« 「仮釈放」にはなりませんでしたが、コスモスを楽しんできました……受診のあと、東員町コスモスまつりへ | トップページ | 花市場で買い物のついでに、またまた河口堰へ »

2012年10月12日 (金)

キセキレイ、そして、シジュウカラとヤマガラの入れ替わり、シジュウカラの食餌シーン

Rimg00102 10月も半ばを迎え、いよいよ秋も本格化してきたという感じの気候です。最低気温が16.3℃(6時)、最高気温は24.3℃(正午)でした。昨日、「活動水準を上げよう」と思ったのですが、早速、午後から、子どもたちのパシリに使われてしまいました(笑)。愚息は、大学の授業が休講でしたので、養老鉄道に乗って多度まで行き、多度山にマウンテンバイクで登ったようですが、「疲れたから、迎えに来て」と連絡があり、多度大社まで迎えに。帰ってきたらちょうど、娘が、「ミスドに試験勉強をしに行くから、乗せていって」と。いやはや、「秘かに」考えたはずだったのに……。しかし、ご心配なく。お陰様でさほど疲れずに、パシリ業務を「完遂」できました(苦笑)。

 しかし、夜中、どうやら娘の仕業のようですが、午前1時半過ぎ、バタバタと動き回ったり、冷蔵庫Img_5410 を開け閉めする音で目が覚め、その後寝られなくなってしまいました。恩を仇で返すヤツのようです(爆)。若者の「宵っ張りの朝寝坊」で、いくらでも、いつでも、どこでも寝られる方は良いですよねぇ……。

 さて、そういうハプニングはあったものの、今日は(今日も)、いつものように生活しております。9時過ぎから11時半過ぎまで、2時間半、ほぼ5キロの散歩です(午後は、さすがに、睡眠不足のお陰で、2時間ほど爆睡しておりました……笑い)。寺町堀、貝塚公園、九華公園、住吉神社前という、これまたおきまりのコースでしたが、さすがに秋風も吹いて、涼しいというよりも、ちょっと寒いくらいの感じでした。

Img_5422  今日の鳥たちのトップは、こちら、キセキレイです。決して珍しい鳥ではあImg_5421 りませんが、小生がこれまで見かけたのは、四日市市の伊坂ダムあたりや、いなべ市の両ヶ池公園でした。今日、このキセキレイを撮影したのは、七里の渡し跡です。このキセキレイ、Wikipediaの説明によれば、次のような生態だといいます。「冬季には市街地の水辺でも観察される」ということですから、その例かも知れません。ちょうど、岩場で餌でも探しているようでした。

夏季は渓流沿いなどに好んで棲み、セグロセキレイ、ハクセキレイとは概ね棲み分けている。積雪地に棲む個体は冬になると暖地へ移動する。冬季には市街地の水辺でも観察される。冬季は単独で、夏季は番いで縄張り分散する。雄は特に縄張り意識が強く、同種およびセグロセキレイ、ハクセキレイと追いかけ回して縄張り争いをする様子もよく観察される。夜間は近隣の森などに塒を取る。

食性は動物食で、日中は水辺を歩きながら水中や岩陰などに棲む昆虫類やクモ類などを捕えて食べる。また飛んでいる昆虫を捕まえるフライング・キャッチをする様子も観察される。

 もう一つ、とても興味深い鳥たちの様子も見ることができました。これは、貝塚公園での出来事でした。次の3枚の写真を左から順に、よくご覧ください。3枚目のヤマガラの写真は、ちょっとピンぼけですが、そこはご愛敬ということで、ご容赦ください。

Img_5315 Img_5316 Img_5317





 そうなのです。同じ木のほぼ同じところに、初めは、シジュウカラがいたのですが、それが飛び立つと同時に、ヤマガラがやってきて止まったのです。ひょっとすると、ヤマガラが、シジュウカラを追い払ったのかも知れませんが、そのあたりはよく分かりません。2枚目には、両者が羽ばたいているところが写っていました。「写っていました」と書きましたが、写真を撮っているときには、小生の目には、シジュウカラが飛ぶところしか見えていませんでした(笑)。もちろん、狙ったわけではありません。偶然の賜物です。

Img_5368  まだあるのか、といわれそうですが、もう一つ。シジュウカラが餌となる何か、虫を捕まえて、食べているというシーンです。左の写真、拡大してよくご覧ください。嘴には、何かを咥えていますし、右足は、何かを押さえ込んでいます。

Img_5374  こちらは、それを嘴で咥えて、何かしているところです。右は、ちょうどそImg_5377 れを足で押さえ込んで、食べやすい大きさに引きちぎっているように見えます。いったい何なのでしょうね?


