« 九華公園、諸戸氏庭園前、それぞれソメイヨシノが開花しました | トップページ | 文部科学省による発達障害のある児童生徒の調査結果についての解説……上野(2013)から »

2013年3月23日 (土)

鳥を求めて5.9㎞……伊勢大橋から沢南橋へ

Img_0648 寒くはありませんが、風はやや強くなっています。朝は、10.1℃で、もっとも上がったのは12時の15.3℃のようです。血圧は、あまり変わりません。さすがImg_0756 のアムロジピンも、1.25mgでは効かないようですので、20日(水)から2.5mg服用しています。が、今のところ変わっておりません。まぁ、それはさておき、今日も散歩であります。結論から書きますと、何とまぁ、5.9㎞ほども歩いて来ました。揖斐川沿いを遡り、伊勢大橋のかなり北まで行き、さらに大山田川の沢南橋から、三洋堂で雑誌を買い、修徳小学校辺りを通って、というコースでした。ちょっと歩きすぎです。いささか疲れました。

Img_0517  さて、先日来、2度ほど、揖斐川沿いでヒバリを見ておりますが、今日も河口堰のImg_0526 すぐ西辺りでヒバリのペアを見つけました。左のヒバリは、どうやらオスのようです。右の写真では、右側にこのヒバリがいます。

Img_0539  3枚目の写真のヒバリは、直に舞い上がって、さえずり始めました。これは、Img_0543 3月20日にも書きましたが(諸戸氏庭園前の桜は、まもなく開花か?!)、「揚げ雲雀」という、繁殖に入ったときにオスが、縄張りを示すために行う行動です。何分、急にほぼ垂直に上昇していき、最終的にはどこへ行ったかわからなくなるほど高くあがりますので、これくらいの写真しか撮れませんでした。もうこの2枚をご覧になっても、ヒバリとは思えないかも知れませんが、間違いなく上のヒバリを追いかけましたし、あのヒバリ独特の「ピーチクパーチク」という声がずっと聞こえておりました。  

Img_0571  ヒバリを見て、河口堰の写真を撮っていましたら、川面から、10数羽の鳥Img_0345 たちが一斉に飛び立ってきました。慌てて数枚の写真を撮ったのですが、いったい誰でしょう? ユリカモメ(右の写真;昨日、九華公園にて撮ったもの)であれば、もっと白っぽく見えるはずです。羽の上側は、グレーがかなり濃く見えます。グレーがかなり濃いのは、ウミネコか、オオセグロカモメです。ウミネコは、九華公園や、河口堰へ単独でやってきますし、高松海岸辺りでも見られます。

Img_0569  この正体不明のカモメの仲間、面白いことに気づきました。左の写真は、河原まで編隊飛行してきて、方向転換をしつつあるところです。よく見ていただきますと、どの個体も、頭といいますか、顔といいますか、まっすぐ正面を向いていて、傾けているものはありません。身体や、羽は傾いているにもかかわらず、であります。それはそれとして、彼らはいったい誰なのでしょう?

Img_0560  河口堰の西を通り過ぎ、伊勢大橋西詰めの交差点を渡って、舟溜まりのImg_0580 あるところまでやってきました。



Img_0615  堤防道路上から見ていましたら、猛禽類が1羽、降下してくるのに気づきImg_0621 ました。こちらもかなり距離がありますので、はっきり何だとは区別できませんが、ミサゴではないかと思います。見ていると、干潟のようになったところに急降下してきました。

Img_0628  250mmズームを覗いていても、良くは見えないまま、シャッターを切り続け、何枚かの写真を撮りました。帰宅後、パソコンに取り込んで拡大して確認しましたら、どうやら足で、何か魚を捕まえたようです。左の写真、堤防道路や、近鉄の鉄橋の橋脚と被ってしまいましたが、よくよくご覧いただくとおわかりいただけると思います。この辺りで見かける、魚を捕る猛禽類は、ミサゴしかいないだろうと思います。

Img_0582  ミサゴを見た辺りでは、もっと水鳥などがいるかと期待していったのですImg_0602 が、豈図らんや。カモ、カワウの他には、こちら、久しぶりのアオサギさんと、こんなところにも出没するのかというツグミちゃんでした(右)。ツグミまでは、70mほどの距離がありましたので、さすがにクリアな写真にはなりませんでした。

Img_0632  あちこち移動しているうちに、どうやらケリを驚かせてしまったようです。Img_0633 ケリは、割と神経質な鳥で、近づいたり、写真を撮っているの気づかれたりすると、すぐに逃げられます。しかし、お陰で久しぶりにケリの飛び姿を撮れました。ケリは、西の方へ飛び去れました。

