« 人とどのくらい親しくなりたいと思っていますか? ……親和欲求の測定 | トップページ | 福島方面に行くも、カワセミには会えず、代わりにケリ、トンボ、チョウを見てきました »

2012年10月15日 (月)

九華公園は静かで野鳥はおらず、そして、諸戸水道の遺構調査

Rimg00202 朝は多少冷えた感じでしたが(13.8℃、6時)、正午には、25℃を超え(25.5℃)、また真夏日になりました。昼の間は、半袖でも過ごせそうです。先週後半、木曜日には受診のあと、東員町コスモスまつり、土曜日は、午前中に花市場、長良川河口堰、午後は実家へと、ちょっと一気に活動水準を上げすぎたせいでしょうか、少々疲れが出た感じです.やはり、いきなりのやり過ぎには気をつけないといけません。

 それでも、所用もありましたので、朝9時半から出かけ、銀行に立ち寄り、そのあと、郵便局である会の会費を振り込み、アピタや、新光堂本店で本を見てから、九華公園へと行ってきました。新光堂本店では、夏から探していた“帰れないヨッパライたちへ(きたやまおさむ)”(NHK新書)を見つけ、購入してきました。今年の夏、7月に出版されたものです。三洋堂桑名店なども気をつけてみていたのですが、なかなかありませんでした。欲しい本が書店になかなか入らない、入ったとしても数が少ないというのは、田舎のつらいところです。

Img_5962  さて、九華公園でありますが、到着したのが、10時をかなり回っていたこともあり、鳥たちの姿はあまり見られませんでした。ヒヨドリと、カワウの天下というかんじでした。ヤマガラか、シジュウカラのような鳴き声はするのですが、姿は見えず、ということです(笑)。散歩する方の数も少なく、ほぼ独占状態だったのはまぁ、良かったかなというだけでした。こちらは、前にもご紹介したアヒルと、カルガモのカップル(?)です。雄と雌なのかどうかは分かりませんが、カルガモが、アヒルについて回っているように見えます。カルガモが、アヒルにインプリンティング(刷り込み)されたのでしょう。

Img_5947  鳥がいないか、鎮国守国神社の方にも回ってみたのですが、聞こえてくImg_5943 るのは、ヒヨドリの声ばかり。先日は、このあたりで、ヤマガラや、シジュウカラの姿を見たのですが、今日は誰もいません。九華招魂社の前には、萩が咲いています。

Img_5949  萩の花には、2羽のキチョウが止まって、蜜を吸っているようでした。と書いておいて、写真は1枚しかありません。もう1羽は、日陰にいましたので、かなり暗い写真になってしまい、割愛しました。このキチョウ、11月くらいまではいるようです。

Img_5942  アオサギは、九華公園内には1羽のみ。鎮国守国神社西の「新お立ちImg_5976 台」にいました。このところ、誰も止まっていなかったもっとも右端に止まっていました。それから、蟠龍櫓下の揖斐川沿いにも1羽。

Img_5981  それ以外には、揖斐川と長良川の中洲に1羽。250mmで撮って、かなりトリミングしています。赤丸の中に、アオサギが1羽。その右は、黒いのでカワウでしょう。ちなみに、今日は、九華公園には、キンクロハジロはゼロでした。そのほかのカモの類いもまだ来ていないようです。

Img_5984  ところで、以前、“寿司道場”という、職人さんが握ってくれる回転寿司の店があったところ(さらにその昔は、“桑名リバーサイドボウル”というボウリング場がありました)の横の細い道では、人がたくさん集まって、工事のようなことをしていました。実は、今日から、3日間、ここで“諸戸水道”の遺構の調査が行われることになっています。「諸戸水道」は、初代諸戸清六氏が、設置したものです。Wikipediaの初代諸戸清六氏の説明には、次のように記述されています。

明治32年(1899年)に自家用水道を敷設して邸前の水槽に引き入れ町民に開放。更に明治37年(1904年)には町内55ヶ所に給水栓を設置、無料で開放した。全国でも7番目に建設されたこの水道施設は大正13年(1924年)に町に寄贈され、昭和4年(1929年)まで使用された。

Morotosuidou2  工事事務所からのお知らせを取り込んだものが、こちらです。この地図では、「諸戸緑化産業三重(支)」とあるところに、桑名リバーサイドボウルがありました。緑色の箇所で、諸戸水道の調査が行われているのです。

Morotosuidou1  もう1枚、別の工事のお知らせです。こちらの方が、地図が拡大されています。ブルーのラインで、諸戸水道予想埋設ルートが示されています。諸戸氏庭園の西側に、この諸戸水道の排水塔が残っていますので、この「予想埋設ルート」につながっていたものと思われます。小生、こういう歴史や、遺跡・遺構などにも興味がありますので、諸戸水道の遺構が出てきたら、見てみたいと思うのですが、さすがにちょっと側まで行って覗くのはためらわれました(笑)。

Img_0893  ちなみに、この“桑名リバーサイドボウル”、この春から取り壊しが進んでいました。ボウリング場のシンボル、巨大なピンは、5月30日には、このように地上に降ろされて、転がっていました。

Rimg00222  ボウリング場跡地は、このように更地になり、コンクリートが張られていたRimg00233 のが、はがされる工事の途中です。この2枚の写真は、10月12日に撮影したものです。この跡地は、公園になるといいます。

Img_5988  オマケ。今週末、10月20日、21日(土・日)には、御台所祭りが予定されRimg0036 ていますが、そのとき、どうやらリバークルーズがあるようです。惣構堀の脇に、このような告知板が立っていました。私の散歩道で、県道613号線をくぐって、住吉神社の方へ出る橋のところにありました。また、九華公園には、第4回菊花展の予告看板が立っていました。こちらは、11月3日から5日、公園内の特設会場で行われる予定のようです。

 本日の散歩は、ほぼ2時間で、思いもかけず、5.3㎞も歩いてしまいました。ホドホドが肝心でした(笑)。

|

« 人とどのくらい親しくなりたいと思っていますか? ……親和欲求の測定 | トップページ | 福島方面に行くも、カワセミには会えず、代わりにケリ、トンボ、チョウを見てきました »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

チーママさん、おはようございます。
菊花展、このところ毎年開催されています。去年は、退職前後のドタバタで、たぶん見に行っていなかったのでしょうが、一昨年(2010年)は見に行っていました(2010.11.6、小春日和は、散歩日和、http://ogasawara.cocolog-nifty.com/ogasawara_blog/2010/11/post-2ef6.html)。小規模ではありますが、小生にはこれくらいがちょうど良いでしょう。ご期待ください。

投稿: mamekichi | 2012年10月16日 (火) 08時03分

まぁ 菊花展!! 見てみたいです~。
体調がよろしければ、どうかお出かけになって、1つ2つ写真を見せてくださいな(^^;;
季節はやっと菊の時期。我が家のねぼすけたちはつぼみが見えるか見えないか(--) いい加減に起きて欲しいものです。

投稿: チーママ | 2012年10月15日 (月) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人とどのくらい親しくなりたいと思っていますか? ……親和欲求の測定 | トップページ | 福島方面に行くも、カワセミには会えず、代わりにケリ、トンボ、チョウを見てきました »