« 田中文科相、大学新設を不認可!?【付記しました(11/6)】 | トップページ | 対人不安と対人恐怖 »

2012年11月 3日 (土)

菊花展と、美人のジョウビタキ・メス……九華公園にて

Rimg00011103 今朝9時半の空です。期待したのですが、天候、気温ともあまり良い感じでRimg00151103 はなさそうです。こういう状態ですと、やはりtensionが今ひとつです(苦笑)。気分的なものではなく、やはり、脳そのものが低調を来している感じです。屁理屈のようで恐縮ですが、実感であります。ボンヤリし、多少ともアタマが重い感じで、歩くとフラつく、という状態です。散歩途中からは、いくらか晴れ間も出て来て、皮肉なことに、帰宅したときには、右のように晴れてきました。

Rimg00071103  さて、今日から5日まで、九華公園では、菊花展が開かれています。このブImg_8309 ログでも予告しておりましたので、期待された向きもおありかと思いますが、規模は大きくありません。公園の管理を委託されているKMIグループという会社が企画し、市内や近郊の愛好家の方々、7名から、合計80本の菊を借りて、展示会を開いているということです。

Img_8321 Img_8310  こちらの2枚の写真で、ほぼ全部です。去年と同じ本数だと聞いたのですが、何となく隙間が多いように感じてしまいます。菊の花の出来が影響しているのだろうと思います。

Img_8331  小生、苦手なことが多々ありますが、花や植物の名前を区別して、覚えるというのもその一つであります(苦笑)。それ故、どれがどういう名前なのかとか、ここまで丹精して育てられるのに、どのくらいのご苦労がおありなのか、具体的に想像できないでおります。そこで、以下は、独断と偏見に基づいて、目に付いたもの、気に入ったものを何枚かアップで掲げさせていただきます。そうそう、美的センスもイマイチどころではありませんので、ご容赦ください。

Img_8313 Img_8314 Img_8315





Img_8316 Img_8317 Img_8320





Img_8326 Img_8333 Img_8340





Img_8343  とまぁ、あまり意味もなく羅列してしまいました。10枚にもなってしまいましたので、これくらいにしておきます。


Img_8368  ところで、菊の花を一通り観賞したあとは、いつものように、九華公園内を一回り。昨日、シジュウカラ2羽を見かけた辺りでは、今日もシジュウカラが2羽出ていました(写真は、あまりうまく撮れませんでしたので、割愛します)。そして、シジュウカラを撮っているときに、後ろから小生の耳元を通って、別の野鳥が出て来ました。けっこう大きな羽音がしたので、驚いたのですが、ジョウビタキのメスでした。ジョウビタキ、これまでは、オスの方が綺麗だなと思ってきたのですが、今日、このメスを見て、メスもけっこうかわいらしいことに改めて気づきました。

Img_8371  しばらく辺りの木や、地面、近くのお宅の植木などを往き来していました。Img_8398 どうも2羽いるように見えました。しかし、メス同士が、2羽でいるとは思えませんが、オスとも確認できませんでした。


Img_8367_2  実は、ジョウビタキの最初の写真の前に、餌を咥えているシーンも撮れていました。昆虫か、クモのように見えますが、拡大してもよく分かりませんでした。雑食性のようです。それに、Wikipediaの記述によれば、「人間に対する警戒心はわりと薄く、3-4 mくらいの所に降り立つこともある」ということです。この九華公園の東辺りは、2~3年前にもジョウビタキのオスを、同じ冬にナンドカ見たことがあります。シジュウカラだけでなく、「ジョウビタキ・スポット」ともいえるかも知れません。

Img_8409  さらに歩いていますと、お堀の上空を白っぽい鳥が飛んでいました。計3羽見られたのですが、同じ種類のように思えました。何枚か撮ったうちの1枚がこれです。雲が背景になってしまいましたし、太陽光もあまり当たっていないときでしたので、色まではよく分かりません。しかし、嘴は、全体として黄色で、嘴の先は黒っぽく見えます。同定はできませんが、ウミネコか、ユリカモメか、普通のカモメのいずれかのように思われます。ただ、残念ながら、3羽とも、九華公園には降り立つことはなく、住宅街を越えて、揖斐川の方へ飛び去っていきました。

 ということで、tensionがあまり上がらない中、菊花展を見に行ってきたという次第です。午後も何となく雲が多めのようで、「どうもなぁ」という気がしますが、それでもリビングにいれば、南向きですので、陽も入り、暖かいでしょうから、ここでぬくぬくと過ごすことにします(笑)。

|

« 田中文科相、大学新設を不認可!?【付記しました(11/6)】 | トップページ | 対人不安と対人恐怖 »

季節」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こころんさん
菊花展に気づいたのは、ここ数年のことでしたが、以前からあったのですね。病気になる前、平成10年くらいから数年は、まさに身を粉にして働いていましたので、身近な行事にも目を向ける余裕もなかったのだと思います。体調は崩しましたが、その分草花、生きものなど「未知の世界」が開けました(笑)。
実家には庭があり、私の亡くなった父親も、あちこちから種を買って植物を育てたり、あちこち出かけて、認められている範囲で植物を持ち帰って育てていました。今は、雑木林のようになっています。
さて、ジョウビタキのメス、美人でしょう? 今まで私もあまりそうは思わなかったのですが、今日のジョウビタキ(おジョウなどと呼んでいます)で、考えを改めました。
ところで、諸戸氏庭園は、祝日や休日は、それなりにお客さんが入っています.平日はその数もかなり少ないですが。六華苑の方は、平日でも観光に来ている方はけっこうあります。観光バスが来ていたりしますよ。
ただ、今は、諸戸氏庭園(http://www.moroto.jp/)は、修復工事が行われていますので、すべては見られません。大門は移動されていますし、玉突場は解体修理中、御殿も大規模修繕で、入園して確かめてはいませんが(上から覗いています)、西側1/3位は見られないと思います。菖蒲池のある回遊式庭園や、茶室、煉瓦蔵、神社、本邸(受付になっています)が見学可能ではないでしょうか。

投稿: mamekichi | 2012年11月 3日 (土) 21時50分

こんばんわ
金魚祭りと同じように菊も規模が小さくなりましたね。
子供の頃、父にカブの後ろに乗せられて見に行った覚えがあります。
今は作ってませんが、父もこういう大輪の菊を育ててました。

ジョウビタキのメスは落ち着いた色でいいですね。
メスの方が好きかも(^_^;)。

11月、諸戸邸が公開されてますね。
六華園も観光客っていますか?
一度覗いてみようかな(^_^;)

投稿: こころん | 2012年11月 3日 (土) 20時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 田中文科相、大学新設を不認可!?【付記しました(11/6)】 | トップページ | 対人不安と対人恐怖 »