« タイプA行動パターンの修正……セルフ・マネジメント法 | トップページ | 「宴のあと」展(桑名市博物館)へ »

2013年3月 4日 (月)

寺町の河津桜、もうすぐ開花……久しぶりにマジメに歩く(笑)

Img_7935 寺町商店街の東、寺町堀沿いには、早咲きで有名な河津桜の並木がありImg_7937 ます。去年は、2月28日に開花しましたが、今年はこの寒さで、やや遅くなっていますが、もうそろそろ咲きそうでした。左右の写真は、寺町商店街の北、八間通に近い、荷捌き場のところにある木の蕾です。私にとっては、この河津桜が咲き始めると、春だなという気持ちが強くなります。

Img_7934  寺町の河津桜は、いつもここの、北側の3本がとくに早く咲きます。堀沿いに桜並木はありますが、多くの木ではこの写真のように、つぼみが膨らんできています。桜が3~4分咲きになりますと、わが家のベランダからもピンク色の帯が見えます。

Rimg00070304  という次第で、風邪もかなり抜けてきましたし、風も収まって暖かい感じでしたので(オヤジ・ギャグではありません……笑)、午前中、9時半過ぎから12時過ぎまで、何と5.4㎞も歩いてきました。メインバンク(?)の愛知銀行、郵便局に行く用事があり、参宮通を経て、寿町、寺町に回って、九華公園、七里の渡し跡、揖斐川沿いと大回り。ブラブラ散歩ですから、さほど疲れた感じはありません.ただ、久しぶりに通ったところもあり、変わりぶりにビックリしました。この写真は、桑名東医療センター(旧・山本総合病院)の東にあった、一号館の跡地です.すっかり更地になってしまい、東医療センターが丸見えですし、アピタまで見通せました。スーパー一号館の土地を市が買い上げ、東医療センターを増改築して、ここに、桑名総合医療センター(新・市民病院)が建てられることになっています。

Img_7910 さて、散歩の道すがら、さすがに3月に入り、花も増えてきていました。まずは、わが家から参宮通を絵経て、1号線に出るまでの途中で見かけた花たちです。あるお宅の生け垣の下には、菜の花が咲いていました。 ちょっと明るすぎたかも知れません。まぶしく写ってしまいました。

Img_7901  梅もあちこちのお宅の庭から、よい香りを漂わせてくれていました。白梅Img_7923 は、わが家からすぐのお宅にありました。ベランダからも見下ろせるところです。紅梅のあるお宅は、もう少し参宮通に近いところです。働いているときは、いずれも駅までの通勤経路にあり、この時期、咲くのが楽しみな梅たちでした。

Img_7914  菜の花が咲いていたお宅には、白木蓮の木があります。まだまだ蕾ですが、この短い毛がフワフワした感じも良いですね。春の訪れを感じさせてくれます。

Img_7987  九華公園の鎮国守国神社の周りの梅も、いっそう開花が進んできていまRimg00400304 した。まずこれは、九華招魂社の鳥居脇のしだれ梅です。うまい具合に陽が当たっていましたので、社務所の方をバックに撮ってみました。招魂社の本殿の西側にもしだれ梅があります(右)。柿安本店の駐車場との通用口の辺りです。

Rimg00190304  鎮国さんの本殿の前の白梅は、7~8分咲きくらいでしょうか。こちらも、Rimg00370304 少し離れたところからでも、よい香りがしています。右の写真をよくご覧いただくと、本殿の入り口が開いていますが、今日は、クルマのお祓いを受けに来た方がいらっしゃったからです。

Rimg00490304  本殿南の紅梅、こちらは、種類が異なり、真っ赤の花がついていますが、これも、3分咲きくらいでしょうか。先日よりも、たくさんの花が咲いていました。いやぁ、ホント、今日はまさに、♪梅は咲いたか、桜はまだかいな♪と鼻歌が出そうでありました(笑)。

