« 「うつ100万人」は減らない……Wedge2012年2月号から | トップページ | 「雨のち寒い」天候……虹、ユリカモメの新お立ち台、ツグミ »

2012年12月 3日 (月)

エナガ、トビ、ミサゴ、シメと実り多い散歩で満足! ……その他のお馴染みさんもなかなかでした

Img_1528  朝は寒かったものの(5時に1.1℃)、日中は風もほとんどなく、暖かくなりました(11.8℃、14時)。土曜、日曜と、所用のついでに歩板だけでしたので、今日は、マジメに歩いてきました。といっても、いつもの九華公園コースで、4.9㎞のことですから、威張れるわけではありません(笑)。しかし、マジメに歩いたお陰でしょうか、散歩にはご褒美がありました。最初の写真は、揖斐川河畔で撮影した、木曽御嶽山です。もちろん、わが家からもよく見えていました。

 では、早速、散歩の成果をご覧いただきます。

Img_1558  まずは、エナガです。ずいぶん前から一度は見たい、きっと見られるに違いImg_1572 ないと思っていました。今日は、出るのが、9時半を過ぎてしまい、野鳥を見るにはちょっと遅いかと思ったのですが、九華公園の二の丸跡あたりで、かなりの群れになっていました。賑やかでした。「ジュリリリ、ジュリリリ……」というような鳴き声です。このエナガ、漢字で書くと、「柄長」だそうです。これは、尾が極端に長い体型から来た命名のようです。全長14㎝くらいですが、ほぼ半分の7~8㎝が尾だといいます。

Img_1577  このエナガ、ご覧のように、尾が長いことに加えて、胴体が円くて小さいため、全体の印象が「柄杓<ひしゃく>」のように見えるため、江戸時代には、「エナガヒシャク」、あるいは、「オナガヒシャク」とも呼ばれたそうです。直接見た印象は、ふわふわで、まるでぬいぐるみのように可愛らしいものでした。ただし、よく動きます。そのため、写真を撮るのには、相当苦労しました(笑)。

 図鑑や、鳥撮りの先達の方によれば、このエナガ、冬にはカラ類、メジロ、コゲラなどと、Img_1579 種類を超えて群れをつくり、「混群」で行動するといいます。その中で、エナガは先導的な役割を果たすといいます。つまり、エナガに、シジュウカラ、メジロなどがついて行くのだそうで、その意味でエナガは小鳥たちの「道案内」です。今日も、エナガの後から、シジュウカラ、ヤマガラ、コゲラ、メジロが出て来ましたし、私までもが、エナガの群れの後を追うことになりました(笑)。20分以上ついて回って、写真も、120枚ほども撮ってしまいました。

Img_1539  このエナガにであう直前、「何かいる」と思って、木々の間にいた鳥を写しました。それがこちらです。パソコンに取り込んでみるまで何だか分かりませんでしたが、どうやらシメさんのようでした。今シーズン、すでに一度、撮っていたと思います。九華公園では冬にたまに見かけます。スズメよりも大きく、全長19mくらいです。松葉が被ってしまい、よく見えませんので、綺麗な画像はリンク先(Wikipedia)をご覧ください。嘴が大きくて、太いのが目立ちます。図体の割に、神経質というか、警戒心が強いようです。漢字では「鴲」だそうです(機種依存文字ですので、Macintoshでは正しく表示されないかも知れません)。

Img_1861  散歩を終えて自宅マンションに戻って、後から書きますように、シジュウカラなどを撮って、「さぁ、本当に帰ろう」と思って、諸戸氏庭園の上空をふと見上げたら、猛禽類が2羽、舞っていました。オヤジギャグではありますが、「待っていた」ように感じました(笑)。まずこちらは、全体に褐色で、翼の先端に近いところに白い部分がありますので、トビだと考えられます。最初は、わが家のマンションくらいの高さを輪を描くように滑空していた気がします。次第に高く上がっていき、見えなくなりました。

Img_1866  もう1羽は、最初はトビから離れていたのですが、トビが飛び去ってから(またもや、偶然のオヤジギャグ?)、諸戸氏庭園の上空に来ました。ミサゴと思われます。今年は、10月くらいに揖斐川沿いで、また、先月は、城南干拓地先で撮影しています。下から見ますと胴体は白っぽく、また、首には黒褐色の帯が見えます。ミサゴは魚を捕るはずですが、どうして諸戸氏庭園上空を飛んでいたのでしょう?

 いやぁ、それにしても、今年や小型の野鳥も、初見のものがたくさんいますし、馴染みの野鳥もたくさん、また、あちこちで見られます。それに、猛禽類もよく見るような気がします。楽しいですねえ。お陰様で、降圧剤を復活してから、体調もほぼ安定してきていますし。散歩と、鳥見&鳥撮りに励みましょう。

 ところで、九華公園でも、エナガとともに、シジュウカラ、ヤマガラ、コゲラ、メジロにであったのですが、わが家に帰ってきて、トビとミサゴを見る前に、マンションの玄関先の木々にこれらがいるのを見つけました。こちらでもついつい追いかけてしまいました。先だっては、マンション内の公園で、ジョウビタキや、ツグミも見ていますから、あまり寒い日とか、体調が万一優れないときでも、ごく近くで鳥見ができる、ということです(喜)。

Img_1751  まずは、シジュウカラ。「見返り美人」という風です。バックは、拙宅のマンImg_1799 ションです。右は、マンションの向かい側、諸戸水路を巡る散歩道の桜の木で撮ったものです。


