このように見えます。これも、いつも“良い眺めだ”と思います。電柱や、電線が前景にあるのは、ちょっと残念ですが、それでも十分です。この季節、近くの宅老所の利用者の方が花見に来られたり、観光客や、散歩の方が弁当を食べておられるところも目にします。

Img_1712  本当に最後にしますが、視線を少し遠くに向けますと、揖斐川堤防に植えられた桜並木が目に入ります。地元の、小生と同じ年代以上の方にお聞きしますと、伊勢湾台風以前など、“桜堤防”と呼ばれるほど見事な桜並木があったそうです。それを再現する目的で、堤防改修&修景工事の時に、2001年頃から植えられたものです(水谷元前市長のサイトに記載がありました)。 

 明日は雨の予報です。まだ“花散らしの雨”になっては欲しくありません。というのも、走井山に花見に行っていません。三岐鉄道北勢線に、西桑名から馬道まで一駅だけでも乗って出かけたいと思っているのです。

 血圧、備忘のため書いておきますが、アムロジピンを3/28に休薬して4日目になりますが、140/90前後を推移しています。副作用による頭重感+ボンヤリ感+ふらつきは軽くなっていますし、便の出にくさも解消しています。今日など、途中にある階段を軽い足取りで、手すりに頼らず、登ることができました(笑)。




|

« “小児の精神と神経”誌(日本小児精神神経学会発行)に論文が載りました | トップページ | 走井山勧学寺の桜と、三岐鉄道北勢線のナローゲージ電車、そして私の好きな三猿の庚申塔 »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

チーママさん、こんにちは。
今日は、もう一カ所、徒歩で行けるところ(走り山;はしりいざん)へ行ってきました。また後ほど、アップします。
ところで、九華公園の桜、今年はなぜか、あの東屋と桜を入れたショットにこだわりがありました。あれこれと試してみた次第です。
チーママさんも、ヤマザクラはお好みなのですね。私も、ソメイヨシノも、河津桜も、しだれも、八重もよいのですが、ヤマザクラに何となくひかれます。わが家の前の諸戸氏庭園のところにも2本あって、それが咲くのはとても楽しみにしています。
チーママさんのところの桜祭りも楽しみにしておりますので、よろしくお願い致します。

投稿: mamekichi | 2013年4月 2日 (火) 14時45分

ミリオンさん、こんにちは。
今日は、雨が降り始める前にと思い、午前中に走井山へ行ってきました。ほぼ満開でした。隣の上の配水場の桜も見事でしたよ。これで、今年の花見も、徒歩圏の近場はほぼクリアです(笑)。桜堤防は、咲き始めたときにしか行っていませんので、明日、雨が上がってからと思っています。
花粉症ですと、今の時期、いけませんね。お大事にどうぞ。

投稿: mamekichi | 2013年4月 2日 (火) 14時41分

こころんさん、こんにちは。
九華公園の写真、拝見しました。東屋は、あそこの位置で、コンクリートに登るのがベストなようですね。
桜の額縁に舟を入れるのは、とっさの思いつきでした(笑)。
駐車場は、昨日も混んでいましたね。私が行ったときは、すでに田町交差点の方までクルマが並んでいましたよ。
そして、今日は、午前中に走井山へ行ってきました。これで、今年の花見もほぼフルコース、完成です(微笑)。

投稿: mamekichi | 2013年4月 2日 (火) 14時37分

今年はお外の桜を間近に見ることができなくて、こちらで沢山沢山堪能させていただきました。
東屋は、一枚目の「手前桜がくっきりと、奥に東屋がほんわり」というのが、とても気に入りました。やはり桜が主役ですものね(^^;; ヤマザクラは、やはりお気に入り♪ ソメイヨシノの雅やかさもよろしいのですが、やはり桜は白一重と勝手にのたまっております(笑)
桜 これ私にとって治療になりますよ。心奪われれば、一時心が軽くなります。そのやさしさに、心もほっと一息つけるってものです。
もうすぐ我が家も桜祭り。ピンクとグリーンという、なんともあでやかなお祭りになりそうですが。
いい加減、来年当たりはヤマザクラにもがんばって咲いてほしいものです。苦節6年で報われないと、かーさんが萎れてしまいます。 去年の子達が咲くのは、10年先でしょうからね(爆)

投稿: チーママ | 2013年4月 1日 (月) 19時59分

桜堤防と諸戸氏庭園前の桜はまだ見てないです。
明日は雨だから散ってしまうでしょうか、
散るのはもう少し待ってほしいです。
今日旦那が散歩に行って走井山と桜堤防の桜を見てきたそうです。
満開で綺麗だったと話してました。
私は花粉症で今日は散歩はやめました(笑)

投稿: ミリオン | 2013年4月 1日 (月) 19時41分

こんばんわ
今朝、九華公園へ行ってきました(^-^;
明日天気が悪そうですし。
今見ないと一年待ちになりそうで。

桜の額縁の中へ舟を入れるのもグッドですね!
東屋、撮りましたが、やはりコンクリートに登った方が良さそうですね。
一時間ウロウロして出たら満車でした。
朝一で寄って正解でした(笑)

走井山、帰りにぬし与さんから線路の上を渡るとき
満開に見えました。

投稿: こころん | 2013年4月 1日 (月) 18時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« “小児の精神と神経”誌(日本小児精神神経学会発行)に論文が載りました | トップページ | 走井山勧学寺の桜と、三岐鉄道北勢線のナローゲージ電車、そして私の好きな三猿の庚申塔 »