« ディスレクシアはご存じですか?、そしてまたまた血圧と降圧剤についての屁理屈 | トップページ | 恋愛のタイプ »

2013年2月 9日 (土)

今日は、歩くこと中心の散歩……その他、背割堤の野鳥と、パソコンのバックアップ

Rimg00110209 「真冬並みの寒さ」と天気予報で言っていましたが、まさにそういう感じの日が続く3連休初日です。写真をご覧いただきますと、多度山の上空から、こちらに向かって雲が流れてきている様子がよく分かります。これは、ちょうど北西からやや北寄りの季節風が、強いことを示しています。散歩に出るときに撮りましたが、その時間帯、アメダスで見ますと、北西の風5m/sほどでした。

 さて、朝のうちは、今日もなかなか気温が上がりませんでしたので、いささか迷っていて、結局散歩に出かけたのは10時半を過ぎた頃でした。この時間でもたぶん、2℃台だったでしょう。しかし、陽射しはけっこうありましたので、あまり室内ばかりにいてもと思って、昼にかけて九華公園と春日神社を回ってきました。ほぼ4㎞。今日は、どちらかというと、歩くことが中心の散歩でした。

Img_7075  揖斐川と長良川の中洲には、珍しくアオサギが4羽ほど並んでいるのが、見えました。そして、住吉神社前には、こちら、ツグミが1羽。堤防上の道路から覗き込んだら、慌てて逃げていきました。このあたり、時々ツグミがいます。

Img_7081  船津屋さんの裏の堤防には、ホオジロたちの小さな群れが来ていました。たぶん、蟠龍櫓や、三の丸樋門辺りにいたホオジロたちではないかと思います。両者の間には、100数十mの距離しかありませんし、今日は、蟠龍櫓の方には、ホオジロも、カシラダカも見当たりませんでしたから。

Img_7093  九華公園に着いたのは、11時過ぎ。時間帯も悪かったのでしょうが、小型の野鳥たちは、鳴き声も聞こえませんし、もちろん影も形もありませんでした。お堀には、キンクロハジロを中心としたカモたちが、あわせて60羽以上くらい。中には、ホシハジロ、ハシビロガモなども。

Img_7124  公園の外周を歩いていて、一休みと思ってベンチに腰を下ろしたら、目の前にカイツブリが、水中から姿を現しました。カイツブリ、いつものように1羽だけでしたが、お堀の中ではあるものの、割と思いがけないところで遭遇します。それに、泳ぐ途中で、けっこうこちらに視線を向けてきます。気になるのでしょう。

Img_7104  そのほか、九華公園の周りで見かけたのは、シロハラと、ジョウビタキのImg_7117_2 メスだけでした。シロハラは、お堀の東側の民家から出て来ました。いつも同じ辺りで見かけます。ジョウビタキのメスも、いつも同じようなところで見ますが、こちらは、二ノ丸橋を南に渡りきった、左にあるお宅の付近です。このお宅、比較的新しい分譲地に建てられていますが、庭だけで他のお宅の二軒分くらいあるという、羨ましい条件です。こういうのを見ますと、庭のある家は良いな、と思います。もちろん、手入れなど大変なことはよく承知していますが……。

Rimg00280209  今日出会った野鳥たちは、これくらいで、ちょっともの足りませんでしたので、春日神社にも回ってみました。正月の初詣以来です。ここでも、11時半過ぎという時間では、野鳥は期待できません。高い木のてっぺんにいるシメが撮れたくらいでしたが、あまり綺麗な写真ではありません。

 春日神社に行く途中、九華公園との間にある中橋を通ってきましたが、昨年までここにあった“ゴイサギ・コロニー”、今年はダメです。ゴイサギは、1羽も見られませんでした。年によって異なるのか、それとも、もうここには来ないのか、分かりませんが、何とも残念というか、寂しい気がします。

 ということで、野鳥があまりいませんでしたので、今日の散歩は、「歩き中心」という、いわば、結果論であります(笑)。

Sewariteimap  ところで、Oceanさんがやっていらっしゃる“大山田団地の野鳥たち”を拝見していましたら、この近くでは、木曽川と長良川の背割堤に多種多様な野鳥がいることを知りました。オオタカ、ハヤブサ、ヒレンジャク、キクイタダキなどなど。九華公園とは、比べものになりません。“大山田団地の野鳥たち”から、“背割り野鳥写真館”をご覧ください。この背割堤、国営木曽三川公園(海津市)の東から、上流側は、道の駅・クレール平田の近くまでのようです(左の地図を参照、赤い楕円を付けたところだと思います)。もう少しリサーチして、冬鳥がいなくなる前に一度くらいは行ってきたいと思います。ちなみに、小生は、数年前、背割堤の西にある長良川沿いの中堤道路(県道23号)を走っているとき、キジのオスをみたことがありました。

