« カラスとミサゴ(?)の空中戦か!? | トップページ | 晴「歩」雨読で、読書、片付けの日 »

2012年12月14日 (金)

初めてのヒレンジャクに、久しぶりのおジョウ様

 今朝は、5時に起きましたので、双子座流星群を見ておりました。極大時刻が、今朝の8時頃と予測されており、未明にピークが来るということでしたから……というのは、半分はホントで、半分はウソであります(笑)。夜は、22時に寝てしまい、朝はたいてい5時くらいに起きるという習慣だからです。寒かったので、5分くらいずつ、2回にわたって南の空を眺めてみましたが、合計で5つほど見られました(喜)。

Img_30672  さて、今日の散歩のハイライトは、何といってもこちら、ヒレンジャクです。図鑑で何度も見て、是非一度は見てみたいものだとかねてから願っていた鳥です。その意味では、「待望の」というか、「念願の」鳥でした。場所は、九華公園の管理事務所近くでした。遠目からも、ひょっとしてと思わせてくれましたが、期待に違わずで、何ともうれしいことでした。漢字では、「緋連雀」と書きます。体長は18㎝くらいで、雌雄ほぼ同色です。

Img_3067  この写真のように、5羽の群れでした。Wikipediaによれば、ヒレンジャクはシベリア東部・中国北東部で繁殖し、日本のほか、サハリン、朝鮮半島、中国南部、台湾などで越冬するといいます。ただ、年によって飛来数が極めて不規則だといいますし、その要因として、シベリアや中国での絶滅も危惧されていることがあるようです。越冬地は低地や、丘陵地の開けた森林・農地などでのようですが、公園や家の庭などにも餌となる果実を求めて飛来するといいます。今日は、実は、いなべの両ヶ池あたりにでも行こうかとも思ったのですが、いつも通りにしておいて、ラッキーでした。

Img_3015  今日の散歩では、他にも良いことがありました。それは、ジョウビタキのオスImg_3010 に久しぶりに会えたことでした。逆光でしたので、あまりきれいに写っていないのが、少し残念です。このジョウビタキ、何だかちょっとふっくらしているようにも見えます。そして、Wikipediaの説明をよく見て、初めて気づいたのですが、漢字では、「尉鶲」あるいは「常鶲」と書きます。「尉」は、銀髪を意味するそうで、この写真ではそれがよく分かります。九華公園の外周の遊歩道の、二ノ丸橋近くでした。

Img_3029  このジョウビタキのオスを見られて、機嫌も良く遊歩道を歩いて行きましImg_3031_2 たら、堀の東では、今度は、ジョウビタキのメスがとあるお宅の屋根に。いやぁ、今日は良いですねぇ、ジョウビタキのオス、メスが揃って見られました。いうことなしです(微笑)。

Img_3057  そして次は、どこでも、いつでも見られるハクセキレイではありますが、Img_3062 ちょっと珍しいところに乗ってくれました。場所は、二の丸跡、ステージの近く。ハクセキレイが止まったのは、この“奥平屋敷跡”の説明の碑の上でした。実は、近くにシメがいて、餌を啄んでいるのを撮っていて、振り返ったら、そこにはハクセキレイということだったのです。

Img_3043  そのシメの食事風景はこちら。最近、連日見かけていますので、九華公Img_3053 園にシメが定着したのかも知れません。シメは、ムクノキ、エノキ、カエデなどの種子を主食とするのですが、果肉の部分は摂取せず、太い嘴で硬い種子を割って中身を食べるといいます(Wikipedia)。今日は、このシメ、木陰ではありますが、割とクリアに撮れました。

Img_3020  ところで、外周の遊歩道の南、キッチン寿さんの近くには、カイツブリが1Img_3021 羽でいました。昨日、この近く(野球場側)で、魚と格闘していた鳥がいましたが、逆光でその種類まではよく分かりませんでした。しかし、今日改めて見てみますと、やはりどうもこのカイツブリに似ている気がします。出没場所も近いことですし。

 これらの他、お馴染みさんもたくさん出て来ました。

Img_3100  ヤマガラさんです。この頃、午前11時を過ぎますと、カラ、コゲラなどの群れは、九華公園管理事務所の北あたりによく出て来ます。今日も、同様でした。ヤマガラ、シジュウカラ、ヒガラ、コゲラが入り交じっています。木陰でじっとしていますと、すぐ目の前や、回りにも出て来てくれ、楽しくなります。

Img_3125  以前は、ヤマガラが好きだったのですが、最近はすっかり見慣れてしまったこともあってか、私の好みは、どちらかというと、このヒガラに変わってきました。どこが気に入っているかといいますと、冠羽がピンと立っているところです。ヒガラは、主に針葉樹林に生息していて、冬になると標高の低い場所へ移動してきます。秋冬は群れを形成して生活しますが、シジュウカラ科の他種と混群を形成することもあるとされています。

Img_3066  一昨日初めて見たビンズイ、今日もいました。ただし、見かけたのはこの1羽だけでした。日本では漂鳥または夏鳥として四国以北の山地で繁殖し、冬は暖地に移動するそうですが、この冬、ここにいてくれないでしょうかねぇ。寒い中、鳥見に出かける楽しみが多い方がありがたいので。