Img_7957  ところで、3月に入り、暖かくなってきましたので、そろそろ冬鳥たちの姿も少なくなっていました。カモたち(主にキンクロハジロ、ホシハジロ)や、ユリカモメはまだかなりいましたが、それでも最盛期に比べると、数は減ったように見えます。

Img_7965  堀を渡って、野球場のところまで来ましたら、フェンスに止まっている鳥がImg_7971 いました。誰だと思いますか? ジョウビタキのメスでした。ここで見るのは珍しいことですし、また、フェンスから顔を出すように止まっているのも、あまりないような気がします。

Img_8007  辰巳櫓近くの石のベンチに座って、休憩しつつ、小鳥たちのお出ましを待っていました。10分ぐらいで、カラたちの小さな群れが出て来ました。左は、座っていた私の真上、2mくらいのところにヒガラが止まりました。全くの証拠写真ですが、ピントが合うギリギリでした。

Img_8023  ヤマガラも久しぶりにまあまあの写真が撮れました(自画自賛ですので、Img_8026 気になさらずに)。うれしくて、何枚もシャッターを切っていたのですが、そのうちの1枚に、たまたま右のように、ヤマガラが羽ばたいているところが撮れていました。何となく、カメラ目線なのもいいですねぇ(爆)。

Img_8010  カワラヒワも、群れに交じって出て来ていました。これも、証拠写真レベルImg_8049 です。カワラヒワといえば、右のような写真も撮れました。「お尻から失礼 m(_ _)m」というようなところですが、アタマの方にはフワフワの白いものが写っています。何かの羽毛でも咥えてきたのでしょう。Yacho!オンライン野鳥図鑑によれば、カワラヒワは3~7月に繁殖期を迎え、メスが巣を作るということですから、その材料かも知れません。

Img_8030_2  こちらは、シジュウカラですが、何やら顔中黒くて、悪人のように見えてしまい、笑えました。


Img_8041  ヒヨドリも近くにやってきました。こちらは、何かを見つめているのか、あるいは、物思いにでも耽っているかのような感じです。鳥にもいろいろとあるのかも知れません。

Img_8118  数は減ったとはいえ、まあまあの種類の鳥たちを見ることができましたが、帰り道、吉之丸コミュニティパークの東の揖斐川沿いでは、久しぶりに猛禽類に出遭いました。ミサゴではないかと思います。南の方へ悠然と滑空して行ってしまいました。

Img_8080  揖斐川では、ちょっと遠かったのですが、ウミネコが飛び立っていくところImg_8125 と、カンムリカイツブリが見られました。いずれも、久しぶりです(もっとも、マジメに散歩をしているのが、久しぶりですから)。

Img_8105  蟠龍櫓と七里の渡し跡の間では、いつものジョウビタキのオスが登場してImg_8112 くれました。今日は、あまり近づくことはできず、これくらいの写真しか撮れませんでした。


Img_8135  県道を渡って、リバーサイドボウル跡の公園工事をしているところでは、これまた、先日来何度も見ている、ジョウビタキのメスがいました。初めは、道路沿いのフェンスの上にいたのですが、すぐにちょっと離れたところへ逃げられました。

 さすがに今日の天気で、5㎞以上歩いて来ますと、汗ばみます。九華公園では、昨年からお話をするようになったおばあさんが、ジャンパーを脱いで体操をしていらっしゃるくらいでした。

 午後からは、3月21日の特別支援教育支援員養成講座に向けて、資料の点検、修正を行っておりました。3月上旬には、資料を送るよう依頼されていますので、1~2日のうちに最終確認をしてと考えています。それと、もう一つは、儲かってはおりませんが、確定申告を済ませなければなりません。その気になれば、さほど面倒ではないことは分かっているのですが、なかなか、であります。

