« 名古屋では春一番が吹く、市民会館の薄墨桜が咲いていました | トップページ | 諸戸氏庭園前の桜は、まもなく開花か?! »

2013年3月19日 (火)

今日は、モンシロチョウを初見(ただし、いかにも証拠写真)、そしてミツマタ、サンシュユ、アカシアなど

 20℃を超え(15時に21.4℃になったようです)、陽射しも強く、春爛漫という感じさえします。血圧はあまり変わりなく、朝一番で140/92でした。さすがのアムロジピンも、1.25mgでは効果はないのかも知れません。アタマは重いというよりもやや頭痛に近い感じ。ふらついてもいます。ですが、こんな上天気、散歩に出ない手はありません。それに、少しでも歩いた方が、血圧にも、体重減少にもよいだろうと思って、です。

 その散歩、いささか忙しいものでした(笑)。天気がよいので、もう一度薄墨桜を撮ろうと思い、また、寺町の常信寺ではミツマタが咲いていると思い、春の彼岸ですから別院さんにもお参りし、河津桜も満開を迎えているだろうし、郵便局にも行って……と、体調の割に欲張りを致しました。その結果、9時20分から11時40分に5㎞、歩いて来てしまいました。

Img_0065  さて、今日のトピックスは、こちらであります。まったくの出来損ない写真ではありますImg_0066 が、写っているのは、モンシロチョウです。右の写真の方が、まだピントは合っていますが、チョウには見えにくいかも知れません(笑)。とんでもない“証拠写真”ですが、モンシロチョウが飛んでいたのは間違いありません。

Img_9920  まずは、市民会館の薄墨桜です。やはり曇り空の下で撮るよりも、こちらのRimg00080319 方がはるかによい感じです(自己満足)。左は、EOS x-5で、右は、Richo cx-3で撮りました。


Rimg00190319  こちらは、何とか薄墨桜の全景を撮ろうと試みたのですが、やはり、昨日載Rimg00150319 せた2006年の写真に比べて、貧弱であることは否めません。何とか元気を回復してくれるとよいのですが。今のところ、対策が取られているという話は聞きません。

Img_9953  次いで、寺町の常信寺(真宗高田派)へ。ここへは、去年も、ミツマタの写Img_9958 真を撮りに来ています。名前は、どの枝も三つに分かれていることからついたようですが、枝分かれするのは、年に1度。そのため、分かれた箇所を数えると、その木の年齢がわかるそうです(2013年3月18日、中日新聞・くらし歳時記「ミツマタ」から)。中国原産で、日本へは室町時代に到来し太ものです。そして、紙幣の材料として用いられているのが、このミツマタです(一般の和紙は、コウゾが使われます)。

Img_9964  ミツマタの側には、こちらも咲いていました。ミツマタに似てはいますが、Img_9969 おそらくサンシュユだとおもいます。このサンシュユ、なかなか名前が覚えられませんでしたが、ブロ友のこころんさんのところでしっかり拝見し、どうやら覚えられたと思います(まだ自信はありませんが……)。

Img_9980  常信寺から別院さんはすぐ側です。別院さんの南門のところには、西福Img_9991 寺という小さなお寺があります。ここも真宗大谷派のお寺です。アカシアの仲間だと思いますが、大きな木があります。2階建ての建物くらいですから、6~7mくらいの高さでしょうか。アカシアの仲間もたくさんあるようですが、木の高さ、花の形、葉の形からは、ギンヨウアカシアかと思います(例によって、自信はありませんので、間違っておりましたら、ご教示をお願い致します)。

Rimg00470319  これを撮ってから、桑名別院にもきちんとお参りをし、散歩を続けました。常信寺も、別院も、“善男善女”というのでしょうが、お彼岸ということもあって、お参りの方がたくさんいらっしゃいました。

Rimg00610319  寺町の河津桜は、盛りをやや過ぎてしまったようで、一部、葉桜になりつImg_0045_2 つありました。昨日の雨のせいでしょうか。「世の中は三日見ぬ間の桜かな」ということばがありますが、桜が散るのは早いものです。

Img_0060  各地で、ソメイヨシノの開花が宣言されています。ソメイヨシノがいつ咲くのかも気になり始めてきました。左は、本日の九華公園のソメイヨシノの蕾です。まだもうしばらく時間がかかりそうな気がします。

