« 「春休み川のほとりキャンプ」のご案内……NPO法人アサヒキャンプ名古屋から | トップページ | 午前は散歩、午後は市の特別支援連携協議会へ »

2013年1月23日 (水)

お馴染みの鳥たちですが、微笑ましいその様子と、白魚漁

Rimg00020123 今日は、1-2-3の日です。といってもただのオヤジギャグです。おわかりになImg_6013 りますか? 1月23日ですから、1-2-3なのです(お粗末)。デジカメ写真を整理していて、日付を付けるときに気づいた次第です(爆)。散歩に出かけた午前中は、穏やかでそれなりに暖かく、散歩日和でしたが、午後からは雲も出て来て、しかも気温が上がらず、小寒い感じになってしまいました。夜には雨という予報もあります。藤原岳(右写真)を始め、鈴鹿の山並みは雪化粧しています。

Img_6031  さて、今日は、午前中に散歩に出かけました。9時40分くらいからほぼ2時Img_6032 間、九華公園などを一周し、4.9㎞ほどです。野鳥たちは、余り代わり映えもせず、お馴染み様ばかりでした。今日も、ユリカモメが20羽余りいました。花菖蒲園近くの橋の上に1羽が止まっていましたので、しばらく見ていましたら、ご覧のように欠伸でもしたかのようでした。「猫の欠伸研究室」ならぬ「カモメの欠伸研究室」に改称しようかと思わぬでもありませんでした。カモメはそのあとすぐ、すまし顔に戻っていました。このユリカモメ、足が黄色いので、まだ若鳥なのでしょう。

Img_6074  公園内を半周して、本丸跡の方からこの橋を眺めていましたら、何羽かが止まって、「お立ち台」風の光景を見せてくれました。新しいお立ち台になるのでしょうか?

Img_6050  先にも書きましたが、余りこれという野鳥はいませんでした。このシメ、シロハラ、ツグミ、ヒヨドリと、ユリカモメ、キンクロハジロ、ホシハジロ、ハシビロガモくらいでした。カワウも少し飛来していましたが、ほとんど見られませんでした。

Img_6061  ヒヨドリが1羽、珍しく相手をしてくれました。管理事務所脇ででした。暴れImg_6063 ん坊のくせに、すぐに逃げることが多いのですが、このヒヨドリは、数mのところまで近寄っても逃げませんでした。ふっくらしていて、小首をかしげ、むしろ可愛らしく見えます。どうしたのでしょう? こちらを見ているような気もします(笑)。

Img_6098  九華公園を出て、吉之丸コミュニティパーク脇の揖斐川堤防に出ましたRimg00210123 ら、先日と同じところにホオジロがいました。どうやらペアのようですが、一方しか見えるところにはいませんでした。場所は右の写真の辺り。三の丸樋門のすぐ横です。写真の左手には蟠龍櫓があります。○印の中にホオジロがいます。

Img_6105  今日は鳥に見られることが多いようで、このホオジロさんも写真を撮ってImg_6119 いると、こちらを見ているようでした。少しはなれてくれたのか、すぐには逃げないで、5~6mまで近寄れました。ホオジロの最初の写真でも幾分か冠羽が見えますが、右の写真では、短いながらも冠羽が立っているのがよく分かります。

Img_6128  ホオジロのすぐ側には、今日もやはり、カシラダカがいました。こちらもペImg_6129 アのようでした。こちらの方が、立派な冠羽を持っています。ホオジロは鳴き声がして、どこにいるか分かるのですが(「ピッピチュ・ピーチュー・ピリチュリチュー」などと聞こえます)、カシラダカは地鳴きが「チッ、チッ」という控えめなもので、目を皿のようにしてもなかなか見つけられません。動いてくれるとよく分かるのですが……。

Img_6123  ところで、揖斐川では、今日も白魚漁の漁船が、2~3組出ていました。こImg_6135 の2隻がペアを組んでいます。拡大して見ていただきますと、両方ともロープを引いているのが分かります。この先に網がついているのです。また、奥の船は、右舷側に小舟をつないでいます(右の写真をご覧ください)。

Img_6141 Img_6148  途中から見ていましたが、ある程度網を引いて回った後、2隻の漁船は停止し、上述の小舟が出てきて、網の最後端にあるオレンジの浮子のところへ行きます。