Img_5381  ヤマガラは、Wikipediaによれば、「食性は雑食で、昆虫、クモ、果実などを食べる。主に樹上で採食し夏季は主に動物質を、冬季は主に果実を食べる。堅い果実は後肢で挟み、嘴でこじ開けて中身を食べる」といいます。見る感じでは、果実ではないように思えます。また、チャンスがあれば、しっかりと観察してみます。写真を撮ることだけに熱中せず、この頃は、双眼鏡も持参していますので、それを使わなければなりません。

 いやぁ、課題がどんどん増えていきます(笑)。遊んでばかりいないで、仕事もしろよ! といわれそうです。ホントですねぇ。まぁ、退職1年ですから、昨日も書きましたように、ボチボチと活動水準を上げる中で、ということで。

Img_5340  ところで、今日は、風が強かったためか、あまりたくさんの野鳥はいませImg_5362 んでした。とくに、メジロは全く見られず、でした。貝塚公園では、上にも書きましたが、ヤマガラとシジュウカラが入り交じったような群れで出てきました。右のシジュウカラ、カメラ目線です。まるで、「何か用か?」とでもいっているようにも見えます。

Img_5400  九華公園では今日も、サメビタキが2羽、そろって出てきました。つがいなのでしょうか? 今日は近いところには出てこず、また、枝の多い梢にしか止まってくれませんでしたので、撮影には苦労しました。それに逆光気味の場所にしか出てきてくれませんでしたし。

Img_5289  書いている順序は、散歩の時間的順番とは全くバラバラで恐縮ですが、散歩に出てすぐ、惣構堀のところで、こちらのカマキリさんに通せんぼをされました。近づいてカメラを構えているのに、ずんずんこちらに近づいてきました。タイマンを張っているのでしょうか? これまた笑わせてもらいました。

 そして、寺町堀の南端、ポレスター大央町というマンションの前にいたのは、キジバトでしImg_5297 た。風がかなり吹いていたせいか、体を縮めて、丸まっているようにも見えました。身じろぎもしないで、というのはまさにこのことです。



Rimg0005  一昨日見つけた、九華公園の桜のその後。本日は、どういうわけか、影Rimg0030 も形もありませんでした(?)。左は、本日・10月12日(金)10時31分に撮影したものです。右は、10月10日(水)10時34分のものです。撮影ポイントが微妙に異なりますが、ほぼ同じ方角を向いているはずです。いったい何だったのでしょう? それとも小生以外に気づいた人がいて、持ち帰ったりしたのでしょうか? ただ単に散ってしまったのでしょうか? 普通、桜は、2日ほどで散ってしまわないと思うのですがねぇ……。

【今日のアオサギさん・キンクロハジロさんたち】

Img_5408  間近で見られたのは、こちらの方、お一人のみ。九華公園北口に近い、土俵の前、「新お立ち台」です。10月9日や、10日と同じく、少し奥まった枝に止まっていました。この3日間の、ここにいるアオサギの画像を簡単に見比べてみますと、どうもよく似ているように見えます。同じ個体かも知れません。

Img_5505  そのほかには、揖斐川と長良川の中洲に5羽ほどいるのが見えました。蟠龍櫓や、住吉神社前には1羽も来ていませんでした。このあたり、今日は、釣をしている方が、合わせて数人いましたので、それを嫌がったのかも知れません。ちなみに、釣り人のお一人は、ハゼらしき魚を釣り上げていました。

 九華公園のキンクロハジロは、2羽しか確認できませんでした。時折、揖斐川を泳いでいたり、大山田川で見かけたりもしますので、どこかへお出かけだったのかも知れません。

【付記】

 昨晩のうちに、60万アクセスを達成いたしました。ご愛読を感謝申し上げます。とくに記念行事や、特集記事、記念品贈呈(?)などは計画いたしておりません。サブタイトルにありますように、「淡々と飽きもせず……」のモットーで続けていきますので、今後ともどうかよろしくお願いいたします。

|

« 「仮釈放」にはなりませんでしたが、コスモスを楽しんできました……受診のあと、東員町コスモスまつりへ | トップページ | 花市場で買い物のついでに、またまた河口堰へ »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こころんさん、こんにちは。
7年前の10月末でしたか、ブログを始めたのは。最初は、ほとんどアクセスもありませんでしたので、このようにトータルで60万を超えるなどというのは、まさに、「想定外」の出来事です(笑)。これからも、勝手気ままに、関心の向くまま続けますので、引き続きよろしくお願いします。
さて、キセキレイ。たぶん、山に近いところの方が多いのではないかと思います。今日は、河口堰で、ハクセキレイ、セグロセキレイを見てきました。ハクセキレイは、桑名の街中でも平気で出没しています。
野鳥の出る森がお隣にある、というのは、きわめて羨ましい環境です(笑)。今年は、野鳥の当たり年のような気がしますので、ときどき見に行かれるときっといろいろな鳥が見られるのではないでしょうか。なれてきますと、近づき方も体得できると思います(これは、ことばでは説明が難しいので、経験で、まさに体得していただく必要があると思います)。
ところで、ムカゴですが、小生は、海の近くで育ちましたので、あまり馴染みがありませんが、美味しいのでしょうね。小生、子どもの頃、今の時期は、30円くらいで買った竹竿をもち、田んぼで捕まえたザリガニを餌にして、ハゼ釣りに勤しんでいました。

投稿: mamekichi | 2012年10月13日 (土) 15時15分

60万アクセスおめでとうございます。
すごい!

キセキレイという鳥、よく自宅の前の道でチョロチョロいる時あります。
ハクセキレイも同じように見ます。
少しずつ名前覚えてきました(笑)

桜どうなったんでしょうね。

今日は何か鳥が撮れないかと隣の森へ入っていきましたが
収穫0。
途中からムカゴを採るのに一生懸命になって(笑)
あとでフライパンで炒めて塩をパラッとふって食べます。
ワイルドかな(笑)

投稿: こころん | 2012年10月13日 (土) 12時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「仮釈放」にはなりませんでしたが、コスモスを楽しんできました……受診のあと、東員町コスモスまつりへ | トップページ | 花市場で買い物のついでに、またまた河口堰へ »