« 寺町の河津桜、一輪咲く、梅にメジロ、そして、降圧剤をミカルディスに変更 | トップページ | 黄砂の中、e-TAXと格闘して、確定申告を終えました »

2013年3月 8日 (金)

河津桜の開花は進む、今頃になって九華公園ではユリカモメがお立ち台にならぶ

Img_8523 昨日、寺町の河津桜が一輪、花開いたと書きました。咲けば咲いたで、その後どのくらいになったか、気になって仕方ありません(笑)。「暇だなあ」といわれそうですが、暇なのです。午前中は、エディオンや、三洋堂に行っていましたので、午後、3時前から5時前までの2時間、散歩がてら、寺町と九華公園、揖斐川沿いの3.3㎞を歩いて来ました。

Img_8516  冒頭の写真、左端の花が、昨日、初めて開花したものですが、今日は、同Img_8508 じところで三輪ほど、さらに、他の枝でも3~4輪。さらに別の木でも、右の写真のように、花が咲きかけていました。これだけ咲きますと、気づく方もあり、私の他にもケータイで写真を撮って行かれた女性もありました。週末にかけても暖かい日が続きそうですから、いっそう開花は進むものと期待できます。いよいよ春の到来です。余計なお世話でありますが、お近くの方、そろそろご覧に行かれるとよろしいかと思います。

Img_8585  さて、九華公園であります。春日神社にちょっと寄り道したこともあり、着いたのは、15時半を回ったくらいでした。この時間では、野鳥たちに会うのはちょっと難しいところです。その代わり、久しぶりに見られました。それは、こちら、ユリカモメが二の丸橋の欄干に並ぶ姿です。いつもの年なら、“冬の風物詩”という光景ですが、この冬はどういうわけかこれまで、ユリカモメたち、ほとんど並んでくれませんでした。

Img_8590  二の丸庭園跡を歩いているところからも見えましたので、急いで二の丸橋のImg_8587 袂へ。さすがに走りはしませんでしたが、早歩きになりました(笑)。いろんなアングルで撮ってみました。上の写真は、北から南を見たもので、こちらはその逆であります。いずれも東側の欄干です。こちらの写真では、先頭のユリカモメだけ、こちらを向いてくれました(笑)。

Rimg00310308  橋を人が渡りますと、ユリカモメたちも堀に降ります。しかし、突然、ユリカRimg00320308 モメたちが、一斉に飛び立ちました。こちらは、二の丸橋から東側の堀を見ていたときの写真です。一瞬、ヒッチコック監督の映画、“鳥”を思い出しました。どうも、二の丸庭園跡の舞台の裏で、誰かが餌をやり始めたようで、ユリカモメたちはそこへ突進していったのでした。迷惑な話です。噂によれば、朝、寺町でも、とあるお店の方がパン屑を与えるので、その時間になるとユリカモメが寺町商店街に集まるそうです。さらにそれを知った人たちが、写真を取りに来るといいます。私には、自己満足の世界のように思われます。

Img_8562  アリバイ写真を2つほど。こちらは、公園の西から来て、管理事務所前を通った扇橋を渡った辺りで撮ったマヒワのオスでしょう。遠目にはカワラヒワかと思ったのですが、写真を撮ってパソコンで確認したら、どうやらマヒワだということになった次第です。オートフォーカスがうまく合わず、マニュアルでピントを合わせようとしたのですが、うまくいっていません。ですから、証拠写真です。

 もう1枚は、アオサギです。朝日丸跡の、東南スミまで来ましたら、目の前3~4mのところImg_8605 にアオサギがいました。目が合いました(爆)。私も、予想外でビックリしましたが、アオサギも驚いていたようです。あまりにも突然でしたから、写真どころではありませんでした。飛び立ってからシャッターを押したのですが、心構えも何もありませんでしたので、ピンぼけばかり。80mほど先のキッチン寿さんの前に降り立ったところが右の写真です。