 ということで、体調も戻りつつあるようです。血圧は、3月に入ってからは、上はやや低下傾向(137→133→128→124)、下は、安定またはやや低下傾向(89→83→87→82)であります。頭重感、ボンヤリ感、眠気、ふらつきは、大風邪&発熱以来、ちょっとばかり変化があります。頭重感はかなり軽くなっています。ボンヤリ感は、アタマ全体にあったものが前頭部中心になったようです。眠気とふらつきは同じようにある感じです。風邪でリセットされた部分もあるようですが、スッキリとアタマが晴れたとは行っておりませんねぇ。降圧剤は、ブロプレス12mgと、アムロジピン2.5mgで継続中です。

|

« タイプA行動パターンの修正……セルフ・マネジメント法 | トップページ | 「宴のあと」展(桑名市博物館)へ »

季節」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ミリオンさん、こんにちは。

寺町の河津桜、今日もまだ咲いていませんでした。待ち遠しいですね。早い年には、2月の半ばに咲き始めたこともあったと思いますが、さすがにこの寒さではいけませんね。

一号館、ちょっと通らない間に更地になってしまっていて、ビックリしました。以前はよく買い物に行ったものでした。医療センター、ハード(建物)の充実も必要かも知れませんが、医師不足(というよりも、本質的な問題は、偏在なのでしょうが)など、人的資源や、ソフト的な問題も何とかしてもらって、使いやすいシステムにして欲しいですね。

投稿: mamekichi | 2013年3月 5日 (火) 16時15分

寺町の河津桜もう少しで咲きそうですね。
見頃になるのが待ち遠しいです。

一号館取り壊されましたね、新しい病院は、
平成27年4月にオープンするそうですね。
駅に近いから交通の便は良さそうですね、

投稿: ミリオン | 2013年3月 5日 (火) 14時14分

こころんさん、おはようございます。
ついつい浮かれて、鼻歌にオヤジ・ギャグで失礼しました。昨日の散歩は、本当に「もう春だな」と思えましたので……。私は、鼻は利かないのですが、お陰様で花粉症とは今のところ、無縁で、昨日は梅の香りを楽しんでこられました。
ヤマガラの羽ばたきシーンは、あの前後だけで10枚ほど、いつもの「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」方式で写した中の1枚が、「当たった」ものです(笑)。癖というか、習慣といいますか、同じシーンでたいてい、少なくとも2~3枚はシャッターを押します。狙ってああいうシーンを撮るということはほとんど不可能で、偶然の賜物です。
私も、撮ってみたら、もうそこにはいないという経験、数多くしております。それも合って、余計に「下手な鉄砲」スタイルに進んだような気がします(笑)。
ハトさんのうち、ドバトは、伝書鳩やレース鳩が野生化したもののようで、ある野鳥図鑑には、ハトの「野良犬」だと書いてありました。ハトは、年中繁殖できるので、あれだけ数が多くなってしまったようです。人が餌をやると、よくないそうですが……(爆)。キジバトは、庭先ででも繁殖すると言うことですから、こころんさんのお宅近くでも見られるかも知れませんね。
ブログの訂正、拝見してきました。エナガを含め、19種類ですね。何度も書きますが、羨ましい限りです。

投稿: mamekichi | 2013年3月 5日 (火) 09時06分

こんばんわ
鼻唄とギャグが春を呼び込みますね。
花粉症だからか梅の匂いがいまいちわかりません。
もうすぐ自宅の梅が咲くので鼻に突っ込んでみようかな(笑)
ヤマガラの羽ばたき、おみごとです。
すばらしい。
こういう写真撮りたいのですが、シャッター押したら
いないことも多く、自分の反射神経が鈍いのか
カメラが速さについていってないのか
なかなか撮れません。
ハトでも種類があるんですね。
小学生の頃には走井山にたくさんハトがいて
よくパンをあげました。それはドバトという種類でした。
今日ブログを見てたらエナガを忘れてて19種類になりました(^-^;。

投稿: こころん | 2013年3月 4日 (月) 20時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タイプA行動パターンの修正……セルフ・マネジメント法 | トップページ | 「宴のあと」展(桑名市博物館)へ »