 とまぁ、期待したのとは異なりましたが、いろいろな鳥たちに出遭い、上出来とはいえませんが、それなりに写真に撮れたと思います。

 ところで、このあとは、沢南橋に向かったのですが、ここでは、どちらかというと期待はずれでありました(笑)。

Rimg00400323  閑話休題。揖斐川に面した甚内ポンプ場から、沢南橋へ行く途中、大山田川沿いの民家の軒先には、このように水準点があります。車で通り過ぎる方は、たぶんお気づきにはならないと思います。水準点ですから、標高を測定する規準ということです。道路の北側にあります。

 冒頭の菜の花の写真も、この道沿いで撮りました。

Img_0661  また、キジバトも飛んできましたが、嘴には、何から枝のようなものを咥えていました。木陰に入ってしまいましたので、少々暗い写真ですが、おわかりいただけるでしょう。この枝、おそらく巣作りに使うものなのでしょう。Wikipediaによれば、キジバトの繁殖期は、周年のようです。

Img_0675  沢南橋と、JR・近鉄の鉄橋の間には、珍しくコサギがいました。どうやら、Img_0692 餌を探しているようです。たぶん、100mくらい先のことですから、状況はあまりよく見えませんし、また、写真も今ひとつクリアではありませんが、右の写真を見ますと、小魚を捕らえたようです。

 18日(月)に雨が降ったせいでしょうか、河原の足がなぎ倒されてしまっていて、沢南橋辺りには、カモの他に姿は見えませんでした。上空には、ツバメが3~4羽、時折やってきていたくらいです。

Img_0699  それでも30分ほど待っていますと、その間には、カワラヒワがやってきまImg_0704 したし、モンシロチョウも多数飛んできました。モンシロチョウは、近くには止まってくれませんでした。右は、250mmズームで撮り、さらにトリミングしています。先日の「証拠写真」よりも、かなりマシなものが撮れたと思います(笑)。

Img_0723  帰る頃になってようやく、先日は、どれを撮ろうかと迷うくらいいた、オオImg_0737 ジュリンが出てきました。オオジュリンも、ペアかと思う鳥もいました(ペアかどうかは定かではありません)。というのも、「草の根元等に枯草等を組み合わせたお椀状の巣を作り、5-7月に1回に4-5個の卵を産む」ということですから、まだペアリングには早い気がします。

 メジロは、今日はこの辺り、1羽も出て来ませんでした。さすがにここまで来て、12時前ということで、三洋堂へ立ち寄り、パソコン雑誌を買って、帰ってきたということです。

Img_0507  このブログで、桜はもう十分という気もしますが、揖斐川の堤防の桜並木で、1本だけ花を付けていましたので、それだけ載せさせていただきましょう。

|

« 九華公園、諸戸氏庭園前、それぞれソメイヨシノが開花しました | トップページ | 文部科学省による発達障害のある児童生徒の調査結果についての解説……上野(2013)から »

季節」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こころんさん、こんばんは。
そうですねぇ、たくさん歩いて、疲れた割にあんまり成果がなかったような気持ちで帰ってきたのですが、そうでもなかった、というところです。

正体不明の鳥、頭がぶれていないのは、パソコンで拡大して見ていて気づきました。人でも、フィギュアスケートの選手や、バレリーナでは、回転するときに、頭はさっと回して、正面を向けていますから、同じなのかも知れません。

ミサゴの写真も、撮るのに懸命で,何がどう写っているのかまで、気が回っていませんでした。電線は、こころんさんに指摘していただいて、気づきました(笑)。

水準点は、他では見たことがないのですが、中央の丸い石に、ちょうど“デベソ“のようにポイントが設定されています。

福島ポンプ場は、六華苑のすぐ北にあり、陣内ポンプ場は、伊勢大橋の北、播磨に行く道に入るところにあります。福島ポンプ場には、カワセミが棲んでいます。

百日草、大学に勤めているときに鉢をもらって、窓際においていた記憶が蘇ってきました(笑)。うつの頃と、その前後は、記憶がとくにあやしいのですが、思い出しました。うまくアゲハが来てくれるといいですね。

投稿: mamekichi | 2013年3月24日 (日) 19時38分

こんにちは
たくさんの鳥に会われましたね。
正面向いて頭がブレてないんですね。
空中を自由に飛び回る鳥の構造でしょうか。

ミサゴの2枚目、電線があやとりのように綺麗に写ってますね。

水準点ってそんな感じなんですね。
よく福島ポンプ場というのが出てきますが
甚内ポンプ場とはまた別物でしょうか?

今日は残りの百日草を蒔きました(^_^;)
mamekichiさんのブログに最初に書き込みさせていただいた花です。
アゲハが来てた花で、アゲハを呼び込む期待の花です(^_^;)

投稿: こころん | 2013年3月24日 (日) 11時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 九華公園、諸戸氏庭園前、それぞれソメイヨシノが開花しました | トップページ | 文部科学省による発達障害のある児童生徒の調査結果についての解説……上野(2013)から »