Img_6149  浮子とはいえ、サイズも大きく、軽くはないようです。けっこう力を込めて、Img_6152 漁師さんがまずは、浮子を引き上げます。次いで、ロープを引き寄せて、白魚を捕り込んでいると思われる網の部分をたぐり寄せているように見えました。

Img_6158  揖斐川の中央辺りでの作業ですので、250mmズームで撮った上にトリミImg_6175 ングをしてこれくらいの画像にしかなりませんので、細かい作業の様子まではよく分かりませんが、白魚が入っていると思われる網を引き上げているようです。右は、船上に網をあげて、本日の漁獲を取り入れているようです。

Img_6183  しばらく作業を行った後、すべて取り入れたようで、再び網を投げ入れてImg_6192 いました。そして、小舟は、先ほどの漁船の方に急ぐのですが、目敏いユリカモメが1羽、付いて飛んでいました(右の写真、矢印のところ)。「おこぼれを頂戴しよう」という魂胆なのでしょうが、果たしてうまくいったのでしょうか?

Img_6169  この一連の作業、吉之丸コミュニティパークから、市民プールのすぐ東の揖斐川で行われています。小生が見ていた漁船は、この写真で矢印を付けたものが1組となっていました。下向きの矢印を付けたが、網を引く2隻、横向きの矢印を付けたのが、作業用の小舟です。間に写っている1隻は、また別のペアです。この漁船と組んでいる船は、手前側、堤防の陰になっています。写真で中央に小さく、補足見えているのは、揖斐・長良の両河川を分ける中洲。右端の赤い橋は、国道23号線の揖斐長良大橋の長島側の端です。

 明日は、久しぶりに仕事です(笑)。桑名市の特別支援連携協議会の会合が、午後から中央公民館で開催されます。昨日、特別支援教育推進校の実践報告が届きましたので、午後、読んでいました。大勢作りもかなり進み、実践も充実してきていることがよく分かります。しかし、それにともなって、先生方の人手不足という問題も生じてきているようで、これについてどうするかを考えていく必要がありそうです。心理アセスメントの利用も進んでいるようで、専門家としては喜ばしいところです。実際にどのように利用できているかを少し、具体的にお聞きしてみたいと思っています。

|

« 「春休み川のほとりキャンプ」のご案内……NPO法人アサヒキャンプ名古屋から | トップページ | 午前は散歩、午後は市の特別支援連携協議会へ »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ミリオンさん、こんにちは。
ミリオンさんが、伊勢大橋を渡って、長良川河口堰に入らした頃、小生はいつものように九華公園、揖斐川堤防をウロウロしていたことになります(笑)。
今日も行ってきましたが、ユリカモメはどうやら、10時過ぎに九華公園に出勤(?)してくるようでした。「欠伸」写真は、そーっと近づいて何枚か撮った内の1枚で、たまたまあのショットが撮れました。
ヒヨドリは、どうも暴れん坊で他の小型の鳥を蹴散らすイメージですが、時には可愛らしく見えることがありますね(笑)。割とすぐに逃げてしまいますので、正面から顔を見るというのはあまりないですね。
漁船はたぶん白魚漁だと思います。今日も船が出ていました。白魚、けっこうなお値段ですよね。紅梅煮なんか、100gで1,000円くらいしますから、手が出ません。

投稿: mamekichi | 2013年1月24日 (木) 11時25分

昨日午前中は晴れて鈴鹿山脈も綺麗に見えてましたね。
ユリカモメのあくび?のような仕草はナイスショットですね。
ヒヨドリはけっこう毛がふっくらしてるんですね、
ヒヨドリは後姿は見るけど真正面から顔をじっくりと見たことがあまりないです。
仰るとおり小首をかしげてるように見えて可愛いですね。
白魚漁は2隻の船で漁をするんですね。
はまぐりプラザで白魚丼が食べたくなってきました(笑)

投稿: ミリオン | 2013年1月24日 (木) 11時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「春休み川のほとりキャンプ」のご案内……NPO法人アサヒキャンプ名古屋から | トップページ | 午前は散歩、午後は市の特別支援連携協議会へ »