« 続報・諸戸氏庭園本邸の景色が変わってしまいました! | トップページ | カラスとミサゴ(?)の空中戦か!? »

2012年12月12日 (水)

ビンズイと、鳥見のご夫婦に出会う

Rimg00221212 朝は、0℃ちょうどと冷えましたが、日中は風もさほど強くはなく、あまり寒くも感じませんでした。朝9時半過ぎから2時間ほど、4.4㎞の散歩に出て来ました。諸戸氏庭園前で、樹木の切断を見て、住吉神社から九華公園を一回り氏、本屋を覗き、郵便局でお金を振り込んできたという次第です。

Img_2636  さて、九華公園は、12月7日の金曜日以来です。散歩をしている方も少なく、静かでした。花菖蒲園の南側で、見慣れない小型の野鳥が2~3羽いるのに気づきました。動きはセキレイに似ているのですが、姿や色は、斑紋があって、黄緑っぽいので、見たことがない気がしました。

Img_2639  こういう場合、たいていは、なるべくたくさん写真を撮って来て、帰宅して、パソコImg_2651_2 ンに取り込み、拡大して、図鑑と見比べてみます。いつも使う「ひと目で見分ける287種 野鳥ポケット図鑑(新潮文庫)」をひっくり返して調べてみますと、どうやら、ビンズイらしいのです。初見、初撮影です。やはり、今年は野鳥の種類が多いようです(喜)。

Img_2653  ビンズイは、セキレイ科の鳥だそうですから、道理でハクセキレイに動きが似ているわけです。「西シベリアからロシア極東、サハリン、朝鮮半島、中国東北部にかけてとヒマラヤ付近で繁殖し、冬季はインドや東南アジア、フィリピン、台湾などの温暖な地域に渡り越冬する。日本には漂鳥または夏鳥として四国以北の山地で繁殖し、冬は暖地に移動する」と、Wikipediaには説明がありました。体長は、15~16㎝くらいです。

Img_2625  このビンズイが出てくる直前、ほんの一瞬だけ姿を見せてくれたのは、ジョウビタキのメスでした。2ショットしか撮れませんでしたので、あまりピントもクリアではなく、あくまでも「証拠写真」レベルです(笑)。が、久しぶりにジョウビタキを見られ、何ともうれしい限りです。

Img_2677  ビンズイとほぼ同じ頃、同じあたりに出て来たのは、シメさんでした。「チチッ」「ツイリリーッツー」というような鳴き声が聞こえ、辺りを見回したら、どうやらシメの鳴き声だったようです。姿からは想像できないような、可愛らしい声でした。

Img_2696  ただ、このシメさん、花菖蒲園の中を歩き回り、地面をつついて餌を探していたようで、嘴にはかなりの泥がついているところまで撮れてしまいました(笑)。

 ところで、これら、ビンズイや、シメを撮っている近くで、鳥見をしていらっしゃるご夫婦を見かけました。ゆっくり歩き回りながら、ご主人が、双眼鏡でカモなどを見ておられ、その脇で奥様が説明を聞き、鳥を眺めていらっしゃいました。

Img_2710  旧・朝日丸跡の方まで歩いたところで、このご夫婦に追いつきました。何やら熱心にご覧になっておられます。「何か、いますか?」と声をかけさせていただいたところ、ご主人が、「あれ、あそこにいて、木の実を啄んでいるのは、何でしょう?」と聞かれてしまいました。それがこちらのシメさんです。近くには、もう1~2羽いたようです。ということは、今日の九華公園には、少なくとも3~4羽のシメが出て来ていたと思われます。

 話を戻しますが、シメだとお伝えすると、ご主人は、「やっぱりシメですか。そういう気がしました」と。しばらく話し込んでしまいました。というのも、九華公園で野鳥をご覧になっている方に会って、話をしたのはたぶん初めてだからです。ついついうれしくなってしまったという訳です(子どもみたいで、お恥ずかしい)。

 お話によれば、市内にお住まいで、時々九華公園にもいらっしゃって、鳥をご覧になるということでした。両ヶ池、千本松原、河口堰あたりばかりでなく、琵琶湖の方や、名古屋の藤前干潟まで鳥を見に行かれるということです。写真もお撮りになるようですが、いわゆる銀塩カメラをずっとお使いだったそうで、このところ費用がかさむようになり、今は、草花だけを写真に撮り、鳥は見るだけになったそうです。ずいぶん刺激を受けましたし、楽しいひとときでした。

|

« 続報・諸戸氏庭園本邸の景色が変わってしまいました! | トップページ | カラスとミサゴ(?)の空中戦か!? »

心と体」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ミリオンさん、こんにちは。
これまで、九華公園で野鳥を見たり、写真を撮っていても、ほとんど興味を示される方はありませんでしたので、驚きましたし、楽しかったですね。
野鳥好きな方にもいろいろなタイプがあり、あちこち出かける方も多いようですが、自分のフィールドを決めて、「定点観測」をしている方もあるようですよ。いろいろと愉しみ方は、何にでもあるものです。

投稿: mamekichi | 2012年12月13日 (木) 17時39分

みー秘書さま、こんにちは。
鳥たち、そうですね。ただ、生きていくために渡りをしなければなりませんので、楽ではないかも知れませんよ。命がけの旅かも知れませんし。
それはともかく、同じ趣味の方と新たに出遭える、というのは楽しい経験ですね。
ところで、私がうつ友達でよかったと行ってくださり、ありがとうございます。検索して見つけてくださったのは、みー秘書さんのお陰です。

投稿: mamekichi | 2012年12月13日 (木) 17時36分

野鳥好きの方とお話ができて良かったですね。
野鳥好きの方はあちこち野鳥撮影の遠征に行かれるとか。

投稿: ミリオン | 2012年12月13日 (木) 14時50分

先生、鳥は良いですね。いろいろな国にいけて。
今日は、初めて鳥マニアの人とお話出来て良かったですね。
私も、韓国のファンや力さんファンとしゃべれると、とっても楽しいですもの。
私、うつ友達が先生で良かったです。
いつも励ましてくれてありがとうございます。happy01

投稿: みー秘書 | 2012年12月12日 (水) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 続報・諸戸氏庭園本邸の景色が変わってしまいました! | トップページ | カラスとミサゴ(?)の空中戦か!? »