« 出遅れたものの、カワラヒワと、ジョウビタキはなかなか良い写真かも?! | トップページ | 山並眺望、九華公園点描そして、銀杏をゲット »

2012年11月 9日 (金)

ウミネコ、ユリカモメにサギたち……川越町高松海岸へ

Rimg00321109 今日は、朝、ふと思いついて、こちら、川越町高松海岸まで、遠征(?)してRimg00211109 来ました。わが家からは、片道10㎞ほどです。最初の写真の中央の煙突は、中部電力川越火力発電所で、ここは、朝明川の河口になっています。右は、その川越火力発電所の方から見たところです。

Img_9128  現地に到着して早々、ユリカモメが迎えてくれました。手前(中央)の個体は、色が少々異なりますが、たぶん若いユリカモメでしょう。これは幸先が良いということで、早速、堤防の切れ間から海岸に降りていきました。

Img_9136  海岸に降りてすぐの、左手(東北側)には、カルガモの大群が泳いだり、Img_9173 岸で休んだりしていました。カルガモには普段、あまり感動しないのですが、これだけ揃っていると、けっこう壮観です。左の写真では、左端にハクセキレイも写り込んでいます。

Img_9145  そのすぐ脇には、コサギが飛び交っていたり、カワウや、おそらくダイサギでしょうが、佇んでいます。飛んでいるサギは、足先が黄色いのでコサギだと思われます。また、大きいサギは、他の写真で、コサギよりかなり大きかったので、ダイサギと考えられます。

Img_9133  こちらは、コサギと、ユリカモメです。コサギは、たぶん、餌でも探しているのでしょう。けっこう歩き回っていました。ユリカモメたちは、餌を探す風ではなく、どちらかといえば、羽を休めている感じの個体が多い気がしました。

Img_9153  カモメの仲間のほとんどは、ウミネコと、ユリカモメでした。遠目には、区別しにくいところもありますが、けっこうウミネコがたくさんいました。左の写真では、右上にいる1羽のユリカモメを除いて、5羽、いずれもウミネコです。

Img_9149 Img_9211  ウミネコは、けっこう飛び回っています。遠くから見ているとそうでもないのですが、ズームアップして、ウミネコが飛ぶ姿を見ますと、何やら、飛行艇が飛んでいるというイメージが浮かんで来ました。けっこう迫力が感じられます。

Img_9188 Img_9189 Img_9191



 

 ついつい調子に乗って、また、うれしくなって、ウミネコの飛び姿を何枚も、何枚も撮ってしまいました。「またかよ」と思わず、ご笑覧ください。

Img_9161  一方、こちらは、ユリカモメの飛び姿です。例によって、「下手な……」戦略で、大量に撮った中から選びました。


Img_9212  今日は、主に、ウミネコや、ユリカモメを撮ってきましたが、この写真の右Rimg00161109_2 上には、ちょっと違う印象のカモメの仲間が写っていました。ウミネコよりも奥にいますが、かなり大きく見えますし、その左下にいるユリカモメより遙かに大きいようです。対岸の総合運動公園の脇にあった掲示には、セグロカモメもいるとありましたから、セグロカモメかも知れません。

Img_9246  もう1枚、写真を撮ったときにはまったく意図しなかったのですが、こちら。もちろん、中央に写っているウミネコが飛んでいるところを狙ったのですが、そのすぐ下に、こちらもウミネコでしょうが、ちょっと面白い姿形で写っており、笑えました。

Img_9207  海岸の先の方、南側にも、ユリカモメやウミネコが入り交じった大群がいImg_9259 ました。中には、カワウもいるようです。背景は、四日市港の埠頭です(四日市港ポートビルから東北に延びているあたり)。右は、その四日市港ポートビルと、入港してくる船です。火気厳禁と表示されていましたから、可燃性のものを積んでいるようでした。

Img_9282  ところで、カラスや、カワウは除いて、今日見られた水鳥たちはほぼ写真に撮れましたので、車でもう少し南へ移動し、帰途につこうと思ったのですが、四日市市天カ須賀の工業団地の端(川越町との境目辺り)で、海岸を覗きましたら、アオサギなどの姿も見えました。

Img_9304  近くには、ユリカモメや、カモの姿も見えます。カモは、キンクロハジロや、Img_9298 カルガモのように見えますが、きちんとは確認できませんでした。

Img_9287

 ここから川越火力発電所を見ると、このように見えます。



Takamatsucoast  ちなみに、今日出かけたのは、こちらです。赤○が、高松海岸。右に(東に)川越火力発電所があります。アオサギは、黄色い○をつけたところにいました。ここから先、意図しなかったのですが、天カ須賀工業団地に迷い込んでしまいました(笑)。

Img_9340  わが家から見た川越火力発電所です(赤○が、その煙突)。初めに書きImg_9345 ましたように、実距離で片道、ほぼ10km。右は、EOSで、250mmズームで撮ったものです。それなりに疲れ、午後から爆睡していましたが、むしろ、ときどきこれくらい負荷をかけた方が、体調には良いかも知れません(笑)。活動水準を上げる、とかねがね書いておりますが、ホントにそうかも?!

|

« 出遅れたものの、カワラヒワと、ジョウビタキはなかなか良い写真かも?! | トップページ | 山並眺望、九華公園点描そして、銀杏をゲット »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こころんさん、こんばんは。
割愛したのですが、最初は、実は、中電の方へ行きました。釣桟橋まで往復してしまいました(笑)。そこで出会った80歳ほどの男性に伺って、対岸に向かったという次第です。余談ですが、この男性が、実は、桑名の赤須賀の方だったということで、笑えました。
赤○のところは、まさに海岸で、砂地ですから、そのおつもりでどうぞ。
さらに、「朝明川で見られる野鳥」の案内板は、中電の敷地横の公園に掲げられていたものです。
赤○の辺りは、潮干狩りの人がたくさん入るところのようです。それと、小生が出かけたときは、堤防に近いところで、ゴルフの練習をしている方もありました(堤防に近い辺りは、林になっていて、草地です)。

投稿: mamekichi | 2012年11月10日 (土) 19時43分

こんにちは
そこへ行かれたのですね(^◇^)
僕は名四から入りやすいから黄色い〇の方が多いです。
今度、行く時あったら赤い〇に行ってみよかな。
鳥もたくさんいて
親切に鳥の看板があるんですね。

活動水準も上がってきたみたいでいいことですね。

投稿: こころん | 2012年11月10日 (土) 15時23分

らくださん、おはようございます。
川越の中電には、「テラ46」というPR館があります。ブログに載せた地図にも、右上に出ています。子どもたちが小さい頃、何度か連れて行ったことがあります。伊勢湾のジオラマ、7階の展望フロア(眺めはとてもいいですよ。たぶん、名古屋、鈴鹿の山並、セントレアなどもよく見えると思います。
http://www.chuden.co.jp/kawagoe-pr/index.html

投稿: mamekichi | 2012年11月10日 (土) 07時25分

川越といえば中部電力のPR館がありませんでしたっけ?
以前、中部電力のHPから碧南にある火力発電所の見学を募集していて行った事があります。
浜岡の原発見学も募集しておりましたが、人気があったためなのか、そちらは外れましたね。

投稿: らくだ | 2012年11月10日 (土) 00時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 出遅れたものの、カワラヒワと、ジョウビタキはなかなか良い写真かも?! | トップページ | 山並眺望、九華公園点描そして、銀杏をゲット »