Img_3070  指名手配(?)したいのは、こちら。シロハラのような気がするのですが、Img_3071 分かりません。本丸跡にある、神戸櫓跡のところの木々の中で、聞き慣れない声がして撮ったものです。ヒヨドリよりは少し小さい感じです。右は、左の枝から1~2m離れたところで、この鳥が移動したところを撮ったつもりです。枝葉に隠れ、しかもピントが合っていませんが、右の写真をよく見ますと、翼の位置が、ツグミに特徴的なもののようになっています。シロハラはツグミ科の鳥ですから似ていたとしても不思議ではありません。

 シロハラは、以前にも自宅マンションの玄関近くで見て、写真も撮っています。たとえば、2010年12月20日に“シロハラとゴジュウカラ”というエントリを仕立てています。このときは、コンデジを使っていましたので、よく撮れたなと思います。まぁ、これでまた、課題and/or楽しみが、新たにできたということですから、ブログのサブタイトルに書いていますように、「淡々と飽きもせず」九華公園に通い続けることにしましょう。

Img_3146  オマケ。そして、鳥ばかりでは芸がありませんので、咲き始めたサザンカImg_3145 をご紹介します。九華公園での撮影です。北口近くの、土俵の東です。


 このところ、体調は悪くありません。抑うつ気分はもちろん、頭重感、明らかな頭のボンヤリ感はほとんどありません。ただ、血圧がやや低めかなという気がしています。朝起きてすぐに測って、たとえば、今日などは、115/74でした。ここ数日、これくらいの値が続いています。一昨日の夜は、フワフワするなと感じて、測ってみましたら、101/59でした。普段からこれくらいという方もいらっしゃるのでしょうが、私にしては低い、低すぎる値です。12月7日でしたか、東北で、震度5弱の地震があり、全国的に揺れましたが、あの頃から、午後から夜にかけてフワフワするときがあります。

 9月半ばに中断していた、降圧剤「アムロジピン」を11月下旬に復活させていますが、この薬、けっこうよく効くようです。調剤薬局の薬剤師さんも、「昔からある薬ですが、切れ味の良い薬ですね」といっておられました。精神科の主治医は、「体力がないと、けっこう負担が大きい薬かも」とおっしゃったくらいです。現在は、5mg錠を、朝1錠、服用していますが、これですと、効き目が強いのかも知れません。しばらく様子を見ますが、血圧があまり低くなるようでしたら、2.5mgの錠剤もあるようですから、内科の主治医と相談することにしたいと思っています。

 いずれにしても、血圧は高めですから、この寒い時期、無理をせずに気をつけるに越したことはないと思っています。

|

« カラスとミサゴ(?)の空中戦か!? | トップページ | 晴「歩」雨読で、読書、片付けの日 »

心と体」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ミリオンさん、こんにちは。
ヒレンジャク、なかなか格好いいでしょう? 本文にも書きましたが、図鑑で見て、是非一度はこの目で見たいと思っていた鳥でした。昨日は、まったくラッキーでした。似た鳥で、しっぽの部分が黄色い「キレンジャク」という鳥もいるそうですから、これも何とか見てみたいと思います。
ジョウビタキは、考えてみますと、案外、人家の近くにいることが多いですね。昨日のオスは、ふっくらしていましたが、風のせいか、あるいは、若い個体かも知れません。
今年の九華公園は、鳥見スポットとしてお薦めできますよ。寒くなければ、木々の間のベンチなどでしばらく待っていると、頭上で鳴き声が聞こえてくるかも知れません。急に動いたり、大きな動きをしたりしないでいると、すぐ近くまで出てくることもよくあります。

投稿: mamekichi | 2012年12月15日 (土) 18時06分

ヒレンジャク初めて拝見しましたが、頭に冠のようなのがついて格好いいですね。
尻尾は赤い色で綺麗ですね。
ジョウビタキは色もきれいでぷっくらとして愛らしいですね。
寒いけど散歩も野鳥に出会えると嬉しくなりますね(^_^)v

投稿: ミリオン | 2012年12月15日 (土) 14時20分

みーおせっかいさま
お気遣い、ありがとうございます。あまり寒い、気温が上がってこない時間帯には出ないようにしていますし、強風の時も同様です(笑)。なので、この頃、出かけるのが10時くらいです。
そして、マフラー、手袋、ダウンと、毛糸の帽子が、このところの標準装備です。マフラーと帽子は、息子の「お下がり」(爆)。
ところで、この日のサザンカ、ちょっと元気がない感じで、残念でした。ベストショット賞をいただきましたが、やはり陽の光が当たる向きを考えたのが、良かったと思います。
血圧の方は、寒いと調節が難しいですね。下がりすぎなければ、120/80を切るくらいなのは、ちょうど良いと思うのですが……。あとは、体重減をよりいっそう図らねば……

投稿: mamekichi | 2012年12月15日 (土) 08時58分

先生、寒い日は思い切って散歩さぼりましょう!
マフラー・手袋・ダウンを着てお出かけしてくださいね。
さざんかのお花、今日のベストショット賞です!
いい仕事してますね。先生、鳥さんたちもお上手ですけど、お花もいいセンスしていると思います。
私は、血圧低いほうなので朝は、弱いです。高い人が、低くなると確かにしんどいですよね。

投稿: みーおせっかいさん | 2012年12月14日 (金) 20時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カラスとミサゴ(?)の空中戦か!? | トップページ | 晴「歩」雨読で、読書、片付けの日 »