« 恋愛のタイプ | トップページ | 70万アクセス御礼 »

2013年2月11日 (月)

今日の散歩はアピタで(笑)

Img_7139  建国記念の日ですが、今日もあまり気温は上がりません。風は強く、午前Img_7142 中は、時々、雪というか時雨というか、風に乗って飛んできていました。写真のように、多度山にも、藤原岳にも雪雲のような雲がかかっています。朝早い時間の方が、もっとはっきり雪雲と思える雲が、西の空一帯に見えていました。

 風は、5~6m/sの強さ。これくらい北西の風が吹きますと、わが家の玄関ドアが開けにくいくらいになります。散歩も、寒いですし、風が強いので迷っていたのですが、10時半過ぎに、アピタまでいって、店内を歩けばいいやということで出かけてきました。2.9㎞です。

 アピタに出かけたのは、使っていたキーホルダーが壊れてしまったため、代わりを入手したいと思ったこともありました。しかし、こういうものは売っていませんねぇ。若い女性などが行くアクセサリーショップなどへ行けばあるのでしょうが、さすがにそういう店に行くのは抵抗がありますし、女性向けのものしかないでしょうから、諦めました。

 代わりにということではありませんが、100円ショップと本屋を覗き、本屋で文庫本を1冊(三重県謎解き散歩、新人物文庫)買ってきたという次第。

Rimg00050211  アピタをあとにして、寺町を回って少しでも、歩数と距離を稼ぐことにしました。寺町堀沿いを歩いて来たのですが、桑名別院に立ち寄って、お参りもしてきました。いつも、門前の掲示板にある「言葉」を見てきますが、今日はこのような「ご縁」に関わるものが掲げられていました。「困ったこともご縁」だということですから、そういうことも自分にとっては何か、意味があるものなのかも知れません。

Img_7150  こんな強風では、鳥たちもいませんので(ハクセキレイが、強風に煽られながら、飛んでいましたが……飛んでいたというよりも、吹き飛ばされていた感じでした。それに寺町の裏で、ジョウビタキのメスを一瞬目にしました)、何か被写体はと思って、早咲きの河津桜の蕾を撮って来ました。近所ではまだウメも咲いていませんから、いくら早咲きの桜とはいえ、当然
、まだまだです(爆)。

Rimg00080211  そして、久しぶりに玉重橋の上から、諸戸氏庭園本邸の様子を撮ってみました。上空は青空ですが、北西の風に乗って、白い雲が流れてきているのが印象的です。この風景、わりと好きです。

Img_7153  玉重橋の袂では、こちらの小さな、白い花が咲いておりました。撮ってから気づいたのですが、「いったい何という花だったんだろう?」であります。昆虫、野鳥は多少は何とか判別できるようになってきておりますが、草花、樹木は大の苦手であります。よく間違えますし、植物図鑑をひっくり返して調べても分からないということが頻発。これも、ざっと見たのですが、私にとっては正体不明であります(笑)。もう少し調べてみようとは思っておりますが、どうなりますか……。

 ところで、今日は、休日なのですが、娘は自動車学校で「仮免許」の技能検定でありました。普段、あまりドキドキしたりはしないようですが、今朝はさすがにテンパっておりました。親としては、それなりに気になっていたのですが、散歩から戻ったところで電話があり、「合格した。迎えに来て」ということでした。学科は、金曜くらいに受けるようです。運転免許を取ったら、本当にクルマに乗るんでしょうかねぇ?

 オマケ。3月に、「 心理検査でわかること・検査結果の支援への生かし方」というテーマで研修会の講師を務めさせてもらうのですが、そろそろその準備をしなくてはなりません。特別支援教育支援員の養成講座と、特別支援教育コーディネーターの先生方と、2カ所で同じようなテーマで研修を依頼されています。

 コーディネーターの先生方を対象にした心理アセスメントの研修は、これまでにも担当させていただいたことはありますが、どうやら、特別支援教育士(SENS)や、学校心理士の資格をお持ちであったり、心理アセスメントに関心がおありの先生方を除いては、知能検査の結果を理解するのはけっこうハードルが高いようです。

 そこで、今回は、思い切ってごく基本的なところ、基礎の基礎に焦点を当てた内容でと思い、あれこれ工夫しています。ご希望がありましたら、他でもこういったテーマでの研修会や、学習会など担当させていただきますので、ご連絡ください。

|

« 恋愛のタイプ | トップページ | 70万アクセス御礼 »

季節」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

コメント

こころんさん、こんばんは。
「三重県謎解き散歩」は、まだきちんと読んではいませんが、いわば、三重県の歴史、地理、人物、文学、宗教、民俗、観光についての総合的ガイドブックというところだと思います。情報は、今年の伊勢神宮の遷宮まで含まれており、最新のものとなっています。地元ご出身の方型には、常識となっていることも多いかと思いますが、転居して20年とはいえ、となりの愛知県に生まれ、育ったものとしては、まだまだ知らないこともありました。中身はきちんとした根拠に基づいていて、けっこう濃いものがあると思います。

投稿: mamekichi | 2013年2月11日 (月) 22時31分

こんばんわ
その三重の本、自分もこの前本屋さんで見かけました。
中身はどうですか?濃いてすか?
帰りにこの本のコーナーに来ようと思ってたら、
忘れて帰ってきて、今mamekichi さんの記事を読んで思い出しました。

投稿: こころん | 2013年2月11日 (月) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 恋愛のタイプ | トップページ | 70万アクセス御礼 »