Img_0159  わが家に最も近い桜といえば、諸戸氏庭園前の5本の桜並木です。これImg_0162 らの2枚は、諸戸氏庭園本邸に最も近い桜の木の蕾です。微妙なところですが、ひょっとすると九華公園の桜よりも、早く花が開くかも知れないと思えます。

Img_0133  今日は、花ばかりになっています。こちらは、桑名リバーサイドボウル跡Img_0135 の現在、公園工事が行われているところの北にあるお宅のハクモクレンです。青空をバックに撮れましたので、その白さがいっそう映えている感じで、すがすがしさを覚えます。ハクモクレンの脇には、紅梅が。紅白の花が青空をバックに、好対照をなしています。

Img_0055  ところで、冬鳥たちの姿は、すっかり減ってしまいました。シメも、今日は1Rimg00650319 羽のみ。花菖蒲畑に降りたって、餌を探しているようでした。ヤマガラ、シジュウカラは、わずかに声はしていたのですが、姿は見えません。ユリカモメは、このところまったく見ていません。カモたちも数が減っているようです。ジョウビタキモコのところ姿が見られなくなっています。ちょっと寂しいですねぇ。

Img_0063  代わって、九華公園内や、諸戸氏庭園の周りで、元気というか、賑やかなのはカワラヒワたちです。どこで見ても、ペアを形成しているように見えます。こちらは、九華公園で、ペアの相手を待っていたカワラヒワです。このあと、すぐに相手がやってきて、一緒にどこかへ飛び去りました。巣は、針葉樹にお椀型のものをつくるというので、探してみたのですが、見つけられません。もう少し探してみなくては、と思っています。

Img_0082  九華公園では、梅ももう盛りを過ぎ始めています。完全に散ってしまう前Img_0077 に、もう一度、せめて、“梅にメジロ”を撮りたいと思って回ってみたのですが、当て外れ。梅に止まっていたのは、先日の河津桜に続いて、こちら、ヒヨドリでした。“梅にヒヨドリ”、ちょっと合わない気がしますが、やむを得ません(笑)。九華招魂社の周りの梅の木を、このヒヨドリは、あちこち移動していました。右の写真のように、私が写真を撮っているのに気づいたのですが、それにもめげず、辺りの梅の木を飛び回っていたのです。

Img_0155  こちらのコゲラ、先日から、諸戸氏庭園の前の桜並木によく出て来ています。同じ個体のような気がしますが、もちろん、区別はできません。私に気づいて、諸戸氏庭園に逃げ込まれました。たぶん、庭園内に棲んでいるのでしょう。コゲラは、基本的には、留鳥だそうですから、まだ姿は見られると期待しています。

Img_0167  オマケであります。わが家のベランダから見た、寺町の河津桜です。EOS x-5の250mmズームで撮り、トリミングしてあります。ピンク色がはっきりわかりますので、ベランダから見ても目立って見えます。

Img_0171_2  こちらは、遊びというか、実験です。建物やら、電柱、電線やらが込みImg_01712 入って、ゴチャゴチャしていますが、わが家のベランダから市民会館前の薄墨桜の撮影を試みたものです。赤丸をつけた中に、わずかに花が見て取れます。これらも、EOS x-5の250mmズームで撮り、トリミングしてあります。左は、まさに“大トリ”です(笑)。右は、“中トリ”くらいに控えたものです。右のガラス面が多い建物が市民会館、奥の“P”の表示があるのは市民会館駐車場、さらに奥は百五銀行、信号は、大央町交差点です。余談ですが、こうやって見てみますと、日本の町は、電柱、電線で景観がゴチャゴチャになってしまっているのがよくわかります。

Img_0109  明日は、また、曇りのち雨という予報です。明後日の研修会の準備をすることにします。明後日はまた、冬の気候に逆戻りだとか、いやぁ、自律神経系の働きがたぶん、今ひとつの小生にとっては体調維持が難しいところです。血圧も、何とかしたいと思うのですが、なかなか思うようには行きません。

|

« 名古屋では春一番が吹く、市民会館の薄墨桜が咲いていました | トップページ | 諸戸氏庭園前の桜は、まもなく開花か?! »