Img_8566  あまりお好きでない方もいらっしゃるかと思いますが、暖かくなってまた、カメたちの甲羅干しの光景が見られるようになりました。九華公園の管理事務所前のスロープです。甲羅干しの名所で、季節になると、カメたちが押し合いへし合いする場所です。

Img_8631  実は、今日もわずかに、「梅にメジロ」を期待したのですが、さすがにそうRimg00500308 うまい話は転がっていませんでした(笑)。昨日の今日ですから、梅もさほどバリエーションのある写真は撮れません。が、多少とも異なったパターンをと思い、九華招魂社から柿安本社の駐車場に出たところから振り返って、撮ってみました。いかがでしょう?

Img_8544  九華公園に入る前、三の丸町内を歩いていましたら、道ばたには、ホトImg_8547 ケノザ の花が咲いていました。ホトケノザは、“仏の座”であります。仏様が座っていらっしゃる様子からその名がついたといわれています。小さなピンクの花がついています。春の七草のホトケノザではありません。食用でもないようです。春の七草の方は、コオニタビラコというキク科の草だということです。

Img_8648  さすがにこの暖かさ続きで、冬鳥たちは、姿を消しつつあるようです。この冬は、寒さはひとしお厳しいものがありましたが、その代わりにでしょう、今までに見られなかった冬鳥にもたくさん出遭えました。シジュウカラ、ヤマガラ、コゲラは、10羽足らずの群れで出て来ていましたが、それ以外の冬鳥たちは、今日は目にしませんでした。シメや、ツグミ、シロハラもです。ホオジロは2羽ほど見かけました。代わっては、スズメたちの姿です。写真は、蟠龍櫓の屋根に集まっているところです。

Img_8651  ところで、こちらは、帰る途中、揖斐川の堤防から見た多度山です。霞んでいます。あくまでも、春霞であって、黄砂や、PM2.5とやらでなければありがたいのですが……。

 体調といいますか、アタマの調子の方は、相変わらずです。今朝から、降圧剤は、ミカルRimg00630308 ディス40mgに代わっていますが、繰り返し書いていますように、これまで飲んでいた薬の内、アムロジピンは、半減期が36時間もあります。昨日の朝まで飲んでいたのですから、まだその成分は、我が体内に充ち満ちていることでしょう(爆)。今日は、頭重感と眠気が一団とひどく感じます。ボーッともしていますし、物事を考えるということはおよそ不可能に近い状態です。結構しんどくて、辛いものがあります。確定申告を終えたいと思ったのですが、とても数字をいじる気にはなれません。

 アタマの中は、春霞が二重、三重にかかっているといいますか、2乗、3乗になっているかも知れませんが、そういう気がしています。本当に、まるでうつがひどいときのような感じがしています。気分が落ち込むという感じはあまりありませんが、アタマが重く、睡くて、モチベーションは湧いて来ません。困ったものです。

 薬はやはり、諸刃の剣であるのは間違いないようです。うつの方や、高血圧の皆様、本来の症状だけを気になさるのではなく、薬の副作用に悩まされていらっしゃらないかにも、ご注意ください。

 最後に話が横道にそれましたが、週末も暖かそうですから、頭重感その他にはめげずに、春を楽しみたいと思います。新聞やテレビによれば、ヒバリや、ウグイスの初鳴きも観測されているようですし。なるべく楽しいことに目を向けよう、そう思います。

|

« 寺町の河津桜、一輪咲く、梅にメジロ、そして、降圧剤をミカルディスに変更 | トップページ | 黄砂の中、e-TAXと格闘して、確定申告を終えました »

季節」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ミリオンさん、こんばんは。
河津桜、去年よりも1週間あまり遅れて咲き始めましたよ。今日は、見に行っていませんが、20℃を超える暖かさでしたから、またたくさん咲いているのではないかと思います。
九華公園のユリカモメは、やはり、あの二ノ丸橋の欄干に並んでくれないといけません(笑)。今頃になってというのは、何か理由があるのでしょうかねぇ?

