« 頭重感その他、カムバック | トップページ | 河津桜の開花は進む、今頃になって九華公園ではユリカモメがお立ち台にならぶ »

2013年3月 7日 (木)

寺町の河津桜、一輪咲く、梅にメジロ、そして、降圧剤をミカルディスに変更

Img_8264 待ちかねていましたが、ようやく、本日、寺町商店街の河津桜が、一輪だImg_8260 け、花開いていました(喜)。内科へ行って、降圧剤を出してもらってから見に行ってきました。商店街の北の荷捌き場の広場にある3本のうちの1本。日永屋さんに近い、もっとも南にある木でちょっと不格好な花でしたが、一輪だけ、咲いているのを見つけました。去年(20.12.2.28、梅数輪、そして、待望の河津桜一輪)に遅れること1週間あまりです。

Rimg00040307  他にもこのように、今すぐにでも花が開きそうなつぼみもありました。このところの暖かさで、週末にかけては、もう少し咲きそうな期待感が膨らみます。


 さて、今日も体調は、昨日とほぼ同じで、身体的にはどうこうはありませんが、アタマの方はImg_8479 今ひとつでした。後からも触れますが、まだ降圧剤はありましたが、「この際」と思って内科を受診し、そのついでに、河津桜を見がてら、九華公園を回ってきました。フラフラしておりますので、10時過ぎからゆっくりと、4.3㎞ほど歩き、12時半に帰宅。暖かくて良い日です。10字には10℃を超えていましたのでもう、ダウンジャケットも、マフラーも不要。13時には、15.7℃と今日の最高気温を記録しています。吉之丸公園などでは、写真のように、お弁当を広げている親子連れの姿も散見されたくらいです。

Rimg00140307  九華公園へは、時間も遅いこともあって、野鳥は期待できないと思われました。また、ブロ友のこころんさんに触発されて、梅の写真を、少しバリエーションを付けて撮ってみようと考えて、出かけた次第です。そのため、いつもとは違って、柿安本社の駐車場から、写真の九華招魂社のところへと入っていきました。

Img_8277  上の写真でおわかりいただけるかと思いますが、ここには、白梅を挟んで、紅梅の木が、2本あります。そこで、バックをピンクにボケさせて、もっとも北側(上の写真では奥の方)の紅梅を撮ってみました。ちょっとピンクがきついかも知れません。

 次は、逆に南側から(2枚上の社殿の写った写真では、手前側から)、白梅、紅梅を入れImg_8280 てそれらをボケさせてみました。やや黄色っぽくぼけているのが、白梅です。ちょっとイメージ通りとは行きませんが、さほど悪くはないかと、いつものように自画自賛しております(笑)。

Img_8281  こちらは、画面を紅梅でいっぱいにしてみましたが、どうでしょう? 天気Img_8283 もよく、陽射しもあふれていて、光量もまあまあです。右は、すぐ上の右と同じように、招魂社の社殿、南側から、紅梅、白梅、紅梅と重ねてみました。個人的には、これも良いかなと、気に入っています。まぁ、いつもの自己満足の世界ですから、テキトーに流しておいてください m(_ _)m

Img_8333  鎮国守国神社の本殿横の白梅の木をよく眺めていましたら、中に、かなりピンクがかかった花も咲いていました。同じ枝から分かれていますから、白梅なのでしょうが、たまたまピンクがかっているのでしょうが、ちょっと不思議な気がしました。

 ここでは、もう一つ、私が気に入っているアングルがあります。それは、本殿前にある紅Img_8307 梅越しに見た本殿です。鮮やかな紅と、金色のコントラストが好みなのか? と、我ながら驚くところもあるのですが……。


Img_8412  もう一つ、今日狙っていたのは、「梅に鶯」ならぬ、「梅にメジロ」であります。しかし、鎮国さんの本殿の周りでは、メジロは1羽もおらずで、諦めかけて、もう帰ろうと思い、園内を一回りして、管理事務所前の梅の木のところへ来たら、いました! 2羽が、諍いをしているようでもあったのですが、そのうちの1羽が、白梅に止まってくれました。念願の「梅にメジロ」であります。