Img_1775  ヤマガラは、あまり良いポーズは撮れませんでしたので、証拠写真ですImg_1772 (笑)。



Img_1782  コゲラは、この頃見ている範囲では、2羽が一緒に行動しています。たぶImg_1780 ん、つがいなのでしょう。図鑑や、Wikipediaにも、つがいが一緒にいることが多いと書かれています。右の写真、首から下はピントがあっていますが、頭のところはボケているように見えます。しかし、ピントがあっていないのではなく、これは、超高速(?)で木をつついているからです。シャッタースピードを上げれば止まって写るのでしょうが、これもまた一興かと。

Img_1801  マンション1階の庭付きのお宅に植えられた木にも、メジロは止まりましImg_1803 た。左は、メジロにピントが合っておらず写真としてはあまり出来の良いものではありませんが、実は、このすぐ後の写真が、右のものです。このメジロが、移動しようと、まさに飛び立つ瞬間が撮れてしまっていました(まさに、撮れてしまった、という感じです)。

Img_1817  メジロたちも5~6羽いたのですが、この後はすぐに、マンションのお隣のお宅の畑へ直行。そこには、ミカン、栗、柿など実のなる木が植えられています。そこの柿の木で、たまたま、並んで交互に柿の実を啄むメジロの姿が撮れました。枝かぶりになってしまったのは、ちょっと残念ですが、なかなか良い光景と、いつものごとく自画自賛しています(爆)。

 話は戻りますが、今日の九華公園、元気だったのはカワウたち。今年は、カワウも、いつもよりも数が多い気がします。最近は、公園内を飛び回っていますし、公園内の球場の照明灯や、松の木に集団で止まって、喧しく鳴いています。ユリカモメはこのところ見かけていません。

Img_1739 そして、今日は、こちら、カイツブリの姿を久しぶりに見かけました。1羽だImg_1743 けです。公園西の堀に浮かんでいました。最初は、堀沿いの散歩道をそっと歩いて、もっとも近くまで行っても逃げませんでした。そのため、割とクリアな写真が撮れましたが、こちらに気づいてからは、潜ってしまい、いつものように遠いところへ浮かび、逃げられました。

Img_1676  忘れるところでした。エナガその他の群れが去ってから、マヒワも出て来Img_1674 ていました。今日は、3羽がワンセット。たいていは、堀の中に東屋があるところの南のところに現れます(昔のお城でいえば、朝日丸があったあたり)。

Img_1635  そして、コゲラですが、いつもは、木をつついている後ろ姿しか撮れないImg_1639 ことが多いのですが、今日は珍しく、ほぼ正面からの写真が撮れました。九華公園で見たコゲラも、つがいのようで、2羽が共に行動していました。こうしてみると、割にかわいい顔をしている気がします。

Img_1623  余談がずいぶん長くなっていますが、こちら、九華公園に定住中の旅ネImg_1653 コさんであります。珍しく木登りをしていますが、実は、視線の先には、コゲラや、エナガたちがいるのです。旅生活(?)をしているうちに、野生を取り戻した部分があるのでしょうか?右も同じネコですが、今度は、別の木の下で、小型の野鳥を見上げています。もちろん、野鳥たちの方が格段に素早いので、捕まえられたということはありません。

Img_1730  さらにオマケです(笑)。鎮国守国神社と球場・市民プールの間、柿安本店の横へつながる道で遭遇した、別の旅ネコさんです。あまりにも愉快な顔をしておられましたので、つい1枚パチリとさせていただきました。

 マジメに散歩に出かけたお陰か(爆)、ずいぶん実り多い散歩で、愉しむことができました。これで、明日以降も、きちんと散歩に出かける動機づけとなります。ただし、少々くたびれて、午後は久しぶりに午睡も愉しみました。

|

« 「うつ100万人」は減らない……Wedge2012年2月号から | トップページ | 「雨のち寒い」天候……虹、ユリカモメの新お立ち台、ツグミ »

季節」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こころんさん、こんばんは。
「信ごはん」は、クロマイとヤーコン入りの味噌汁でしたね。ヤーコンというのは、芋なんですね。うりぼうへ行くと売っているみたいですから、一度、食べてみたいですね。

エナガ、たくさん一度に出て来て、うれしい悲鳴でした。それにしてもよく動き回り、どれを狙ったら良いのか、パニックになりそうでした(笑)。ふっくらしていて、本当に可愛らしくて、ぬいぐるみみたいなのが印象的でした。

今日は、他にもたくさん出遭えましたし、体調もこのところ安定しており、良い1日でした。また、少しくらいは、遠征してみようかという気になっています。

こころんさんの今日の、紅葉写真を拝見し、掲示板のサギの写真も見せていただきました。そちらにコメントを残させていただきましたが、ダイサギでしょうね。

投稿: mamekichi | 2012年12月 3日 (月) 18時35分

こんばんわ
ギャグ、絶好調ですね!
今度使えるように覚えておかなきゃφ(..)

とうとうエナガに逢われたのですね。
かわいいでしょ。

僕のブログのリンクの一番上にある
掲示板に写真貼ってみました。
この前、お話したサギです。
池の対岸で距離があり…はっきりしないかもしれませんが
右がアオサギで左が白いサギです。
首が伸びきってないのでアオサギより大きく見える感じです。

黄色い仔犬と信ごはん見ましたよ。
あの大きな蛤食べたい(笑)
信ご飯、見たのですが、はっきり思い出せません(笑)
寝ぼけてたかな(笑)
ヤーコンでしたかね(^-^;

投稿: こころん | 2012年12月 3日 (月) 18時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「うつ100万人」は減らない……Wedge2012年2月号から | トップページ | 「雨のち寒い」天候……虹、ユリカモメの新お立ち台、ツグミ »