投稿: mamekichi | 2013年3月 9日 (土) 19時28分

こころんさん、こんばんは。
九華公園に来る水鳥を、どのようにして寺町に呼び込んだのか、私はその辺りに興味を引かれます(笑)。たまたま飛来したのを餌づけしたのでしょうが……。

ところで、「親指フォーカス」はまったく知りませんでした。まだリンク先を拝見していません。今日は、確定申告でアタマが飽和しましたのでまた、明日にでもゆっくりと拝見することにします。
ただ、ピントが合う確率が高くなるというのは魅力的ですね。

投稿: mamekichi | 2013年3月 9日 (土) 19時26分

河津桜が咲き出しましたか、このところ暖かですからね。
私も近いうちに見に行かなきゃ。
ユリカモメがやっと橋の欄干に並びましたね。
欄干にずらっと並んだのを見るはやっぱりいいですね。

投稿: ミリオン | 2013年3月 9日 (土) 14時03分

こんにちは
ユリカモメも寺町に行ったり九華公園に来たりと忙しいのですね(^_^;)

mamekichiさん、御存知かどうかわかりませんが
親指フォーカスって御存知ですか?
昨日、たまたまネットで見てたら見つけまして。
http://toshi03893.blog93.fc2.com/blog-entry-239.html

http://lv73.net/2012/07/15/eos-kiss-x5-af-thumb/

http://rikusan5.blog16.fc2.com/?mode=m&no=580

「親指フォーカス」で検索すればいろいろ出てきます。
賛否両論があるようで、各個人に合う合わないがあると思いますし、慣れるまで練習が必要なようです。
自分は今朝、設定してみましてまだどうなのか結論が出てません。しばらく練習してみて考えてみようかと思います。
お互い偶然にもキヤノンのエントリー機で、まだまだ機能を引き出せそうですし、ピントが合う確率が更に高くなればなあと思います。

投稿: こころん | 2013年3月 9日 (土) 12時03分

お嬢さま
私のイメージの世界では、“九華公園の冬の風物詩”としては、このユリカモメが欄干のお立ち台に並ぶ光景が不可欠です。その意味で、この冬の散歩には満足できていなかったのですが、これで完結! という感じです(笑)。
そして、このところの暖かさに釣られて、カメたちも冬眠から冷め始めたようです。カメ、嫌いな方も多いようですが、甲羅干ししないと生きていけませんから、カメさんたちも必死のようです。
ところで、お嬢さまは、花粉症もあるんですね。小生は、花粉症のような文明的な病気にはなっておりませんが、目が痒くなるとかけっこう辛いものがあると拝察します。家内の友人で、花粉症の女性は、免疫力を高めるため、発酵性のネバネバ食品がよいと、2年くらい、毎日納豆を食べ続けたら、花粉症がほとんど治ったといっていたそうですよ。私も、発酵食品通いと思って、ヨーグルト、納豆、梅干しを毎日食しております。
花粉症では、おちおち散歩にも出られないでしょうから、代わりにこのブログで花などを楽しんでくださいね。

投稿: mamekichi | 2013年3月 9日 (土) 06時59分

先生、凄い〜
ユリカモメが、綺麗に並んでいる〜
なんてタイミングが良いのでしょう♪
日頃の行いですかね♪亀といえばイナバウアー
あの写真と並ぶ位のベストショットですね。今、お嬢は花粉で目がかゆくてかゆくて。
又、花粉の薬を飲んでます。
やっぱり、朝はだるいです。
はやく、このだるさから脱出したいお嬢なのです。

投稿: お嬢 | 2013年3月 8日 (金) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寺町の河津桜、一輪咲く、梅にメジロ、そして、降圧剤をミカルディスに変更 | トップページ | 黄砂の中、e-TAXと格闘して、確定申告を終えました »