Img_8395  帰るのを忘れて夢中になって撮っていましたら、「梅にメジロ」だけで、80枚も撮っていました(爆)。まったく困ったオッサンであります(自覚はしています)。この写真を撮っていましたら、中高年の男性が通りかかって、「ウグイスですか?」と聞かれました。メジロをウグイスと間違っている方は、結構多いと聞きますが、本当なんですね。

Img_8451  結局、この1羽が、しばらく、この白梅の木をあちこち移動しながら、蜜をImg_8456 吸っていました。ずっと診ていますと、結構いろいろな様子を見せてくれました。メジロ、可愛らしいのですが、ひょうきんな一面もあるように思えます。

 ところで、体調の方です。昨日と同じく、頭重感、ボンヤリ感、眠気、ふらつきが、朝イチからひどく、参りました。週末か、来週初めに内科を受診する予定でしたが、あまりの様子に家内も、「内科へ行ってきたら」といいますので、ボーッとしていましたし、歩くとフラフラしましたが、内科へ行ってきたという訳です。

 やはり前からくどくどと書いていますが、アムロジピンが悪さをしているように思えましたので、主治医に伝え、「今日も、フラフラしながら歩いて来ました」と訴えました。「去年の9月から、止めたり、減らしたりといろいろしていただきましたが、やはり、アムロジピンを飲むと、頭重感があったり、ボンヤリしたり、睡くなりますし、ふらついてアブナイです」というと、「僧ですねぇ、血圧が下がると、脳へ行く血流も減りますからね」という返答。そして「一度、変えてみましょうか」となった次第です。

 結局、主治医はしばらく考え込まれたあとで、アムロジピンと、ブロプレスを中止して、”ミカルディス”という薬に変更になりました。アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬の一種だということです。末梢血管の抵抗を低下させて血圧を下げる薬といわれます。今まで服用していた、ブロプレスと同じタイプの薬のようです。

 一方のアムロジピンは、カルシウム拮抗薬で、「副作用-その薬が危ない(大和田潔著、祥伝社新書)」によれば、「カルシウムチャンネル拮抗薬で『うつ』になる」という部分がありました。これについては、過去にも何度か書いています(たとえば、2012.9.12、朝からふらつきその他で、蟄居&小休止……やはり、降圧剤の副作用でしょう)。アムロジピン錠(ノルバスクのジェネリック薬品)による副作用として、著者が上げているのは、 次のものです。

  • 気分の落ち込み
  • うつ様症状
  • 眠気
  • だるさ

 本には、「再現ドラマ」という仕立てで、具体例が挙げられています。50歳代の男性で、高血圧の治療を受けている方が、「最近だるい。眠いわけでもない し、はっきりと調子の悪いところがある訳でもないが……」とか、「体に一枚薄く鉛が張りついたみたいでスッキリしない」と訴えてきたといいます。そこで、 高血圧の薬を別のタイプの「アンジオテンシンⅡレセプターブロッカー薬」に変更したところ、1ヶ月ごには、「もやもやが晴れたような感じだ」となり、幸い 血圧もほとんど変化しなかったといいます。

 ということで、明日の朝から、ミカルディス40mgに変更して、とりあえず2週間、様子を見ることになりました。ただ、アムロジピンの半減期は、36時間もありますから、その成分が身体から75%抜けるには、36時間×2=72時間=3日間かかります。94%抜けるには、36時間×4=144時間=6日間かかります。まぁ、週明けにアムロジピンが75%抜けるくらいでしょうから、気長にやらざるを得ないようです。暖かいですから、極力、散歩など外出は欠かさないように、また、ソーラーパワーを得るようにしたい(笑)と思っています。

|

« 頭重感その他、カムバック | トップページ | 河津桜の開花は進む、今頃になって九華公園ではユリカモメがお立ち台にならぶ »

季節」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こころんさん、補足してくださり、ありがとうございます。
100均、私も結構利用しますが、100均で十分なものと、やはり100均ではダメなものとありますね。写真用紙は、さすがに100均では買ったことはありません。ちょっと恐ろしくて(笑)。ノートなどは、100均でもそれなりに書きやすいものもありますが、万年筆(結構愛用しています)ではにじみまくって、まったくダメなものもたくさんあり、そのせいで紙製品の購入には慎重になっています。
高齢の母親が、離れてひとり暮らしをしていますので、週1回、前週に撮った写真でよいものを選んで、自作「絵はがき」として、送ってはいましたが、今まで、デジタルで撮ったものを自分で印刷して楽しむということはあまりしていませんでした。「新しい楽しみ」に進出します(笑)。ありがとうございます。