 それからもう一つ。“大山田団地の野鳥たち”によれば、四日市の伊坂ダムに、おしどりが来ていたようです。岐阜の方まで遠征しないと見られないと思っていましたが、予想外です。もう少し情報収集をきちんとしないといけませんねぇ。

 オマケ。降圧剤について、例の「ドン-チャン」用法は、放棄致しました。5mgを服用すると、昨日も書きましたように、翌日、頭重感他でかなり調子が悪くなると思われるからです。今日は、「ドン-チャン」用法で行けば5mgの日ですが、2.5mgにしました。それでも、眠気があります。頭重感その他はほとんど感じません。

 今日の血圧は、6時に143/89でした。17時は、137/82でしたから、うまくいけば、2.5mgでやれるかと期待させる数値です。いやぁ、降圧剤でもこんなに苦労するとは思いませんでした。この調子が続けば、しばらく、アムロジピンは2.5mgでと思います。そうでないと、日常生活が活性化しませんし、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)も充実しませんから。遊んでばかり要るにしても、体調もですが、頭もスッキリしてくれないことには何ともなりません。

 余談。昨日の14時53分から、メインで使っているSONYのVAIO VPCJ1のバックアップ作業をしていました。以前から設定はしてあったのですが、バックアップ先に指定した外付けの2TBのハーディスクが満杯になりそうでしたので、いったんすべて消去してやり直していたのです。

 実はその作業が、一晩かけても終わらず、「まさか、ずっとやってるんじゃないよな」と思っていたのですが、ようやく、先ほど、18時くらいに終了しました。27時間ほどかかった計算です。

 ちなみに、バックアップ元のパソコンのCドライブは508GBを消費しているのに対して、バックアップ先のドライブは967.75GBも使っています。たぶんイメージファイルをつくっていると思うのですが、どうしてこんなにファイルサイズが違うんでしょうねぇ?

 バックアップは、もう一つ、BunBackupというフリーソフトでも行っています。つまり、二重で外付けハードディスクにバックアップしています。こちらは、文書、写真などファイルだけをバックアップ。ディスク消費量は、660GBくらいです。

|

« ディスレクシアはご存じですか?、そしてまたまた血圧と降圧剤についての屁理屈 | トップページ | 恋愛のタイプ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

お嬢さま
健康で、まじめに働いているときには、鳥さんにも、花にもまるで興味がありませんでした。というよりも、そんな余裕も、時間も持てませんでした。8時過ぎに家を出て、通勤片道1時間。9時過ぎ~9時半くらいから、夜も21時前後まで働き、帰宅は22時過ぎ。土日はくたびれて寝ているか、持ち帰り仕事という日々でした。「大学から自宅に通っている」ような生活でしたから。これでは、過労からうつになっても当たり前、自分でも異常だと思っていました。
こういうことですから、病気になって倒れてから、新しい世界を知ったという風です。本当に死ななくてよかった、生きているのが儲けものと思います。
あれから8年。よくここまで戻ってきたと思います。お嬢と同じく、家族には感謝しています。

降圧剤は、内科の主治医がもうちょっとまじめに対応してくれれば、もっとうまくいくと考えています。しかし、どうやら「血圧のコントロール」に関心が集中しているように見えてしまいます。つまり、副作用とか、下がりすぎることで患者の生活にどういう影響があるか、つまり、QOL(生活の質)にはあまり目が向いていないように思えてしまいます。もしくは、いろいろと訴えますから、対応が面倒なのかも知れませんが……。医者の処方でしか使えない薬で治そうとしているのですから、その辺りをきちんととらえれば、あの「ドン-チャン」用法のような、ちょっとふざけた言い方はないと思うのです。医者を変えようとも思うのですが、家族揃ってかかりつけになっていますから、ちょっと難しいものがあります。

まぁ、しかし、そのお陰で「専門家、プロとしてのあり方」を考え直させてくれる存在ではあります。

投稿: mamekichi | 2013年2月10日 (日) 10時56分

先生の鳥さん好きには、脱毛です。
薬、私もサインバルタには苦労しました。
我慢しました。6か月位は、副作用で泣かされました。先生の薬も時間が、かかるかもしれませんね。大丈夫ですよ、きっと良くなりますよ。
確かに、障害は理解と協力が、必要だと思います。
でも、うつ病はなってみなければわからない無間地獄だと思います。
ダーリンは、私がうつ病になって本当に変わりました。助けてくれます。
あと、お姉さんは根気良く私の話をきいてくれます。先生も、私の愚痴をきいてくださって感謝してます。
私も、出来るかぎり色々な方を助けてあげて明るくしてあげたいと思います。口は、悪いけどhappy01

投稿: お嬢 | 2013年2月10日 (日) 00時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ディスレクシアはご存じですか?、そしてまたまた血圧と降圧剤についての屁理屈 | トップページ | 恋愛のタイプ »