« 実家へ、そして、体調に関しての新考察 | トップページ | WISC-Ⅳの理論と活用に関する特別講演会……三重K-ABCアセスメント研究会から »

2012年11月24日 (土)

お立ち台のユリカモメ、マヒワのオス、そして、誰だか今ひとつよく分からない野鳥@九華公園、体調は低空飛行

 一昨日は、四日市のディオ・ワールド&イオンモール四日市北へ、昨日は、父親の命日で実家へと、出かけておりました。体調、とくに頭の働きがイマイチといいながらも、出歩いておりますが、「体調が……」といってばかりではいけないと思ったことと、身体的に負担をかけた方が、むしろアタマの調子は良くなるかも知れないという、「抵抗」を謀った次第です(笑)。まったくもう、屁理屈だけは、こういう状態でも尽きません。

 しかし、今のところ、いずれも、「無駄な抵抗」に終わりつつあるようです。しかし、まだこれで完全にめげたわけではありません。別の手段を考えようと思っております。ただし、今の時点では、まだ妙案はありません。

 さて、本日、風はやや冷たい感じでしたが、天気は良かったものですから、ちょっと疲れ気味ではありましたが、午前中に九華公園まで行ってきました。結論からいえば、けっこうしんどかったです。九華公園のあと、アピタによってパソコン雑誌を買ってこようと思ったのですが、そこまでの元気はとてもありませんでした。トボトボと、大変失礼ながら、お年寄りのように歩き、ようやくわが家にたどり着いた、という感じでした。

Img_0788  今日の写真は、まずはこちら。毎年、ユリカモメのこういうシーンを摂るのを楽しみにしていますが、今年初です。九華公園から立教小学校の方へと、堀を渡る二ノ丸橋の欄干です。ここにユリカモメが並びますと、「冬が来たなぁ」と思うようになる、というわけです。

 似たような写真になってはしまいましたが、ユリカモメが飛んでいるところも撮れました。実Img_0789 は、このとき、橋の中央で、男性がユリカモメに餌を与えていたのです。全くの個人的見解をいえば、餌を与えるのはどうかと思いますし、勝手な都合をいえば、鳥の自然な状態の写真が撮れませんので、困るなというところです。

 

Img_0901  次いで、マヒワのオスです。先日(2012.11.19、マヒワのメスと、イソヒヨドリImg_0904 のオス……久しぶりの散歩は6㎞も歩いてしまいました(笑))、メスは写真に撮っていましたが、今日は、オスもです。初見、初撮影であります(喜)。右は、同じ個体、同じ場所で、同じようなポーズですが、喜びのあまりということでご容赦ください。

Img_0888  メスもいましたが、今日は、あまり良いシーンは撮れませんでした。これも、枝が被ってしまっています。


Img_0912  こちらは、マヒワが2羽、写っています。右はオス、左はメスのように見えますが、定かではありません。今日、マヒワは、これ以外にもいて、5~6羽かそれ以上いたように思います。

Img_0869  そして、これは誰でしょう? カワラヒワかとも思ったのですが、尾が短いImg_0868 ですし、色合いも違いますから、別の鳥でしょう。今日の体調では、ちょっとあれこれ調べようという気力がわいてきませんので、ご容赦ください。もう少し体調が整ったら、トライします m(_ _)m

Img_0808  ところで、九華公園に着いたのは、10時を過ぎていましたので、あまりたImg_0805 くさんの野鳥はいませんでした。そこでおなじみさんにはなりますが、まずは、カワラヒワ。今日もたくさんいました。この2枚には、5~6羽しか写っていませんでしたが、もっとも多いときには、10数羽が舞っていました。右の写真では、右下のカワラヒワ2羽が、飛んでいるところが写っています。

Img_0857  シジュウカラや、ヒガラもたくさんいましたが、今日は、「これは」というシーImg_0882 ンは撮れませんでした。かろうじて、ヤマガラのこの2枚のショットです。左は、ちょっと小首をかしげた、かわいらしい感じですし、右は羽ばたいているところが撮れました。

Img_0779  ここからは、かなり余談です。これは、九華公園の花菖蒲園の間にあるベンチ。小生が、いつも、ここで小休止をとることが多い場所です。九華公園はあまり紅葉では有名ではありませんが、何カ所かは、紅葉を楽しめるところがあります。ここも頭上に紅葉があります。それに、ここの木々には、シジュウカラ、ヒガラ、ヤマガラ、メジロなどの小型の野鳥が群れになってくるところです。



Img_0965  最近、何度もご紹介していますが、木曽御岳山です。わが家からもよく見えていましたが、揖斐川の河畔では、いっそうクリアに見えましたので、こちらの1枚を撮ったという訳です。

 多度山、わが家から見ても、いくらか紅葉しているようには見えたのですが、こちらも、揖Img_0763 斐川から見た方が、紅葉している感じが少しよく分かる感じでした。ちょっと今の体調では、近場とはいえ、紅葉の名所には出かけられないと思いますので、身近なところで、あれこれ工夫して、代わりに楽しむことにしましょう。

 そういえば、今日は、六華苑から雅楽の調べが聞こえていました。11月の第4土・日に当たりますので、おそらく、多度雅楽会の演奏があるのだと思います。何年か前に、一度、直接見聞きしたことがあります。

 明日は、とある研究会の第1回研究会なのですが、ウ~ン、今の体調ですとちょっと難しいかなぁと思っているところです。本来であれば、出席しなければなりませんし、出席したいと思っているのですが、アタマは回っていませんし、疲れた感じですので、迷っています。それも、「さんざん迷って」います。心理学用語でいえば、「葛藤」していますが、自分のことももてあましているくらいですから、他の同じような状態の人が相談に来れば、「やめておいた方が良いでしょう」というでしょうねぇ。まぁ、明日の朝、決めます。

|

« 実家へ、そして、体調に関しての新考察 | トップページ | WISC-Ⅳの理論と活用に関する特別講演会……三重K-ABCアセスメント研究会から »

季節」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ミリオンさん、おはようございます。
本当に、紅葉も盛りですね。予定ではもう少し体調が良くなって、他へ写真を撮りに行くことにしていたのですが、どうもなかなか思い通りには進みません。身体の調子というよりも、頭の働きがイマイチで、しかもそれが、天候(とくに曇天、雨天など)や、気圧、寒さなど気温の影響を受けやすい状態が続いています。
ところで、ようやくユリカモメガ二ノ丸橋の欄干に並ぶ季節になりました。本文にも書きましたが、「冬になった」という気がします。
また、マヒワは綺麗な鳥ですよ。この冬は九華公園にも留まってくれるといいのですが。鳥の鳴き声がしたとき、あまり近寄らず、大きな動きをしないようにして、しばらくじっとしていると、すぐ近くに出てくることもありますよ。

投稿: mamekichi | 2012年11月25日 (日) 06時56分

今あちこちで紅葉まっさかりで綺麗ですね。
ユリカモメが欄干にずらっと並ぶ季節なんですね。
マヒワは黄色くて綺麗な鳥ですね。
体調はなかなかすっきりとした状態になるのは難しいようですね、
体調が早く良くなるとといいですね。

投稿: ミリオン | 2012年11月24日 (土) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 実家へ、そして、体調に関しての新考察 | トップページ | WISC-Ⅳの理論と活用に関する特別講演会……三重K-ABCアセスメント研究会から »