投稿: mamekichi | 2013年3月 8日 (金) 10時06分

お嬢さま
やっと薬を変えてくれました。去年の9月からあれこれやって、やっとです。医者も、薬剤師ももう少し副作用というのに敏感になってもらいたいと思います。まだ精神科の先生の方が、副作用や、服用感を大事にしてくれると思います。
だるさがなくなってきたのは、ありがたいですね。だるいというのは、何とも身の置き所がなく、つらいものですから。暖かくなってきましたので、自律神経系の働きも良くなってきたのかも知れませんね。
ところで、梅、よく撮れたでしょう? 自画自賛、自己満足ですから、テキトーにお相手願います。ブロ友のこころんさんに啓発されたのです。こころんさんの写真は、いつも綺麗ですから、リンクからご覧になってみてください。

大学、うつから回復したら是非お考えください。夢、希望の一つでもいいかも知れませんよ。若い方たちに混じって、新しいことを学ぶというのは、これからの中高年のあり方の一つだと、私は思っています。
それまでは、韓国語を地道に続けましょう。

投稿: mamekichi | 2013年3月 8日 (金) 10時01分

こんばんわ
経験的に写真用紙は100均はダメでした。
最初使ってましたがいまいちでした。
用紙は家電店等で買われた方がいいと思います。
写真用紙か光沢紙がいいと思います。
インクの乗りと発色が違います。(プリンタは写真印刷の設定で)
額は100均ですけど(^_^;)
月に一枚ぐらい印刷しますが(カラーインクは年賀状ぐらいなので)
額への入れ替えで前の写真は透明の30ポケットのファイルに入れて保存してます。
ファイルに写真が貯まってきてあとでページをめくるのもいいものですよ。

投稿: こころん | 2013年3月 7日 (木) 21時05分

薬、変えていただいたのですね。
これで、上手くいくと良いですね。
今日は、久しぶりに体がだるくありません。嬉しゅうごじゃります。
梅の赤色が、とっても綺麗に撮れてますよ。我が家の梅は、いつ咲くのでしょうか?
先生、大学は体力てきに無理です。
月に二回の語学教室で、いっぱいいっぱいです。

投稿: お嬢 | 2013年3月 7日 (木) 20時47分

こころんさん、こんばんは。
梅は、見に行くたびに開花が進んでいる感じですね。
梅の写真は、たぶん、こころんさんが撮りたいと思われたのではないかというのをイメージして撮ってみました(勝手にでありましたが……)。
梅にメジロ、本文にも書きましたし、いつものようにではありますが、「下手な鉄砲」作戦でした(笑)。
ところで、A4サイズに印刷して……というのは、良いアイデアですね。早速明日、写真用紙と額をゲットしてきます。
血圧の方は、コントロールはできているのですが、使っている薬の副作用と思われる状態が解消できずに困っているのです。風邪薬でも、下痢気味になったり、便秘になったりしますが、抗うつ剤も、降圧剤も数年以上という長期にわたって使いますので、副作用も出て来やすいのではないかと思います。
余談ですが、こういう慢性疾患で、漫然と同じ薬を使い続けているというのも、医療費高騰に影響しているような気がします。

投稿: mamekichi | 2013年3月 7日 (木) 20時25分

こんにちは
一昨日より梅が更に咲いてきた感じですね。
ピンクの梅をバックにmamekichiさんのように撮りたかったのです(^_^;)
バックがホワンとしたピンクのボケでとても綺麗に撮れてますね。
それと梅にメジロ。
ピントばっちりですばらしいです。
A4の写真用紙に印刷して春の一枚として部屋に飾ったらいいでしょうね。
僕はたまにA4に印刷して100均で買った額に入れて楽しんでますよ(笑)
ちなみに今は名古屋のSLです(^_^;)
血圧のコントロールが難しいようですね。
河津桜も1週間遅れる気候ですし無理をなさらないでくださいね。

投稿: こころん | 2013年3月 7日 (木) 17時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 頭重感その他、カムバック | トップページ | 河津桜の開花は進む、今頃になって九華公園ではユリカモメがお立ち台にならぶ »