« お陰様で体調は戻りつつあるようです | トップページ | 干支と吉祥展(桑名市博物館)と九華公園へ……野鳥は証拠写真ばかり »

2013年1月15日 (火)

ジョウビタキと日向ぼっこ

Rimg00020115 天気はよくなりましたが、北風も強く(5m/s)、また、気温も余り上がらず寒い日となっています。最低気温3.6℃、最高気温は今のところ(13時)、6.6℃です。ただし、タブレットPCのAccuWeather.Comというアプリによれば、桑名市の13:55現在、気温7℃で、体感温度は、何とマイナス1℃と表示されています。南向きのリビングにいますが、雲が出て来てしまい、18℃にしかなっていません。陽射しが入ってきますと、この時期でも25℃を超えるのに……。

 さて、久しぶりに“娑婆の風”に当たってきました(笑)。散歩をとも思ったのですが、駅前に所用がありましたので、それを済ませながら、ちょっと回り道をしてということで、2㎞ほどを歩いてきました。風が冷たかったです。

Rimg00340115  帰り道、拙宅マンション前の諸戸氏庭園のところに立ち寄ってきました。庭Rimg00460115 園の森のお陰で、風が遮られ、絶好の日向ぼっこスポットになるのです。そうしましたら、ジョウビタキのメスが1羽出て来ていて、一緒にしばらく日向ぼっこを楽しんできました。ただ、残念ながら、今日は一眼デジカメを持たずに出ましたので、Richoのcx-3というコンパクトデジカメの画像です。ジョウビタキがいたのは、諸戸氏庭園前の桜並木です(右の写真の赤丸のところ)。ジョウビタキのとまっている木の、やや左手奥が、本邸玄関です。

Rimg00500115  久しぶりに、散歩に出て来ましたし、ジョウビタキにも会いましたので、うれしRimg00540115 くなってついついたくさんの写真を撮ってしまいました。しかし、残念ながら、コンデジでしたので、なかなかジョウビタキにピントがうまく合いません。それでも、例によって、”下手な鉄砲も数打ちゃ当たる”方式でやって、マシなものを選んだという次第です。

Rimg00620115  ジョウビタキ、時折桜の植わっている土手に降りてきて、草むらや、地面をつついていました。雑食性ですから、土の中の虫か、地面に落ちた木の実でも啄んでいたのでしょう。ジョウビタキは、しっぽを細かくふるわせていたり、お辞儀をするかのような仕草を見せてくれますので、可愛らしい鳥です。

Rimg00050115  ところで、もう1月も半ばですから、気の早い梅がほころんだりしていないかと思ったのですが、まだまだのようでした。左は、蓮見町辺りのあるお宅の庭の紅梅の木です。つぼみは堅いようです。

Rimg00120115  わが家のマンションのすぐ近くのお宅のロウバイです。早い年には、正月に花も咲き、よい香りも漂わせているのですが、今年はまだ蕾もかなり堅いままでした。

 拙宅マンション内の小公園の生け垣になっているサザンカは、咲いてはいましたが、花はRimg00730115 どうも今ひとつという感じのものばかりでした。この冬がとくに寒いせいでしょうか、よく分かりません。マンションの公園近くでは、コゲラのような鳴き声が聞こえていたのですが、姿は見つけられませんでした。先日、木の剪定が行われてしまい、高い木々は、ほぼ丸裸にされてしまったため、やってきにくいのかも知れません。この時期の剪定はやむを得ないのかも知れませんが、野鳥好きにはちょっと残念であります。

 体調は悪くはありません。血圧も、アムロジピンを止めた割には、125/85位で収まっているときもあり、高くとも、135/85前後くらいのようです。頭重感などは軽くなってきた感じですが、少し質が異なるものに変わっただけのような気もします。活字を読もうというような気力(?)はあります。血圧はもちろんですが、脳への影響についても、もうしばらくは「要観察」ですね。

|

« お陰様で体調は戻りつつあるようです | トップページ | 干支と吉祥展(桑名市博物館)と九華公園へ……野鳥は証拠写真ばかり »

季節」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お陰様で体調は戻りつつあるようです | トップページ | 干支と吉祥展(桑名市博物館)と九華公園へ……野鳥は証拠写真ばかり »