« この秋一番の冷え込みと、人生に若干の思いを致した一日 | トップページ | カラスの行水、スズメも柿を食べる、そして、モズ »

2012年11月29日 (木)

柿にメジロ、ウミネコは大物に手こずる……久しぶりに九華公園へ

Img_1094 風は弱く、朝も3.7℃、正午には11.4℃と、暖かく、この時期にしては絶好の散歩日和です。あれこれ体調について書いてきましたが、どうやら、血圧がやや高めであったのと、不安定であったためと思われます。一昨日からアムロジピンを服用し始めましたが、今朝は、122/80と落ち着いてきたからです。それと、このアムロジピン、よく利く薬ですねぇ、感心します。効果も強く、切れ味も鋭いのかも知れません。

 まだまだこれで完全に安心というわけではありませんが、散歩日和と思われたこともあって、9時から2時間、久しぶりに貝塚公園から、九華公園を一回りしてきました。4.8㎞であります。

 さて、冒頭の写真。「柿から生まれたメジロ」ではありません(そんなわけ、ないじゃないですかねぇ)。たまたまそういう風に見えただけです。

Img_1067  九華公園の堀の南側の外周路沿いのお宅の柿の木での光景でした。柿のImg_1070 実も残り少なくなっていましたが、2羽のメジロが一所懸命に柿の実を啄んでいたのです。木のすぐ下に行って撮影していても、逃げないくらいでした。右のように、4分の1くらい啄んだ柿に首を突っ込んで食べていました。この2枚の写真は同じ個体を、同じ柿の実のところで撮っています。

Img_1082  そして、こちらは、冒頭のメジロと同じ個体です。柿の実は違うものですが。こちら、首が折れるかと言うほど、頭を下げて、実の中に突っ込んでいきそうな勢いでした(笑)。

Img_1104  メジロを撮影した後、さらに外周路を東側から、野球場の方へ。そこから掘上にある東屋を経て、二の丸跡へ進んで行ったのですが、そのとき、頭上には、大きめのカモメの仲間が飛んでいくのが見えました。さらに歩を進めたところ、いました。ウミネコが、何かと格闘している最中です。ただ、いかんせん、50~60m先の出来事です。EOSの250mmズームをいっぱいにして、さらにトリミング(それも、大トリ)しての画像です。必ずしもきれいに写ってはいませんが、ご了承ください m(_ _)m

Img_1113  どうやら、けっこう大きな鯉のように見えます。この写真では、頭の方をくわえ込んでおり、鰓の赤い部分が見えています。ウミネコは、体長約47cmとされます(新潮文庫、ひと目で見分ける287種 野鳥ポケット図鑑による)。 


Img_1117  このシーンでは、頭から飲み込もうとしているようです。しかし、ウミネコ、飲み込むのにかなり苦労していました。何度も咥え直していました。堀の水の上ですから、動くたびに、ウミネコ自身が、クルクルと回ってしまっていました。

 たまたま正面からの写真が撮れましたので、ごらんください。かなり大きな魚です。これはImg_1135 ちょっと丸呑みは難しいような気がします。それにしても、ウミネコ、ちょっと欲の皮が突っ張りすぎではないでしょうかねぇ? 何だか、目をまん丸にして、ちょっと苦しそうな表情にも見えますが、どうなのでしょう?

Img_1145  私が、このウミネコに気づいて、写真を撮り始めたのが、10時6分48秒。Img_1152 この左の写真を撮ったのが、10時8分24秒。もっと長い時間だったように感じたのですが、1分半あまり、ウミネコは魚と格闘していたことになります(こういうとき、デジタルカメラは、撮影条件や時刻など、たくさんのデータが記録されていますから、便利ですね)。結局、どうやら、丸呑みはできなかったように見えました。残念でした。ウミネコさんは、急に思い立ったような風で、上空を一回りしてから、揖斐川の方へ飛び去っていきました。チャンチャン。

Img_1160  ところで、今日は、カワウやヒヨドリは賑やかで、また、カモさんたちもそImg_1229 れなりにいたのですが、ユリカモメは不在。アオサギさんは、いつもの、公園北口近くの「新お立ち台」に1羽。シジュウカラや、ヤマガラはこの北口あたりで、数羽見かけただけでした。しかし、まぁ、柿にメジロと、ウミネコの大捕物を見られたから、良しということにしましょう。

 そして、九華公園の中と、諸戸氏庭園のあたりで、紅葉の写真を撮って、わが家のマンションのところへ戻ってきました。紅葉写真は、それなりに面白いものでしたので、別エントリに仕立てたいと思います。

Img_1282  マンション内の公園脇の電線には、こちら、ヤマガラさんがちょこんと止まっていましたし、写真は載せませんが、例の日向ぼっこスポットのところの桜の木にはカワラヒワが5~6羽止まって、さえずっていました。

Img_1284  マンションの公園内の木や、植え込みのサザンカの間には、メジロが数Img_1295 羽遊んでいました。植え込みからなかなか外へは出て来ませんでしたので、苦労しました。


Img_1294  しばらく粘った結果が、これらです。あまり顕著な成果ではありませんが、サザンカの間から顔を覗かせたところが、何枚か撮れました。


Img_1289  ここには、ジョウビタキのオス、メスや、先日はツグミ、以前はシロハラなども出て来たことがありますので、ひょっとしたらと期待したのですが、さらに現れたのは、ヒヨドリくらいでした。仕方ありません、今日は、「なぁんだ、ヒヨドリかぁ」といわずに、1枚だけ撮ってやりました。

Img_1287  時間切れで引き上げようとした、まさにそのとき。諸戸氏庭園の木々の間から大きな鳥が飛んできました。アオサギでした。慌てて、何枚かシャッターを押したうちの1枚がこちら。やはり、諸戸氏庭園には、アオサギが棲んでいるようです。頭上を飛び去っていきました。

 ということで、ジャスト2時間、4.8㎞を歩いてきました。風がありませんでしたので、日当たりを一所懸命歩いていますと、汗を掻きそうなくらい暖かい感じでした。降圧剤の復活で、体調の方も戻りつつありますから、この調子で行ってくれるとありがたいところです。

|

« この秋一番の冷え込みと、人生に若干の思いを致した一日 | トップページ | カラスの行水、スズメも柿を食べる、そして、モズ »

季節」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« この秋一番の冷え込みと、人生に若干の思いを致した一日 | トップページ | カラスの行水、スズメも柿を食べる、そして、モズ »