季節」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

grassmonblueさん、おはようございます。
ご丁寧にご連絡いただき、ありがとうございます。記事の引用、構いませんので、どうぞよろしくお願いします。
このモンシロチョウは、三重県桑名市吉之丸の九華公園で見ています。
ところで、市内の寺町あたりには、その名前の通り、お寺がたくさん集まっています。おそらく、本多忠勝公による“慶長の町割”で、このようになったのだろうと思います。真宗のお寺については、わが家の宗旨も真宗大谷派ですので、とくに親しみがあるためでしょう(あまり意識はしていませんが)。
また、ブログ、拝見致します。

投稿: mamekichi | 2013年3月21日 (木) 08時37分

はじめまして
拙ブログにてモンシロチョウ初見日調査を行っています。
本記事を引用させていただきたいのですが、よろしくお願いします。
また目撃場所を市町村ベースで教えて頂けたらありがたいです。
真宗のお寺さんが多く出てきますね。
今日はお彼岸。自宅でさぼらずに正信偈をあげました。

投稿: grassmonblue | 2013年3月20日 (水) 23時51分

チーママさん
モンシロチョウ、そうですよねぇ、あんな水平になったチョウは、私も初めて見ました(笑)。
しかし、それにしても、あんなに寒い冬でしたのに、春は駆け足のようですね。河津桜も、もう葉桜が出てきていましたし。

それにおっしゃるように、人生、なかなか思うように行きませんね。私もうつが収まり、あとは高血圧の薬の調節だけだ、それならうつよりも簡単だろうと思ったのですが、豈図らんや、でした。「そう慌てるな」ということなのかも知れませんが……。
まあ、ボチボチと、あれこれ楽しみながら、仕事もゼロにはならないようにと思っています。

投稿: mamekichi | 2013年3月19日 (火) 22時14分

お嬢さま
そうなんです、目を疑ったのですが、間違いなくモンシロチョウでした。この冬は、あんなに寒かったのに、春は駆け足でやってきているようです。一昨日は、ヒバリを見ましたしね。その代わり、冬鳥たちはドンドンいなくなり、寂しいところもあります。
ところで、三者懇談、なかなか厳しいものがあったということのようですね。私自身、親から、「親になったら、我慢がいるものだ」とさんざん言い聞かされました。本人よりも、親の方があれこれ心配したり、我慢したりと大変ですよね。ただし、旦那様がお出かけになるのは、よほどのことですから。
ところで、暖かくなってきて、体調も少しはよろしいようですね。焦らず着実にやりましょう。

仕事はボチボチです。ゼロでは困りますが、ボチボチがよろしいですね。仕事は少ないのですが、時給は高いということで、家族からはひんしゅくを買っています(笑)。

オシマイに、秘書さんが、音信不通というのは困りますねぇ(爆)。「定時連絡」を入れてくださいね。

投稿: mamekichi | 2013年3月19日 (火) 22時08分

いやいや 水平になったモンシロチョウというのは、なかなか見られません(^^;;;  本当に、早いですねー。
なんだか今年は、例年になく早く過ぎていき、桜を堪能しきれるか心配になっています。あー 専業主婦になりたぁーい!!
人間、なかなか思うようには生きられません(--) 
でも健康ではあるのですから、これ以上の贅沢を言ってはいけませんね。
あせらず怠らず、季節の移り変わりに目を留めて、ありがたいありがたいで生きて行かなくっちゃ。

投稿: チーママ | 2013年3月19日 (火) 20時45分

先生、はやくも蝶々を見たのですね。
縁起が良いですね。
お仕事も、頑張らないで頑張ってくださいませね。
秘書のコメントが、なくて寂しかったなんて嬉しすぎます。
みにあまる光栄でございます。
暖かくなったせいでしょうか?
自ら美容室に行こうと思えました。
嬉しかったです。
しかーし、息子の三者懇談会で、お小言をちょうだいしました。
たまには、旦那に行って欲しいです。
赤っ恥かきました。
ふん。

投稿: 嬉しい秘書 | 2013年3月19日 (火) 19時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 名古屋では春一番が吹く、市民会館の薄墨桜が咲いていました | トップページ | 諸戸氏庭園前の桜は、まもなく開花か?! »